トップ > その他の地方 > シャンパーニュ地方 > Epernay エペルネのホテル

シャンパーニュ地方に
戻る
Epernay エペルネのホテル
 
2 Aug.2008 / 4 Jun.2013 経験談追加
  


booking.comで エペルネのホテルを 探す・予約する


Hotel La Villa Eugene ★
http://www.villa-eugene.com/
booking.comで探す・予約する
(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = 31号室、デラックス。

(部屋の階&立地) = フランス式3階。
部屋のテラスからは、駐車場やプールが見える。

(部屋について(雰囲気など)) =ドアを開けるとすぐに寝室。
さっぱりとしているが、どこかエレガントさを漂わせている。
豪華ではないが、上品だと思う。

窓は、テラスに出入りできるフランス窓が1つあり、日中もそこそこ明るい。
広さは充分にあるので、スーツケース2つを広げるのには問題ない。

(部屋の家具・備品) = 普通のホテルの家具構成。
机、チェスト等は、寄木のアンティークで高級そう。

(バスルーム) = バスタブあり。猫足で、ちょうど真上に天窓がある。
シャワーブースも別にある。

長細い造りで、天窓があるのでとても明るい。
洗面は、一番奥にコンパクトに。

トイレは、バスルームの中で個室。臭い消しの香水瓶が置いてあった。

アメニティはKEIJI。バスローブあり。

(冷蔵庫) = あり

(エアコン、クーラー) = あり

(パブリックエリア) = デザインが洒落た入口のドアを開けると、
小さなエントランスがあり、正面奥にレセプションデスクがある。

外観は古い屋敷風だが、内部はモダンでエレガントな雰囲気に改装されている。

(リフト) = あり。外から見ればフランス式4階が最上階のはずだが、なぜか「9階」までボタンがあった。

(レセプション) = デスクにいるのは1人。女性しか見なかった。
23時で無人になるとのことで、エントランスの暗証番号を教えられた。

夕食に出かける際、部屋の鍵がカード式ではなかったためレセプションに預けたが、
23時以降はどうやって鍵を受け取ったらいいのか聞くと、デスクの上に置いておくとのこと。

さすがにそれは抵抗があったので、無人になる前に頑張ってホテルに戻った。

(館内施設) = プール。水が入っており、小さな屋根が付いていたが、利用できるのかは不明。

レストランはないが、バーがあった。

(スタッフ) = 若い感じのスタッフが多い。
レセプションには常時1人。
少ししか会話していないが、皆、感じが良かった。

(宿泊料) = 279ユーロ/泊。

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = Booking.comから予約。宿泊が月曜日で、エペルネのレストランは休業日が多いのがわかっていたので、事前に、ホテルに直接メールで食事の相談をした。

営業しているレストランを2軒ほど紹介してくれ、その内1軒の予約を依頼。更に、モエ・エ・シャンドンのカーブ見学の予約もしてくれるというので、合わせて依頼した。

メールの対応はいつも早くて的確だった。当日中にできないものは「いついつまでにやる」と、
期限を切って対応することにも好感が持てた。

(ホテルへのアクセス) = 車で。エペルネの市街地までは徒歩約15分かかる。最寄りのバス停からも、徒歩約10分はあるかも。

(周辺の雰囲気) = 町中から外れているので、人通りは多くない。しかし、ホテルのある通りはシャンパン・メゾンが軒をつらねており、夜はライトアップされているので、歩いていても治安の不安は覚えなかった。

(選択基準) = レンタカーが移動手段なので、2人ともシャンパンを試飲できる立地で。
トリップアドバイザーの評価がエペルネで1位だった。

ホテルのHPを見て内装の写真に好感が持てたし、ちゃんとしてそうなホテルだなと思った。

(よかったこと) = モエに徒歩圏内だったので、夫婦2人とも試飲することができ、不公平感がなくてよかった。駐車場も無料完備だったので、レンタカーで旅行する人には向いていると思う。

(困ったこと) = 覚悟はしていたが、町中からはちょっと距離があった。
といっても、徒歩15分だが。

レンタカーでなければ、ホテルの雰囲気より、立地重視で選んだ方がいいと思った。

(朝食) = ビュッフェ。17ユーロ/人。
品揃えは悪くなかったが、それよりも、朝食室がとても美しかったことが印象に残っている。

(宿泊客の客層) = 若者は見かけなかった。
駐車場には高級車が多かった。

(支払い方法) = クレジットカード可。

(車椅子等の対応は?) = 入口からレセプションデスクまでは段差があるが、リフトには段差なしで到達することができる。なんとかなりそうな気がする。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆


(2012年4月下旬 azumi@az 様)





Ibis Epernay Centre Ville ★★★
http://www.ibishotel.com/gb/home/index.shtml
booking.comで探す・予約する

(宿泊時期) = 2008年6月

(泊数) = 1泊

(部屋) = ダブル フランス式4階 
部屋は若干狭く感じた。スーツケースはベッドの上にしか広げられなかった。

部屋の大きさに対して窓が小さいで、昼間は少し暗く感じる。内装は豪華さや新しさは感じられないが、それなりに清潔だった。

(部屋の家具・備品) = 液晶テレビがあった。

(バスルーム) = プラスチックの洗面台で高級感はないが、清潔でこのクラスのホテルとしては平均的だと思う。
バスタブあり。トイレ、洗面台と一緒の部屋の、よくあるタイプ。シャンプー、ボディ、シャンプーあり。

(エアコン、クーラー) = ヒーターあり。

(パブリックエリア) = レセプションはフランス式1階で、地上階には入口しかない。レセプションのフロアにバー、レストランがあるがそれほど広くはない。豪華さはない。

(リフト) = 1基あり。リフトが来るまで時間がかかることが時々あった。

(レセプション) = てきぱきとこなしていた。事務的だが冷たくもなく普通。

(館内施設) = バー、レストラン

(スタッフ) = 英語が話せるスタッフと話せないスタッフがいた。

(宿泊料) = 70euro。駐車場が6euro。

(予約方法) = 個人で。
IbisのHPで予約。6月の週末はすべて予約で埋まっていたが、2日前にHPを見たら空きがあった。

(アクセス) = 街中にあり、便利な場所。車で行ったがホテルの前に駐車スペースがほとんどなく、止める場所に困った。
ホテル専用ではないが、ホテルの周り一帯の地下が駐車場になっていて、ホテルのすぐ前に出てくることができる。

(周辺の雰囲気) = 市街地。アパルトマンのような建物が並んでいて、風情はない。

(ホテルの選択基準) = 立地で選んだ。モエ・シャンドンでしっかり試飲したかったのでここに泊まったが、徒歩約10分で、街の中心まで行けるので、ちょうどいい場所だった。

(困ったこと) = 予約する時に豪華さ、快適さといったものは期待していなかったので、特に問題なし。寝るには全く問題なし。

(朝食) = 8euro

(支払い方法) = クレジットカードで支払った。

(車椅子等の対応は?) = 車椅子の人専用の部屋があった。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆

( 2008年6月 ドイツのみかん 様)



 

トップ > その他の地方 > シャンパーニュ地方 > Epernay エペルネのホテル