トップ > その他の地方 > サントル・ヴァル・ド・ロワール地方 > Tours トゥールのホテル
  
サントル・ヴァル・ド・ロワール地方へ戻る
Tours トゥール(ツール)のホテル  
 
 31 Dec.2009 / 17 Apr./ 5 Dec.2010  / 17 May 2013経験談追加
 
トゥール観光局より リスト
http://www.ligeris.com/hotes/hotels.htm
フランス観光協会より
http://www.tourisme.fr/office-de-tourisme/tours.htm

appleworldで探す・予約する

 
注意 安いツアーではかなり安い宿にとまりますので、トゥールおよび近郊泊には注意してください。

また、トゥールとうたっていても、実際はトゥール市内でないホテルもあります。

このページは 住所ホテル トゥールのホテルのみ。ほかの市町村の場合、それぞれの市町村のページを参照ください。
 
 
 
 

もくじ
Mercure Tours Centre ★★★
Hotel de l'Univers  ★★★
IbisTours Centre
駅5、6分。広いリフト。車椅子いけるかも?
Hotel Kyriad Tours Centre ★★★
Holiday Inn Tours City Centre ★★★(別頁)
駅すぐ 湯沸しあり ビュッフェ朝食充実
Turone Hotel ★★★
Quality Hotel Harmonie 
Hotel Tours Giraudeau
(旧 Express By Holiday Inn Tours ★★)
Hotel des Chateaux de la Loire  (別頁)
駅5分
Hotel Maderne★★
Hotel du Manoir  ★★(別頁)
Hotel Moderne  ★★
ロジ・ド・フランス加盟
Hotel du Cygne ★★(別頁)  [17 May 2013]
犬・猫
L'hotel Mondial★★(別頁)
Hotel du Theatre ★★
Hotel le Regina 
トイレ共用 一部シャワーあり
Hotel Jean Bardet Chateau Belmont 
ルレ・エ・シャトー加盟 
レストランは、ミシュラン★★、ゴー・ミヨ18点
Best Western Le Grand Hotel Tours ★★★
Best Western Central Hotel 
Hotel Vendome ★(別頁)  [17 May 2013]

   
 booking.comでトゥールのホテルを探す・予約する
 
Hotel Moderne  ★★
ロジ・ド・フランス加盟
(郊外)Mercure Tours Nord
(郊外 Chambray les Toursのホテル
 Hotel Novotel Tours Sud
 Ibis Tours Sud
ユース  Auberge de Jeunesse 
ツール・ド・フランスに当たってしまい、なかなか予約が取れなかった。
(2005年7月 ベアトリックスピーター 様)










 
Mercure Tours Centre メルキュール・トゥール・サントル★★★
29 Rue Edouard Vaillant  37000 Tours
http://www.mercure.com/mercure/fichehotel/gb/mer/3475/fiche_hotel.shtml
appleworld で Mercure Tours Centre を探す・予約する
booking.comで探す・予約する

 
 
 

Hotel de l'Univers オテル・ドゥ・リュニヴェール ★★★
コンコルド系列
5 boulevard Heurteloup  37000 TOURS
http://www.hotel-univers.fr/
appleworld で de L'Univers を探す・予約する

(泊数) = 1泊

(部屋) = スーペリア・ツイン  フランス式4階
赤が基調で、かわいい。ロマンチックな雰囲気。化粧台もあり、鏡の前に造花が飾ってあった。バスルームからテラス風窓があり、開くと部屋が見渡せる。

(部屋の家具・備品) = 机、椅子、ソファ、テーブル、テレビ、ズボンプレッサー、セイフティボックス。
ホテルの案内が日本語でもあった。

(バスルーム) = トイレは別。バスタブはシャワーカーテンなし。お湯の出は快適。
コンコルドグループのアメニティ。バスジェル、シャンプー、ボディローション、綿棒、つめ磨きセット、シャワーキャップ、石鹸等。アメニティに日本語表記があった

ドライヤーあり。洗濯ヒモあり。

(冷蔵庫) = あり

(エアコン、クーラー) = あり。暑かったので温度を一番下に下げていた。

(パブリックエリア) = 入口は広くない。回転扉。ロビーは広く壁に人の絵が描いてあり、このホテルに泊まった有名人達なのかなと思わせた。

(リフト) = あり。入口そばに1基。ロビーを抜けたところに2基。6人乗りくらい。

(レセプション) = 1名。英語可。問題なし。

(館内施設) = レストランやバーが0Fにある。メイデーだったのでレストランは閉まっており、ルームサービスがあると言われた。

(スタッフ) = 英語可。チェックアウト後に Bag Roomとやらで荷物を預けた時もてきぱきやってくれ、気持ちよかった。

(宿泊料) = 26,400円(朝食付)

(予約方法) = 代理店から手配
HISのHPから予約。4日後位にメールで予約可能かの回答と請求書が来た。振込み後、メールでバウチャーが届く。バウチャーを印刷しホテルで見せれば簡単にチェックインできた。

(代理店の対応や手続き) = スムーズだった。いつ予約確認メールが届くかわからなかったので電話した時も丁寧だった。

(アクセス) = トゥール駅に徒歩5分。観光案内所へも徒歩5分。

(周辺の雰囲気) = 隣に、ホテルと同じ名前のブラッセリーがあったり、マクドナルドやATACというスーパーも近い。小さいがプランタンやラファイエット(デパート)もある。

夜21時過ぎに、トゥール駅前の噴水がライトアップされるのかと思って行ったが(実際は向かい側のHOTEL DE VILLE前の噴水のライトアップの方がきれい)、怖いことはなかった。観光地なのでスーツケースを持った人が多い。

(選択基準) = トゥール駅に徒歩5分と近いこと。ガイドブックに載っていて、家族がここに泊まりたかったから。ヘミングウェイなど有名人が泊まったことのある老舗のホテルらしいので安心だった。

(よかったこと) = 翌日ロワールの城巡りツアーに参加したので、チェックアウト後ホテルに荷物を預けることができ、便利。最初、ダブルルームだったが、外出から帰ってきたらレセプションの女性がツインの部屋に替えましょうかと言う。

ツインで予約していたのでホテルの手違いということで、スーペリアにアップグレードしてくれ、広くてかわいらしくて雰囲気のよい部屋で、もう1泊してもよいと思える位、快適に過ごせた。

スーペリアではカーテンの柄が無地から豪華なものへ、チョコレートも詰め合わせに、アメニティの数も増えたり、スリッパやバスローブがつくところも違う。
 

(朝食) = 7:30に0Fのレストランで。他に1人しかいなかったし、スタッフもほとんど不在だった。

デニッシュ、チーズ、ハム、フルーツ、ヨーグルト、ジュース等のビュッフェ。コーヒーや紅茶もすべてセルフサービス。おいしかったけれど、家族によればチーズはあまりおいしくなかったらしい。

(客層) = 年輩の外国人が多い。

(支払い方法) = 日本で支払ったので不明。

(車椅子等の対応は?) = 入口が少し階段を上り回転扉なので、他にも入口があるのか確認した方がよいと思う。廊下は車椅子でも通れる広さ。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 立地、ヨーロッパの雰囲気を重視する方にはお勧め。ダブルルームはこんなもんかというこざっぱりした感じだが、スーペリア室はロマンチックな雰囲気が好きな女性は気に入ると思う。

(2006年5月 RIのリズ 様)


 
 
 
 
 
 
 
 
Hotel Kyriad Tours Centre ★★★ (旧ロワイヤル)
65 Av. Grammont,  37000 Tours
http://www.kyriadtours.com/
contact@kyriadtours.com
appleworld で Kyriad Tours Centre を探す・予約する

 
 
 
 
 
 
Quality Hotel Harmonie Tours Centre ★★★
13 Rue Joliot Curie 37000 Tours
http://www.choicehotelseurope.com/hotels/hotel?hotel=FR344
appleworld で Quality Hotel Harmonie を探す・予約する

 
 
 
 
 
Turone Hotel ★★★
http://www.hotelturone.com/
 

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = ツイン

(部屋の階&立地) = フランス式2階

(部屋について(雰囲気など)) = スーツケースを2つ広げるのに充分な広さがあった。
明るい。古いヨーロッパの感じがよかった。機能的にはごく普通。

(部屋の家具・備品) = 湯沸かし器なし。クローゼット、引き出しあり。

(バスルーム) = 広さはあった。液体石鹸はいろいろ使える一種類。お湯の出、清潔さも普通。

(冷蔵庫) = あり

(エアコン、クーラー) = あり

(部屋について、その他) = 古い感じがよかった。

(パブリックエリア) = ロビーは狭い。

(リフト) = あり。約5人乗り。

(予約方法) = ツアーなどで指定されていた(日本旅行 ベストBuy)

(ホテルが決まった時期、もらえた情報) = 出発10日前。

(ホテル周辺の雰囲気) = 特に不安を感じることはなかった。ただし夜は出歩かず。

(朝食) = ビュッフェ式。味は普通。

(宿泊客の客層) = 団体客が多い。

(車椅子等の対応は?) = 可能

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆
(2010年6月 りお・りょ 様)


 
 
 
Hotel Tours Giraudeau オテル・トゥール・ジロドー

(旧 Express By Holiday Inn Tours エクスプレス・バイ・ホリデイ・イン トゥール ★★)

247 Rue Giraudeau  37000 TOURS
appleworld で Holiday Inn Express を探す・予約する
楽天あり。

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = ツイン 日本式2階
狭い。ハウスダストがいるのではと思う。アレルギーが出た。暗い。

(部屋の家具・備品) = クローゼット、窓際に机、ナイトテーブル。

(バスルーム) = お湯の出具合が強力だったが、広くはないし、バスタブの位置も高い。備品はタオルのみだった気がする。

(冷蔵庫) = 気づかなかった。必要がなかったからかも。

(エアコン、クーラー) = あり。

(部屋について、その他) = 狭いが、部屋によってはスーツケースを広げられたようなので、差がある模様。ベッド自体も狭い。

(パブリックエリア) = 暗い。狭い。

(リフト) = あったが、大人4人とスーツケースで満員状態。

(レセプション) = 不明。

(館内施設) = レストランがあったが、広くはない。

(予約方法) = ツアーなどで指定されていた。 
 日本旅行 ベストバイヨーロッパ フランス夢紀行8日間
 

(ホテルが決まった時期、もらえた情報) = 電話で無理やり質問したのが、出発2週間前。

(アクセス) = ツアーだったので不明。

(周辺の雰囲気) = 中心部より離れた、治安の悪そうなところだった。外に出たいとは思わなかった。

(選択基準) = ツアーで指定されていた。

(困ったこと) = ハウスダストアレルギーが出た同行者が、翌朝ダニにやられて薬を塗っていた。

(朝食) = パンしかないと思った方がいい。

管理人補記
※コンチネンタルといって、大陸側の普通の朝食です。コーヒーとパン程度。
(支払い方法) = ツアーに含まれていた。

(車椅子等の対応は?) = やめた方がいいと思う。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う。

(コストパフォーマンス) = ◆

(他の方へのアドバイス) = ツアー以外の人は、他のホテルにした方がいい。ツアーの人は、別に食料を用意することをお勧めする。

(2009年2月 北からきたよ 様)

 
 

▲もくじに戻る

 
 
Hotel du Theatre オテル・デュ・テアトル ★★
57 rue de la Scellerie
http://www.hotel-du-theatre37.com/index2.php
(宿泊時期) = 2005年7月

(泊数) = 1泊

(部屋) = ツイン  日本式4階 rue de la Scellerie に面した屋根裏? 36号室
窓は小さい割には明るい。室内灯なし。灯りはスタンドが机に1つと、ベッドサイドに2つ。

広い。眺めは、向かいの劇場の上部。

(部屋の家具・備品) = クローゼット(ハンガー取り外し可)、机、椅子1。テレビ、電話。金庫・目覚ましなし。
ベッドは2つ(大1、小1)

(バスルーム) = 広くて明るい。きれいに掃除してある。大きいバスタブで、お湯の出は良い。シャワーカーテンなし。シャワーヘッドは取り外し可。ドライヤー、コンセントあり。荷物を置く棚があって、便利。トイレが低くて安心。

備品は、石鹸、シャンプー兼シャワージェル、使い捨てコップ。

(冷蔵庫) = なし

(エアコン、クーラー) = なし。扇風機あり

(部屋について、その他) = 他の部屋の音はしないが、ドアの開閉の音は聞こえる。通りは賑やかだが、夜寝る頃には静かだった。

(リフト) = なし。階段は小さな螺旋階段で急。

(レセプション) = 親切。日本式の2階で、建物の入り口と2階のレセプション前に、それぞれドアがある。
夜間は閉まるので暗証番号を教えてくれる。

チェックインの時に、トゥールの地図を渡されレストランや店のあるところ、観光名所を教えてくれた。

(館内施設) = 朝食室とラウンジは兼用のよう。

(スタッフ) = 英語OKで親切。

(宿泊料) = 58ユーロ。朝食は1人6ユーロ。税金が1人0.7ユーロ。   合計71.4ユーロ

(予約方法) = 個人で
週末以外は返事は早かった。ツール・ド・フランスがあるので、念押しメールを送ったら、「遅くなっても心配しないで大丈夫です」との返事が来て、一安心。

(アクセス) = SNCFのトゥール駅から徒歩5分。

(周辺の雰囲気) = 良い。5分も歩くと、ギャラリー・ラファイエット。食品も扱っている。

(選択基準) = 7月4日はツール・ド・フランスに当たっていたので、市内で宿泊可能の返事があったのはここだけだった。

(よかったこと) = 屋根裏でも広々していて、良かった。

(困ったこと) = 階段が急で少々怖かった。

(朝食) = 禁煙でないので煙かった。

コーヒー・紅茶・ショコラとパン(バゲットとクロワッサン)は運んでくれる。
他はセルフサービスで、シリアル1種類、ヨーグルトが2、3種類、ジャム(4、5種類)、
バター、チョコクリーム、蜂蜜。

オレンジジュース、果物(りんご、ぶどう、オレンジなどそのまま)

(客層) = 日本人はいなかった。長期滞在風がチラホラ。

(支払い方法) = VISA,MASTERは使える。T/Cは不明。

(車椅子等の対応は?) = 無理だと思います。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 夏は暑いかもしれません。日本式2階の部屋(1で始まる部屋)はレセプションや朝食室のすぐ側にあるので煩いかもしれません。
 

(2005年7月 ベアトリックスピーター 様)


 
▲もくじに戻る

 
Le Grand Hotel   (旧 Best Western Le Grand Hotel Tours) ★★★
9, place du Marechal Leclerc  37000 Tours
http://www.legrandhoteltours.com/
appleworld で Best Western Le Grand Hotel を探す・予約する
112室

(宿泊時期) = 2005年8月

(泊数) = 1泊

(部屋) = ダブルを2室 フランス式3階
トゥール駅前徒歩1分。歴史的?な建物で、たてつけは古い。広さは、ベッドの周囲にスーツケースが2個くらいは開ける程度。一部屋は駅前の広場を望む。もうひとつは裏側。

(部屋の家具・備品) = 電話、TV(壁の上部に吊り下げてある)、たんす、ナイトテーブル

(バスルーム) = 一部屋はバスタブとシングルの洗面台。もうひとつの部屋は洗面台は二人分。何故か後者の部屋のバスタブにはシャワーカーテンがなかった。
古いが清潔。お湯の出具合は問題なし。

(冷蔵庫) = なし

(エアコン、クーラー) = エアコンはあるが、あとから設置した日本の家庭用エ
アコンのようなもの

(パブリックエリア) = ロビー、待合スペース、レストラン

(リフト) = あり。小型。スーツケース2個と2人でいっぱい

(レセプション) = 普通か。事前にHPから予約してあったが、確認書の紙を見ながらそれにあった部屋をその場で探すといった風情。あまりシステマティックではない。

(館内施設) = レストラン

(スタッフ) = 最初から最後まで当然のようにフランス語。英語はたぶんOK
でしょうが。

(宿泊料) = 110euro

(予約方法) = 個人で
ベストウェスタンのHP。HP自体は機能的。

(アクセス) = トゥール駅徒歩1分

(周辺の雰囲気) = 駅前広場。治安は問題ないだろうが、やや騒々しい

(選択基準) = 早朝パリにTGVで戻るので、駅から近いところ

(よかったこと) = 予約してあったレストランから確認書が来ていなかったので、万が一のためにレセプションでレストランを聞いたら、親切に地図を見せて旧市街のレストランを 教えてくれた (結局もと予約していたL'Odeonという、ホテル前の広場を渡った駅前のレストランにした)

(困ったこと) = 早朝チェクアウトしようとしてエレベーターに乗ろうとしたら、エレベーターで大量のリネンを運んでいて、暫く待たないと乗れなかった。リネンを運んでいる作業員は宿泊客を優先する姿勢なく、自分優先。

(朝食) = 一応のものは揃っている。朝6時半から10時までと開始時間が早いのはいいが、6時半に行ったら係がだれもおらず、勝手に食べ始めることに。

(宿泊客の客層) = フランス人の団体。

(支払い方法) = クレジットカードOK

(車椅子等の対応は?) = エレベーターが小さいので無理かも

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = トゥール発のロワール城巡りをする場合、駅前の観光案内所で解散の場合が多く、疲れた足で荷物を長く移動させる手間はなく、楽。電車でパリ等へ移動するにも、至近で楽す。ただ、近代的なホテルではないし、レセプションもあまり効率的ではない。
 

(2005年8月 元ニューヨーカー 様)


 
 
 
 
 


 
ユース  Auberge de Jeunesse 
"Parc de Grandmont " 1, av.  d'Arsonval
(行き方)
SNCF(国鉄)駅を出て左手に進み、小さいモールみたいな通りを抜ける。
バス停 pl. Jean Jauresから 3、6、11番いずれかのバスで Alouetteの次のAuberge de Jenesse下車

バス内で次のバス停の名前が表示されるが、名前が長いせいか「au. de Jenesse」と略されるので、ぱっと見、気づかないこともあるかも)。所要 約15分〜20分。バス停の側にガソリンスタンド有り。(片道6.90Fr。1h以内の乗り換え可)
 
バスの進行方向に少し進むと、信号があるので、そこを渡ったとこの林の中に入る小道をそのまま進む。すぐ右手にユースの看板。そこを入っていったところがユース(徒歩1〜2分)。バス停から2階建ての地味な建物が見えている。

IBM予約可。クレジットカードでの支払い○ T/C×

開:7〜11時、16〜22時 と、一応「歩き方」には書いてあるが、朝8時過ぎでも、まだレセプションは閉まっていたので、アテにはならない)
キッチン・ランドリー有り。
朝食込みドミトリー 69Fr。シーツ 17Fr

(建物)
開所してから、割と年数が経っているようで、コンクリートの建物はボロく見えるけど、不潔ではない。と思う。2階建て。まぁでも、隅から隅まで掃除が行き届いているか、と言われると、床にはちょっと埃やゴミがあるので、ピカピカではない。
 
全然、問題ないレベルだと思いますが。すごくきれい好きな人は、イヤかもしれない。全体的に少し古いので、ちょっと汚く見えてしまうだけやと思うけど。
道路にも近いけど、一応林の中なので、朝は鳥の声で起こされました。ちょっと、爽やかっぽい(笑)。

(設備)
キッチンは無料。鍋や食器もそれなりにはそろっている(使用しなかったので、電気コンロなどの具合は不明。でも、みんなパスタとか作ってたから、火力は大丈夫そう)。

ラウンジにはテレビがあり、夜になると、なんとなくみんなその辺に座ってニュースを見ていた。レセプションが開いてる間は、ずっとラジオがかけっぱなしで、音楽(ロック・ポップス)が流れている。これはたぶん、経営者のおじさんの趣味。
 
一応、プールテーブルや、ピンボールや卓球台も置いてある。
 
(ネット)
インターネット接続端末なし。
 

(洗濯)
ランドリーは洗濯10F、乾燥10F。キッチンに洗濯機がぽん、と置いてある。

(朝食)
バゲット(長いやつを5センチ幅くらいに切ってある)、シリアル3?4種類、プルーン、オレンジ ジュース、コーヒー、ホットミルク、と、たぶんホットチョコレート(濃縮チョコのプラスチックボトルが置いてあるので、自分で好きに作れ、ってことだった んじゃないかと・・・)。バター・ジャムは、小さい一回分のヤツが、ざかざか置いてあるので、好きなやつを好きなだけ取っていいもよう。食べ放題。

レセプションの隣のレストラン、とゆーか、ダイニングで食べる。特に何も見せなくてもよい。

(防犯)
部屋の鍵は、1人1つ渡してくれる。デポジットは取られなかった(でもちゃんと返しましょう)。

(荷物預かり)
コインロッカーなし。荷物置き場なし。わたしは、最初宿に着いたとき、昼休み中だったので、レセプション横のラウンジの棚にワイヤーで荷物をつないで放置した。
 
中に入ってみての雰囲気で、ここは誰も盗らねーな、と、なんとなく思ったからその辺に放って置いたが、不安な人はやめましょう。

このラウンジに、古城ツアーの各社パンフなどが置いてあったけど、わたしはもうツアーを予約していて、必要無かったので見ていない。このユースの雰囲気からして、最新のモノを置いているかどーかは疑問。

(部屋)
わたしが泊まった部屋は5人部屋。部屋はあまり広くなかったので、でかいスーツケースは広げられない事はないけど、同室の人の邪魔になるかも。

ベッドは普通の木枠の2段ベッド。シーツは清潔なので問題なし。レセプションでシーツをくれるので、ベッドメイクは自分で。

電気がドアの上にしかなかった。ドアから離れると、若干薄暗い。

(シャワー) シャワーとトイレは男女区別無し。シャワー室の左側にトイレ、右側に洗面台とシャワーがある。トイレの列の一番奥もシャワーで、全部で3つ。
 
水圧・お湯の温度、共に○。温度調節・湯量調節はできない。一度ボタンを押すと、一定時間お湯が出るタイプ。広くはないが、一応、脱衣スペースがとってある。でも仕切りがないので、荷物はビニールの袋に入れましょう。

(スタッフ)
どーやらおじさんが経営している(もしくは、雇われ管理人?)らしく、他にも2、3人、スタッフはいるけど、お金のからむ業務なんかはおじさんしかわからないみたいだった。

おじさんは少し英語を話せるみたいだけど、堪能ではない。いつも口笛を吹きながら、あっちゃこっちゃうろうろしている。ので、常にレセプションに座ってはいない。

このユースの、(適度に)だらけた雰囲気は、このおじさんのノー天気さからくるものか・・・。

会員証の提示も求められなかった(たぶん、おじさんが忘れてただけだと思う・・・)。
FUAJ(ユースホステル協会。YHAのこと)に加盟してるので、会員証は一応見せないといけないんじゃないかと思った。

チェックアウトが朝早い人は、前の晩に一応おじさんにその旨言ってみたほうが、良いかもしれない。鍵をどうやって返したらいいか、確認しておくほうがベター。わたしが宿を出た8時頃、まだレセプションは閉まっていたので、仕方なく部屋の鍵をカウンターに置いておいた。

(滞在しての感想)
客があんまりいなくて(20人前後)、そのせいもあるのか、わりと雰囲気は打ち解けた感じでのんびりしていた。
 
全体的に建物のボロさのせいで、ちょっと薄暗いイメージはあるけど、わたしは十分快適に過ごせた。ラウンジにいると、とりあえず音楽聞けるからよい。
 
ここは、住み付き地元人(←部屋が見つかるまで、とか、仕事で1ヶ月くらいの滞在、などの理由で、数週間〜数ヶ月、文字通り「住んで」る人が、ユースにはたまにいる)が数人いた。人懐っこいお兄さんもいて、キッチンでいろいろカタコト英語で話し掛けてきた。話に夢中になりすぎて、パスタを茹で過ぎていた。
 
(はなはな様 2001年2月)

▲もくじに戻る
 

トップ > その他の地方  > サントル・ヴァル・ド・ロワール地方 > Tours トゥールのホテル