トップ > その他の地方 > サントル・ヴァル・ド・ロワール地方 > ロワール地方発のツアー
  
ロワール地方に戻る
ロワール地方発着ツアー
 

1 Mar.2009 一部再調査、経験談追加
4 Nov./ 8 Dec.2009 / 16 Jul.2011  経験談追加

3 May 2014 経験談追加


もくじ




概要

大きく、オン(4月復活祭後〜10月末)、オフで コースがかわります。

オフは 観光客がすくないので、催行しない会社もあります。
コースがメジャーどころで週2種類ぐらいになることが多いです。

オンシーズンは、ユッセ、ランゲなど 豊富なコースが日替わりとなります。
 

人数が集まらないと、催行されず、同日の違うコースに(無理やり・笑)案内されることもあります。

定員が8名程度といずれも小さい(ミニバン)ので、必ず予約をおすすめします。




(ツアー選びのアドバイス) = ツアーを申し込みしようとしたところ「12月下旬〜2月末まで休業」と返事が来た。他社も同様で、11月中旬〜2月末まで休業という会社もあった。
オフシーズンについては、早めに問い合わせをした方がよい。

(2008年 こぐま生大福 様)  

  トゥール観光局に現地のバスツアーを申し込んだが、申込者が足りないので
当日は運行しない、とのメールが来た。しょうがないので、シャンボール城にはタクシーで行った。ブロワ駅から片道28ユーロ。
(2005年2月/3月 どすたーる400 様)
 

トゥール発のミニバスツアーはどの催行会社も日本人観光客に手馴れており、どこを選んでも概ね満足できる。が、日本語での詳しい案内はACCO-DISPO社だけなので、城の歴史等を詳しく知りたければ、ACCO-DISPO社で決定でしょう。
(pyontaro6919 様)
 

 8:55にトゥール着のTGVで、観光案内所前9:05集合だったが、TGVの車両が一番奥だったので、トゥール駅の出口までにかなりの時間がかかってしまった。
車両の位置によって時間がかかることを知っていれば事前に連絡できたのだが、5分以上遅刻して、他の客に迷惑をかけてしまった。
(元ニューヨーカー 様)

各城での自由時間がタイトと聞いていたので、効率的に見てまわるように留意した。それでも各城ともみやげ物店では、殆ど時間がない。
(元ニューヨーカー 様)
 

シャンボールとシュノンソーは、有名というのもあるが、城のタイプがまったく異なるので、メリハリがあってシャンボールとシュノンソーの組み合わせでよかった。シャンボール城は、男性的、外観が威圧的という印象に対し、シュノンソー城は、女性的、可憐な印象。
( 2005年8月 羊のどんざえもん様)

トゥール発のミニバスツアーはどの催行会社も日本人観光客に手馴れており、どこを選んでも概ね満足できる。が、日本語での詳しい案内はACCO-DISPO社だけなので、城の歴史等を詳しく知りたければ、ACCO-DISPO社で決定。
(pyontaro6919 様)


 
 

お役立ちキーワード

non compris  ノン・コンプリ 含まれていない  別料金 (英語の not included)

visite 城内見学 (一部のこともある) 英語の  visit
vue 外観見学(道路を走りながら、ちらっとみえまーす的。ご丁寧な写真停車などしないのが普通で、写真停車があれば上等。
visite libre  自由見学 (ガイドがついて案内はしない)
dejeuner libre   自由昼食 (各自で自由に店を探して、昼食。もちろん料金は non compris!)

depart 出発 (だいたいなんでも15分前集合が普通。時間より前にいっちゃうこともある。遅れることもある。)  英語の depart

retour 帰着 (まぁ戻ってくる時間。当然なんらかの事情で遅れることもある。そのかわり交渉すれば違う場所まで送ってくれたりも・・) 英語のreturn

準備
■ 現金(なんらかの事情で T/C、カードが使えないこともある。必ず現金も準備。「おつりのないよう」。また大きな札は不可)
フランスは一般的にガイドや運転手に、料金と別に、チップをすこし渡すことがあります。これはよくあることです。
■ 小銭。(その他別途料金も多い) 、レストランでの飲料など。1日ツアーで昼こみのものでも、何があるかわからないので、一人30ユーロ程度は小銭、小さい札(5ユーロ札以下) ふくめ、持っておこう。

■水。日本のように思ったところで買えない。

■上着 (車内冷房がきいていたり、冬はロワールは相当寒い)

■歩きやすい靴。

■運転はあらいので、ゆったりした服装。 女性は締め付けない下着がよい。

■肩から貴重品をいれて、かけられるカバン。大きすぎると入場できないこともある。入場箇所でのスリもあるので、チャックなどが閉まるほうがよい(プロには開けられるけど)、貴重品は念入りにしまう。

マナー
乗客同士も にっこりと、あいさつを交わすこと。気持ちを顔や態度に出しましょう!

早めに乗り込む。隣同士に座れないことが普通にある。他の客に席をかわってといわれて、イヤなら、はっきり断ること。
ただしドライバー判断によるものは、断れないので、従う。

車内は飲食不可の場合がある。法律および清潔を保つため。ドライバーに確認して、従うこと。
 

トゥール発 
Acco Dispo社[16 Jul.2011]
SNCF Tourisme 社 
Tour Evasion社 [16 Jul.2011]
Saint Eloi Excursions社 
Valley Bus Service社
Quart de Tours社
自転車ツアー http://www.locationdevelos.com/
ツアーおよび自分で回るコース、宿泊型や、子供もいけるファミリーコースもあり。

トゥール発 
 モン・サン・ミッシェルいきバスツアー
モン・サン・ミッシェル発 
  ロワール〜パリ バスツアー
アンボワーズ発
  バスツアー
ブロワ発
  バスツアー 
ブロワ駅前発 巡回バス ブロワ〜シャンボール〜シュヴェルニー(春夏)
ソーミュールorアンジェ発バスツアー
Quart de Tours社


オプショナルツアー
Alan1.net
数社の商品を扱う。


JHC
マイバス社とパリヴィジョン+シティラマ社商品が中心。円建てでとくな場合も。
   
JTB (マイバス商品)

マイバス社
   
 
 
 
  トゥール発
 
 
トゥールから、もっとも多くのミニバンやバスのツアーが出ている。
 
トゥール観光局HP http://www.ligeris.com/
または 各社直営HP(下記)から、情報や予約ができる。各社直営HPのほうが、情報が新しい
 
10月ごろから3月(あるいは4月 復活祭)までは全般的にオフシーズン
多少、減便や城のOPEN時間が短くなったりする。個人でいくときは、必ず確認するか、現地でたとこ勝負か。

 

Acco Dispo社

http://www.accodispo-tours.com/
日本語HP 利用者の経験談もあり。
http://www.accodispo-tours.com/japan/
http://www.ligeris.com/usa/bus_acco.html

 
2名催行 最大8名まで  

ミニバンツアー: 入場料・昼食はふくまず(ただし人数がいれば、団体料金適用)。
日本語テープあり(ただし、ミシュラン・グリーンガイドを棒読みして吹き込んだもの、との報告あり) 

発着: トゥール、アンボワーズ設定あり。その他相談。

専用車 : 空港・駅送迎 +貸し切り専用車ツアー  英・独・仏語。エアコンあり。

1日 381〜412ユーロ 9時間 最大200km
午前 171〜186ユーロ  9〜12時 130kmまで
午後 247〜268ユーロ 13〜18時 160kmまで

Acco-Dispo's offer : 送迎+ガイド+ホテルやレストランもこみの フルパッケージ。モン・サン・ミッシェルなどへもOK。

予約 ホームページから予約可能。

[2009年3月調査]

催行元 コース番号 催行曜日
■催行なし
大人 子供 ことば 出発 所要 ホテル送迎
ACCO 月・水・金1日 月・水・金 50euro
入場料別途
同左 日本語テープ 9:15-18:30



AM シュノンソー城見学 クロ・リュセまたはアンボワーズ(入場)
アンボワーズにて自由昼食
PM シャンボール城見学 シュヴェルニー城見学、アンボワーズ外観、ショーモン外観、ブロワ外観
ACCO 月・水・金AM 月・水・金 20euro
入場料別途
同左 日本語テープあり  9:15-13:00



シュノンソー入場 クロ・リュセまたはアンボワーズ(入場) 
ACCO 月・水・金PM 月・水・金 33euro
入場料別途
同左 日本語テープあり 13:20-19:00



ャンボール城見学 シュヴェルニー城見学、アンボワーズ外観、ショーモン外観、ブロワ外観

 
催行元 コース番号 催行曜日
■催行なし
大人 子供 ことば 出発 所要 ホテル送迎
ACCO 火・木 1日 火・木 44euro
入場料別途
同左 日本語テープ 9:30-18:30



AM アゼイ・ル・リドー入場 ヴィランドリー庭園入場
トゥールにて自由昼食
PM アンボワーズ入場 クロ・リュセ入場 シュノンソー入場 簡単なワインカーブ試飲
ACCO 火・木AM 火・木 20euro
入場料別途
同左 日本語テープあり  9:30-12:30



アゼイ・ル・リドー入場 ヴィランドリー庭園入場
ACCO 火・木PM 火・木 27euro
入場料別途
同左 日本語テープあり 13:20-18:30



アンボワーズ入場 クロ・リュセ入場 シュノンソー入場 簡単なワインカーブ試飲

 
催行元 コース番号 催行曜日
■催行なし
大人 子供 ことば 出発 所要 ホテル送迎
ACCO 土 1日 50euro
入場料別途
同左 日本語テープ 9:00〜18:45



AM アゼイ・ル・リドー入場 ヴィランドリー庭園入場
トゥールにて自由昼食
PM シュノンソー入場、シャンボール入場 フージェール・シュル・ビエーヴル外観、ブロワ外観、シュヴェルニー外観
ACCO 土AM 20euro
入場料別途
同左 日本語テープあり  9:00-12:00



アゼイ・ル・リドー入場 ヴィランドリー庭園入場
ACCO 土PM 33euro
入場料別途
同左 日本語テープあり 12:50-18:45



シュノンソー入場、シャンボール入場 フージェール・シュル・ビエーヴル外観、ブロワ外観、シュヴェルニー外観

Acco-Dispo社 利用者の声は こちら

[16 Jul.2011]


   
 
▲もくじ へ戻る

 

 
 
 
 
 
 
 
 

SNCF Tourisme 社
トゥール発
http://www.ligeris.com/index_us.html
> excursionsにはいる

フランス国鉄観光バス   英語・仏語 入場料こみ  




月曜午前

9:00-12:15  113F 
アンボワーズ、ヴヴレイ(ワインセラー訪問とティスティング)
月曜午後 

13:00-19:00  195F 
シュノンソー、シャンボール
火曜午前

9:00-12:15  125F 
シュノンソー、モントルー(ワインセラーとティスティング)
火曜午後

13:00-18:45  200F 
ヴィランドリィ庭園、アゼィ・ル・リドー、ユッセ
水曜午前

9:00-12:15  113F 
アンボワーズ、ヴヴレイ(ワインセラー訪問とティスティング)
水曜午後

13:00-19:00  195F 
シュノンソー、シャンボール、メナー外観
木曜午前

9:00-12:15  125F 
シュノンソー、モントルー(ワインセラーとティスティング)
木曜午後

13:00-18:45  200F
ヴィランドリィ庭園、アゼィ・ル・リドー、ユッセ
金曜午後

13:00-18:45  200F 
シュノンソー、アンボワーズ、ヴヴレイ(ワインセラーとティスティング)
土曜午前

9:00-12:15  125F
シュノンソー、モントルー(ワインセラーとティスティング)
土曜午後

13:00-19:00  180F 
シュベルニィ、シャンボール、Fougeres, Bievres外観 
日曜終日

9:00-18:45   310F 
ランジェ、ユッセ、シノン、アゼィ・ル・リドー、ヴィランドリィ庭園
日曜午後

13:00-18:45 200F 
シュノンソー、アンボワーズ、ヴヴレイ(ワインセラーとティスティング)
▲もくじ へ戻る
SNCF Tourisme 社  参加しました! 経験談はこちらクリック

























Tour Evasion社
http://www.tourevasion.com/
http://www.ligeris.com/usa/bus_evas.html

ミニバン   仏語・英語ドライバー。
入場料・昼食代金は別途(ただし団体料金適用)。

予約 ホームページから予約可能。

支払 ツアー代金は当日現金払い。ワインセラー・試飲は無料

発車 トゥール観光局前

子供も同一料金(1席必要)
 

[2009年3月再調査]

催行元 コース番号 催行曜日
■催行なし
大人 子供 ことば 出発 所要 ホテル送迎
Evasion 1 毎日 午前 18euro
入場料別途

仏・英 9:30〜13:30 4h


シュノンソー見学 アンボワーズ見学
Evasion 2 18euro
入場料別途

仏・英 9:30〜12:30 2h
 
アゼイ・ル・リドー見学 ヴィランドリィ庭園見学
Evasion 3 毎日 午後 32euro
入場料別途

仏・英 13:45〜19:00 6h


アンボワーズ外観、ショーモン外観、 シャンボール見学、シュヴェルニー見学、ブロワ外観
Evasion 4 毎日 午後 21euro
入場料別途

仏・英 13:45〜19:00 6h


シュノンソー見学、アンボワーズ見学、クロリュセ見学、ヴヴレイ(ワイン試飲)

 
催行元 コース番号 催行曜日
■催行なし
大人 子供 ことば 出発 所要 ホテル送迎
Evasion 5 毎日 1日 49euro
入場料別途

仏・英 9:30〜19:00



AM シュノンソー見学 アンボワーズ見学  
アンボワーズにて昼食
PM ショーモン外観、 ブロワ外観、シャンボール見学、シュヴェルニー見学
Evasion 6 43euro
入場料別途

仏・英 9:30〜19:00

 
アゼイ・ル・リドー見学 ヴィランドリィ庭園見学
トゥールにて昼食
シュノンソー見学、アンボワーズ見学、クロリュセ見学、ヴヴレイ(ワイン試飲)
Evasion 7 49euro
入場料別途

仏・英 9:30〜19:00



アゼイ・ル・リドー見学 ヴィランドリィ庭園見学
トゥール昼食
アンボワーズ外観、ショーモン・シュル・ロワール外観、ブロワ外観、シャンボール見学、シュヴェルニー見学
▲もくじ へ戻る
Tour Evasion社 経験談はこちら 
[16 Jul.2011]


















Saint Eloi Excursions社
トゥール発 アンボワーズ発
http://saint-eloiexcursions.com/

エアコンつきミニバン、

仏語・英語・スペイン語ドライバー。

入場料・昼食は含まず。定員8名。

トゥール市内ホテルピックアップ(予約要)、または観光局集合

WEBから予約可 (WEBのコース多少 表記がゆらぎがあるので、確認したほうがよい)

[2009年3月調査] 

催行元 コース番号 催行曜日
■催行なし
大人 子供 ことば 出発 所要 ホテル送迎
St Eloi 1 月・木 AM 20euro
入場料別途
同左 仏・英 9:00〜12:30 3h30


アゼイ・ル・リドー見学  ヴィランドリィ庭園見学
St Eloi 2 月・木 PM 27euro
入場料別途
同左 仏・英 13:00〜18:30 4h30
 
シャンボール見学 シュノンソー見学
St Eloi 3
(1+2)
月・木 1日 44euro
入場料別途
同左 仏・英 9:00〜18:30 9h30


上記 AM+PM

 
催行元 コース番号 催行曜日
■催行なし
大人 子供 ことば 出発 所要 ホテル送迎
St Eloi 1 火・土 AM 20euro
入場料別途
同左 仏・英 9:00〜12:30 3h30


シュノンソー、アンボワーズまたはクロリュセ
St Eloi 2 火・土 PM 33euro
入場料別途
同左 仏・英 13:30〜18:30

 
シュヴェルニー アンボワーズ外観、ショーモン外観、ブロワ外観、シャンボール
St Eloi 3
(1+2)
火・土 1日 50euro
入場料別途
同左 仏・英 9:00〜18:30



上記 AM+PM

 
催行元 コース番号 催行曜日
■催行なし
大人 子供 ことば 出発 所要 ホテル送迎
St Eloi 1 水・金・日 AM 20euro
入場料別途
同左 仏・英 9:00〜12:30 3h30


アゼイ・ル・リドー見学  ヴィランドリィ庭園見学
St Eloi 2 水・金・日 PM 27euro
入場料別途
同左 仏・英 13:30〜18:45 4h30
 
シュノンソー、アンボワーズ、クロ・リュセ、ワイン試飲
St Eloi 3
(1+2)
水・金・日 1日 44euro
入場料別途
同左 仏・英 9:00〜18:30 9h30


上記 AM+PM

Saint Eloi社 経験談はこちら 

▲もくじ へ戻る

 

Valley Bus Service社
トゥール発

 
めずらしく、ここは昼食(1日ツアーの場合)・入場料こみ
お城は自由見学   入場料・昼食なしの予約も可能

パリからのアレンジも可
 

http://www.touring-france.com/tours-uk.html

催行元 コース番号 催行曜日
■催行なし
大人 子供 ことば 出発 所要 ホテル送迎
Valley
月・水・金・土 1日
2003/3/15〜10/31
81euro 4-10歳
40.50
3歳以下無料
仏・英 9:45〜19:15
送迎あり


クロリュセ見学、シュノンソー見学
シュノンソーの Hostel du Roy にてランチ(料金にふくまれる。ドリンク別途)
PM シャンボール見学、Nitrayワイン博物館で試飲
Montrichard、ブロワ、ショーモンなどの外観
Valley
火・木・土 1日
2003/3/15〜10/31
74euro 4-10歳
37
3歳以下無料
仏・英 9:45〜17:45
送迎あり
 
ヴィランドリー庭園見学、アゼイ・ル・リドー見学
アゼイ・ル・リドーの Le Grand Monarque にて昼食(料金にふくまれる。ドリンク別途)
PM ランジェ見学、ユッセ見学

Valley社 参加しました! 経験談はこちら 

▲もくじ へ戻る 

 
 
 

専用車
 

催行元 コース番号 催行曜日
■催行なし
大人 子供 ことば 出発 所要 ホテル送迎
Evasion








午前半日 120euro (8:30〜12:30)
午後半日 235euro (13:30〜18:30)
1日 335euro  (8:30〜18:30)
夜 150euro (20:00〜24:00)

追加1時間 30euro

パリまたは空港などでのピックアップも相談可
モン・サン・ミッシェル(MSM)1日、ノルマンディ、ほかのシャトー、ワインセラーなども アレンジ可

mailto:info@loirevalleytour.com
http://www.loirevalleytour.com/
http://www.tourevasion.com/locabus_en.html


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Quart de Tours社
http://www.quartdetours.com/
 

催行元 コース番号 催行曜日
■催行なし
大人 子供 ことば 出発 所要 ホテル送迎
Quart 1 毎日 午前 19euro
仏・英 9:30〜12:30 3h  


ヴィランドリー、アゼイ・ル・リドー
Quart 2 毎日 午前 19euro
仏・英 9:10〜12:40 3h30  


シュノンソー、アンボワーズ、クロ・リュセ



 
催行元 コース番号 催行曜日
■催行なし
大人 子供 ことば 出発 所要 ホテル送迎
Quart 3 毎日 午後 25euro
仏・英 13:45〜18:45 5h  


アンボワーズ、クロ・リュセ、ニトレー(ワイン試飲)
Quart 4 毎日 午前 19euro
仏・英 13:45〜18:45 5h  


シャンボール、シュヴェルニー、アンボワーズ外観、ショーモン外観、ブロワ外観

 
 
催行元 コース番号 催行曜日
■催行なし
大人 子供 ことば 出発 所要 ホテル送迎
Quart 1+3 毎日 1日 43euro
仏・英 9:30〜18:45    


AM ヴィランドリー、アゼイ・ル・リドー
PM アンボワーズ、クロ・リュセ、ニトレー(ワイン試飲)
Quart 2+4 毎日 1日 49euro
仏・英 9:10〜18:45    


AM シュノンソー、アンボワーズ、クロ・リュセ
PM シャンボール、シュヴェルニー、アンボワーズ外観、ショーモン外観、ブロワ外観
Quart 1+4 毎日 1日 49euro
仏・英 9:30〜18:45



AM ヴィランドリー、アゼイ・ル・リドー
PM シャンボール、シュヴェルニー、アンボワーズ外観、ショーモン外観、ブロワ外観

 
 
Quart社に参加!

(ツアー名、商品名) = ミニバスによるロワール古城めぐり 

月曜午後 シャンボール、シュベルニー 

(出発空港&コース) = トゥール観光案内所前

(出発日) = 8月中旬 月曜 13:30-18:30 

(価格) = 31euro

(申し込んだ窓口/代理店、方法) = トゥール観光局HPよりインターネット

(どうしてその商品に?) = 古城巡りツアーの内容(訪問する城、コース)、料金はどの社もほぼ同じだったので、すべての城の入場料が団体割引適用ということで選んだ。他の社は、「ほとんど」とか「人数により」割引という表現をしていた。

(出発前のトラブル) = 観光局のインターネットで申し込みし、カード支払。バウチャーがメールされた。当日持参し忘れたが、観光局でバウチャーを直ぐ再発行してくれた。

(出発前に知っておきたかったこと) = 電車で行ったシュノンソー城。
レストランは城内に2つ(セルフ1つ、セルフでないレストラン)あるが、普通のレストランは予約で満席。観光シーズン中にこのレストランで食事を予定している人は予約した方が良い。城のHPに、レストランの案内もある。

(そのツアーにしてよかったことは?) = 公共交通の不便な城まで、楽に行ける。入場料が団体割引となる。運転手の英語は、流暢で聞き取り易い。シャンボールはトゥールから結構距離があるので移動時間が長いが、美しいロワール地方の景色が楽しめる。

(現地にいってがっかり) = どの社のツアーでも同じだが、城での見学時間が短すぎる。1時間〜1.5時間の見学だが、ゆっくり庭を散歩する時間がない。8月の観光シーズンなのでシュヴェルニー城内の混雑は、「10時頃の山手線車内」ぐらい。

(ツアー選びのアドバイス) = 短時間に沢山の城を見るならツアーがお得。ゆっくり見学して雰囲気にひたるなら電車(またはレンターカー)で、個人訪問をおすすめ。

シュノンソーへは電車で行き3時間滞在したが、昼食・ボートに乗ったので、時間が足りなかった。私がもう1度行くなら、個人で電車で行く。

トゥールから電車で簡単に行ける(電車の駅がある)城は、シノン、アゼィ・ル・リド、シュノンソー

(コストパフォーマンス) = ★★

(アパッチ4様 2004年8月)

 


(ツアー名、商品名) = CASTLES BY MINIBUS

(出発空港&コース) = トゥール観光局前出発。
午前はランジェ城、ヴィランドリー城、昼食時間はトゥールで各自自由に。
午後はモンプーポン城、ロッシュ城。
移動中にモントレゾール城、車窓観光あり。

(出発日) = 2004年6月

(価格) = 47ユーロ

(申し込んだ窓口/代理店、方法) = トゥール観光局のホームページからオンラ
イン申込。

(どうしてその商品に?) = このツアーでないと見ることができない城があるので。

(そのツアーにしてよかったことは?) = 自動車でないと行くことができない、モンプーポン城を訪れることができた

(ツアー選びのアドバイス) = よほど城に興味が無い限り、マイナーな城は選択しない方が良いです。

(現地にいってがっかり) = 予定したツアーではなかった。

(コストパフォーマンス) = ★★★

(オプショナルツアー報告) = 本来はツアー番号2(ランジェ城、ヴィランドリー城)と8(モンプーポン城、ロッシ
ュ城)の組合せで申込したが、集合場所のトゥール観光局前に行くとQUART DE TOURSの車は無く、SAINT ELOI EXCURSIONSの女性ドライバーが私のバウチャーを見て、「車に乗って」と言って私を車に乗せた。

暫く待っても QUART DE TOURS 車は現れず、女性ドライバーにコースを確認したところ、「コースはヴィランドリー城とアゼールリドー城よ」と返事。

私はランジェ城で申込したと言うと、「ランジェ城はクローズよ」との返事。

そうこうしているとアメリカ人夫婦がやってきて、女性ドライバーと話を始めた。会話の中身は完全に理解できませんでしたが、このご夫婦もQUART DE TOURSのツアー参加予定で、QUART DE TOURSの車が見当らないのでどうしたらいいと相談しているようでした。結果、このご夫婦も私と同様に午前はSAINT ELOI EXCURSIONSのツアーに参加することに。

ヴィランドリー城は庭だけの団体割引で入場しましたが、やはり城を見学したいので、私のみ別途料金を出して城の内部を見学しました。他に城内部を見学された方はいませんでした。

アゼールリドー城は去年訪れたときには工事用の足場がありましたが、今年は足場も無く、写真を撮るのに良い条件になっていました。
 
 

午前の見学を終えて解散する時、午後の集合時間を聞いて一度ホテルに戻り、食後ふたたびトゥール観光局前に行くと今度はQUART DE TOURSの車がありました。参加者は私と、前出のアメリカ人のご夫婦でした。

またまた、QUART DE TOURSのドライバーと夫婦の会話を聞いていると、QUART DE TOURSの午前は不催行になっており、午後からも3人だけのツアーとのこと。どうやら、ランジェ城はクローズではなく、催行人数に足らなくて不催行になったようです。

でも午後のツアーは催行されたので、良しとしましょう。(ランジェ城は去年行ったし。)で、ドライバーがバウチャーをくれと言い出しました。私は予備にバウチャーを持っていたので、それを渡しましたが、ご夫婦は午前にSAINT ELOI EXCURSIONSの女性ドライバーに渡した旨、説明すると QUART DE TOURSのドライバーは了解したようです。

モンプーポン城は個人所有の城で、内部はガイドツアーでないと見学できない。またガイドツアーに参加する時間もないので、納屋の上の博物館を見学してほしい、とのこと。外観は中世風の城ですが、博物館から察すると、内部は近世の貴族の館のようです。

ロッシュ城は、正確には城だけを指すのではなく、城壁そのものを指し、見所は城、ドンジョン、教会等、いっぱいあります。ロッシュでの見学時間はまるまる2時間あったが、上記3ヶ所巡るだけで終わってしまいました。今度訪れる機会があれば、まる一日滞在したい。

(pyontaro6919 様 2004年6月)


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

トゥール発モン・サン・ミッシェルいきバスツアー
 

Valley Bus Service社 
トゥール発 
催行 料金
入場料ふくまず/ふくむ
めずらしく、ここは昼食(1日ツアーの場合)・入場料こみ 
 
お城は自由見学 
 
入場料・昼食なしの予約も可能
 

http://www.ligeris.com/usa/bus_vall.html

コース: VB07
 

2003/4/15〜10/31

火・木・土 88 / 109 トゥール発 モン・サン・ミッシェル

7:30〜21:30
 


 
 
 
 
 
 
 

モン・サン・ミッシェル発 ロワール〜パリ バスツアー
 
 

オプショナルツアーの申し込み方・割引方法・集合場所いろいろ
→ オプショナルツアーの基礎知識 参照 
 
 
催行元 コース番号 催行曜日
■催行なし
大人 子供 ことば 出発・解散 所要 ホテル送迎
ANA WORLD TOURS (EUROPE)社 英仏号
311便
14,000円
130euro
80ポンド
親と同伴する12歳未満無料 日本語係員 8:00 1日 なし



8:00MSM発(メルキュール前) 11:30ロワール着 城めぐり(アンボワーズ入場、シャンボール外観)  パリ解散(メルキュール・ベルシー前)

・バス内にて ソフトドリンクの無料サービス、途中下車、途中乗車も可能

・ユース 20%off(12〜20歳) 
・料金に ホテル・食事はふくまれない(手配は依頼できる)

(往路は 金311便が 英国プール港→仏シェルブール港→MSM)

a:出発14日前までに予約・購入、
b: 日本で14日前までにチケット購入し、現地代理店で予約(日本語)
c: 現地代理店で 7日前までに予約・購入(日本語)


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

アンボワーズ発バスツアー
 
 
 
 

アンボワーズ発 
  
Acco Dispo社 
Email contact@accodispo-tours.com 

http://www.accodispo-tours.com/english/
index-excursions.html
Amboise発をクリック 
  
日本語HP 
利用者の経験談もあり。 
http://www.accodispo-tours.com/japan/

http://www.ligeris.com/usa/bus_acco.html

1名催行 最大8名まで   
Excursion : ミニバンツアー 昼食、入場料は含まず。(ただし団体料金適用) 日本語テープあり 

Premiere Classe : 空港・駅までお迎え +貸し切りツアー 
日本語テープあり このページのチャーター参照 

Acco-Dispo's offer :  
送迎+ガイド+ホテルやレストランもこみの フルパッケージ 
モンサンミシェルなどへもOK。 

予約 ホームページから予約可能。
 


コースは 同社トゥール発に同じ。途中でアンボワーズでピックアップ
時刻、料金は 直営HP
Saint Eloi Excursions社 
アンボワーズ発 

[June 2003調査]

催行 料金 エアコンつきミニバン、
仏語・英語・スペイン語ドライバー。 
入場料・昼食は含まず。定員8名。 
WEBから予約可
http://www.saint-eloi.com/

http://www.ligeris.com/usa/bus_eloi.html

シュノンソー見学、 
シャンボール見学

2003年 

月午後 28euro 13:00〜18:45
アゼイ・ル・リドー見学
ヴィランドリィ庭園見学
シュノンソー見学、 
シャンボール見学

2003年 

月終日 42euro




アゼィ・ル・リドー、
ヴィランドリー、
ユッセ

2003年

火午後 26euro 13:45〜18:30
シュノンソー、
アンボワーズまたはクロ・リュセ
アゼィ・ル・リドー、
ヴィランドリー、
ユッセ
火終日 40euro




シュノンソー、
アンボワーズ、
クロ・リュセ、
カーヴ

2003年 

水・金・日
午後
22euro 13:10〜18:45
アゼイ・ル・リドー見学
ヴィランドリィ庭園見学
シュノンソー、
アンボワーズ、
クロ・リュセ、
カーヴ
水・金・日
終日
36euro




シャンボール、
シュヴェルニー
フジェール/ビエーヴル

2003年 

木・土
午後
28euro 13:10〜18:45
シュノンソー、
アンボワーズまたはクロ・リュセ
シャンボール、
シュヴェルニー
フジェール/ビエーヴル
木・土
終日
42euro
▲もくじ へ戻る

 
 
 
 
 
 

ブロワ発バス・タクシーツアー [Mar.2003調査]
 

Taxi Radio Blois社  タクシーまたはミニバン 
城内は自由見学。車は1時間まってくれている。

http://www.loiredeschateaux.com/LOI_Excursion_fiche.asp?
ID=LOICEN0411000019&LAG=1&DEG=&ZN=
Mailto:Taxiradioblois@wanadoo.fr
 

シャンボール、シュヴェルニー、ショーモン、アンボワーズ、シュノンソーなど
料金はコースによる。要問い合わせ。ブロワ発着。年中。
Transport du Loir et Cher社  http://www.loir-et-cher.cci.fr/Extranet/
scripts/Liens/Liens1.asp?idTheme=1
Deveaux Pierre Taxi社   mailto:deveaux.pierre@wanadoo.fr
E-Mail : deveaux.pierre@wanadoo.fr
ブロワ発で、シャトーをまわる。1〜6名 
シャンボール、シュヴェルニー、シュノンソーをまわると、1日130euro〜  祝日は168euro〜 年中。

 
 
 

ブロワ Blois駅前発 巡回バス 
 

2009年調査

Circuits TLC- Blois/Chambord/Cheverny

ブロワ(ブロア)駅発着  シャンボール、シュヴェルニーで下車、自力観光可。 
2009/4/11〜9/1運行  1日3本  9:10、11:10、13:42発
大人12.10ユーロ  割引適用者 9.70ユーロ
切符提示で、城の入場料割引あり。
 

http://www.loiredeschateaux.com/
運行は Transports du Loir et Cher社 
(ロワール地方でのバス会社。時刻など最新はこちら)
http://www.tlcinfo.net/


 
 
 
トゥールから、8時10分頃のブロワ行き列車に乗車。
ブロワ駅を出て左手にある巡回バスに。

バスの切符はドライバーから買うのだが、大学生の子供は国際学生証でユースの切符を購入できたが、中学生はパスポート提示ではダメだと、大人料金になってしまった。

今回の旅行で、パスポートでダメと言われたのはここだけだが、他の日本人旅行者もおなじことを言われていた。国際学生証でなくても、英語で書かれた写真付きの学生証ならよいようだった。フィンランドの家族はそれでOKだった。

運転手が英語でガイドしながら、運転。

1.シャンボール城

 
9時50分到着。最初は曇、すぐに小雨が降ってきて寒くなってきた。ここで、ボートに乗ったり散策したりして4時間過ごすつもりだったが、雨のため、外の見学は断念。

城内見学後、お土産コーナーで時間を潰す。ランチョンマット大のラミネートされた城の写真を購入。荷物になるかと思ったが、結局ここで買って良かった。シャンボール城の土産コーナーが一番充実していたように思う。

2時間経ったので、巡回バスにて移動。さっきの運転手だった。結局、1日この運転手のお世話になることとなった。


2.シュヴェルニー城

 
次の目的地シュヴェルニー城のあるところは、かわいい街だった。イタリアンレストランやカフェもあったので、見学の前にパスタの昼食をとる。1人10ユーロほど。

シュヴェルニー城の入場券売り場でバスの切符を見せて団体割引を受け、城を見学。

来るつもりなかった城だったが、シャンボール城より小振りで、中も充実して、来てよかった。犬をたくさん飼っていて、うちの子どもが、犬を 見て喜んでいた。思ったほど臭くなかった。犬小屋のそばに無料トイレがあるので、使う。シュヴェルニー城の土産コーナーは、テーブルウエアが主だった。

ここでも2時間滞在し、城の前の教会から、バスに乗車。


帰りは、川沿いを通り、「今年は川の水量が少ないわ。見てみないよ。川を人が歩きで渡っていくなんて、今年初めてみたわ。」などとしゃべりながら運転。

最初は怖い感じの女性運転手だったが、ガイドしながら帰りのルートを替えるなど、親切な人だったのかも。「メルシ! オウボワ。」と言ってブロワ城で降ろしてもらう。
 

2つも城を見て城に飽きたので、ブロワ城は外から見学。

トゥールへ移動し、駅前ホテルの荷物をとり、TGVでパリへ。
パリには 20時20分着。
(2009年8月 dolphinゆき 様 )


パリ・オステルリッツ駅〜急行でブロワへ (片道 22.7ユーロ)、ホテルにチェックイン。

それから巡回バスを利用してシャンボール城、シュヴェルニー城、そして次の日にブロワ城と3つの城を巡った。

巡回バス(2006/3/15〜9/3)
片道10.75ユーロ。切符を持っていれば、3つの城の入場料が割引になる。

1日3便
ブロワ駅前→シャンボール→シュヴェルニー→ブロワ

ブロワ駅前を 2006年は 9:10、 11:10、 13:40に出発。

夏に旅行されるなら、このバスを利用すると、安く3つの城を巡れるのでかなりおすすめ。
(2006年8月 日々旅にして 様)

ブロワ駅前から、シャンボール城、シュヴェルニー城を回って帰ってくるバス。ブロワ駅前の観光局でパンフがもらえた。

各城につくと、1,2時間後に集合場所だけ指定され、解散。ガイドはないし、入城手続きも各自

一日2便、あまりにローカルなせいか、15名ほどしか乗客はいない。予約は要りません。

ツアーではないので、自分のペースでのんびり観光したい人には安くてお勧めです。

ブロワ城は駅前。上記2つの城と合わせて、3つ見学できた。学生だったこともありますが、このときはパリを起点とした日帰りで、SNCFを使って合計5000円以内の旅でした。

時間がある方にはお勧めの古城見学です。簡単に当時の時間も書いておくと、

 
7:45  パリ・オーステルリッツ駅出発(SNCF)
9:25  ブロワ着
午前中  観光局。ブロワ城へ(駅から徒歩5分)
13:20 バス乗車 2城を回る
18:00 ブロワ駅前着
18:40 ブロワ発(SNCF)でパリへ


(la_neigeblanche様 2000年夏)


  

  ▲もくじ へ戻る


ソーミュールorアンジェ発バスツアー

Quart de Tours社
http://www.quartdetours.com/
 

催行元 コース番号 催行曜日
■催行なし
大人 子供 ことば 出発 所要 ホテル送迎
Quart   月、木 午前 23euro
仏・英 9:00〜12:15 3h15  


ブリサック入場、Coteau de l'Aubance(ワイン試飲)  入城料別途
Quart   月、木 午後 35euro
仏・英 アンジェ 12:45
ソーミュール 13:45
〜ソーミュール 18:00
〜アンジェ19:00
3h30  


Breze入場、Montreuil-Bellay入場、Saint-Cry-en-Bourg(ワイン試飲)  入城料別途

 
催行元 コース番号 催行曜日
■催行なし
大人 子供 ことば 出発 所要 ホテル送迎
Quart   火、金 午前 23euro
仏・英 アンジェ9:00〜12:15 3h15  


Serrant入場、Savennieres(ワイン試飲) 入城料別途
Quart   火、金 午後 35euro
仏・英 アンジェ 12:45
ソーミュール 13:45
〜ソーミュール 18:00
〜アンジェ19:00
3h30  


Fontevraud入場、Chinonシノン(ワイン試飲)  入城料別途

 
催行元 コース番号 催行曜日
■催行なし
大人 子供 ことば 出発 所要 ホテル送迎
Quart   水、土 1日 56euro
仏・英 アンジェ8:00
ソーミュール9:00
〜ソーミュール18:30
〜アンジェ21:30
1日  


AM Fontevraud入場、Chinon外観、アゼイ・ル・リドー(入場・昼食) 入城料別途
PM ヴィランドリー入場、ユッセ(水曜のみ入場)、ランジェ(土曜のみ入場)、ワイン試飲

 
トップ > その他の地方 > サントル・ヴァル・ド・ロワール地方 > ロワール地方発のツアー