トップ > その他の地方 > サントル・ヴァル・ド・ロワール地方 > シャルトル > レストラン、カフェ
  
シャルトルへ戻る
シャルトル  Chartres 
レストラン、カフェ
 
            2 Jul.2011 / 4 Apr.2012  経験談追加

L'Estaminet

4 Rue de la Poissonnerie 28000 Chartres

(経験談・感想) =
ランチの定食(前菜+主菜、または主菜+デザート)が12.5ユーロと安かった。

私は キッシュ・ロレーヌと鴨のコンフィ、連れは魚介のテリーヌと焼きサーモン。

キッシュ・ロレーヌは生クリームより卵の風味が強く、甘くない焼きプリンみたい。テリーヌは白身魚と海老の風味で、なんだかクリーミーなはんぺんって感じ。

焼きサーモンは、肉厚の鮭のたっぷりとした切り身で、表面がカリッとしているのに中はしっとりふんわり。

鴨は、もも肉1本丸ごと、ちょっと焦げ気味で出てきたが、フォークで突いているだけでホロホロほぐれてくるほどに柔らかく、意外にさっぱりしていてちっとも油っぽくない。かといってバサバサしているわけでもなく、骨からもぺりぺりっと肉が剥がれる。

全体に、繊細で洗練された味というわけではないが、料理自慢の奥様に招かれて振舞われるお客様向け家庭料理という感じで、美味しかった。

グラスワインとカフェを1杯ずつ追加して、2人で34ユーロ。

(店内の様子・客層) =
1階は調理場と地元の常連客らしき人が数人いるカウンター席のみ、ギシギシ軋む狭い階段を上がった2階席も7〜8卓程度の小さなビストロ。2階席は観光客ばかりだった。

食べていると、視界のはしで、モップのような茶色の毛の塊が転がるのが見えた。フサフサとした小さな犬で、そいつは私の太ももに前足をかけ、のび上がって大きな尻尾をバフバフ振り回しながらハフハフしてきた。

ここんちの給仕の青年の犬のようで、叱られて、「しまった!」という顔をして階下に逃げていった。

時々店主の目を盗んでは2階席に出張しては、私のようなガードの甘そうな客を目ざとく見つけてご相伴に与っているんだよな、きっと。

(10点満点で何点?) = 8点。なにしろ安かったので。

(アクセス) = 大聖堂の南側の広場裏側の路地を入ったところ。小さなビストロやレストランが何軒かあり、その中のひとつ。

(2010年12月 すずめのぽちくん 様)
街中にあるチェニジア人男性が経営するケバブの店で昼食した。我々以外に客は来なかった。壁に貼られたトルコの写真やアルバムについて話した。楽しかったし、美味しかった。

(2011年9月 Ma S様)
Les Feuillantines 

川沿い 黄色い壁のレストラン。料理がとても美味しい。特にデザートがお勧め。値段も手ごろで、従業員の対応も親切。

(2011年3月下旬 もんさんおじさん 様)
Cygno広場のクレープリー。

2人でクレープ2枚とシードルで、19ユーロ。メニューには英語表記もあった。玉葱とソーセージのクレープがおいしかった。菓子屋や、土産物屋は昼休みで閉まっている店が多かった。

(2010年9月 いかgoro 様)
 

トップ > その他の地方 > サントル・ヴァル・ド・ロワール地方 > シャルトル > レストラン、カフェ