トップ > その他の地方 > サントル・ヴァル・ド・ロワール地方 > アクセス
2 Jul.2012 経験談追加
 
 


まわりかたヒント
 
一日でゆっくり城を見ようと思ったら、やはり2〜3箇所くらいが理想。余り欲張るとすごく疲れて(場所もそれぞれ離れているし)、何を見たか忘れてしまいます。

シャンボールは一番に。大きな城で、観光客(ツアー)がすさまじいです。部屋の数も多く、結構歩きますよ。最低でも2時間。それからシュノンソーへはちょっと複雑な道程、時間に余裕を見て。これらの城は両方とも川沿いのメイン道路から離れた所にあります。

シャンボールからシュノンソーへ行く時に、ロワール川沿いのメイン道路D751に戻って行くなら、
途中の川を挟んだ所にブロア城があります。ここも結構見るところが多いので、行く価値はあると思います。
 
もしくは、同じく川沿いに ショーモン城があります。ここは下から眺めるだけで良い。シュノンソーからトゥールに帰るまでに、アンボワーズに寄れます。
(Seattlite様)
 

ド・ゴール空港着が16時30分。レンタカーを借り出して、オルレアンまで約150km。19時頃に着けるかと思ったが、読みが甘かった。入国審査の長蛇の列やパリでの渋滞などもあり、結局ホテルに入れたのは21時過ぎ
(2008年10月 しやんぽーぶる 様)

ロワール古城めぐりのため、Avisレンタカー利用。
予約はWebから。

AvisのHP(日本)、SNCFの電車&レンタカー、エールフランスの会員ページと色々比較した結果、エールフランスの会員割引が一番安かった。
パリからトゥール(St.Piere des Corpes)へTGVにて移動、駅からの借り出し、返却。経験談に、あまり小さい車だと、高速でパワー不足とあったため、Cクラスで予約。ルノーPicaso。

二人旅にはかなり大きめで、街中に縦列駐車するのに苦労したので、スーツケースが多くなければ小さい車で十分と思われる。
営業所窓口で手続きをした後、公共駐車場に自分で車を取りにいく。係員はいない。キーに付いたナンバーの車を自分で探す。借り出し前の車体の点検などはな い。返却時もAvisの駐車スペースに止め、窓口にキーを返し「問題なかったか?」「はい」「じゃいいよ」で終了だった。

心配していたバックギアの入れ方は、日本の通常のMT車と同じで、レバーに1・2・3・4・5・Rと表示もある。トゥールの街の地図を窓口でもらったが、 コピーしたもので見にくく、ギア操作に必死なこともあり、とにかく道が分からず、中心に出るまで散々迷い1時間近くかかった。おそらく10分ぐらいの距離 だと思われる。いまだにどうやってたどり着いたか不明。一通やバス専用など街中を走るのがとにかく苦労した。

ロワールの古城めぐりは、現地発着のツアーに入っていない城もある(ユッセなど)。たくさん回りたい方、集合時間を気にせず回りたい方にはにはレンタカーがおすすめ。

街から離れ、高速道路はもちろん主要幹線道路は方向指示に従って進むだけ。信号も無く交通量も少なく非常に走りやすい。ガイドブックに乗るような有名な城 は交通標識に方向が出ているので、迷うことは無かった。人に聞こうにも人がいない。なんだかおかしいな、と思った時は最後に標識を見たところまで戻って、 出直すことで立て直せた。

ただ、とにかくみんな飛ばすので、常にバックミラー確認し必要にに応じて追い越してもらった。片側1車線でも100km/hぐらいで走っていると思われる。

街を離れると幹線道路でも街灯が無い。夜間の走行は十分注意が要りそう。旅行した時期は5月で日が長く、夜8時くらいまで明るかったので特に問題はなかった。

ヨーロッパは車は基本MT車だが、乗るうちに慣れた。海外でのレンタカー経験はあるが、免許取得以来MT車に乗っていなかったので、念のため出発前にペー パードライバー講習に通った。とにかく無事故で帰って来られたことが一番うれしかった。ロワールは平坦なので、女性でも十分運転できると思われる。

(2011年 紫インサイト 様)
トゥールで、自分たちで電車で城を観光しようとしたが、前日に時刻表等をよく調べておかなかった上、起きるのも少し遅かったので、1日に1つしか 見学できなかった。電車が2時間に1本の割合で正午過ぎの電車であった。もう1つは見学時間が終了していたため、中には入れず、外観のみ見学した。
( 2004年4月 愛ラブUK 様)
トゥールからカルカッソンヌに行くのにものすごく時間がかかり、そこをどうしようかと、かなり悩んだ。ここの掲示板でボルドーで1泊したらと
教えてもらったおかげで、かなりうまくいった。

トゥールからカルカッソンヌへ移動したかったので、時間節約のためトゥール古城ツアー終了後に列車に乗り、ボルドーに泊まりました。
ほんとうはトゥールーズの方がカルカッソンヌに近いのでそちらがよかったのですが、ツアー終了後トゥールーズに行く列車がなくあきらめた。
(めるもにら 様 2004年9月)

短時間に沢山の城を見るならツアーがお得。ゆっくり見学して雰囲気にひたるなら電車(またはレンターカー)で、個人訪問をおすすめ。
シュノンソーへは電車で行き3時間滞在したが、昼食・ボートに乗ったので、時間が足りなかった。私がもう1度行くなら、個人で電車で行く。トゥールから電車で簡単に行ける(電車の駅がある)城は、シノン、アゼィ・ル・リド、シュノンソー
(アパッチ4様 2004年8月)

TGVで St Pierre des Corps サン・ピエール・デ・コール乗り換え シュノンソーに。

朝7:55 まだ暗いモンパルナス駅を出発。朝日がのぼり霧が出て快晴の空、車窓に広がる晩秋の景色 また駅からシュノンソー城にいく道は、フランスの絵でよくみる糸杉でしょうか。

城もこじんまりして、豪華ではあるが住みやすそうないいところ。早めに城をでて、無人駅で刈り取りの終わったブドウ畑が広がりことりがさえずり、農村のトラックがのんびりと通りすぎていく風景。次の列車を待つ間、ぼわーとみながら気持ちがよかった。これがフランスの田舎のいいところなんだと実感。
(2004年11月 ha-bu 2 様)

トゥールから電車で簡単に行ける(電車の駅がある)城は、シノン、アゼィ・ル・リド、シュノンソー 
(アパッチ4様 2004年8月)
(お買物報告) = 今まで、ロワール地方を何度も巡ってきましたが、城の置物を見かけなかった。
今回、シュノンソー城、ブロワ城、アゼー・ル・リドー城、ショーモン城を見つけ、購入。この城のシリーズは5つあり、残るはシャンボール城のみ。
因みに1つ20ユーロで結構値がはりました。持って帰ってくるのも重たかった。
(2004年6月 pyontaro6919 様)
ロワールの城巡りは観光客が多く、時間もかかってウンザリ気味、仏の最も美しい村に登録されている村3つに行ってみたところ結構ロケーションが良かった。

ロワールの城は現地に行って見るより、写真やDVDで見た方が良い一面もある。

夏は観光客が多いのが困った。多すぎる。年代物だからと割り切れば気にならないかもしれないが、(高い見学料を取っているのだから)少しは補修しろよと言いたくなる箇所も、ときに見受けられた。
(2004年8月 CALYASU 様)

   
ロワールまでいく: トゥール基点
 

TGV:   パリ・モンパルナスTGVターミナル発 〜 トゥール 
 
急行:  パリ・オーステルリッツ駅発 〜 トゥール
 
  
【列車の予約・料金・時刻表について→ 列車 参照】
  
* 切符バラ購入の人: 往復で、日がちがっていてもいいので、1泊をすすめます。
               各種割引料金があるので、うまく時間、曜日を調節してください。
 
* フランス・レールパスの人: 1泊すると、短距離なのに 往復で2日分使ってしまうので、
                   すこしもったいないですね。 
 
* 日帰りの人:       早朝出発をすすめます。
 
* 1泊以上する人: 10時以降などにして、国鉄の閑散時間帯割引き料金がオトクですね。
 
 
 
 
トゥールまで 約1h。乗り継ぎや便が悪いと2h30。
時刻検索、料金、割引料金の詳細 列車 参照

 
下記は一例です。 
  
便はもっとありますし、発着日によって、料金・時刻はかわってきます。必ず自分の旅程で検索してください。 
すべて2等 
  
デクーヴェルト・ア・デュは どんな料金にしろ、その行程を「「往復で2名分購入」しないと適用されません。
 
2001/2/28検索例:

6:50 パリ・モンパルナス Paris Montparnasse駅発 TGV 予約要 
7:52 サン・ピエール St Pierre des Corps駅着 
7:57 同駅発 
8:02 トゥールTours駅着   (所要1h12分) 

1名で 定価218Fr 

1名で 12-25歳割引(デクーヴェルト12-25) 164Fr 

2名で 定価428Fr 

閑散時間帯割引は適用外。

7:45 パリ・モンパルナス駅発 TGV 予約要 
8:56 トゥール駅着
2名で 定価430Fr 

2名で 
12-25歳割引(デクーヴェルト12-25) 320Fr 

2名で 閑散時間帯+2名割引(デクーベルト・ア・デュ)適用  320Fr

8:15 パリ・モンパルナス駅発  TGV直通 予約要 
9:19 トゥール駅着 (所要 1h04分)
1名で 定価211Fr 

1名で 12-25歳割引(デクーヴェルト12-25) 157Fr 

2名で 
閑散時間帯+2名割引(デクーベルト・ア・デュ)適用 232Fr

1泊して2001/3/1 パリ帰着例

15:00 トゥール駅発 TGV 予約要 
17:34 パリ・オーステルリッツ駅着

2名で 
定価 308Fr 

2名で 
12-25歳割引(デクーヴェルト12-25)適用 232Fr

16:10 トゥール駅発  
16:15 サン・ピエール駅着 
16:22 同駅発  TGV「予約要」 
17:20 パリ・モンパルナス駅着  (所要1h10分)
2名で 
定価428Fr 

閑散時間帯2名往復割引(デクーベルト・ア・デュ)適用 322Fr

17:23 トゥール駅発 TGV 予約要 
18:35 パリ・モンパスナス駅
2名で 定価430Fr 

2名で 閑散時間帯2名往復割引(デクーベルト・ア・デュ)適用  320Fr/片道

 
往復とも、けっこう人気のある路線なので、不慣れな方は
下見もかねて、前日までに予約しておくほうが無難です。
 
パリで、往復とも予約しておくとよいでしょう。
 
直行列車と、乗換が必要な場合があります。
 

 
 10号線でモンパルナス駅に向かう。さっそく SNCFのホームページで検索してプリントアウトしてきた紙を窓口に見せ購入。スムーズに買うことができた。7:40分発、トゥール行きTGV、2等で一人201F也。ちゃんと刻印機で刻印をして、乗り込む。

車内はわりとすいている。睡眠不足で乗るなり、深い眠りの中に。起きるとあたりはまっ白。一瞬また雨なのかと思い、憂鬱になった。しかしこれは霧だということがわかる。時間が経ち、日がだんだん出て来ると霧が晴れてきた。8:50、定刻どおりトゥール着。
 
 
トゥール駅に戻り、散策前に、まず帰りのTGVの予約に挑戦。

「Today、午後4時ごろパリ行き、禁煙車、2等、25ans 3枚」と単語をメモに書き、窓口のおじさんにみせる。「ああ、今日ね」、とコンピュータで調べると 「No seat」。14:30ぐらいの電車なら1等が空いているという。まあ25歳料金だし、他に選択の余地がないのでそれで頼む。

 
発券されたチケットを見ると、31日になっている。「ああ、明日じゃないよね?間違えた」。
さっき自分で確認しながらなんで間違えるのかなあ? “何度も確認しないと間違える”。
 
結局、最初から検索のやり直し。
 
ただ、やはり空いているのは同じ列車の1等だとか。もういいや。260Fだし(1等の正規料金は297F)。「25ansね」、とおじさんは、切符を渡してくれた。ここはフラン建てトラベラーズチェックで支払う。
 
パリからの電車はすんなり買えたが、帰りがこんなに混んでいるとは思わなかった。年末だから?
 
トゥールからはまず、連絡列車に乗り込む。時間になった、と思ったら隣のホームから列車が出ていく。確認したけどちょっと不安になる。ぱっとみるとその列車、「Paris」とある。ドキン、とするが小さく、オーステルリッツとある。ローカル線のようだ。
 
しばらくして、乗り込んだ列車も出発。次のSt.pierre-des-Corp駅で、TGVに乗り換え。
結構ホームはごったがえし、めざす車両も遠いので焦る。なんとか乗り込む。
1等は4人掛けのコンパートメントになっている。座席はとても大きく、下に足がつかない!
席は満席で、やはりこの日は混んでいるようだ。 (iwata様 1998年12月)
 
http://www.asahi-net.or.jp/~mj9h-iwt/euro/france1.html#TGVでロワールへ

(注:数値は古いものです)

 
 
OPツアーでもよかったのですが、弟(フランス2回目)はTGVに乗 りたいというので。列車は 

行き:モンパルナス 7:45発 トゥール 8:56着 
帰り:トゥール19:28 発  モンパルナス 20:45着 

お値段は、30日前早割り、 一人片道あたり 138Fr。 これもインターネットで購入しました。  
(サラダエクスプレス様 2001年7月)

  
 
 
▲もくじ へ戻る
ロワールまでいく: ブロワ基点
 
こちらは、パリ・オーステルリッツ駅発 急行 所要約1h40分
 
トゥールより少し手前の駅。TGVなどは停まらない。シャンボールに近い。
 
トゥール〜ブロワは在来線30分、バスもあり。
 
ただ実際、観光バスなどは少ないので注意。
2001/2/28 水 検索例:

7:22 パリ・オーステルリッツ駅 Paris Austerlitze駅発   
8:57 ブロワ Blois駅着

2名で 定価 248Fr 

2名で 
12-25歳割引(デクーヴェルト12-25)  186Fr

09:21 パリ・オーステルリッツ駅発  
10:56 ブロワ着
2名で 定価 254Fr 

2名で 閑散時間帯割引+2名割引(デクーヴェルト・ア・デュ)
192Fr

2名で 
12-25歳割引(デクーヴェルト12-25)  192Fr

11:49 パリ・オーステルリッツ駅発 
12:42 ブロワ着 (所要1h55分)
2名で 定価 254Fr 

2名で
12-25歳割引(デクーヴェルト12-25)  192Fr

2001/3/1 木 検索例:

15:37 ブロワ駅発 
17:34 パリ・オーステルリッツ駅着 (所要1h57)

 
17:29 ブロワ発 
18:59 パリ・オーステルリッツ駅着 (所要1h30)
2名で 定価 254Fr 

2名で 閑散時間帯割引+2名割り引き(デクーヴェルト・ア・デュ)
82Fr

2名で 
12-25歳割引(デクーヴェルト12-25)  82Fr

 
 
  ▲もくじ へ戻る
 1日チャーター
 
 

訪問予定地を連絡し、English Speaking Driver をリクエストすると
よいでしょう。カード払いがOKか、現金か、確認しておきましょう。


ACCO DISPO社 
Email contact@accodispo-tours.com 
http://www.accodispo-tours.com/
english/index-premiere-classe.html
ミニバンチャーター 
Premiere Classe : 空港・駅までお迎え +貸し切りツアー 日本語テープあり
1日  9h 200kmまで  2,200-2,700F
半日 午前 9:00-12:00  130kmまで  1,000-1,215F 
午後 13:00-18:00  160kmまで  1,400-1,755F
http://www.france-hotel-online.com/
Html.nsf/td/frame_shuttle2.htm
1〜8名まで 
ロワールめぐり パリから日帰り 3,600F/台 
ただし荷物は車内には残せません。
Tour Evassion社 
http://tourevasion.com/anglais/
locationbus/index.htm
英語運転手とミニバン 
午前 800F   午後 1,400F   終日 2,200F  夕刻 600F
  ▲もくじ へ戻る

 

自分でまわる場合
 

列車や、現地でのツアー便、バス便を確認しておいたほうがよいでしょう。
とくに10月〜4月のオフシーズンは要注意。
 
 

 
4年前に、ロワール古城めぐりをしました。パリから電車でTOURまで行ってツアーに入ろうと思ったんですが、行きたいお城が入ってなくて, 結局自分たちで回りました。
 
回ったのは、アンボワーズ城、シュノンソー城、ブロワ城です。
 
1日目にアンボワーズ城に行きました。駅から歩けます。もしレオナルド・ダ・ヴィンチに
興味があったら、近くにクロ・リュセというダ・ヴィンチが晩年を送った家がありますので、 是非行ってみてください。
 
そこから、Chateau-de-prayというシャトーホテルにタクシーで行き、一泊。次の日はタクシーでシュノンソー城に行ってきました。すごくきれいなお城です。一番気に入りました。
 
シュノンソーからアンボワーズの駅までバスがあります。(あまり本数はありませんが)
 
アンボワーズ駅まで行き、そこからブロワ駅へ。駅からブロワ城も歩けました。
本当は、ツアーに入った方が、効率よく回れるかもしれませんが。時刻表をちゃんと確認 すれば、個人で回るのも可能だと思います。 (natsu1017様)
 
 
トップ > その他の地方 > サントル・ヴァル・ド・ロワール地方 > アクセス