トップ > その他の地方 > サントル・ヴァル・ド・ロワール地方 > Brinon-sur-sauldre ブリノン のホテル
  
サントル・ヴァル・ド・ロワール地方へ戻る
 Brinon-sur-sauldre ブリノン のホテル 
updated on 6 Jan.2007

 
 
 
La Solognote
Grande rue 18410 BRINON SUR SAULDRE
http://www.silencehotel.com/hotel_hotelid-86.html
Photo by rikkiki

(泊数) = 1泊

(部屋) = ダブル 日本式2階。窓は中庭に通じる小道に面している。

暗め。屋根裏のような傾斜が部屋の窓際にあるため、狭く感じられる。窓からの眺めは、敷地内の樹木が見える。内装は、ビニールっぽい壁紙が張ってあり、少し少女趣味かも。

傾斜のきつい窓際に机と椅子2脚。サイドテーブル、スタンド、テレビ、電話。クローゼットは、作り付け。傾斜部分にあるので、使いにくい。relais-du-silence silencehotelに加盟しているので、冊子とメモ用紙。

(バスルーム) =細長い部屋。手前から、洗面、トイレ、シャワールームと続く。洗面には、ライトがさらにあるので明るさは問題なし。

ただ、奥のシャワー室扉の隙間から水が飛び出るので、壁の下部や、隅にはカビが発生。壁紙もめくれていたりする。

お湯の出具合は問題なし。リネン類は、子供の分まで用意してくれた。
 

(冷蔵庫) = 無かったと思う。

(エアコン、クーラー) = 扇風機が有り。エアコンは無かったと思う。涼しかったので使用せず。

(部屋について、その他) = 地方のホテルにしては狭いかも。

(パブリックエリア) = 村のメイン通りに面した入口は、小さく見落としてしまいそう。中に入ると直ぐにレセプション。ロワール周辺のパンフが置いてあった。そのまま奥に進み、中庭をぬけて、別棟に宿泊した部屋がある。レストランは田舎の古い感じを出しており、素朴な雰囲気。アンティーク家具多数。

(リフト) = 見当たらなかった。

(レセプション) = 女性が二人。フレンドリーだが、あまり英語は通じにくい。大体の事は勿論分かり合えたが、トラブルの時困るかも。今回で言えば蟻の件。

(館内施設) = 食事をしたレストラン。駐車場。

(スタッフ) =英語はあまり通じない感じ。

(宿泊料) = 75euro 朝食込

(予約方法) = 個人で
ネットで。初めにrelais du silenceを通じて申し込んだ。

(アクセス) =レンタカーで。オルレアンが近い。ロワール地方を車で観光するには適している。


(周辺の雰囲気) = 田舎でのんびりしている。

(選択基準) = ロワール地方を観光する予定だったのと、今回もジアンで買い物するつもりだったので、ジアンからそこそこ近いこと。料金が手頃。

(よかったこと) = 事前に予約していて夕食を食べたが、意外と美味しかった。コースで一人26euro。他にもコースはあったし、単品も有り。ロワール地方の手頃ワインがこれまた美味。

(困ったこと) = 値段対比こんなものかもしれないが、当初案内された部屋は宿泊した部屋の真下で、
後から思えばずっと広く、バスルームも広々としており良かった。

しかし、荷解きを始めてふと窓際に面した机の上を見ると、蟻で、窓枠の隙間から部屋に入り行列が床の下の小さな穴迄連なっている。部屋を代えてもらった。蟻からは無事逃れたが、部屋は確実に狭くなったので、何とも言えない。

(朝食) = 夕食と同じ所で。コーヒー、紅茶、ショコラから選択。ジュース。バゲット、デニッシュのパンがかごに入れられてサーブ。ヨーグルト。おそらく、庭で採ったと思わしき美味しかったスモモ。

(宿泊客の客層) = 欧米の人。フランス人。二人の子供連れた家族。5、6組。

(支払い方法) = カード可

(車椅子等の対応は?) = 1階なら可能だが、館内に手すりなどの設備は無かったと思う。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = バスタブ付きの部屋がとれなかったので、残念だった。

(2006年8月 りっききのきっき 様)

  

トップ > その他の地方  > サントル・ヴァル・ド・ロワール地方 > Brinon-sur-sauldre ブリノン のホテル