トップ > その他の地方  > サントル・ヴァル・ド・ロワール地方 > ブロワのホテル
  
サントル・ヴァル・ド・ロワール地方へ戻る
Blois ブロワ(ブロア)のホテル  
 18 Sep.2007 / 5 Dec.2010 / 17 May 2013 経験談追加
appleworldでブロワのホテルを探す・予約する
 
booking.comでブロワのホテルを探す・予約する

Mercure Blois Centre メルキュール・ブロワ・サントル ★★★★
28 quai Saint Jean  41000 Blois
http://www.accorhotels.com/accorhotels/fichehotel/
gb/mer/1621/fiche_hotel.shtml
booking.comで探す・予約する

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = ツイン フランス式3階。
間接照明で暗い。セミダブルベッドとシングルベッドだったが、スーツケースは充分広げられた。

窓からロワール川は、見えなかった。とても落ち着いた雰囲気でよかった。

(部屋の家具・備品) = ライディングデスク、椅子3脚、荷物が置ける棚のようなもの。

(バスルーム) = お湯は充分出た。全体的に清潔だった。
シャンプー、ボディーソープ、石鹸あり。

(冷蔵庫) = 有り。

(エアコン、クーラー) = エアコンは有った。暖房は良く効いていて、寒くなかった。

(パブリックエリア) = 全体的に清潔な感じがした。

(リフト) = 2基。あまり大きくはない。

(レセプション) = チェックイン、チェックアウトは添乗員がしてくれたので、様子は分からない。

(施設) = チェックイン、チェックアウトは添乗員がしてくれたので、様子は分からない。

(宿泊料) = ツアーなので不明。

(予約方法) = ツアーなどで指定されていた。

(ホテルが決まった時期、もらえた情報) = 出発の約10日前に、ホテル名と住所。

(周辺の雰囲気) = 朝6時半頃、散歩に出たが、人気はなかった。恐い感じはしなかった。

(朝食) = パン・オ・ショコラ、クロワッサン、ハム、ソーセージ類、スクランブルエッグ、小瓶に入ったジャム(4、5種類あった)、ピーチヨーグルト(とてもおいしかった)、ミルク、ロワール産ヤギのチーズ(クセが有り、私はちょっと勘弁)。

とても明るく、良い雰囲気だった。

(車椅子等の対応は?) = 大丈夫だと思う。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(2007年3月 tomoshun 様)


(宿泊時期) = 2007年1月

(泊数) = 1泊

(部屋) = ツイン(セミダブルとシングル) フランス式1階。レセプションは3階。
狭いが、何とか2つのスーツケースを広げられた。かなり暗め。

(部屋の家具・備品) = 約50cmのクローゼット。テレビ台の上にテレビ、下にミニバー(木製)、椅子1脚。

(バスルーム) = コンパクトにまとまったバスルーム。かなり細めのバスタブ(シャワーカーテン有)。 お湯の出や排水は問題無し。

アメニティは石鹸、シャンプー、ボディジェル(オリーブオイルが入った少しオイリーなもので気に入った)。

バスタオル、ハンドタオル、フェイスタオル各2枚。ドライヤーは造り付けで、温風は弱い。

きれいに掃除されていた。

(冷蔵庫) = 有。木製の古いもの。中身はよく確認していない。水、ジュース、ペプシコーラ、ワイン等。
少しどかして、日本から持参したペットボトルを2本入れた。

(エアコン、クーラー) = セントラルヒーティング

(部屋について、その他) = ドアノブが今にも取れそうだったが、鍵はかかった。ドアチェーンが無くて怖かったが、今まで、フランスではどこにも無かった。

(パブリックエリア) = ロビーにはソファ。メリキュールのパンフレットがたくさんあった。

(リフト) = 有り。詰めれば6人位乗れる。

(レセプション) = チェックアウトの時だけだったが、1人で対応していたので並んでいた。

(館内施設) = レストラン、バー

(スタッフ) = 英語で可。朝食担当の女性は、フランス語で挨拶すると、笑顔で挨拶してくれた。印象よし。

(宿泊料) = ツアーなので分からない。

(予約方法) = ツアーで指定されていた。
 最初から指定。

(アクセス) = バスなので分からない。

(周辺の雰囲気) = 外に出ていないので、分からない。

(選択基準) = ツアー指定なので特になし。ただ、翌日の古城見学には便利だったよう。

(朝食) = アメリカンビュッフェ形式。クロワッサンが温かくて、とても美味しかった。ハム類は少し塩辛いが、種類が豊富。チーズも自分で切って食べる。自分でゆで卵が作れる機械があった。種類、量共に満足。雰囲気も良い。

(宿泊客の客層) = ビジネスマンらしき人が数人。

(支払い方法) = 支払っていないので、分からない。

(車椅子等の対応は?) = 段差は気にならなかった。多分OKでは?

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 狭いが、コンパクトにまとまったビジネスホテル風。
 

(2007年1月 かめのすけ影 様)




le Medicis ★★★
2 allée François 1er - Route d'Angers - 41000  Blois
http://www.le-medicis.com/
ルレ・エ・シャトー加盟

(泊数) = 2泊

(部屋のカテゴリ) = ツイン

(部屋の階&立地) = フランス式1階

(部屋について(雰囲気など)) = 部屋は、少し暖色系で余り明るくない照明のため、
読書には向かないか。

縦に長めの部屋で、荷物を広げられた。

(部屋の家具・備品) = 机、洋服掛け。

(バスルーム) = バス、トイレは同じ部屋。洗面台は一台。清潔感あり。

簡単な備え付けドライヤー、石鹸、ボディシャンプー等あり。お湯も問題なし。

(冷蔵庫) = 冷蔵庫あり。中は有料飲み物、酒、おつまみ等。
ワイン、チーズ入れに使用。

(エアコン、クーラー) = エアコンあり。空調は効いていた。

(部屋について、その他) = 落ち着いた雰囲気で、過ごしやすかった。

(パブリックエリア) = レストランがメインのようで、ホテルは泊まりやすい宿屋という感じ。
人がいないので、呼んだらシェフが出てきた。気楽でよい。

(リフト) = なし。

(レセプション) = 対応は良い。初日、予定よりも遅い到着になったが、
全く問題なかった。英語可。

(館内施設) = レストランがメインなので、翌日行ったら、ほぼ満席だった。

(スタッフ) = 英語可。

(宿泊料) = 110ユーロ/泊。

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = インターネットで。すぐ取れた。

(ホテルへのアクセス) = ブロワ駅から徒歩約10分。

最初は場所がわからず、しかも足が痛い私には、夜の寒い中徒歩で移動するには、少しきつい距離だった。だが、翌日歩いてみたら、たいした距離ではなかった。初日で疲れていたからだったようだ。

(ホテル周辺の雰囲気) = 治安は良かったと思う。夜、歩いても不安はなく、歩いてすぐに美味しいパン屋、カフェがあった。

駅からもあまり遠くないが、地図は持参して行った方が良いと思う。

(ホテルの選択基準) = 初日で、到着が22時過ぎになるため、レンタカーを借りなくても済む、駅周辺。後は、レストランが一つ星。

(よかったこと) = レストランの直営なので、飲んですぐぬくぬくで寝られる。
駐車場も無料で広いので、レンタカー派の人には良い。

観光場所からは少し離れているので、車移動が便利かも。

(困ったこと) = 足が痛かったので、階段しかないのは少し大変。
男性と一緒なら、荷物は持ってもらえばよい。

(支払い方法) = 現地で。クレジットカード可。

(車椅子等の対応は?) = 階段しかなく、無理かと。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆
(2011年12月下旬 ちむ&ちむ夫 様)


 
 
Hotel de France et de Guise ★★
3 Rue Gallois 41000 Blois
booking.comで探す・予約する

(宿泊時期) = 2010年9月

(泊数) = 2泊

(部屋のカテゴリ) = ツイン

(部屋の階&立地) = フランス式1階

(部屋について(雰囲気など)) = 丁度いい広さ。スーツケース2個は広げられそう。
道路に面していて、明るかった。
教会、ブロワ城、公園ビューの部屋。

(部屋の家具・備品) = ベッド2、ベッドサイドテーブル1、机1、鏡付きワードローブ1、TV。

(バスルーム) = シャワーのみ。狭くはない。清潔だが、連泊だとタオル交換なしという点が残念。
お湯の出はよい。荷物置き場のような場所があり、割と便利。

備品は固形石鹸2(泡立ちが悪い)、プラスチックコップ2。ドライヤーなし。

(冷蔵庫) = なし

(エアコン、クーラー) = あり。だが、使用しなかった。

(パブリックエリア) = おそらく、昔の屋敷かなにかを改装してホテルにしたような感じで、雰囲気がある。
私達の部屋は、階段を上がった先に扉があり、そこを開けて、ようやく自分の部屋に辿り着ける。このようなホテルは初めてだったので、とても面白かった。

(リフト) = あり。ちょっと狭い。

(レセプション) = 夕方から夜という時間帯に到着したら、誰もレセプションにいなかったので焦った。呼び鈴を押すと出てきてくれた。レセプショニストは、おそらくオーナー夫婦。

(レセプション以外の館内施設) = 多分ないと思う。

(スタッフ) = オーナー夫婦はどちらも非常に親切で感じがよく、常にニコニコしていて話しやすかった。
スーパーの場所も丁寧に教えてくれ、ワインオープナーも快く貸してくれた。あなたのおかげで楽しい夜を過ごせた、と拙いフランス語で話すと、とても喜んでくれ、また色々話してくれた。女性は英語ができ、日本語も単語をいくつか知っているようだった。

(宿泊料) = 65ユーロ/泊。

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = ホテルのサイトの予約フォームから申し込み。

(ホテルへのアクセス) = ブロワ駅から徒歩約10分。だが、迷った。とにかく、城に向かって大きな道を歩くこと。ブロワ城至近。

(ホテル周辺の雰囲気) = 少し歩くと飲食店や商店が沢山あるエリアに辿り着く。ホテルの裏手は住宅街。治安はいい方だと思う。すぐ隣にイビスホテルがあり、観光客も多い。夜も明るい。散策するには楽しい所。

(ホテルの選択基準) = 駅に近く、料金も手頃。トリップアドバイザーの評判も良かったので。

(よかったこと) = オーナー夫妻がとても親切で感じがよく、
気楽に話ができたのがよかった。

部屋も丁度いい広さで、快適。なにより城ビューなのが良い。

(困ったこと) = 洗面所に、「洗剤を使いすぎるのはエコロジーではないので、連泊のお客様の場合、タオルはそのままにしておきます。ご容赦ください。」というような、英語とフランス語の案内があった。連泊の場合は、タオル類は洗わずに干すだけ、ということらしい。

夫婦や恋人同士ならともかく、友人同士では少し困る。

(朝食) = フランスパン、クロワッサン、シリアル、ヨーグルト、フルーツ(缶詰のようなもの)、飲み物。普通に美味しい。

朝食部屋は、屋敷のサロンのように広くて明るく、雰囲気がある。城の絵が沢山飾ってあった。

(宿泊客の客層) = 比較的年齢層が高めの夫婦が多かったよう。東洋人は見かけなかった。

(支払い方法) =クレジットカード可。

(車椅子等の対応は?) = リフトが狭いので、少し難しいかも。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = タオル交換の件が気にならなければ、コストパフォーマンスは非常に高く、◆◆◆◆◆だが。

タオルの洗濯は、交渉したら洗ってもらえるのかもしれないが、分からない。洗ってもらえなかったら、2、3泊が限度では。スタッフは親切だし、ホテル内部も雰囲気があるし、立地もいいのだが。

(2010年9月 白いたこ焼きたいやき 様)
 


(泊数) = 2泊

(部屋のカテゴリ) = ダブルのシングルユース

(部屋の階&立地) = フランス式1階

(部屋について(雰囲気など)) = 間接照明だが、窓が大きいので部屋は明るい。一人だとスーツケースを広げても十分広い。二人でも大丈夫では。

とても清潔な感じで居心地がいい。

(部屋の家具・備品) = 大きな鏡の付いている机、椅子、ダブルベッド、スーツケース置台
薄型TV、電話、クローゼット。

(バスルーム) = シャワーのみ。ガラス戸で仕切られているシャワーブース、洗面台、一段上がってトイレ。
シャワーブースの広さは十分だが、バスルームのドアを閉めたままシャワーブースから出るのはちょっと狭い。大柄な男性だと大変かも。明るいので清潔感有り。

お湯の出も排水も問題なし。お湯のみだと本当に熱いので、水との調節が大変。
石鹸、シャンプー、コップ、大タオル、小タオル、足拭き、ドライヤー、ゴミ箱。

(冷蔵庫) =なし

(エアコン、クーラー) = ヒーターあり。クーラーはなし。

(部屋について、その他) = ブロワ城のすぐそばなので、城の見える部屋もあるらしい。残念ながら、自分が泊まった部屋からは見えなかった。

(パブリックエリア) = 館内、パブリックエリア共に明るく好印象。パブリックエリアには、ロワールの古城巡りツアーのパンフレットがたくさん置いてあった。23時を過ぎると鍵をかけてしまうそうで、暗証番号を渡してもらった。

(リフト) =あり。2、3人乗り。

(レセプション) = 昼は明るくてきぱきとした若い女性。とてもフレンドリー。古城巡りツアーの割引券がありますよ、と勧めてくれた。数種類有り。押し付けがましい感じは無い。

アンケートに協力してね、とアンケート用紙を渡されたが、ホテルのでは無く、ブロワ全体に関してのものだったので、観光局のものかもしれない。ブロワの地図も渡してくれて、ホテル、城、観光局の位置に印を付けてくれた。

美味しい地元のレストランを教えて、と言うと
喜んで教えてくれた。
そこが本当に美味しくて大満足。

夜は男性。こちらもフレンドリー。

(レセプション以外の館内施設) = なし

(スタッフ) = 英語可。朝食ルームのスタッフ2名のうち、一人はフランス語のみ。しかし、ゆっくりと話してくれる。スタッフは全体的にとても感じがいい。

朝食ルームの二人の男性がとても恰好よく、2日間ともドキドキしながら朝食を食べた。

(宿泊料) = 49ユーロ (税、朝食別)

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = Booking.comのWebサイトから予約。

(アクセス) = ブロワの駅からタクシーで2、3分。ブロワ城へは徒歩1分。駅からは歩けない距離ではないが、坂道が多いのでスーツケースを持っていると辛いと思う。ブロワ駅からバスもたくさん出ていた。ブロワ城下車。

(ホテル周辺の雰囲気) = 雰囲気、治安共に良い。カフェ、レストラン、パン屋、タバコ屋などいろいろある。
ホテルの周辺は城下町といった感じ。ちょっと離れると、人々が暮らしている感じがある。こじんまりとした良い感じの町。

(ホテルの選択基準) = ブロワ城の近く

(よかったこと) = 本当に城の目の前なので、とても近くて良かった。ブロワ城の前のバス停から、シャンボール城へ行くバスも出ているのでとても便利。

レセプションのスタッフに教えてもらったレストランが美味しくて大満足。

(困ったこと) = ホテルのせいではないが、宿泊初日の夜、停電になった。まだ20時ぐらいで、外は明るかったので、たいした問題は無かった。

そのうち復旧するだろうと思い、部屋で休んでいたがなかなか復旧しなかったので、夕食を食べに外に出かけることにした。レセプションは対応に追われていたが、自分はそのまま外へ出た。

すると、町全体が停電していて、信号も止まっていた。この調子では、レストランも危ないのでは?と思いながら向かったが、レストランは普通に営業していた。明かりも点いていた。

食事が終わって、22時半ごろにホテルに戻って来た時には復旧していた。レセプションにいた男性が、事の経緯を説明してくれた。

(朝食) = クロワッサン、バケット、オレンジ・ジュース、ジャム、はちみつ、バター、塗るチョコレート。コーヒー、紅茶、ショコラが選べる。シリアル、ヨーグルトはビュッフェ形式。味は普通。

朝食ルームの正面には大きな絵(多分ブロワ城)と大きな鏡が飾ってあり、とてもシックな感じ。

(宿泊客の客層) = 欧米人を見かけた。日本人には会わなかった。

(支払い方法) = クレジットカード可

(車椅子等の対応は?) = 玄関に数段の階段あり。それをクリアできれば大丈夫だと思う。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 荷物が無ければ、駅から散策代わりに歩けると思う。ブロワ城を目指せばたどり着ける。荷物のある人はタクシーがお勧め。タクシー料金は統一してあるらしく、紙が張られていた。
6.1ユーロ。

(2010年5月下旬  どっぷりしょこら 様)
 

【date】 2003年9月 

【nights】 1泊 

【room】 シングル 

【floor】 フランス式1階 日本式2階 

【space】 広くはないが、雰囲気は悪くない。ブロワ城の前、中庭とは反対向き。 
窓から城が見える。 

【furniture】 テレビ、電話、クローゼット、椅子、ベッド 

【bathroom】 バスルーム内に引き戸で仕切ってあるシャワー室、トイレ。シャンプーあり 

清潔感有り。お湯の出具合も問題なし。狭いけど、一人には丁度いい 
感じ。 

【minibar】 無し 
【air-conditioner】 有り 

【public area】 レセプションは明るい雰囲気。1階の部屋が階段途中のドアの奥にあり、 
分からなくてメイドさんに教えてもらった。 

【lift】 使わなかったので有無は不明。 

【other facility】 朝食用の食堂 

【soft】 マダム(白髪の、オーナーらしいマダム)は英語も話せる。 

【rates】 50euro(部屋代44euro+朝食6euro) 

【reservation】 個人で 

【how】 ガイドブック「パリノルール」のオーダーシートを参考にファックスで予約。 
10分ぐらいで返事のファックスが。 
 

【access】 駅から5,6分。途中に観光案内所がある。ブロワ城はすぐ前。 

【around】 ブロワ城のほか、教会、広場あり、静か。でも鐘は鳴る。タバコ屋、カフェなどあり。 

【policy】 ガイドブック昭文社「個人旅行フランス、モナコ」に載っていたものから、ブロワ城の近くで料金も手頃だったので。最初はネットで探していたのだが、よさそうな所が見つからなかった。 

【yokatta】 飛行機がパリに朝着だったので、ブロワにも早く着いてしまった(11時頃)。 機中で寝ていなかったので、2,3時間部屋で休みたいのですが、と言ったら部屋に通してくれた。けどちょっと迷惑そうだった。 

【breakfast】 普通でおいしい。 

【other guest】 フランス人の老夫婦多し。ツアー客だったらしい。日本人は見かけなかった。 

【payment】 クレジットカードOK 

【disability】 リフトが無ければ難しいかと。 

【children】 別にOKだと思う 

【point】 個人評価は◆◆◆ 

【advice】 立地がよく、分かりやすいです。チェックアウトは11時。 

( 2003年9月 与作とバナナ 様) 
 

 


 
 
Holiday Inn Garden Court Blois Loire Valley  ★★★
→ Holiday Inn Blois Centre ★★★★
26 Avenue Maunoury 41000 Blois
http://www.ichotelsgroup.com/h/d/hi/1/en/hotel/blofr
appleworldでHoliday Inn Garden Court Bloisを探す・予約する
booking.comで探す・予約する

 
 
 
民宿 La Petite Fugue
http://www.lapetitefugue.com/index.php
9 quai du Foix 41000 Blois
http://www.amboise-valdeloire.com/
http://www.chateauxtourisme.com/isla/Hebergement/Fiche/index.htm?REP=244&PAR=0
http://www.guidesdecharme.com/fr/contenu/fiche_hotel.asp?fiche_id=FICH2410000254784295
大変エレガントな ターブルドット。ブロワ城すぐ、街中のエレガントな館。ブロワ駅500m
4室、スィート1。禁煙室。
料金   室料、朝食こみ、 Pあり。
1名利用 75〜115euro
2名利用 85〜125euro
3名利用 100〜145euro
4名利用 205euro
5名利用 225euro

 
トップ > その他の地方  > サントル・ヴァル・ド・ロワール地方 > ブロワのホテル