トップ > その他の地方  > サントル・ヴァル・ド・ロワール地方 > Azay-le-Rideau アゼィ・ル・リドー
  
ロワール地方へ
もどる
Azay-le-Rideau アゼィ・ル・リドー
 
 

29 Oct.2005 経験談追加
28 Feb.2009 再調査
3  Mar.2010 経験談追加、再調査
 
観光局
http://www.ot-paysazaylerideau.com/
 

2009のイベント 町村
http://www.azaylerideau.fr/la-vie-culturelle-sportive-et-associative_57.html
 
 
 

ランジェ〜アゼイ・ル・リドー〜シノン 
Touraine Filvert社バス Line TF  あり

http://www.touraine-filvert.com/tfv-accueil.html
ランジェ〜シノンは 35分
ランジェ〜アゼイ・ル・リドーは 20分
 

バス時刻表は 休校期間、祝、曜日の運行読み取りに注意。サントル・ヴァル・ド・ロワール地方は 休校期間は ZONE B。現地でも事前に乗り場・時刻を再確認のこと。

 

 
 
Chateau National d'Azay-le-Rideau アゼィ・ル・リドー城 (国立)
http://azay-le-rideau.monuments-nationaux.fr/
http://www.france-acces.com/chateau/azaylerideau.html 日本語あり(数字はかわっているので注意)
http://www.chateaux-france.com/chavisit.php?chateau=2549&l=FR
ふらつー写真館 > ロワール地方の城
Photo by momocchi mochi mochi

 
 
住所 rue Pineau 37190 Azay-le-Rideau
開館
Ouverture
 2010年2月現在
10〜3月  10 〜12:30  14〜17:30
4〜6、 9月   9:30〜18:00
7〜8月 9:30〜19:00
 券売り場は 45分前まで  国立なので、国立系ストその他注意。
祝日
1/1  Easter Easter Monday 5/1 5/8
×   ×  
Ascension  Whit Sunday Whit Monday 7/14 8/15
         
11/1 11/11 12/25
    × 
 
(ただし、展示がえや、特別展、直前の労使交渉、などで変更・決定する場合があります。必ず pariscope週刊誌などで確認し、現地で自分で対応してください。) 
料金 
Tarif
2010年2月現在 
大人 adulte 18〜25歳
割引料金 tarif reduit
0-17歳
8.5ユーロ 5.5 無料 gratuite
 
イベント
ガイド オーディオガイドあり 仏・英ほか  日なし  1時間半
ガイドツアー 仏語 45分
パンフ
 
 
 

     

トゥールよりSNCFバスにて。バスによってSNCF駅に到着するものと、街の中心(役所前)に到着するものがある。要確認。駅は、市街地から徒歩20分ほどかかる。

往路は役所前に停車するバスを利用した。役所から城までは徒歩5分ほど。標識が沢山出ている。

復路は列車。市街地から離れているが、駅からもマメに市街地と城の方向を示す看板があったので、注意していれば迷わずに向かえるだろう。
 

村は、こじんまりしていて、ちょっとした散歩が楽しい。カフェ、レストラン、パン屋などあり、バスや列車待ちで1時間程度時間を潰すには困らない。

城のみどころは、庭からの城の眺め、あるいは城からの庭の眺め。フランスの庭園はとかく幾何学的、対称的なつくりである。しかし、この城の庭園は、日本の庭園のように非対称的なつくりで、自然に流れる川を利用したものである。この城を訪れた際は、是非庭を散策し、いろいろな角度から城を眺めてほしい。その場に立って見なければ予期できぬ城の佇まいがある。

(車椅子・高齢者対応) = 

(子供向け?) = わからない

(所要時間) = 城内、庭をみて1時間強。

((その他) = 暖房がしっかりきいた、快適な休憩室とトイレがある。休憩室ではソフトドリンクのほか、温かいコーヒーの自販機がある。
(2010年1月 DD邦代 様)

Acco-Dispoのツアーで

10:55〜11:45

入場料 5.5ユーロ

城の中はいまひとつ。1階の広間に「ドイツ皇帝マクシミリアン1世の家族」の絵があった。この絵はウィーンで見た。家へ戻ってウィーン美術史美術館の解説書を読んだら、同じ絵は3枚あるらしい。

特に、台所と食堂に超モダンな家具をおいてあるが、なんともお粗末な印象で、がっかり。外に出て、城をバックに記念撮影。ここは時間が余った。
 
(ベアトリックスピーター 様 2005年7月初旬)

9月は閉館が早く、城には入れず、庭は入れたt。
(2004年9月 めるもにら様)
とにかく外観が かわいい。 シャンボール、シュノンソーよりも、こちらのほうが、かなりツボにはまってしまった。ここでのフイルム消費量は、かなりすさまじいものがあった。 

一番熱く語りたくなる(?) 私の中で一等賞の城。といっても、けして派手な城ではなく、むしろ地味。ただ、静寂と鳥の声が似合う、そんな感じの城。 小さな沼に城が映ってそれもかわいいし、とにかく のんびり城の周りを歩くだけで、幸せな気分にす。  

(ももっち もちもち様 2001年5月)

アゼー・ル・リドー城のスペクタクルを見てきた。  

席に座ってみるのではなく、 庭を散歩しつつ体験する方式で、 暗い夜の庭を足元の証明や松明の明かりで進むのは それだけで探検をしてるようでわくわくしTa。 ところどころ光を使った演出があり、美しいです。 中でもるを使った演出にはバックの音楽とあいまって、うっとり。

料金は城の見学とセットで当時80Fr  スペクタクルだけだと60Fr だったと思う。 夏の間、ロワールの城ではその他にも様々なスペクタクル をやっているようだ。 

この時は、昼間見学したときに、夜のスペクタクルとの共通券を購入。予約は不要。(席に座ってみるようなスペクタクルだと、予約が必要かもしれません)

夏の夜は暗くなるのが遅いので、スペクタクルが始まるのも遅い。22時すぎていたような・・・ 夕食を早めにとれば、充分間に合う。
 (ねこねこ様 2001年)


 
 
 
トップ > その他の地方  > サントル・ヴァル・ド・ロワール地方 > Azay-le-Rideau アゼィ・ル・リドー