トップ > その他の地方 > ブルターニュ地方 > Dol de Bretagne ドル・ドゥ・ブルターニュ
トップ > その他の地方 > ノルマンディ地方  モン・サン・ミッシェル > Dol de Bretagne

ブルターニュ地方へ戻る
Dol de Bretagne ドル・ドゥ・ブルターニュ


12 Nov.2009 経験談追加
5 Jun.2011 再調査
1 Feb. / 17 Nov.2013 経験談追加
現地ツアーではよく立ち寄りスポットに入っている。乗り換え地でもあり、周遊に便利。
 

フランス観光協会>ドル
http://www.tourisme.fr/office-de-tourisme/dol-de-bretagne.htm

ドル観光局
http://www.pays-de-dol.com/
 

SNCFドル・ド・ブルターニュ駅
Photo by gabai kurotan

 
 
 Dol de Bretgne 〜 Mont Saint Michel のバス

会社 Keolis社 
http://www.keolis-emeraude.com/
 
所要 約30分


ルート SNCF ドル・ド・ブルターニュ駅前

〜モン・サン・ミッシェル 島のふもと。ただし満潮時は対岸でおろすこともある。

 

時刻表 上記URLに、記載およびPDFファイルあり。一部のTGVとモン・サン・ミッシェルいきバスが接続している。

記号や期間の注釈を必ず読むこと! 春秋にダイヤ改正があるので、こまめにチェック。

 

料金
tarif

2011年6月現在


大人 60歳以上*、
10回回数券
4-10歳 0-3歳
5.90ユーロ
20%off   50%off 無料
  *ID要
予約 基本的に座席は自由席。
 
切符の購入 ・運転手から。大きい札は不可な場合が多い(ここに限らず)

・SNCFのWEBから(ただしバス切符はセルフ印刷できないので、現地で窓口やSNCFブティックで発券となる)


乗り場
Dol駅前。わかりやすい。





サン・マロ〜ドル・ド・ブルターニュ〜ポントルソン

(会社) = SNCF  TGV/TER

(クラス) = 2等

(出発駅) = サン・マロ St.Malo 駅



(乗り継ぎ駅) = ドル・ド・ブルターニュ Dol de Bretagne 駅 

(乗り継ぎ駅の様子) =
カーン Caen 方面の電車に乗り換えるため、連絡通路で反対側のホームへ。途中に刻印機あり。

駅舎は、窓口と小さな待合スペースがある。菓子や飲み物の自販機があった。
日本人らしきカップル一組がいた。

(到着駅) = ポントルソン Pontorson 駅 

(到着駅の様子) = 何もない。タクシーは見かけなかった。モン・サン・ミッシェル行きのバスが停まっている。ドル・ド・ブルターニュ駅で見かけた日本人らしきカップルも、ここで下車。

(車両) =
TGV  配列: 2-2。すべて進行方向。
TER  座席の配置は一貫性なし。

(トラブル) = 1枚で発券された切符。TGVからTERへの乗り継ぎ時、刻印の要不要がわからなかった。心配なので、ドル・ド・ブルターニュ駅でも刻印機に通してみた。案の刻印が二重になった。幸い検札はなかったが、ドキドキした。

(切符の入手方法と時期) = 4月下旬、SNCFのWebから購入。モンパルナス駅の券売機で発券。幸いクレジットカードがハネられることはなかった。

(価格) = 7.7ユーロ/人


(2013年6月下旬 柑橘茶荘 様)

 




ドル・ド・ブルターニュ〜パリ

(クラス) = 2等

(出発駅) = ドル・ド・ブルターニュ Dol de Bretagne 駅

(出発駅の様子) = モン・サン・ミッシェルからの帰り、時間の都合でレンヌではなくドルを利用した。田舎にあるようなとても小さな駅。
窓口1ヶ所、自動券売機1、お菓子、ドリンクの自動販売機あり。

雨が降っていたので、モン・サン・ミッシェルから同じバスで着いた人々で待合室はいっぱい。ベンチが数人分しかなく、みんな立って待っていた。風も入ってくるのでものすごく寒かった。

トイレは確認してない。

(到着駅) = パリ・モンパルナス駅  Gare Montparnasse 


(車両) = 配列: 2-2
全て進行方向向き

(座席) = 往路で1等に乗っていたので若干狭く感じたが、日本の特急列車くらい。
テーブルあり。

(切符の入手方法と時期) = レイル・ヨーロッパ社のサイトから予約。3ヶ月前。

(価格) =3,300円/人

(2012年4月下旬 mi mille 様)

 



パリ〜ドル・ド・ブルターニュ〜〜〜モン・サン・ミッシェル
 
(SNCF)パリ・モンパルナス - ドル - モン・サン・ミッシェル

(会社) =  SNCF   TGV +バス

(クラス) = TGVは1等

(出発駅) =  パリ・モンパルナス駅
7:35発。

モンパルナス 1ET2駅。 北側入口からエスカレーターでフランス式2階に上がり、奥のホームから出発。


(出発駅の様子) = Prem's切符だったので、刻印は必要無かったが車内検札でバーコードの読み取りあり。パスポート提示は要請されず。


(乗り継ぎ地) = ドル・ド・ブルターニュ

(乗り継ぎ駅の様子) = 小さな駅。
小さな駅舎とホームが2つか3つ。

駅舎側のホームに着いた。駅を出てすぐ右手のバス停にモン・サン・ミッシェル行きのバスが停まっていた。迷うことは無かった。

乗換の時間がないので、トイレはTGVの中で済ますほうがよい。(モン・サン・ミッシェル内も、観光客が多くトイレは期待できない)


(到着地&ターミナル) = モン・サン・ミッシェル

(車両) = バスはふつうのバスでトイレなし。

(座席) = 1等席は広々したシート。配列は2−1。

ドアのないコンパートメント形式。4人と2人が膝をつきあわせる形。ドアは無く大きく開いている。間仕切りも透明のため、特に危険は感じなかった。個室の真ん中に開閉式のテーブルが有り、飲食可能。多くの客がサンドイッチなどを持ち込んで食べていた。

(トラブル) = 夏場の観光シーズン。

ドルからのバスは、高速を降りて、モン・サン・ミッシェル対岸のホテルまでが、大渋滞だった。30分で着くところ、1時間半かかった。

(切符の入手方法と時期) = voyages-sncf.comから7月中旬に予約購入。TGVはPrem's券を利用。自宅で印刷して持参。

バスは、SNCFブティックでの発券、にしていたので、当日駅頭で受け取った。モンパルナス駅フランス式2階。早朝は開いているカウンターが少なく、時間がかかる。注意。

発券時に、予約時のクレジットカードとPINコードの入力を求められた。カウンターの客側にクレジットカードのPINコードを入力する機器を埋め込んであ る。カウンターの金属の蓋の下にある。「UP! 蓋を持ち上げて!」と何度も言われたのに、何のことかわからず苦労した。

当初は2等を購入しようと思っていたが、手持ちのクレジットカードの認証がされなかった。1等のPrem'sとバスのみであれば、クレジットカードが使えた。理由が不明。

(価格) = TGV 1等 Prem's 往復 70ユーロ/人
バス往復 12.2ユーロ/人

(2011年8月上旬 blanche_bi_au 様)





(SNCF) モン・サン・ミッシェル - ドル - パリ・モンパルナス駅


(会社) =
バス 15:55モン・サン・ミッシェル発 16:40ドル・ド・ブルターニュ着
SNCF・TGV 16:57ドル・ド・ブルターニュ発 20:03モンパルナス着

(クラス) = TGVは2等

(出発地点) = モン・サン・ミッシェルの麓のバス停。

レンヌ行きのバスが同じバス停にいた。同じデザインなので間違えて乗りこんだ。
切符を見せたら「違う」と言われた。行き先はバスの外側に表示されている。よく見よう。

(出発地の様子) = 普通の観光バスなのでトイレは無い。モン・サン・ミッシェルも非常に混んでいたせいか、対岸のホテルでトイレを借りるためにバスを停めた韓国人男性がい た。道が渋滞して焦っていたので、「早く戻ってこーい」と思った。別の韓国人女性が、運転手に「TGVに間に合うのか?」と聞きに行ったほど。トイレは TGVまで我慢しよう。


(乗り継ぎ地) = ドル・ド・ブルターニュ(TGVに乗換)

(乗り継ぎ駅の様子) = 乗換時間が短いので、駅舎のトイレも期待できない。

駅舎はとても小さく、目の前にバスは到着。駅舎からホームに出ると、向こうのホームからパリ行きは発車。ホーム内に地下道有り。

(到着地) = パリ・モンパルナス駅 1ET2 フランス式2階



(車両) =
バス 普通の観光バス。トイレは無い。
TGV

(トラブル) =
バス
夏場の観光シーズン。モン・サン・ミッシェル対岸のホテルまでが大渋滞。渋滞を抜けたあとも、藁を積んだトラックが前方にいて、ノロノロ運転せざるを得な かった。バスの乗客皆が、同じTGVに乗る予定だったので、ヒヤヒヤした。TGV発車時刻の4分前に、ドルに到着、なんとか間に合った。

観光シーズンは、一つ遅いTGVを予約したほうがいいかもしれない。

ドルは小さな街なので、時間をつぶす手段があるのかは不明。

(2011年8月上旬 blanche_bi_au 様)
思ったより良かったのがドル・ド・ブルターニュ。サン・マロから電車で20分ほど。意外と大きくて、おまけにかわいらしい。土曜の朝市は規模も大きく、見ごたえがあった。

ドル・ド・ブルターニュという町のことは、行くまで全く知らなかったが旧市街・新市街共に、思ったよりずっと見所があった。

近隣の観光地まで、電車で15〜30分で行けたので、とても良い立地だった。

(2007年8月 コゲコゲしゃとー 様)

パリ〜ドル・ド・ブルターニュ〜 TGV
ドル・ド・ブルターニュ〜モン・サン・ミッシェル バス

2ヶ月前に SNCFのWebから切符を購入。

パリ〜ドル TGV + ドル〜モン・サン・ミッシェルのバス 往復 で約50ユーロ。

ドル・ド・ブルターニュ駅は思ったよりも小さく、何もないところ。なので、モン・サン・ミッシェル行きのバスを探すのはとても簡単。知らないところ でちょっとドキドキだったが、駅前にはそのバスしか停まっていない。間違えることはないし、この駅で降りる人のほとんどが、モン・サン・ミッシェルへ行く 人のようだった。

ただ、電車を降りで10分後の発車だったので、トイレに行けず。車中でトイレを済ませたほうが良さそうだ。


帰りのバスも、降りた場所から出発とのこと。

予約も必要ないし、しかも時間ぴったりに到着。念のためなのか、2台バスが来ていた。バスの運転手がSNCFで発券したバス切符を検札するので、間違えることもないと思う。

駅にバスが到着して10分ほどでTGVも来るし、交通はとてもスムーズ。

(2009年10月  はっちーFF 様)

モン・サン・ミッシェル〜ドル・ド・ブルターニュ バス
ドル・ド・ブルターニュ〜パリ   TGV

モン・サン・ミッシェルからの帰りはレンヌからだと既に一杯だったので、別の Dol de Bretagneまでバス、そこからパリに帰った。行き帰りが別でちょっと不安だったけど、全然問題なかった。

寧ろ、レンヌ駅に帰るより少し早めにバスが出るので、現地で時間をもてあますこともなく、バスの時間も行きより短かったので、良かった。

(2008年11月 敦子LC 様)


パリM〜ドル・ド・ブルターニュ TGV
ドル・ド・ブルターニュ〜モン・サン・ミッシェル バス

(会社) = SNCF  

(出発駅) = Gare Montparnasseから Dol De Bretagneへ TGV、 Dolでバスに乗り換えてLe Mont-St-Michel へ

(乗り継ぎ地) = Dol de Bretagne

(乗り継ぎ) = 駅舎を出て右側にバスが停まっていた。間違える心配なし。

(到着地) = MSM手前のホテル街

(切符の入手方法) = バスのドライバーから購入。

(価格) = 1人 片道 5.7euro
(2009年6月 tiggerlyon 様)

SNCF窓口で、はじめレンヌ乗換えで頼んだら、ドル経由を進められ、それで行った。その方がバスに乗る時間もバス代も安いようだった。

ドル駅に着いて改札を出ると小さな待合所兼SNCF窓口という感じのこぢんまりしたところに出る。ここに売店等店は一つもなく、そのまま外へ出ると右側にバス停があり、モン・サン・ミッシェル行きのバスが停車していた。

TGVを降りた客の大半がこのバスを利用するようで、乗り換え時間10分程度しかなかったが心配することなく乗車できた。

帰りは列車到着まで30分程度あったが、することがなく、待合所も狭いため待つのも一苦労。自販機しかないため食べ物は買えても、菓子のみ。温かい飲料はカップのみ。空腹を心配するのであれば、モン・サン・ミッシェルで購入するか、TGV売店で購入しかない。

モンパルナス駅発車の列車は発車15〜10分前にならないと乗車ホームが出なかったのでそれまでに刻印や買い物・トイレは済ませておいて出発ホームが判明したらすぐ移動できるようにしておくとよいと思う。ドル駅は小さいためそのような心配はなし。

(2008年12月 エセ鉄子 様)
 



トップ > その他の地方 > ブルターニュ地方 > Dol de Bretagne ドル・ドゥ・ブルターニュ

トップ > その他の地方 > ノルマンディ地方  モン・サン・ミッシェル > Dol de Bretagne