トップ > その他の地方 > ブルターニュ地方 > Dinan ディナンのホテル
  
ブルターニュ地方へ
戻る
Dinan ディナン のホテル
 12 Oct.2008  / 14 Oct.2009 / 25  Dec.2022 経験談追加
ディナンは 避暑地でもあり、高級ホテルも多い。
booking.comで Dinanのホテルを探す・予約する

 
 
 
Hotel de la Tour de l'Horloge ★★
5 rue de la Chaux 22100 Dinan
http://hoteltourdelhorloge.com/

(泊数) = 2泊

(部屋のカテゴリ) = シングル フランス式2階

改装したばかりらしく、とても綺麗。内装もそれぞれの部屋ごとに凝って、可愛らしい部屋あり、ゴージャスな部屋あり。掃除の時に空いている部屋をこっそり見た。通された部屋は、通りに面していて窓が小さく、暗いが、広さは一人なら充分。ピンクが基調。ピンクはあまり好きではないが、気に入った。

(部屋の家具・備品) = テレビ、テーブル、椅子、クローゼット、電話、冷蔵庫。

(バスルーム) = バスタブあり。バスルームも可愛らしく、すっきりしたインテリアでまとめてあった。
湯量問題なし。

竹製の梯子が立て掛けてあり、その一段一段にタオルがかけてあった。なかなか洒落ていた。

(冷蔵庫) = あり。中は空。

(エアコン、クーラー) = なし。

(部屋について、その他) = ホテルの廊下の窓から時計台がよく見えたので、時計台が見える部屋もあると思う。予約した時に指定すれば良かった。

(パブリックエリア) = レセプション前にサロンがあるが、狭い上に重い感じのインテリアで、圧迫感があり苦手だった。

(リフト) = なし。

(レセプション) = ホテル入り口にとても狭いレセプションのような無人のカウンターがあり、呼び鈴押すのかな?などと思っていると、階上から、「レセプションは上だから、上がってきて!」と声を掛けられた。

応対にでてくれたのは、高校生ぐらいの男の子で、かなりなフランス語訛りの英語で詰まりつつ、案内してくれた。子供なので、良くも悪くもなく、得意で無い英語を話すのに一生懸命で、微笑ましかった。

家族経営らしく、レセプションは常時人がいるわけではないが(昼間でも)、ホテル内に家族が住んでいるようで、どこからともなく現れる。

(館内施設) = 朝食ルーム。

(スタッフ) = 女性はおっとりした話し方をする人で、英語が通じる。チェックイン後、私を見るなり、「○○なの?(私の名前、しかもファーストネームをいきなり呼び捨てなのがイイ) いらっしゃい、ディナンは初めて?」などととてもフレンドリーに話しかけてきた。

チェックアウト時も、「まぁ、寂しいわ〜」などと言ってくれ、そんな事を言われたのは初めてだったので、
こそばゆかった。

(宿泊料) = 55ユーロ

(予約方法) = 個人で
HPを見て直接メール。すぐに英語で返事があった。

(アクセス) = 駅から徒歩約15分。旧市街に入ってから迷ってしまい、地図を片手にウロウロ困っていたら、
年配の女性が声を掛けてきてくれた。結局ホテルの前まで連れて行ってもらった。

旧市街の真ん中なので、町の散策にはとても便利。ホテルの名前通り、時計台もすぐ。近郊へのバスが発着するPlace Ducrosへも約5分。

(周辺の雰囲気) = カフェやレストラン、ホテル・土産物屋など軒をならべ、観光客もたくさんいて賑やか。治安は問題なし。

ただ、19時くらいを回ると、平日だったにもかかわらず、昼間はたくさんいた人が急に減って、びっくりしてしまった。フランスは夜になって からも、人が大勢繰り出すので不思議だった。やっぱり田舎だからかな?カンペール辺りから来ていた団体さんが帰っちゃったのかな?などと思った。

(選択基準) = 旧市街の真ん中であることと、HPで見た部屋の雰囲気。

(よかったこと) = 人柄と部屋が可愛らしかった。

(宿泊客の客層) = まだ小さな赤ちゃんを連れたカップルを一組見かけたのみ。

(支払い方法) = 現金で支払ったのでわからない。

(車椅子等の対応は?) = リフトがなく、階段もせまいので難しいと思う。
先述のカップルは、ベビーカーを二人で持ち上げ、せまい階段をえっちらおっちら上っていた。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 旧市街の真ん中で立地もいいし、部屋の雰囲気も女性にはお薦め。男性にはちょっと暑苦しいかも。女性の人柄もいい。

レセプションにいつも人がいるわけではないので、ほったらかし感があるが、電話すると対応してくれるし、
不自由なことはなかった。レセプションの前を通るたびに笑顔で挨拶するのが面倒、という人には過ごしやすいと思う。

( 2009年6月  DD.Maynard 様)
 


 
 
 
Hotel d'Avaugour  オテル・ダヴォグール ★★★
1  pl.du Champ 22100 Dinan
http://www.avaugourhotel.com/
城壁の上、旧市街をのぞむ
パリで名ホテルにつとめたオーナーがひらいた、エレガントな宿。

 
 
 
Hotel IBIS Dinan オテル・イビス・ディナン ★★
1 place Duclos Pinot 22100 DINAN 
http://www.accorhotels.com/gb/hotel-5977-ibis-dinan/index.shtml
booking.comで 探す・予約する
チェーンホテル。62室。

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = ツイン

(部屋の階&立地) = フランス式1階

(部屋について(雰囲気など)) = いかにもビジネスホテルだが、清潔で、通りに面した窓があるので、気分がいい。内装も、白と緑が基調で、明るい。スーツケースをなんとか2つ広げられる。

(部屋の家具・備品) = 備え付けのクローゼット、その横に洋服の整理に便利な棚、
ベッド横にナイトテーブル、スタンドライト。

(バスルーム) = シャワーのみ。とても清潔。お湯の出も良好。
ヘア兼ボディ用のシャワージェルのみあり。ドライヤーあり。

(冷蔵庫) = なし

(エアコン、クーラー) = あったと思う。

(パブリックエリア) = 明るく清潔。必要最低限。

(リフト) = あり。日本のものと変わらない大きさで、大人2人、スーツケース大2個でも余裕。

(レセプション) = 依頼したことをテキパキとこなす。タクシーを依頼したら、目の前で電話して、すぐに予約してくれた。女性スタッフにしか会わなかったが、皆親切。

(館内施設) = レストラン、朝食室。

(スタッフ) = 英語可。日本語不可。皆親切。

(宿泊料) = 56.5ユーロ/泊。

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = Booking.comから予約。
チェックイン時、バウチャーを見せるだけで、簡単。

(アクセス) = SNCFディナン駅より徒歩約10分。旧市街へは、目の前の広場から続く坂道を上がればすぐ。

(周辺の雰囲気) = 治安は問題なさそう。年配者が多く、頻繁に話しかけられた。
目の前に広場がある。交通量は少し多い。

(ホテルの選択基準) = ほとんど観光で出かけており、寝るだけなので、
シンプルなホテルにした。大手チェーン系列は、あまり外れがないので安心。

(よかったこと) = とても便利な立地。駅からも徒歩可能な距離がよかった。

(宿泊客の客層) = 中年層。

(支払い方法) = クレジットカード可。

(車椅子等の対応は?) = 段差はなかったと思う。リフトもあるので、大丈夫ではないか。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 料金と内容が見合っている。ホテルライフを満喫したいという人には、向かないかも。華やかさなどはないので、味気ないかも。

(2011年11月上旬 やまぼうちぇるしー 様)

(泊数) = 3泊

(部屋のカテゴリ) = ダブル
前回2006年にも宿泊したのだが、どうもシングルの部屋は用意していないようだ。

 フランス式2階、通路側。

若干東向きで朝からとても明るかった。広さは、あとベッド2台ぐらい置ける余裕があり、とっても快適。

窓を開けるとPlace Duclos-Pinotという広場が見える、最高の部屋。部屋に居ながら、城壁祭のパレードを見ることができたので、文句なし。

(部屋の家具・備品) = 机、椅子、テレビ、開放型のクローゼット、ベッド。
他のIbisで見かける椅子みたいな荷物置きがなかった。

(バスルーム) = バスルームはとても広く、小さな洗面台がより小さく見えた。シャワーブースも広く、カーテンではなくガラス張りになっており、シャワーが飛び散る心配も不要。

掃除も行届いており、お湯の出も問題無し。備品はプラスチックのコップ2、固形石鹸、ジェル状シャンプー、ごみ箱、バスマット、バスタオル2。

バスルームも広場に面しており、ここからもパレードを見ることができた。残念ながらバスタブはなし。

(冷蔵庫) = なし。

(エアコン、クーラー) = 壁にコントロールパネルがあったのだが、クーラーのものかは不明。
暖房用のものかも、正直よくわからない。

(部屋について、その他) = 前回2006年に宿泊した時は、メイン通りと反対側の部屋だったが、
広さは同等で、とても静かだった。

(パブリックエリア) = 広く、明るい雰囲気だった。

(リフト) = あり。大人4、5人ぐらい乗れる。

(レセプション) = 早く到着したにもかかわらず、部屋に荷物を置いてもらえて感謝。
フレンドリーな雰囲気で、とても良かった。

(館内施設) = レセプションの左奥に朝食スペース。同建物にレストラン兼カフェあり。同一経営かは不明。

(スタッフ) = パリと違い、フランス語で話しかけてくるので(当り前の話だ)、ちょっと困ってしまう。前回2006年と違い、中世コスプレはしていなかった。

(宿泊料) = 39euro(Happy 30 rate)

(予約方法) = 個人で。

(予約方法、ホテル側の対応) = アコーホテルズのHPより申込。クレジットカード番号を入力して送信すると、予約確定画面になり、その画面をプリントアウトしてレセプションに出すだけ。とっても簡単。

2007年10月以降に(アコーホテルズの翌年料金が発表されるのが10月中旬だったと記憶していたので)、
予約だけでも入れようと毎週、チェックしていたら、2007年11月18日にHappy 30 rateの表示が。速攻で予約したのは言うまでもない。

チェック・インの時、レセプションの人も、あまりにも早い予約に驚いていた。
 

(アクセス) = ディナン駅から徒歩約10分。

(ホテル周辺の雰囲気) = すぐそばにスーパーもあり、とても便利。
祭期間で、夜遅くまで賑わっていた。
治安は良いほうだと思う。

(ホテルの選択基準) = 前回2006年にも宿泊し、勝手が分かっていたのと、早期での予約ができたので。

(よかったこと) = 喘息が発症しており、パレードの場所取りができる状態ではなかったので、
部屋で城壁祭のパレードを見ることができたのが、本当にありがたかった。

(困ったこと) = 窓の下が道路のため、夜遅くや明け方近くからうるさかった。

(朝食) = 7.50euro
パンは、フランスパン、クロワッサンの他何種類かあり。
ハム、チーズ、シリアル、ヨーグルト、バナナやオレンジ等。
飲物はジュース(オレンジ、アップル、マルチビタミン)やコーヒー等。

今回の旅行では3つのIbisに宿泊し、同じメニューの朝食を安心して食することができた。
人によっては飽きるかもしれないが。

(宿泊客の客層) = 家族連れから老夫婦まで、皆コスプレイヤー。平服で東洋系なのは私ぐらいで、周りから浮いていた。

朝食時などは英語が飛び交っていたので、他国からの客のようだった。

(支払い方法) = クレジットカードで前払い。キャンセル不可。
朝食代と税金はチェック・アウト時にクレジットカード払い。

(車椅子等の対応は?) = 問題なく利用できる。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う。

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 内装は他のIbisホテルと同様にビジネスホテル風だか、便利な所に建っており、使い勝手は良い。ハイシーズンやイベント期間中はやたら高額になるが、割引料金Happy 30 rateが利用できれば泊まってほしい。
 

(2008年7月 pyontaro6919 様)


 
 
 
 
Hotel de la Porte Saint-Malo
http://www.hotelportemalo.com/
booking.comで 探す・予約する
(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = ツイン フランス式地上階。

(部屋について(雰囲気など)) = 明るい。水回りは広い。
小さな庭があって、とても感じが良い。

(部屋の家具・備品) = 机、椅子、カーテン付き造りつけの棚。

(バスルーム) = バスタブあり。広い。出窓があった。トイレ、洗面台。

(冷蔵庫) = なし

(エアコン、クーラー) = オイルヒーター

(部屋について、その他) = 鍵が閉めにくい。

(パブリックエリア) = 清潔。整ったフランスらしい庭があり、誰でも入れ、楽しめる。

全室禁煙だが庭は喫煙可。夕方、喫煙者のグループがワインを持って、
タバコを吸いながら宴会を始めた。

(リフト) = なし。

(レセプション) = 大変親切。

(館内施設) = ピアノ、PCは自由に使える。

(スタッフ) = 感じが良い

(宿泊料) = 68ユーロ/泊。コンチネンタル式朝食別、7ユーロ/人。

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = メールで。すぐに答えが来た。

(アクセス) = 車利用。

(周辺の雰囲気) = 落ち着いていた。

(選択基準) = 本誌で評判がよかった。

(よかったこと) = ブルターニュ地方に良く見る、土台がなく地面からすぐ建っている、
石造りの家だった。

私は、そういう家が好きで、フランス式地上階の部屋で大満足。
外からステップを踏むことなく、直接部屋に入る時、嬉しくてニコニコした。

さすがに地続きだけあって、部屋の中を小さな蟻が歩いていたりしたが、それさえも嫌ではなかった。

(困ったこと) = ベッドに少し轍ができ始めていて、何度か目が覚めた。料金が安いから仕方がないか。

(朝食) = 美味しかった。ブリオッシュ、焼いたフランスパン、ヨーグルト。

(宿泊客の客層) = フランス人の家族連れ。

(支払い方法) = 現金で。

(車椅子等の対応は?) = 少し難しい。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(2011年8月 カングーシュバル 様)

(宿泊時期) = 2007年2月上旬

(泊数) = 2泊

(部屋のカテゴリ) = ツイン。
最初、ちょっと眺めのいい日本式2階の1人部屋に案内された。清潔感のある、寒色系のコーディネートの部屋。

バスとトイレが完全に分かれていたが、シャワーとビデのみ。バスタブのある部屋がいいと言うと、少し考えた後「一階でもいい?」と聞かれ、とりあえず見てみようと、下に案内された。

広さは倍くらいでツインベッド、暖色系のあったかい感じのカーテンとベッドカバー、壁には薔薇の花のリトグラフ。

風呂とトイレは一緒だったが、体を思いっきり伸ばせそうなバスタブ付きだったので、こっち使わせてほしいと頼む。 値段を聞くと、シングルと同じでいいよと言ってくれた。やったー。

(部屋の階&立地) = 日本式1階

(部屋について(雰囲気など)) = パブリックスペースのテラスから、各部屋へ行くことができる。広々、こざっぱり。 地階の窓の外は、裏庭。

(部屋の家具・備品) = 小さいワーキングデスク、カーテンで仕切られたクローゼット、テレビ。

(バスルーム) = シャワーと大きいバスタブ。何もないけどさっぱり清潔。お湯の出は普通。

備品は石鹸とシャンプーのみ。せめてコップは欲しかった。

(冷蔵庫) = なし。

(エアコン、クーラー) = ヒーター有り。

(部屋について、その他) = 鍵がかけづらかった。開けたまま出てしまおうかと思うほど。私が不器用なだけかもしれないが。

(パブリックエリア) = アットホームでほのぼの。食堂に暖炉がある。

(レセプション) = すごく親切。

2日目、明日チェックアウトしたらポントルソンに行くと言ったら、私が朝食を摂っている間に、SNCFのウェブサイトで、時刻と料金を調べてくれた。滞在中、美味しいレストランを教えてくれ、とっても親切。

(館内施設) = 撞球場があった。マックが1台。無料。

(スタッフ) = 会ったのは、オーナー夫妻のみ。英語で対応してくれた。

(宿泊料) = 40euro/1泊  

(予約方法) = 個人で
Bookingsよりオンライン予約。サイトからの予約完了メールが届いて、約1時間後、ホテルから直接メールが届いた。予約のお礼と、何時ごろ着くかの問い合わせだった。ウェルカムカードのファイルが、添付されていた。こんな丁寧なメールは初めてだったので、すごく嬉しかった。

(アクセス) = Dinanの駅から、城壁の外を徒歩20分。市街地および、港へのアクセスはとてもよい。

(周辺の雰囲気) = 静かな住宅街。夜はちょっと暗い。

(選択基準) = 宿泊費が、1泊50euro前後の宿を探していた。

サイトのレビューが珍しくとてもよく、(パリなどの大都市だと辛口コメントが多い)特にスタッフへの評価が高く、また訪れたいとの声も。親切なホテルスタッフは、1人旅の心強い味方なので迷わずここに。結果的に大正解だった。

(よかったこと) = とにかくホテルのオーナーが親切。1人なのに広い部屋に泊まれたので、のびのびできた。

(困ったこと) = とにかく、鍵がかけづらかった。

(朝食) = 
バゲット、マドレーヌ(朝からですか)、グジェールみたいなシュー生地っぽいパン。
フルーツサラダ、バター(普通のものと減塩のもの)、ジャム、ハチミツ。
コーヒー、紅茶、オレンジジュース、シリアル、牛乳。

(宿泊客の客層) = 小さな子供連れの家族が1組。 私が泊まった日は、客が6人泊まっていると言っていた。

(車椅子等の対応は?) = もらったホテルのパンフレットには、車椅子のマークがある。
1階にも部屋があるので、多分大丈夫だと思う。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 家族向けの部屋、駐車場有り。ペットも可なよう。

大きいホテルのような、行き届いた設備とサービスはないかもしれないが、とにかくアットホームで、かわいい雰囲気のホテル。スタッフもフレンドリーかつ親切で、とてもお勧め。

(2007年2月上旬 Fashion Nugget 様)

 


 
 
 
 
 
 
 
トップ > その他の地方 > ブルターニュ地方 > ディナンのホテル