トップ > その他の地方 >  ブルゴーニュ地方 > Chateauneuf シャトーヌフ のホテル
  
 ブルゴーニュ地方に戻る
Chateauneuf シャトーヌフ のホテル
            
18 Apr.2009 経験談追加
 
 
 
Le Bourg Chambre D' Hote
http://www.lebourgchambredhote.com/
Chateauneuf 71740

(泊数) = 3泊

(部屋のカテゴリ) =ツイン フランス式1階、北西角部屋

 約16畳。窓は西側のみだったので午前中はやや暗いが、午後は十分日が入る。経営者がブライトン出身の英国人のせいか、青が基調のマリン趣味のインテリア。

(部屋の家具・備品) = ベッド、大きい衣装棚、テーブル アームチェア、机、椅子。

(バスルーム) = シャワーのみ。約4畳で、窓がある。お湯は問題なく出る。

(冷蔵庫) = なし。

(エアコン、クーラー) = なし。

(パブリックエリア) = 1階が経営者家族住居(完全独立)と客用食堂(厨房あり)。2階が客室4室。
古家を自分で改築したものなので、素人風だが温かみのある内装。

(リフト) = なし。

(レセプション) = フレンドリー。経営者夫妻とも英国人。女性はほぼ完璧にフランス語を話すが、男性は駄目だったので、英語を使った。

(館内施設) = 客用食堂(厨房あり)。

(宿泊料) = 45euro(朝食込み)。

(予約方法) = 個人で。
Webサイトを見てメールで。即返信メールあり。

(アクセス) = 車でないと無理だが、場合によってはリヨン空港まで迎えにいくそうだ。詳細はWebサイトで確認を。

(周辺の雰囲気) = 人口110人、丘の上に白いロマネスク教会のある美しい村。ミシュラン2つフォークのレストラン、骨董屋数軒あり。

(選択基準) = ブルゴーニュ南部、ブリオネ地方のロマネスク教会訪問の、基地として。

(よかったこと) = 客用食堂での経営者夫妻とのおしゃべり。フランスに住む悦びや苦労を、たっぷり聞かせてもらった。面白かった。

(朝食) = 客は私達だけだったが、一応ビュッフェ。ゆで卵、シリアル、ヨーグルト、ミルク、ジャム、蜂蜜等。
パンは食べ放題だったが、肉類はなし。

(宿泊客の客層) = 英国人、オーストラリア人が多いそうだ。日本人は初めてとのこと。

(支払い方法) = クレジットカード不可。

(車椅子等の対応は?) = 無理だと思う。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う。

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 客用食堂の厨房利用は、断わっているそうだ。

(2008年4月 エレオノールダキテ 様)


 

 

 
トップ > その他の地方 >   ブルゴーニュ地方 > Chateauneuf シャトーヌフ のホテル