トップ > その他の地方 > アキテーヌ地方 > Perigueux ペリグー  のホテル
  
アキテーヌ地方へ
戻る
 Perigueux ペリグー のホテル
            
updated on 18 Feb.2006 / 27 Aug. 2013 経験談追加


booking.comで ペリグーのホテルを探す・予約する

 
Mercure Periguexu Centre  ★★★★
http://www.accorhotels.com/ja/hotel-6237-mercure-perigueux-centre/index.shtml
booking.comで探す・予約する

(宿泊時期) = 2013年8月

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = ツイン

(部屋の階&立地) = フランス式4階

(部屋について(雰囲気など)) = 窓は大きいが、さほど明るくない。
必要充分に揃っているが、つまらない。

(部屋の家具・備品) = ベッド2、机1、背もたれ付き椅子1、背もたれなし椅子1、
湯沸かしポット、紙コップ2、インスタントコーヒー4、ポーションミルク2、
マドラー2、紅茶4、造りつけロッカー、棚、セイフティ・ボックス、TV。

(バスルーム) = バスタブなし。洗面所とシャワールームが一緒。
トイレは別。お湯はよく出る。

ドライヤー、メルキュールの石鹸。

バスタブは、このホテルにはないそうだ。

(冷蔵庫) = なし

(エアコン、クーラー) = あり。

(部屋について、その他) = スタイリッシュ。

(パブリックエリア) = 朝食室、ロビー。

(リフト) = あり。8人乗り。

(レセプション) = 普通に感じが良い。

(スタッフ) = 英語が使えないスタッフもいるようだった。

(宿泊料) = 80.12ユーロ/泊。予約時前払い、キャンセル不可の料金。

朝食15.5ユーロ/人。駐車場10ユーロ/泊。

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = アコーグループの日本予約センターに電話。日本語で予約でき、安心かつ簡単だった。フランスの地方都市だったので、事前にアコーグループのHPでホテルコードを調べて電話したら、とても感謝された。

(アクセス) = レンタカー利用。とてもわかりやすい場所にある上、目立つので、すぐわかった。

(周辺の雰囲気) = 良い。

(選択基準) = 今回の旅のために、ホテルを選び予約しているうちに疲れてきた。どこでもいいから、安心できる一定レベルのホテルにしよう、と思った。そんな時はアコーグループに限ると思い調べたところ、この街にはメルキュールがあった。

(よかったこと) = 見つけやすかった。駐車場が便利だった。

(朝食) = 美味しかった。ジュースを自分で絞る機械、エスプレッソを入れる機械もあった。
ただ、早朝に行ったので、準備や人の手配がされておらず、サービスは今一つだった。
もっと遅く行けば、もっと楽しく美味しく食べることができたと思う。

(宿泊客の客層) =フランス人

(支払い方法) = クレジットカード可。VISAで払った。
最初にJCBを示したら断られたが、帰りがけドアを見たらJCBのステッカーも貼ってあった。

(車椅子等の対応は?) = 大丈夫だと思う。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

 (2013年8月 カングーシュバル 様)
 







Comfort Hotel Regina ★★
http://www.tourisme-perigueux.fr/hotel.asp?id=5&isPerigueux=1&cnf=1
booking.comで探す・予約する
14 rue Denis-Papin 24000 Perigueux

(宿泊時期) = 2005年4月

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = ダブルのシングルユース

日本式2階、裏側。

パステルカラーの花柄の壁紙、薄いうぐいす色のじゅうたん、黄・赤・茶・青・緑の幾何学模様のベッドカバー。
部屋全体の色の統一感が、全くない。

裏側の物置兼駐車場に面しているので、眺めは非常に悪い。一人には十分の広さだが、二人だと狭い。

じゅうたんには、掃除をしても取れない汚れが付いたままになっている。
上の階の物音・水周りの音がとても響く。

ダブルベッド、机、椅子2脚、クローゼット、テレビ

(バスルーム) = バスタブ、トイレ、石鹸、シャワージェル、プラスチックのコップ
ドライヤーは、レセプションに頼めば無料で貸してもらえる。

一部に花柄のタイルがはめてあるクリーム色の壁、ベージュの床、トイレ・バスタブの内側・洗面台はピンク色で、広い。目地に少しカビが残っている以外は清潔。バスタブの栓がなかったので、レセプションに頼んで持ってきてもらった。お湯の出には問題がない。

(冷蔵庫) = なし

(エアコン、クーラー) = なし

(パブリックエリア) = 廊下は壁をクリームに、木の部分をミントグリーンに塗り分けてあって、割合きれいだが狭い。

(リフト) = 1基あり

(レセプション) = 特に愛想は良くなかったが、事務的でもなかった。バスタブにお湯をためようとした時になって、栓がないことに気付いた。英語があまり通じないレセプショニ ストの担当時間で、「栓」のフランス語を思いつかなかったので、バスタブとその穴を紙に描き、英語とフランス語交じりで説明を試みた。
幸いすぐ状況を分かってもらえて、10分後くらいには栓を持ってきてくれた。

言葉が良く通じ合わなくても、嫌な顔をせずす早い対応をしてもらえて、とても嬉しかった。

ちなみにバスタブの栓は「un bouchon」だった。

(レセプション以外の館内施設) = バー、ビリヤード台

(スタッフ) = 若い女性のレセプショニストは、英語が通じた。
中年の女性にはあまり英語が通じなかった。

(宿泊料) = 37.40euro(プロモーション料金) 通常料金は44euro

(予約方法) = 個人で
ユナイテッド航空のサイトからリンクされているホテル予約のサイトHotel Plusを通して予約。ウェブ上で即空室照会、予約確認書はメールで送られてくる。クレジットカードによるデポジットが必要。

(アクセス) = ペリグー駅を背に右斜め向かい。旧市街の入口まで徒歩約13分。

(周辺の雰囲気) =駅前にはホテルが数軒並び、カフェ・レストランも数軒ある。その裏側一帯は一般住宅のようだった。治安は特に問題がないと思う。

(ホテルの選択基準) = 駅に近い

(客層) = 年配のカップル、若い女性の二人連れ、乳児を連れた若いカップルを見かけた。

(支払い方法) = 各種クレジットカードはOK。

(車椅子等の対応は?) = 玄関に段差があり、廊下や部屋があまり広くないので車椅子には向かないと思う。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(2005年4月 maison violette 様)
 



 
トップ > その他の地方 > アキテーヌ地方 > Perigueux ペリグー のホテル