トップ > その他の地方 > アキテーヌ地方 > Pau ポー  のホテル
  
アキテーヌ地方へ
戻る
 Pau ポー のホテル
            
 3 Sep.2007  / 28 Apr.2009経験談追加
appleworldで Pauのホテルを探す・予約する
 
 
 
 
Hotel Parc Beaumont ★★★★
1 Avenue Edouard VII 64000 PAU 
http://www.hotel-parc-beaumont.com/
appleworldで Parc Beaumontを探す・予約する

 
 
 
Hotel Villa Navarre ★★★★
59, Avenue Trespoey  64000 PAU 
 http://www.villanavarre.fr/
appleworldで Villa Navarreを探す・予約する

 
 
 
Best Western Hotel Continental  ★★★
http://www.bestwestern-continental.com/
2 Rue du Marechal Foch 64000 Pau
appleworld でBest Western Continentalを探す・予約する
(泊数) = 2泊

(部屋のカテゴリ) = ダブル スイート フランス式3階 道路側。扇形の角部屋。
天井から床まである大きな窓が3面あり、日中は明るい。中央にシャンデリアがあるが、部屋の隅までは光が届かず、夜間はやや暗い。

約18畳。広い。ホテルの前の大通りや沿道の石造りの建物が見下ろせる。向かいの角には重厚な石造りの郵便局。ピレネーの山並みもわずかながら見える。

周囲の部屋の物音は聞こえないが、交通量の多い通りに面しており、やや騒々しい。ホテルの前の大通りをバイクやバスが通る音が、深夜まで結構耳についた。毎朝6時30分頃から清掃車が稼働する音が響き渡って煩く、とても寝ていられなかった。朝早めに起きて、1日の時間を有効に活用できたので良かったが。

豪華ではないし全体的に古いが、クラシック調の家具でまとめられている。重厚ではないが落ちついた雰囲気。

(部屋の家具・備品) = ズボンプレッサー、サイドテーブル、机、ドレッサー(三面鏡付き)、丸テーブル、クローゼット、椅子、ソファ、荷物置き台、スタンド、テレビ、電話

床はカーペット敷き。入口を入ってすぐの約2畳のスペースに、ハンガースタンド、ミニバーあり。直営サイトの画像で見るより、全体的に古い。が、汚れているとか、メンテナンスが行き届いておらず使いにくいといったことはなかった。

壁には暖色系の花の絵や、造花の飾りが何点か掛かっている。

クローゼットは大きくて高く、男性用のロングコートも楽々掛けられた。前面に鏡がはってあり、部屋がより広く見える。ドレッサーは三面鏡付きで、使いやすかった。時計やアラームはないが、電話でモーニングコールをセットできる。

(バスルーム) = バスタブあり。シャワーヘッド、洗面台、3段トレイ。

バスタオル、ボディタオル、ナイロンタオル、タオルウォーマー。バスローブ、シャンプー、バスジェル、石鹸、ティッシュペーパー、ドライヤー、コップ、グラス、デキャンター

約5畳。広め。全体的に古いが、清掃は行き届いている。お湯の出は良好。排水も比較的早い。

洗面台の脇に、3段のスチールトレイがあり、最上段にタオルが置いてあった。着替えや洗面道具等を置くのに便利だった。洗面台の上に物を置かなくて済むので、洗面台が広々と使えたし、物に水がかからなかった。

洗面台は吸い付くような肌触りの上質な磁器。まだ新しそうできれい。デザインもクラシック調で美しい。

ドライヤーは古い。旧式のホース型でワット数が小さい。

トイレはバスルーム内で独立した個室。1畳弱。ドアにステンドグラス調のガラスがはめてあり、雰囲気がある。

(冷蔵庫) = あり。スナック、アルコール、水、コカコーラ、オレンジジュース等。

(エアコン、クーラー) = 不明。ヒーターはあったが、あまり効かず、寒かった。寝るときは布団だけでは寒く、クローゼットの中に入っていた毛布を出して掛けた。

(パブリックエリア) = クラシック調の家具や装飾品でまとめられている。華美ではないが、古き良き時代が偲ばれる。よくあることだが、直営webの画像のイメージより全体的に古い。ロビーにパソコンあり。使わなかったので、料金等は不明。

(リフト) = あり。あまり大きくない。大人2人とスーツケース2つが乗るとほとんど余裕がない。年季が入っており、ガタガタと音を立て揺れながら動く。

(レセプション) = 時間帯により担当者が違う。午前中は20歳代の女性。あっさりとしてきびきびとした対応。
夕方は30歳くらいの男性。深夜は40歳くらいの男性。男性陣もあっさりした対応だが、言葉遣いや表情はフレンドリー。

(館内施設) = レストラン、ロビー。

駐車場はホテルから約100メートル東にある。半地下で出入口が狭く、カローラと同じくらいの大きさの普通車でも出入りしにくかった。駐車場の出入口の柵は、コード番号を入力して開ける。

(スタッフ) = レセプションしか見かけなかった。欧米流のあっさりとした対応。日本のホテルや一部の高級ホテルのような丁寧さはない。全員ではないが英語可のスタッフもいる。

(宿泊料) = 93euro 直前割引料金
ラックレートは 115euro。駐車料金は無料。

(予約方法) = 個人で
ベストウェスタンのwebから、オンライン予約。オンライン予約後、自動応答メールが送付される。オンラインで予約や変更が完了するので、早くて楽。

(アクセス) = ポー城まで徒歩約15分。 SNCFポー駅から車で約2分。

(周辺の雰囲気) = SNCFポー駅から坂道を上った、高台の旧市街に建っている。ポー城へ続くメインストリート沿いにあり、周辺にブティックやショッピングセンター、デパート(ギャラリー・ラファイエット)等が並んでいる。旧市街散策や買い物に便利な立地。

ホテルの斜め前に郵便局とスーパー(平日は20時まで営業)あり。水や食料品の調達に便利。人通りや車やバスの交通量が多く、やや騒々しいが、治安は特に悪いとは思わなかった。普通に気をつけていれば問題ないと思う。

(選択基準) = 立地。モルラアスやレスカールから、車で片道約30分。ポー旧市街へ徒歩で食事や散策に行かれる距離。

ポーは大きな街で、市街地で車を運転するのは結構大変なので、道があまり入り組んでおらず、分かりやすい所にあり、車で比較的アクセスしやすい。ホテルの近くに駐車場がある。

航空会社のマイル加算対象。

ルームサービス可。ホテルのレストランのランチが地元で評判。他のレストランを予約していたし、結局利用しなかったが、閉まっているレストランが多い曜日だったので、食事にあぶれた時の保険として。

内装に趣がある。パブリックスペースがクラシックな雰囲気で、古い家具等が使われているところが好みに合った。
部屋が古そうなので、近くの改修したてのHotel Bristol と直前まで迷ったが、最終的にはパブリックスペースの雰囲気で、こちらに決めた。

(よかったこと) = 部屋が広かった。ゆったりと過ごせた。机の他、丸テーブルやドレッサーもあり、物が置きやすく、椅子も随所にあり、作業がしやすかった。

(困ったこと) = 困ったという程ではないが、道路地図やwebの情報と違い、ホテルの前の道が車両進入禁止だった。周辺の道もほとんど一方通行。ホテルの駐車場の場所も分からないし、近くに駐車出来る所もないので、最初すぐにはホテルに車を乗りつけられず、周辺を車でぐるぐる回った。

結局、ホテルの前のバスレーンにつっこんでホテルの角に車をつけるしかなかった。他の客もそうしていた。

(宿泊客の客層) = 20歳代の男性、中年の夫婦連れ等。旅行者風のカジュアルな服装の人が多かった。

(支払い方法) = クレジットカード使用可。

(車椅子等の対応は?) = 入口やロビーや廊下には目立った段差はない。リフトの辺りには多少の段差あり。介助があれば大丈夫かもしれないが、泊まった部屋のトイレは狭いため、車椅子のままでは入れないと思う。直営webによると、対応可の部屋があるようだ。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 直営webの写真はかなり割り引いて見た方がよい。直営webの写真でも古そうに見えるが、実物は写真より更に古い。

駐車場は部屋数の割には狭く、15台分くらいしかない。オフシーズンでも7割方ふさがっていた。シーズン中は駐車場も予約した方が良いかも。

朝、ゆっくり寝たい人は、道路側の部屋は避けた方が良い。

(2008年12月 arco de medio punto 様)


 
 
Hotel Kyriad Prestige Pau ★★★
80 Rue Emile Garet Centre Bosquet 64000 PAU 
http://www.hotel-pau-centre.com/
appleworldで Kyriad Pau を探す・予約する

 
 
 
Hotel Bosquet ★★
http://www.hotel-bosquet.com/

(宿泊時期) = 2007年5月

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = ダブルのシングルユース  日本式4階の裏側

天井はオフホワイト、壁はベージュで、床はフローリング。
オレンジ、緑、黄色などの縦縞のベッドカバーとカーテン。

ベッドの頭側の壁には、ベッドの幅よりも大きな鏡が設置されていた。1人には十分だが、2人には狭い。よその家の屋根が見えるだけで、景色は良くないが静か。

(部屋の家具・備品) = ダブルベッド、机1、椅子1、クローゼット、テレビ、予備の毛布と枕。
便箋、封筒、湯沸かし器、プラスチックのコップ、インスタントコーヒー、ティーバッグ、ビスケットが各2人分。

(バスルーム) = バスタブ、トイレ、石鹸、ミニボトル入りのバスジェル、プラスチックのコップ2、綿棒、使い捨ての靴磨き、ドライヤー床はブルーグレーのタイル、壁はブルーグレーとベージュのタイル。適度な広さで、清潔度には問題がない。

バスタブの栓の仕方と、シャワーへの切り替え方が良く分からず、かなり悪戦苦闘した。


(冷蔵庫) = なし

(エアコン、クーラー) = あり

(パブリックエリア) = 廊下はオレンジの壁に紺の絨毯で狭い。全体的にモダンだが、暖色系を多用しているので、
暖かみのある雰囲気。

(リフト) = 4人乗りが1基あり

(レセプション) = レセプションは、とても狭いが明るい。中年の女性は感じが良かった。

(館内施設) = なし

(スタッフ) = お互いにフランス語で話したので、英語が通じるか分からない。

(宿泊料) = 55euro

(予約方法) =BOOKING.COMのサイトから。空室情報が即分かり、返事も早い。クレジットカードによる予約補償が必要。カード裏のセキュリティコードも入力する。

室料はホテルの部屋に書かれていたものと同じで、特に割引されているわけではなかった。

(アクセス) = 国鉄ポー駅の向かいから、無料のケーブルカーに乗り(1分弱)、下車後徒歩約10分。
早朝はケーブルカーの運行がなかったので、緩やかな坂を、キャリーバッグを転がしながら歩いて、ホテルからポー駅まで約18分。

旧市街の主な観光地は徒歩圏内。

(ホテル周辺の雰囲気) = 大きな広場の近くにあるが、このホテルがある通りは静かだった。
治安は特に問題がないと思う。

(ホテルの選択基準) = ケーブルカーを下車後徒歩圏内で、バスタブがあること。

(よかったこと) = なし

(困ったこと) = なし

(朝食) = とっていないので分からない。

(宿泊客の客層) = 誰にも出合わなかったので分からない。

(支払い方法) = 各種クレジットカードはOK

(車椅子等の対応は?) = リフトや廊下が狭いので、車椅子の使用は勧められない。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 重い荷物を持って坂道を登るのはきついので、ケーブルカーの運行時間に注意。特別な行事(グランプリなど)で終日運行中止になる場合もあるので、案内所へ問い合わせを。
 

( 2007年5月 maison violette 様)


 
 
Ibis Pau Centre ★★
26, Rue Samonzet  64000 PAU 
 http://www.accorhotels.com/accorhotels/fichehotel/gb/ibi/1398/fiche_hotel.shtml

 
 
 
Hotel le Bourbon ★★
12 Place Clemenceau 64000 PAU 
http://www.hotel-lebourbon.com/
appleworldで Le Bourbonを探す・予約する

 
 
 
 
Hotel Adour ホテル・アドゥール
http://www.hotel-adour-pau.com/

(泊数) = 2泊

(部屋) = ツインのシングルユース、バスタブ付(予約時には、シャワーとかバスタブ付とか、特に指定はせず) フランス式1階  中庭側

普通に明るい。広い。ダブルベッド2台 のツインの部屋(21号)だったが、それでもゆったり。中庭側なので、中庭をはさんだ部屋の窓が見える。ということは夜などはカーテンをしないとおそらく丸見え。
 

(部屋の家具・備品) = ダブルベッド2、テレビ(日立製)、テーブル、椅子2 クローゼット

(バスルーム) = 広い。天井が高く窓もあって明るい。バスタブも大きめ。
お湯の出具合も良。普通の薄い石鹸。一回パックのシャワージェル兼シャンプー。
 


(冷蔵庫) = なし

(エアコン、クーラー) = なし

(パブリックエリア) = 朝食ルームの一角がレセプション。奥の小部屋では、いつもハウスキーパーの女性がリネンのアイロンがけをしていた。

(リフト) = なし

(レセプション) = 男性は、人当たりが柔らかい。昼間は時々ハウスキーパーの女性が兼任していた。近くのスーパーの在り処を尋ねたときも、親切に教えてくれた。(ホテルの裏側)

(館内施設) = 朝食用スペース

朝食ルーム(写っていないが左側にレセプションの一角がある)
 
 

(スタッフ) = 皆親切で感じがよい。

(宿泊料) = 43euro + 税金

(予約方法) = 個人で
ホテルのサイトから直接。空室状況、値段などの問い合わせをして、返事がきたのでその条件でOKし、ホテル側の確認をメールで送ってほしいとお願いしたが、なかなかこなかった。再度依頼すると、「もう宿泊リストにいれてますよ」との返事がきた。
 

(アクセス) =ポーの国鉄の駅から徒歩10〜15分。ポーの中心街は高台にあり、国鉄駅をでたら左前にあるケーブルカーで登れるが、この時期、ケーブルカー工事中のため、結局ホテルまで行くのに、坂道を3往復。修行の日々であった。大きな荷物を持っていなくても、へたれにとっては、これがかなり辛い。ホテルからは主な観光地にも徒歩10分以内。

(周辺の雰囲気) = 大きな通りから入っているので煩くなく、よかった。近辺に銀行が何軒かあったので、ATM利用が便利だった。

ホテルの裏側に小さなスーパー。ちょっとしたものを買うのに便利。

(選択基準) = 本当は駅に近いところがよかったが、情報があまりなく、市街地で探していたがフラツーでの報告があって、値段も安い割には悪くないようだったのでここにした。

(よかったこと) = とにかく部屋がゆったりしていたこと。天井が高い。バスタブも大きくて、体を伸ばすと沈みそうだった。

(朝食) = とっていない。ちなみに8時から。

(宿泊客の客層) = ほとんど見かけず。一度、私の前に小さな箱を持ってホテルに入る人がいた。ホテルの男性とも親しげに話していて業者かと思っていたら、宿泊客で、しかも隣室だった。
 

(支払い方法) = VISA可。マシンが何度やってもエラーで、結局カード番号を男性が手入力して、サインをした。

(車椅子等の対応は?) = エレベータがないので難しいと思う。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 値段の割にはいいホテル。

このホテルの注意書き(値段や非常口などの注意書きが書かれた、ドアの内側に貼ってある)には「洗面所での洗濯は絶対禁止」と書かれていた。(仏語)洗剤が詰まって、配水管が詰まるんだそうだ。仏語だし目立つようには書かれてないので、要注意。

豪華さ、ホテルライフを楽しみたい人には不向き。

朝は8時からしか開かないので、早朝のチェックアウトの場合は、前日に支払いを済ませたほうがよい。

早朝の出発でも荷物は預かってくれる。その場合、鍵と荷物は部屋に置いておくように言われた。

(2006年5月 ハナクロにゃんち 様)


(宿泊時期) = 2005年9月

(泊数) = 1泊

(部屋) = ツイン  フランス式1階。表通り側。間接照明。まぁまぁの明るさ。
かなり広い。ツインだったが、セミダブルとシングルの2つのベッドが置かれているが、残りのスペースで
床に大の字で大人2人が寝られる。

表通りに面しているので、街の雰囲気を味わる。窓を閉めれば、静か。

(部屋の家具・備品) = タンス、テレビ、テーブル&イス、籐のゆったりとしたイス

(バスルーム) = シャワーのみ。明るく、広く、使いやすい。備品は、バスタオル、フェイスタオル、コップ、石鹸。

(冷蔵庫) = なし

(エアコン、クーラー) = なし

(パブリックエリア) = 朝食室の一画にレセプション。
 

(レセプション) = 悪くない。
早朝のチェックアウトだったので、前夜に支払いを済ませた。
鍵は部屋に置いておくように言われた。

(館内施設) = 朝食室

(宿泊料) = 51.38euro。 税こみ

(予約方法) = 個人で
ホテルのサイトからオンライン予約。「宿泊の1週間前に予約確認の連絡を入れて下さい」と言われたので、電話で予約確認をした。

(ホテルへのアクセス) = SNCFのポー駅から徒歩10?15分。

(周辺の雰囲気) = ポーの中心部にあるので、観光には便利な立地。面しているのが小さい通りなので、町の喧噪からも離れている。過ごしやすい。

(選択基準) = 旅の最後の夜をポーの町で過ごしたかったが、朝食を取らずに、早朝にチェックアウトしなければならなかったので、町中に位置する、手頃なホテルを探した。

(客層) = 他の宿泊客には会わず。

(支払い方法) = クレジットカードOK。

(車椅子等の対応は?) = エレベーターがない、至る所に段差があるので、不便。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(2005年9月 ainhoa-manech 様)


 
 
 
 
トップ > その他の地方 > アキテーヌ地方 > Pau ポー  のホテル