トップ > その他の地方 > アキテーヌ地方 > Bouliac ブリアック村 のホテル
  
アキテーヌ地方へ
戻る
 Bouliac ブリアック村 のホテル
            
updated on 18 Feb.2006

 
 
 
 
Saint-James サン・ジェームス
3, place Camille Hostein - 33270 Bouliac

ルレ・エ・シャトー連盟 加盟
http://www.saintjames-bouliac.com/

http://www.trans-nation.net/hotel/st_james/st_james.htm

(宿泊時期) = 2004年10月

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = スタンダートツイン


 

(部屋の階&立地) = 日本式3階の角部屋。
 天井、壁、床すべてコンクリート。シンプルでシック。縦に長い部屋なので、窓から遠いところは暗い。とても広くてスーツケース2つ広げっぱなしでも、全く歩行に支障なし。

角部屋なので大きな窓が2面。

ホテルの庭、プール、ぶどう畑、遠くにボルドー市中心部が見渡せる。
 

(部屋の家具・備品) = ベッドはやたらと高さがあり、よいこらしょ、と登る必要あり。テレビ(液晶でキャスター付)、オーディオ(CDプレーヤー)はBang&Olufsen。

窓のブラインドも電動で上げ下げ。部屋でちゃんとした食事ができるくらいの大きなテーブルと椅子(こちらもデザイナーズものっぽい)。テーブルにぶどうが何種類か置いてあった。

広い壁には大きな絵が(なぜか牛)飾ってある。

(バスルーム) = 入り口にドアはなく、部屋の壁ひとつ隔てて、洗面台とバスタブがならぶ。その奥にトイレがあるので、入浴中に他の人がトイレに入れない。シャワーはあるが、フックはなし。カーテンもない。

洗面台の壁にドライヤー。シャンプー、ボディーソープあり。タオルも3種類、バスローブもあり。お湯は少しぬるめ。

(冷蔵庫) = あり。赤、白ワインも入っていた。

(エアコン、クーラー) = あり。

(パブリックエリア) = あちこちにオブジェがあったりデザイナーズもののソファがあったり。お宅拝見みたいにあちこち見て歩いた。

(リフト) = あり。十分な大きさ。

(レセプション) = 笑顔で対応してくれました。

(館内施設) = レストランの先に気持ちよさそうなテラス席。その先にはプール。この日は暑くて泳いでいるカップルがいた。あとホテル所有のぶどう畑。ここでワインも作っているらしい。

メインダイニングレストランとカジュアルなレストランがある。メインダイニングは休みだった。ちょっと残念。カジュアルなレストランで食事をしたが比較的リーズナブルでおいしかった。割と評判がよいようで車で来る客もいた。

(スタッフ) = 英語可。

(宿泊料) = 183euro

(予約方法) = 代理店から手配
 日本人のいるボルドーの代理店「トランスネーション」で手配。

ボルドー滞在中のシャトー(ワイナリー)めぐりもこちらですべて手配。細かい質問にも丁寧に迅速に返事してもらえたので、出発前から信頼のおける代理店だという確信と安心感がありました。こまごまとしたリクエストに対応してもらったにもかかわらず、ホテルの予約は手数料なし。滞在プランの相談にのってくれます。


(アクセス) = ボルドー空港からタクシーで約20分。約45euro。周りに徒歩でいける観光地はない。

(周辺の雰囲気) = ホテルは村の中心地にあるようだったが、郵便局、教会、ちいさな店がぽつぽつとある程度。のどかな雰囲気。

(選択基準) = 宿泊日はニースからの移動だったので、この日は早めにチェックインして、ホテルでのんびりしようと思ってくつろげそうなところを選んだ。ジャン・ヌーベル設計のデザイナーズホテルということも興味があった。
レストランが評判がよいようでそれも楽しみにしていたのだが、メインダイニングは休みだった。

(よかったこと) = 「デザイナーズ建築」であれこれ目新しかった。ホテル内の散策が楽しかった。

(困ったこと) = チェックイン直後(15時頃)から、部屋のすべての水がでなかった。ホテルの隣で工事していた関係かもしれないが、復旧に2時間ほどかかって少し困った。ボルドー中心部でも水のトラブルがあったらしいが原因はよくわからなかった。チェックイン時にはホテル側も把握していなかったようで何の説明もなかった。フォローを丁寧にしてもらいたかった。

(宿泊客の客層) = 30代から50代のカップル。何かの会合も開かれていたようで、スーツ姿の男性方。

(支払い方法) = クレジットカード可。

(車椅子等の対応は?) = 廊下も広く、段差もあまりないので使えると思います。

(子供連れでも場をこわさないか?) = どちらともいえない

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = ホテル内でゆったり過ごすのがお好きな方にお薦めです。確かにハネムーンでもよさそう。お気に入りのCDを持っていってください。Olufsenのプレーヤーで楽しめます。
最近のブルータス(ワイン特集号)でも取り上げられていました。
 

(2004年10月 ぷー太郎ぷーさん 様)


 
 
 
 
トップ > その他の地方 > アキテーヌ地方 > Bouliac ブリアック村 のホテル