トップ > その他の地方 > アルザス地方 > リクヴィールのホテル
  
アルザス地方
に戻る
リクヴィール Riquewhir のホテル
            
 18 Sept.2005 / 3 Sep.2007  経験談追加

 
Remparts de Riquewihr   (アパルトマン)
http://i-love-riquewihr.com/
booking.comで探す・予約する

(泊数) = 3泊

(部屋のカテゴリ) = メゾネットタイプ。階下にダイニングキッチン、風呂、トイレ。
階上が寝室で、ダブルベッド、シングルベッドがある。

(部屋の階&立地) = リクヴィールの村のメインストリート沿い。
地上階は土産物屋。フランス式3階建て。

(部屋について(雰囲気など)) = 部屋は明るく広い。清潔で気持ちが良い。
寝室は、屋根裏部屋のような所なので、床置き式のクーラーがあった。

(部屋の家具・備品) = 台所:
IH、食洗機、洗濯機、冷蔵庫、トースター、湯沸かし器、コーヒーメーカー、
鍋、フライパン、まな板、スプーン、食器、台布巾、洗剤(台所用、クリーニング用)、キッチンペーパー、コーヒーフィルター、コーヒー、紅茶、塩。

風呂:
シャンプ兼ボディ用石鹸、ティッシュ。

(バスルーム) = 広い。お湯の出はいい。ティッシュペーパーが3枚しか入っていなかった。
また、トイレットペーパーも予備がなく、買った。

(冷蔵庫) = あり。空。

(エアコン、クーラー) = 寝室に床置き型のもの。性能はあまり良くない。
なかなか冷えないし、音が大きい。

(部屋について、その他) = 赤を基調として、とても素敵。リビングには大きなTVがあった。

(パブリックエリア) = 階段のみ。

(リフト) = なし。荷物を上げるのに、宿の管理人が、左官屋に頼んでくれた。
チップをいくら払ったらいいか聞いたら、「必要ないけど、もしあなたがあげたいなら、2、3ユーロあげればいい。」と言われた。結局、大きな鞄の数、3ユーロをあげたら、「ああ、ご親切に。」と、とても喜ばれた。

(レセプション) = 結構不便。いつも管理人女性がいるわけではなく、リクヴィールから20分離れた所に住んでいるから、着く前に必ず電話を入れろと言われた。

管理人は不親切なわけではなく、帰りは荷物を下ろすのを手伝ってくれた。
レセプションは全く別の所にある。

(スタッフ) = フランス語で会話。英語も話せるよう。

(宿泊料) = 89ユーロ/泊。別途滞在税1ユーロ/泊/人。掃除代60ユーロ/1回のみ。
駐車場5ユーロ/泊。

普通は1週間からしか借りられないが、オフシーズンだったため、3泊から借りることができた。

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = 必ずメールが来た。注意事項もフランス語のメールで沢山きた。詳しい説明はHPにもある。

(ホテルへのアクセス) = リクヴィールの村に入って、印刷していったフランス語のメールを土産物屋の人に見せた。
行き方を教えてもらい、迷わず行けた。

(ホテル周辺の雰囲気) = メインストリートに面しており、とてもよかった。

(ホテルの選択基準) = 本誌経験談で評判がよかった。
一度、台所付きに泊まってみたかった。

(よかったこと) = のんびりできた。
朝市で買ったマッシュルームをバター炒めしたり、鴨肉を炒めたりして楽しかった。

(困ったこと) = リクヴィールにブランジェリーがなかった。
朝早起きして、パン屋に焼き立てのバゲットを買いに行くつもりが、できなかった。

また、部屋に紙類が余りに少なく、困った。
ティッシュは箱の中に3枚しか残っておらず、トイレットペーパーは予備もなかった。

コーヒーフィルターも4枚しかなく、コーヒー豆も入れ物の底の方に少ししかなかった。
これでは少なすぎると言ったら、3泊だから4枚あれば十分と言われた。
コーヒーメーカーが大きいから、朝、夜の分まで作っておけばよいとのこと。

それでは美味しくないでしょう、と言ったら、持ってくると言ったが、
その女性スタッフは持ってこなかった。コーヒー豆もフィルターも自分で買った。

(宿泊客の客層) = 家族連れ

(支払い方法) = クレジットカード可。ビザ、マスター。

(車椅子等の対応は?) = 無理。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 管理人推薦のレストランのコックの配偶者が日本人だから、困ったことがあったら、彼女に聞けと言われた。結局、レストランには行かなかった。すぐ向かいに小さな食料品店があり、必要なものは揃う。スーパーに比べれば、値段は高い。

(2012年8月 カングーシュバル 様)






Au Cep de Vigne ★★★
http://www.cep-de-vigne.com/
booking.comで探す・予約する

(宿泊時期) = 2010年5月中旬

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = アパルトマン
ツイン2部屋、キッチン、サロン、バスルームがワンルームになっている。

(部屋の階&立地) = フランス式4階

(部屋について(雰囲気など)) = 窓は一つしかないが、明るい。
ベッド横にスーツケースを広げられるスペースはある。

窓から村のメイン通り、向かいの家の向こうの丘にはワイン畑が見える。

梁がむきだしの壁は鮮やかな緑色だが、片側だけなので違和感はない。
調度品は素朴な感じで、そこそこ可愛らしくまとまっている。
アルザスの衣装を着た男の子と女の子が巨大な葡萄を下げている絵や、
窓にかかっている小鳥柄のレースカーテンが可愛かった。

小さな廊下を挟んだもうひと部屋は、こざっぱりとしていてあまり可愛い印象はなかった。

(部屋の家具・備品) = クローゼット、小さなテーブル、椅子2、サイドテーブル

(バスルーム) = シャワーのみ。
ツイン2部屋で共同のバスルーム。トイレはその隣に別扉であった。

小さな洗面台。ドライヤーなし。バスタオル、フェイスタオルは人数分なかった。

清潔感は望めない。

(冷蔵庫) = なし。

(エアコン、クーラー) = 暖房の温度調節はあり。

(部屋について、その他) = ツイン2部屋、キッチン付きの広い食堂スペース(2部屋分はありそう)、バスルームが一つの扉で廊下から仕切られていた。

廊下へつながる扉は鍵で閉められるが、各部屋の鍵は機能していない。

(パブリックエリア) = 16世紀の建物の古い味わいがある。

(リフト) = なし

(レセプション) = レセプションはなし。レストランへ入って名前を告げてチェックイン。鍵をもらい、隣の扉から入る。
チェックアウトもレストランの会計で。

(レセプション以外の館内施設) = レストラン。ワイン屋。

(宿泊料) = サイトで見ると、4人1部屋(ツイン2部屋)で137ユーロ(朝食付き)。

(予約方法) = 個人で

(ホテルへのアクセス) = 村の入り口からメインストリートを入ってすぐ。
オー・クニグスブール城へ車で約10分。

(ホテル周辺の雰囲気) = 昼間、ホテル前のメインストリートは観光客で賑やか。夜になると静か。綺麗にライトアップされた建物を見物するため、宿泊している観光客がちらほら散策している。

(ホテルの選択基準) = フランス人の友人がアルザスらしい宿を選んでくれた。

(よかったこと) = コロンバージュの中に泊れてよかった(16世紀の建築物)。
むきだしの梁の壁や、中央がすり減っている木製の階段の古さに味わいがあった。

地上階と半地下にまたがる天井の高いレストランホールは、周りがぐるりと石壁で、雰囲気はよかった。

(困ったこと) = 夕食をレストランで取ったが、味付けの塩辛さびっくり。ソースがかなり塩辛い。他の料理も食べ進むにつれ、辛さが増してきた。

レストランのホールが満席のため、中2階のテーブル席へ案内された。かなり天井が低いロフトのようなところで、巨大な天井の梁が迫ってきて圧迫感を少し感 じた。壁に付いている照明と、卓上の蝋燭のみの光なので、かなり薄暗い。おもしろい雰囲気ではあったが。後からきた閉所が苦手な客は、座るなり帰っていっ てしまった。

4人で夕食を取り(ワイン1本、コース料理2名、アラカルト料理2名)、
一人あたり65ユーロ。
チェックアウト時に宿泊料と一緒に会計。

(朝食) = レストランホールが朝食ルーム。
巨大なクロワッサン、バゲット、サラミ、ジャンボン、ヨーグルト、
チーズ4種(マンステール、カマンベール、エメンタール、シェーブル)、バター、地元産のジャム。

飲み物はコーヒー、紅茶、ホットチョコレートから選ぶ。
カラフに入ったオレンジ・ジュース。

(宿泊客の客層) = 若い子連れのファミリー客、年配の4人グループなど。

(支払い方法) = クレジットカードOK。

(車椅子等の対応は?) = 急な階段しかないので難しそう。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 利用した部屋は、ネットで写真付きで紹介されている部屋とは違った印象。ネット上の写真よりも、もっと素朴な感じだった。

(2010年5月中旬 ブルブルビウ 様)





アパルトマン
メゾン・ジンマー Maison Zimmer
http://www.riquewihr-zimmer.com/

(宿泊時期) = 2005年5月

(泊数) = 1週間
 

(部屋のカテゴリ) = 2ベッドルーム  (2LDK) のアパルトマン(2人で利用)
フランス式2階  メゾン・ジンマーの所有するアパルトマンのうちの『WEISSENGRUND』。
 

各部屋に窓があるので、採光は良し。寝室2部屋、キッチン、ダイニング、居間。建物の前がリクヴィールのメイン通り。上から町並みを見下ろせる特等席。

(部屋の家具・備品) = 寝室:ぞれぞれ12畳くらいある部屋に、ダブルベッドとクレーゼット、アイロン

Photo by pignon baoo

 
 


キッチン:フルキッチン。洗濯機(洗剤4回分あり)もキッチンに。食器・ナベ類は充分にそろっていた(ベックホフ用のナベもあった)。食器洗い洗剤も置いてあった。小型オーブン、コーヒーメーカーあり。

ダイニング:大きなテーブル。6人くらいは裕に着席可能。

居間:居間スペースには1人かけの椅子2脚と3人くらい座れそうなソファ。テレビ、オーディオあり。
 
 

(バスルーム) = トイレ、バスルーム別。トイレ広い。トイレットペーパー滞在中使いきれないほどあった。バスルームも広い。ドライヤーあり。シャワーカーテンはなし。バスジェルあり。リネン類あり。お湯の出良し。

(冷蔵庫) = あり(空)

(エアコン、クーラー) = クーラーなし。暖房あり。

(部屋について、その他) = 掃除は滞在中には無し。チェックアウト後にする。しかし掃除用具はあるので、汚してしまったら自分たちで掃除することが可能。

(リフト) = なし

 
(レセプション) = アパルトマンを所有するとなりのレストラン「Le Tire Bouchon」がレセプション。

(宿泊料) = 390 euro/週(税・光熱費含)

(予約方法) = 個人で
最初にメールで空きを問い合わせ、その後、FAXで。レセプションを兼ねているレストランの営業時間であれば、FAXでの返答が早い。

(ホテルへのアクセス) = コルマール駅からバスまたはタクシーで 約20分。

(ホテル周辺の雰囲気) = 素晴らしく良い。前が食料品店。細々とした必要なものを調達できます。


(ホテルの選択基準) = アパルトマンで寝室が2つある。

(よかったこと) = メイン通りを上から見下ろせて、歩くのとは違う目線で通りを見ることができたこと。広いので、ゆったりして過ごせた。

(困ったこと) = 玄関のドアノブだけがなぜか古い。カギはちゃんと閉まる。

(支払い方法) = クレジットカードOK

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = レセプションがレストランになるので、到着・出発時は営業時間を確かめることが必要。レストランは昼食時後は、ワインの試飲ができるので、閉まることはあ りませんが、私たちは出発時間がレストランの営業時間前だったので、前日に支払いを済ませました。
 
(pignon baoo様  2005年5月)


 
 
Le Relais de Riquewihr 
ル・ルレ・ドゥ・リクヴィール
6, rue du General-de-Gaulle 68340 RIQUEWIHR
http://wvw.relais-riquewihr.fr/
アルザス郷土料理のレストランもついた宿。

 
 
 
Hotel de la Couronne ★★ 
http://www.hoteldelacouronne.com/


5, rue de la Couronne 68340 Riquewihr

上記URLに写真などあり。

2002年料金例

シングル 38.10ユーロ
コンフォート室 シングル利用45 / ダブル55
グラン・コンフォート 52 / 62
プレスティッジ 100
朝食 7ユーロ
ペット 4ユーロ
エキストラベッド 12
観光税(滞在税) 0.60/人/泊


全室に、電話、バス、トイレつき。
 

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = ツインのシングルユース

(部屋の階&立地) = フランス式1階

(部屋について(雰囲気など)) = 日の光が入り難く、暗い感じ。
古い部屋を大切に使っているが、床やチェストが斜めだったと思う。

(部屋の家具・備品) = TV、古いチェスト、机、椅子。

(バスルーム) = バスタブあり。
バスルームは明るいが古く、ホテルというより、古い民家の風呂のような雰囲気。
お湯の出は良かった。

(冷蔵庫) = なし

(エアコン、クーラー) = なし

(パブリックエリア) = レストラン併設のためか、レセプションは暗め。
天候も悪かったせいか、暗かったイメージしかない。

(リフト) = なし

(レセプション) = 感じはよい。普通の対応だが、ゆっくりしている。

(レセプション以外の館内施設) = レストラン、朝食場。

(スタッフ) = 英語可。

(宿泊料) = 57ユーロ/泊。

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = Booking.comより。ネットで予約でき、楽だった。

(ホテルへのアクセス) = リクヴィールのバス停から徒歩約7、8分。
行きはずっと上り坂と石畳。

(ホテル周辺の雰囲気) = 大通りから少し入ったところなので、
人通りはそれなりにあるが、落ち着いた雰囲気。

(ホテルの選択基準) = リクヴィールの街中で、立地がよかった。

(困ったこと) = 階段が狭く、スーツケースを持って降りるのが怖かった。

(宿泊客の客層) = 他の宿泊客は見なかった。

(支払い方法) = クレジットカード可。VISA。

(車椅子等の対応は?) = 段差が多く狭いので、難しいと思う。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆


(2011年9月上旬 あるぱかだらけ 様)

(泊数) = 1泊

(部屋) = シングル 2階
カーテンを開ければ、明るい。広さは、スーツケースは広げられるし、問題なし。
雰囲気は、木組み造りで、いい感じだが、壁が薄く、隣の人の声などが聞こえる。

(部屋の家具・備品) = テレビあり。

(バスルーム) = バスタブあり。清掃してあり、清潔。

だが、部屋に入ってすぐ、シャワーなどをチェックした際、シャワーの部品が一部、取れてしまった。
壊したのではなく、すぐに、コロンと取れた。すぐに、レセプションに申し出た。他の空室状況を調べてくれたが、空きなし。その部品がなくても、シャワーは使えるとのことなので、そのまま使用。

固定式のシャワーで、左右に動かせたようだが、その左右に動かせなくなったらしい。
固定式のシャワーに慣れている人には、問題なし。

(部屋について、その他) = ともかく、壁が薄く、隣室のテレビの音、話し声、いびきまで、筒抜け
それだけが難点。部屋は、黒い木組みの柱があり、かわいらしい感じで、田舎のB&B風で、よかったのだが。

(パブリックエリア) = 隣にパブがあるから、ちょっと暗めだが、問題なし。

(リフト) = なかったと思う。

(レセプション) = とてもよかった。

(レセプション以外の館内施設) = 1階がパブになっている。

(スタッフ) = 英語可。とても親切。

12時頃到着した際、荷物を預かって欲しいだけだったのだが、まだチェックインできないけど、13時半頃にはできるようにすると言ってくれた。そのおかげで、急な複数でも、部屋で寝ることができた。

シャワーの部品が取れた時も、このままシャワーが使えるのか?と聞いたのだが、
すぐに空き室を探してくれた(実際は、空きなし)。
私の拙い英語で、何度も聞き返されたが、対応は、すこぶる良い。

(宿泊料) = 50euro

(予約方法) = 個人で
ホテルのHPからメールで。対応良し。

(アクセス) = コルマールからバスで20分弱。コルマール駅にバスの乗り場はたくさんあるが、
コルマール駅を背にして、右の1番端だった。

私は、駅の受付の女性に聞いた。本数は少ない。私は約30分待って、来たバスに乗った。
田舎の村を通り、見晴らしが良く、バスからの眺めは気持ちがいい。しかし、非常にくねくねと曲がりくねった道。乗り物酔いをする人は、かなり要注意。

バスの運転手に、お金を少し多く渡してしまったと思う。訂正してくれなかった。運転手が、地元の音楽なのか、大音響でかけていて、うるさかった。かなりローカルな雰囲気。

バス停から、徒歩約4分。観光案内所で地図をもらったら、観光案内所のすぐそばだった。
村自体が小さいので、すぐに探せると思う。

(周辺の雰囲気) = よかった。夜1人で、レストランから歩いて帰った。人通りは少ないものの、子供連れの若い母親も歩いていた。年輩の欧米人が多かった。アジア人は、1人しか見かけず。

(選択基準) = 地球の歩き方に唯一載っていた、この村のホテルだから。

(よかったこと) = すぐにチェックインできるように用意してくれるなど、スタッフはアットホーム。
木組み造りの部屋に泊まれたこと。

(困ったこと) = 壁が薄くて、隣の人のいびきがすごく聞こえた(夕方)。
この人より、早く寝ようと誓った。シャワーのチェックの際、部品がコロン、と取れたこと。

(朝食) = 利用せず。

(宿泊客の客層) = 年配の欧米人。

(支払い方法) = クレジットカード可。

(車椅子等の対応は?) = ちょっと難しいかもしれない。ホテルに確認した方が良いと思う。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う。

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 隣室の物音(いびき、話声、テレビの音)が気にならなければ、良いと思うが。あとは、シャワーの部品がコロンと取れるなどしても、問題なく使用できるの で、多少のことは目をつぶれる人は、いい。木組み造りの部屋で、田舎のB&B風に泊まりたい人向け。

( 2006年9月 ステンドグラスエル 様)


【nights】 2泊

【room】 ダブル、バス付。別館3階。

【rates】 62ユーロ

【access】 リクヴィールの中心街、すぐ裏。
観光案内所からも角を曲がるだけ。

【hard】 非常に古い建物で(15〜16世紀くらい)、バーやレセプションのある本 館と別館がある。素朴な古い家具がそのまま残されていて、味がある。階段や廊下は斜めになっていたりしてちょっと怖いけど、意外と頑丈そうだった。

室内は広く、壁にはかわいらしいAlsacianアート風の花のペイントがある。同じ花柄のシーツでコーディネートされていた。黒くて太い木の枠が室内に残っていたのも、歴史を感じさせられた。エレベーターはない。

【soft】 英語が通じ、感じも良かった。

【breakfast】 朝食はパンが数種類と、ヨーグルトやシリアルがあったが、期待 
していたクグロフが無かったし、特別なものもなかった。7ユーロは高いなと思った。
ここも英語を話す観光客が多かった。割と繁盛している感じだっ た。

【reservation】 個人で
インターネットで見つけたが、予約はFAXで。

【policy】 場所と値段と内装。

【before】 英語が通じるので、スムーズに予約できた。早めに予約したけど、そ の時点でほぼ満室だったみたいで、人気があるところだと思う。

【yokatta】 街の真中にあったので、観光には便利だった。可愛い街の可愛い建 物に、可愛い部屋だったので、気に入った。

【komatta】 町中が古い建物ばかりにしても、その古さにはビックリした。
廊下や階段が斜めになっていたりして、怖かったけど、すごく頑丈そうだったし、
そういうのが当たり前のように堂々としているが驚きだった。

【point】 個人評価は★★★★
(Seattlite様 2002年5月)

 


 
 
 
 
Bruche渓谷
Groumet pleasures in the Bruche Valley
Hotel Restaurant Julien (ロジ・ド・フランスの最高かまどマーク3に認定)
2泊 ダブル、バスまたはシャワー、WCつき
2朝食、 2夕食(郷土料理)

Small, confirtable 室 900F/人
Good Confort室 1,020F
Very Vonfirtable 室 1,140F
High class室 1,260F 
 

  トップ > その他の地方 > アルザス地方 > リクヴィールのホテル