トップ > その他の地方 > アルザス地方 > Mulhouse ミュールーズ のホテル
  
アルザス地方に戻る
Mulhouse ミュールーズ のホテル
            
7 Apr.2009 /23 Jul. 2014 経験談追加
JTBでミュールーズのホテルを探す・予約する
 
 booking.comで探す・予約する
 
 
Hotel du Parc Centre Ville ★★★★
http://www.hotelduparc-mulhouse.com/
booking.comで探す・予約する
(泊数) = 5泊

(部屋のカテゴリ) = ダブル。予約はシングル。

(部屋の階&立地) = フランス式2階

(部屋について(雰囲気など)) = 普通の4星ホテルの広さ。住宅街の中で静か。

(部屋の家具・備品) = 机、椅子、荷物台、洋服掛け等。

(バスルーム) = バスタブあり。ビデ付き。お湯も出て特に問題なし。

(冷蔵庫) = 水、ジュース、ビール等。私物も入る。

(パブリックエリア) = 少しクラシックな感じの広いロビー。

(リフト) = 普通

(レセプション) = よかった。

(スタッフ) = 英語可。いいレストランを紹介してもらった。

(宿泊料) = 9,800円/泊。朝食20ユーロ/人。
無線LANは、30分を超すと有料で、3ユーロ/日。

(予約方法) = 代理店から手配

(予約方法、ホテル側の対応) = エクスペディアで。
予定変更によるキャンセル可能で、カード支払いなので楽。

(ホテルへのアクセス) = ミュールーズ駅から、400mと近い。
ストラスブール、コルマール、バーゼルへ行く電車が便利。

行きは、バーゼルでフランス国鉄に乗り換えて、25分。
駅からホテルまでは、近いので歩いた。

帰りはバーゼル空港までタクシーしかなく、55ユーロだった。

(ホテル周辺の雰囲気) = 観光地でない普通の街で、落ち着いていた。
ホテルの建物はクラシック。

駅前の運河沿いは、花で豪華に飾られていた。

(ホテルの選択基準) = ストラスブール、チューリッヒ等に近い。
宿泊費が安かった。

(よかったこと) = トラムが便利で、多数の実物車両のある鉄道博物館、国立自動車博物館に行ける。

夜、ロビー隣のレストラン兼バーで、ジャズなど生演奏をやっていた。
観光地でない普通の都市で、居心地がいい。

(朝食) =ビュッフェ形式で種類は普通。トマトジュースがなかった。

(宿泊客の客層) = 中年層で東洋人はいなかった。

(支払い方法) = クレジットカード可。

(車椅子等の対応は?) =少し段があると思う。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 鉄道交通が便利で、街は落ち着いていて素敵
ここを拠点に、周辺に出かけるのがお勧め。

(2013年7月上旬 周回遅れ 様)





Kyriad Mulhouse Centre キリアッド(キリヤド)・ミュールーズ・サントル
http://www.kyriad-mulhouse-centre.fr/
JTBでKyriadを探す・予約する
appleworldで Kyriad Mulhouse Centre を探す・予約する

(泊数) = 2泊

(部屋のカテゴリ) = ダブル フランス式1階
 

部屋は間接照明たっぷりで、全ての電気を点けても、日本よりは暗い。窓から、通りと大聖堂が見えた。

(部屋の家具・備品) = テレビとエアコンの他に、暖房器具。部屋の奥に机と椅子があり、
そこにお茶セット(湯沸しポット、コーヒー、紅茶、ミントティー、ビスケット、カップ2)
が、置いてあった。

(バスルーム) = バスタブ付きで、割と広かった。お湯は、勢いよくたっぷり出た。

シャワーカーテンではなく、両開きになるガラスがバスタブに半分ぐらい掛かるように、
設置されていた。

シャンプーと石鹸あり。

(冷蔵庫) = なし。

(エアコン、クーラー) = エアコンと暖房器具あり。

(部屋について、その他) = 割と広くて綺麗だった。

(パブリックエリア) = シンプルだが、きちんとしている。レセプションに飴が置いてあり、嬉しかった。

(リフト) = 2基あり。日本で普通にあるのと、同じぐらいの大きさ。

(レセプション) = 10時30分頃行ったところ、満室のためチェックインできないとのこと。荷物は、鍵のかかる別室に預かってくれた。

夕方、チェックインに行ったところ、朝の女性とは別人に代わっていて、予約確認書をくれと言われた。朝の人に渡したと言ったが、名前の確認に少々手間取り、しばし不安だった。

(館内施設) = サウナがあったらしい。チェックインの時に案内はされたが、利用しなかった。

(スタッフ) = レセプションは英語OK。食堂の女性は英語可か分からないが、でも言葉は特に必要ない。ビュッフェなので自分で出来る。

(宿泊料) = 6,800円

(予約方法) = 代理店から手配。日本のアップルワールドで手配した。

(アクセス) = 駅から徒歩約10分。大聖堂の裏あたりになる。店の多い界隈。

(周辺の雰囲気) = 問題なし。

(ホテルの選択基準) = ストラスブールのホテルが取れなかったし、コルマールはホテル代が高かったので。ロンシャンに行くつもりだったので、少しでもロンシャンに近い方がいいと思って選んだ。

(よかったこと) = ミュールーズのクリスマスマーケットを、見ることができた。コルマールやストラスブールより観光客が少なそうで、久しぶりのフランスの雰囲気をつかむにはいい町だった。

(困ったこと) = ホテルが出している地図は、かなり簡略化されている。駅から歩くなら、きちんと調べてから行く方がよい。私は信用して迷った。大聖堂まで行って、裏道を片っ端から調べているうちに、たどり着いた。

(朝食) = 豪華でハッピーだった。イメージはドイツの朝食に、パンはフランスのパン、といったところ。果物も豊富で、朝からたっぷり食べられる。

(宿泊客の客層) = 親子連れや家族が多かった。クリスマス休暇中だったからかもしれない。

(支払い方法) = 前払いだった。クレジットカードのマークは出ていた。

(車椅子等の対応は?) = リフトもあるし、段差もなかった。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う。

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆
 

(2008年12月 はりきり宰相 様)



 
 
 
Hotel Du Parc
appleworldで du Parc を探す・予約する

 
 
Best Western Elsass Club Hotel
appleworldで Best Western Elsass を探す・予約する

 
 
 
 
 
Mercure Mulhouse Centre
メルキュール・ミュールーズ・サントル
4, place du General de Gaulle BP 1244 
Mulhouse 68100 France
http://www.mercure.com/
 

http://www.ot.ville-mulhouse.fr/hotels-restaurants/hotels.htm
 

appleworldで Mercure Mulhouse Centreを探す・予約する

【nights】 1泊

【room】 スタンダード、ツイン。
日本式4階、バスつき、駅前に面している

【rates】 103ユーロ

【access】 駅まで徒歩5分。10分ほど歩くと中心部に出るでしょうか。

【reservation】 個人で

【oneself】 アコーホテルズのHPより予約。

【policy】 立地と予算です。

【yokatta】 夕方、駅でレンタカーを返却し、翌日の早朝に駅から列車に乗る予 
定でしたので、立地は好都合でした。

【point】 個人評価は★★★
(win302様  2002年5月)
 


 
 【room】 スーペリアダブル、112号室 1階 (日本式2階)、 
建物が入り組んだ狭間(?)側、 バス・トイレ付き。部屋の形は変形五角形。 

ダブルベッド、ベッドの脇にサイドテーブル2、クローゼット1、 
ソファ2、テーブル1、デスク・椅子1、ミニバー、冷蔵庫、TV。 
セイフティボックスはなし。 

スーツケースを2つ広げても、まだ、全然移動に問題ないくらいの広さ。 バスルームは一応大理石張りだったのですが、ちょっと傷みが目立っていました 。 

ルフトハンザ航空HPの「おすすめヨーロッパ」によると  アールデコ調のホテルとのことですが、 私達の宿泊した部屋は、小奇麗なシティホテル風という感じでした。 から2番目のカテゴリーの部屋なので、もっと高い部屋に泊まれば もっとステキな部屋が、あるのかもしれません。

 【rates】 880Fr/室・120Fr/ガレージ 

 【access】 大聖堂、観光局のある広場から徒歩5分。
ミュールーズ駅も近くにありましたが、車で移動していたため距離感覚が  よくわかりませんでした。(なんせ一方通行だらけなので) 

ホテルの目の前にバス停もありましたが、これもルート等をじっくり調査する 時間がありませんでした。

 【hard】 外観はヨーロピアン調です。 地上階ロビーに、クラシックカーが飾ってありました。 
 注:ミュールーズには 車の博物館があります

館内のエレベータや廊下も、そこそこにヨーロッパ的な趣がありました。 

 レンタカーはチェックイン時に預けて、そのままガレージに停めてもらいましたが、ェックアウト時は正面玄関まで持ってきてもらったので、どこにパーキングエリアがあるのかもよくわかりませんでした。 

【soft】 夜に到着して1泊しかしなかったため、あまり印象に残っていません。  可もなく不可もなくという感じ。 

 ロストバゲージのことが気になっていましたが、ちゃんと夜遅くになっても 荷物が届いたと連絡して持ってきてくれたので、当たり前のことを確実に  やってくれるだけでありがたかったです。 
 

【breakfast】 朝食は食べませんでした。  ほかの宿泊客にもあまり出会わなかったため印象に残っていません。  (フラツー・ホテル調査員レベル3失格!?) 

【reservation】 個人で 
ルフトハンザHPのおすすめヨーロッパに載っていたホテルなので、そこに 
出ていた予約サイト より予約。 

【policy】 ミュールーズの街中にあること。駐車場があること。 利便性や安全面、英語通用度などを考慮して、なるべく星の数が多いこと。 

【before】 予約サイト  .alsanet.com/hotparc  より予約を試みたところ、 数日後に直接ホテルからFAXが届きました。  その後、カードNo.のやりとり等は、すべてFAXで。 前に、到着が遅くなる旨 FAXで連絡したところ、FAXとEメールの両方で 了解の返事がきました。 

【yokatta】 部屋のライトの光量が多かったため、夜でも明るい部屋でした。 
空港でロストバゲージに遭い、ATMが故障し、英語の話せないレンタカー会社との  やりとりに緊張し、夜の雨の中を車を探し回り、散々道に迷ってホテルにたどり着いた後だったので、明るくて暖かい部屋に出迎えられ、 少し元気が戻った感じでした 。 

また、非常にシャワーの出が良かったのも、疲れた体には◎でした。 

【komatta】 特別なマイナス面はありませんでした。 

 【point】 個人評価★★★★ 
 (?様)


 
 
 
  トップ > その他の地方 > アルザス地方 > ulhouse ミュールーズ のホテル