トップ > 治安・防犯・トラブル基本編 > 再発行編
  

France 治安・防犯・トラブル
基本編にもどる
再発行編
 
            
12 Jan.2004 / 26 Oct.2008 / 17 Aug.2011  経験談追加
とられたときの準備が大事
 
相手はプロですから、どんなに防犯しても、しまった!というケースがあります。

 もしなくした時は、再浮上し、(1)スムーズに再発行し (2)旅程に支障を最小限にする のが、大事です。

下記をわかっていますか? 親族や連れが不慣れな場合、下記を渡してチェックをしてもらいましょう。
 


やられちゃいました経験談 は こちら に移しました「別頁)   [17 Aug.2011]



まとめ

理解度チェック

□ パスポート、貴重品、こわれものは スーツケースにいれない

□ パスポート、航空券、大金は 身に付けておくか、セイフティボックスなどにいれる(ただし欧米では開けられたケースもあり)

□ クレジットカードは2枚以上もっていく。現金も用意しておく。

□ お金は分散しておく
 

準備編   下記が必要です。もちろんパスポートと別のところ に保管しておきましょう。2箇所にあるといいですね。

□ パスポートコピー(写真と名前のあるページ)

□ 住民票、運転免許証

□ 写真3枚

□ お金(再発行費用やタクシー代など2万円ぐらい予備。ほか3万円ぐらい)

□ 国際・現地用テレカ

□ 渡航予定地すべての 大使館電話番号・住所、地図。

□ クレジットカードの番号、名前綴り、現地のカード会社連絡先

□ 航空券の番号・便・ルート、名前綴り、航空会社

□ ツアーまたは 航空券発券代理店の 名前、担当者、連絡先

□ 保険会社の 名前、連絡先、契約約款、契約番号、約款

□ 現地の警察の盗難・紛失届 (現地で入手する)

□ 日本の連絡先 家族や勤務先の連絡先(複数)
参考

■在パリ 日本大使館
Ambassade du Japon
7, Avenue Hoche, 75008, Paris, France
休館日あります。。。(一部祝日と年末年始など)
Tel: (33-1) 4888-6200
Fax: (33-1) 4227-5081
http://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/

■マルセイユ 総領事館
Consulat General du Japon
70, Avenue de Hambourg, 13008 Marseille, France
(B. P. 199,13268 Marseille Cedex 08, France)
Tel: (33-4)91-16-81-81
Fax: (33-4)91-72-55-46
http://www.marseille.fr.emb-japan.go.jp/
 

■ストラスブール総領事館
Strasbourg
Consulat General du Japon
"Tour Europe", 20, Place des Halles, 67000 Strasbourg, France
Tel: (33-3) 88-52-85-00
Fax: (33-3) 88-22-62-39
http://www.strasbourg.fr.emb-japan.go.jp/

■リヨン 出張駐在官事務所
Bureau Consulaire du Japon
131, boulevard de Stalingrad
69100 Villeurbanne, France
Tel: (33-4)37-47-55-00
Fax: (33-4)78-93-84-41
 
 

ほか 各国に寄る場合、その土地の大使館・領事館もしらべておきましょう。
 

JAL パリ 
08-10-74-77-77(日本語対応) 09:00〜18:30  1 Rond Point des Champs-Elysees Marcel Dassault 75008 Paris

エールフランス航空  パリ
08-20-82-08-20(英・仏語のみ) 月〜金 09:00〜17:30  119 Av.Champs-Elysees 75008 Paris

全日空 パリ
08-02-80-32-12(日本語対応) 月?金 09:00?19:00/土・日 09:00〜17:30  106 Bd.Haussmann 75008 Paris
 

パリ安全対策ガイド 
パリの警察マップ、被害届依頼書などあり
http://www.pubanzen.mofa.go.jp/paris_anzen/index.html

1セットをパスポートの中、  2.パスポートと別の場所(別の袋にいれて、身につけるなど)
 (洋服の腰や背中あたり)紙にして1〜2枚程度なのでかさばりません。

 クレジットカード番号、連絡先、保険会社の連絡先、証書番号、航空券番号、
 大使館・航空会社連絡先なども同じくそこにメモります。 予備現金・大枚1枚必須。裏側でOK。

 4つ折りハンカチにはさんで、安全ピンで止めると、ひも ばっかりにならず、肩が楽です。

 ホテルでも夜中の侵入にそなえ、ホテルでは、枕モトに置きます。
(枕のしたや、布団のなかでもヨイのですが、そのまま忘れてしまうかも・・)


 
貴重品は 使い古しのストッキング
 
私は使い古しのストッキングの片足に入れて腰に巻いています。
おへその下辺りに位置を落とすと、お腹が苦しくありませんし、お腹に貴重品を入れているとも見えません。
 
ストッキングですから薄くて丈夫でかさばらず、航空券も曲がりません。
(汗でよれるといけませんので、もちろん薄い紙でくるんでおきます)
 
寝るときも このまま で、火事があっても命さえあれば大丈夫のようにしています。ストッキングというのがちょっとかっこ悪いのですが、誰が見るわけでもないので、利便性をとっています。(雛子様)
重要メモは メモはコピーをして、旅行鞄、サブバッグ、洋服、と数カ所に入れておくとともに、自宅にも置いておきます。万が一手元からメモが全部なくなっても自宅に電話すればなんとかなる、というわけです。(雛子様)
パスポートは パスポートは 今までのホテルでは提示を求められたことはありません。トラベラーズチェックの使用時もパスポートはコピーで大丈夫。パスポートと航空券の必要になる空港だけは、いわゆるトラベルグッズの首掛けタイプのケースに入れ替えています。(雛子様)

 
 
 
 
  トップ > 治安・防犯・トラブル基本編 > 再発行編