トップ > 治安・防犯・トラブル基本編 > オペラ座付近 >  V7






ひったくり

1区で、オペラ通りからモンマルトル通り Rue Montmartre方面(MORAなど道具屋のある通り)に歩いて移動していた。
目の前に、男性2人。うち一人は松葉杖。こちらをチラチラ見ながら話していた。

なんか怪しいな・・・と思いつつも、2人の前をを通り過ぎて、しばらくすると後ろから松葉つえを突く音が。歩くペースを上げると松葉つえの突く音も早くなった。本格的にやばいぞ!と思い、前にいた同行者らに「走って!!逃げて!!」と叫んだ。

すると、杖の音が聞こえなくなった。後ろを見てみると、さっきまで松葉杖を突いてた人が普通に歩いて、誰かに電話していた。

推測だが、先頭を歩いていた同行者が、地図代わりのスマートフォンを手に持って歩いていたので狙われたのか。行きたい店やホテルの住所をスマホのスクリー ンショットで保存している人も多いが、スマートフォンは人目につかないようにするのが大切だ。 (2013年11月 やさい sat様)




オペラ座。
オペラ座見学するために、入り口に向かっていたら、急に3人の少女が大声を出して目の前に現れた。
私は買い物袋を持っていたが、鞄を前に抱くように斜めがけにしていた。
友達は、斜めがけポーチとビデオカメラを入れたポーチを両肩に斜めがけにしていた。また買い物袋も持っていた。たぶん荷物が多い友達の方に狙いをつけたのか、あっという間に私と友達の間に割って入ってきた。

友達は犯行グループに腕を掴まれ、すごい力で引っ張られ、転んだ。転んだことにびっくりしたのか、犯人らは手を離して何もなかったように歩いて去っていった。

オペラ座の周りにはたくさんの人がいて油断しやすいが、いつどこから現れるか判らない。油断は禁物だ。(2012年11月 うさぎ sakura 様)



祝日(メーデー 5/1)の朝9時半ごろ、オペラ座の裏のATM。

フランス人らしき女性が襲われたのを見た。大声がするので、見ると、若者2人と女性、さらに助けに来た青年という図式で、もめていた。

青年が犯人の若者一人を羽交い絞めにして引き離す間に、女性がもう一人を撃・・・と言いたいところだが、そうではなく。驚いたのは、青年に守られつつ、女性がATM操作を続行したこと。普通は逃げるだろうに。

日ごろ自分が危ない目に合わないので油断していたが、これで気が引き締まった。
(2011年5月   はりきり宰相 様)



オペラ座正面向かって左側の車道の反対側、スクリーブ〜95番バスヴァンヴ行乗り場付近

叫び声。東洋人の女性二人が、泥棒男2〜3人ともみ合っていた。女性は大声でポリス!ポリス!と叫びながらバッグを放さず、男も怒声をあげて、殴る蹴るの騒ぎ。

もみあったまま近くの眼鏡店内に転がり込んだが、男たちもまったくひるむことなく店内になだれ込み、ひるんだり逃げたりする様子はまったくない。

かなりの大騒ぎだったが、道行く人は「あー、またやってるね」って感じで、誰も助けようとはしていなかった。かく言う自分もそそくさとメトロに降りたので、その後どうなったかはわからない… 

で、改札に降りていったら、自動券売機前で、クレジットカードと財布を手にしたまま輪になって相談している体の日本人4人娘がいた。物騒だなーと思ってい たら案の定、彼女たちのかばんに手を伸ばすおじさん発見。彼女たちがまったく気がついていなかったので、睨みながらシッシとおいはらってあげた。
 
それさえまだ気がついていない様子なので、「大丈夫?」と声をかけたら、「お金を下ろしたいんだけどやりかたがわからない」と。
「これは券売機だからキャッシュは外行かないとないよ。それより、今かばん狙われてたからきをつけてね」と教えてあげたが、「狙われていた」の意味が良くわかっていない風でポカンとしてた。
 
外国で日本人が隙だらけというのはまあありがちなケースだが、いくら外国だからって、券売機とATMくらい判りなさいよアンタタチ。と思った。
(2010年11月 なんちゃってビーグル 様)




初めて目の前で引ったくりを目撃し、恐かった。全く危険と思っていない場所。人通りもある、朝10時のオペラ通り(モノプリの前あたり))だったので、かなりびっくりした。

被害者は私達のすぐ前にいたアジア系(韓国人留学生っぽい)女性2人組。
犯人は黒人2人組。1人がバイクで待っていて逃げた。

(2007年9月アンヌとアンリ 様)


オペラ座界隈は、確かに観光客の多い地域なのでワルイ奴もいるが、 人通りは遅くまであるし、気を配りつつ大きな道を歩けば、怖いわけじゃない
 (tantmieux 様)



ルーヴル美術館が休みの火曜日は、リヴォリ通りの人通りはぐんと少ない。


早く閉めている店もあり、でちょっと不安。 人通りなくて暗いところは、わざわざ反対側に横断して歩いた。 確かに細い道は車が両側に絶えずとめてあって、誰かが隠れていても わからない様子なので、怖かった。

カップルやグループを見つけては後ろについて帰ったが、 モンタボー通りのレストラン(ホテルから徒歩2,3分のとこ)から 帰るときは少し広い道に出るまでたった200mくらいだが、変なおじさんがいて、車に向かっておしっこをかけていたり、道に座り込んでる人がいた。怖かった。 まあ被害を加える人でなくて良かった。 

目をきつくして、人を見れば警戒して歩いていた自分がちょっとやりすぎ?と何もなかった今は思ってしまうが。  (MA様 2000年12月)




 
 トップ > 治安・防犯・トラブル基本編 > オペラ座付近 >  V7