トップ > 治安・防犯・トラブル基本編 > RER 雰囲気など

トップ > 交通 > RER > 治安・防犯・トラブル RER 雰囲気


France 治安・防犯・トラブル

基本編に
もどる
RER  雰囲気など
 9 Oct./ 8 Dec.2012 経験談追加
9 Aug.2014 経験談追加

 
 
日本での慣れ(こわい地域ありますねー)や 欧米の慣れ度あい、普段からの出入り度、年齢・性別にもよりますが、 不慣れな日本人旅行者なら、こわいと思うかもしれません。
いっぽうで、怖くない、と思う人もいます。必要以上に怖がらせるつもりはありませんが、犯罪のケースなどは頭にいれておくと、対応しやすいと思います。

 
そうでもない

警戒して行ったが、スリにも不審者にも全く遭わなかった。
RERもメトロも治安は良好そのものに見えた。スリ被害も遭わず。
(2013年7月/8月 Kesanaiset 様)



夕方、ド・ゴール空港〜パリ北駅 各駅停車
乗車してくる客の顔を良く見ていると、下町の人のよさそうな男性が多かったように思う。白人社会の中で、一生懸命生活している人たちの顔だった。日本人からしてみると怖い感じがするのかも知れないが、彼らも一生懸命まじめに働いている人たちだ。(そうでない人もいるが) 
(2012年7月下旬 トリコロールパパ 様)




シャルル・ド・ゴール空港〜パリ市内  B線
途中の駅で現地の人が乗ってきて、経験談にもあったように危険な雰囲気な人もいたが、私自身特に危ないと思うようなことはなかった。
(2009年9月 ロンシャンの木曽馬 様)



早朝のRER B線に乗ってみたが全く怖くなかった。
ただ、夜にサクレクール寺院周辺に行った時は、駅も工事中にそのままほったらかしたかのような駅で雰囲気は悪かった。地元の友人によると、サクレクールより上の方には行かない方がいいらしい。
(2005年2月/3月 シャルルドゥアルディ 様)
 

幸いにも少しも危険な感じがせず、メトロ、RERも怖さは全然感じなかった。
(2007年11月 吾亦紅 様)
 
 

 

シャルル・ド・ゴール空港RER駅は酒飲みも結構いて、夜やばそう。しかしながら、夜、空港に着いた人がたくさんいるので、すばやく移動すれば、さほど問題ない。私たちは21時頃着。
(2009年9月中旬 寿司焼肉ムール食べたい 様)
恐く感じた人

シャルル・ド・ゴール空港〜パリ市内 ホテルまでRERで移動したら、思ったより同行者は怖かったらしい。
(2014年5月 ピンクのスポンジのmiffy 様)


C Bd Victorという駅から毎日のようにRERで出かけていたが、ギターとサックスを持った楽隊の連中がしばしば出現して、車内で演奏しまくるのが少々ビックリした。

また、特にRERの車内は窓も車両も落書きが多くて、最初は怖かった(乗りまくってるうちに慣れた)。
ただ、ガラス窓にナイフで落書きを書くような連中が夜は出没するんだなあと思い、夜はRERに乗らないようにした。落書きは地下鉄やバスの車内にもソコソコあった。
(2006年10月 ナギージロー 様)

怖かった:RER。とってもアンダーグラウン

ドで危険な感じだった。
(2004年4月 tanieruhirotan 様) 


RERは雰囲気が悪い。個人的には女性が一人で乗ることはお勧めできない。
(2007年8月 mitsu_7716 様)
 

RERでヴェルサイユからの帰り、座席で爆睡している日本人観光客(女性)2人を見かけた。パリだけでなく、海外の電車やメトロで居眠りをするのは危険。眠くても起きていましょう。
(matt様 2003年)


パリ市内→ シャルル・ド・ゴール空港
 
  
 

15時15分発の、北駅〜CDG2まで直行の列車を利用。我々が乗った車両の乗客は10人ちょっと。フランス人ばかりだったが、みなスーツケースを持っていたり、普通の人ばかり。ヤバそうな人は誰もいなかった。ホームでも、危なそうな人は全く目撃していない。

RER B線は、復路の昼間、注意して普通のフランス人の近くにいるのならば、利用しても問題ないのでは。(しかし、責任はもてません。ただ、常にヤバそうな人 が乗っているわけではないということです。)

ちなみに北駅では、CDG行RERのプラットホームへ行くのに、指示されている方向のプラットホームに行ったが、誰もいないし、「ホントに こっちなのか」と不安になった。しかし、方向指示されているそのプラットホームに、さらに下のプラットホームに下りる階段があった。というわけで、乗られ る方はアセらず、指示通り歩いていってください。
(2003年11月 あきもとミン様)

CDG空港→パリ市内
 
 

空港→シャトレ駅。旅行シーズンだったからか(フランスが3連休3連休の間だったのでプチバカンスシーズン)、旅行者も多く、危険な感じもなし。空港へ向かう。シャトレ近くに泊まるなら、次もこれを利用したい。
(2009年 c1225peko 様)
 

途中の駅で現地の人が乗ってきて、経験談にもあったように危険な雰囲気な人もいたが、私自身特に危ないと思うようなことはなかった。北駅でRERを降り、タクシーに乗ろうとしたが空車が見つからなかった。結局あきらめてメトロを利用した。
(2009年9月 ロンシャンの木曽馬 様)
 


あまりRERは好きではなかったが、今回は帰宅時間帯のせいか会社員・学生が多く、日本と変わらない感じ。

スーツケースを持った一人旅で RERは避けておいた方がいいとの本誌のアドバイスをあえて無視したのは、車が苦手なこととバスでパリに行ってもそこからゴロゴロスーツケースをひいてホ テルまで何十分も歩く方が危ないかもしれないとの自己判断から。実際に、別の日にリヨン駅からホテルまで散歩してみて、歩けない距離ではなかったが、もし スーツケースをひいてだと きつそうな距離だった。
(2009年10月中旬 アヒルどこかで 様)
 
 


 

RER利用の際はかなり緊張したが、一般客も多く、安全に利用できた。車両も新しいものが増えているようだ。

空港移動も、スーツケースを引きずっている人も多く、特に怪しい雰囲気は無かった。日本人の場合、周りの旅行者や現地の人たちも安心できるのか、家族連れや女性グループなどが同席になる場合が多い。
(2008年1月 hyron naga 様)
 

往路は、居合わせた現地の日本女性に一緒にいてもらった。
復路は、一人。無事だったが、どきどきしながら乗って、心臓に悪かった。今度は、バスでパリ市内に入ろうかと思う。
(2006年9月 ステンドグラスエル 様)
 

土曜の17時半頃、北駅から空港に。が、ホームも電車もとても混んでいた。途中からとても空いたが。ハイになっているカップルが一組だけいた。
(2005年1月 かいと冬 様)
 
 

空港駅からは急行に乗る。北駅あたりからラッシュ時のように混み始めた。急行だったが、北駅あたりから不良っぽい若者たちがたくさん乗ってきて、車内で大声でおしゃべりをしたりして、危険というほどではなくても、かなり怪しい雰囲気に。

海外に出てみると、若い日本人女性は(韓国人女性も)とても華奢で無防備に見える。女性だけのひとり旅・2人旅で、夕方の時間帯のRERはやめた方がよい。
(2004年7月下旬 mrs_snape様)
 
 

土地に慣れているかどうか、性別、人数、利用時間帯などによっても、ずいぶん印象は違ってくるが、 私は、ほぼ同時期に、メンバーと時間帯を違えて、2回利用した。

結論としては、北駅〜CDG駅の間に限っていえば、慣れない人や親連れ、日本人女性複数、ひとり のいずれかなら、もう利用しない
 
実害はなかったが、快速の30分間、目つきや身なりのよくない人たちにずっと近くに座られ、彼らに向かって「寄るなオーラ」を出し続けるのは疲労困憊。正直、ほんと怖かった。交通費をケチったことを、あれほど後悔したことはない。
(とりcacao 様)
 
 

CDG空港に着いたのが22:30頃だったので、RERはちょっと心配だったが、まだ明るかったせいか大丈夫だった。
(2003年7月 しまりすとあらいぐま 様)
 
 
 

早朝4時半にCDG着便を利用した時は、スムーズにいくと、5時前には荷物と共にRERのターミナル2へつく。 しかし窓口は閉まっている。
 
自動販売機のチケット売り機は勿論ユーロ硬貨とカードでの販売のみ。さすがに現金はATMで下ろせても小銭がない方々が、自販機の前で呆然としている。カードを早速使おうか迷ってる方も見かける。

朝、到着便には人が居たはずなのに、RERのCDG2駅には15,6人の姿しかありません。
 
5時10〜15分頃になると、向かって一番左側辺りの窓口が、1つだけ開きます。そこでやれやれとチケットが窓口で買える。。暫らくすると窓口が2つ開いたりする。数人の日本人が集まってくるが、ほとんどは欧人らしき人ばかり。
 
チケットを買うまで駅で怖いと感じる事はなく、しかし人が疎らで寂しい感じがするので不安に感じるかと思います。 この時間、5時〜6時頃は電車 に乗込んで北駅、サン・ミシェル、辺りまで乗込む人はあまり居ませんでした。労働者など、朝はやい仕事につく方が乗込んで来ます。普通にして乗っていれば全く平気です。

しかし やはりここはフランス、RERや電車を使う人で、派手(ゴージャスな人)など乗っていません。やはり身分相応なんだとおもいました。ゴージャスな身なりの方はRERで市内へ行くのは場違いかも知れない。

電車に乗る前に、もし、一人なら、パリ方面にB線で行く日本人の方を見つけて 「途中までご一緒していただけますか」 など声かけるのもい いかも。 私は声掛けられる方だったのですが、同じ便だったらしい日本人旅行者が声を掛けてきた。その人はこれからフランスで留学をするという事で物凄い 荷物を持った人でした。また、飛行機で席の近かった方と駅で一緒になり、北駅まで一緒したことも。
荷物があると、改札のバーを通過するのが苦難ですが、協力しあいました。そういう出会いも旅の良いところかもしれません。

不安ならば、同じ電車に乗る旅行者がいる車両を見つけて近くに座るなど。誰も居ない車両にポツンと居るのは、間万が一、何かあった時に助けを呼べないので、やめた方が宜しいかと。
 

最近、RERから地上階改札へはエレベーターなど整備されている駅もありますが、バーの改札には注意をした方が良い。あれやこれや奮闘している間に、鞄からスられる危険も。

もし改札の脇に扉があったらそれを開けてもらって入るテもある。ジェスチャーしながら、扉を指差しして 「シルブプレ!」 。 フランスは言った物勝ちな所もある。 ちなみに係員がいる改札では毎度開けてもらえました。お礼も言おう。   

私はRERがフランスの雰囲気がわかるので ついつい乗ってしまいます。
(モコモロッコン様)

一人で、早朝、夜でない限りは、ドゴール空港からもパリ市内からも これを使います。安いから! 大きな荷物持っているということで、 普段メトロに乗るときよりは、ちょっとした用心が必要だが。 (居眠りなんて絶対ダメダメ!ですが)
(kkaz様)
車内で、爆竹をならしたりとちょっと危なそうなお兄さん達が。空港と市内を結ぶRERのB線は、少し待っても停車駅の少ない急行に乗ったほうがいいかも。
(メイパパおじさん 様 2003/2004 年末年始)
イベント目的でサン・ドニ(スタッド・フランス)に。帰り(19時半頃)B線の駅前で刃を出したカッターナイフのを持った少年と、その仲間らしき子たちがうろうろしていた。改札も開けっ放しで誰でも駅に入れる状態だったので、ちょっと怖かった。

たぶん他の観客と一緒に会場を出ていないで一人で歩いていたら、危なかったと思う。特に日が暮れていたら絶対に行きたくない所。

RER-B線は、ちょうどバカンスに出かける人たちで混んでいたので、怖い目にはあわなかった。人が多い分はスリだけを気をつければ痛い目には遭うことはないと思った。

革命祭の時だったのでパリ市内は警察官がいたるところにいて、普段よりも安全だったと思う。

あらかじめ現地スタッフから 「駅にはタクシーがいる。イベントの時は特に何台か客待ちしている」と聞いていたが、地図とかどう見てもタク シー乗り場らしきものはないのでおかしいと思ったら、案の定一台もいなかった。やっぱり自分でよく調べていかなくてはいけない、と実感。行く前に Googleの衛星写真を覗いてみたが、自分が行くところがどういう雰囲気のところかがわかって面白かった。サン・ドニは雰囲気が悪い。
(2007年7月 夏の椋鳥 様)
 
 
 

空港→パリの場合、大半の乗客は我々同様の旅行者なので、雰囲気は普通だが、各停の場合、結構ヤバい。何も知らずにCDGへ向かうため、シャトレから乗ったら、サン・ドニ近辺の駅を全て停まる便で結構ヤバそうな男性がいた。

母と2人だったし、何も持っていなかったので何もなかったが、大きな荷物を持った状態で利用するのはお勧めできない。
(aikyo.V様)
 

 ヴェルサイユへのRER

ヴェルサイユに行くときのRERはかなり緊張した。が、思ったよりも危険な感じはしなかった。少し駅の雰囲気が薄暗いが、早朝・深夜を避け、カバンをしっかり持ってちゃんと目を開けていれば大丈夫だと思った。メトロも(乗った号線は危険な感じはせず、通勤電車のよう。
(2007年8月 緑の三津 様)

全く怖い思いをすることはなかった。 バカンス時期の土曜日の午後だったせいか、地元のしかも高齢者ばかりで、かなりのんびりした雰囲気。観光客らしき乗客は、私が乗っていた車両にはいなかった。
 ( 2009年8月下旬 アルザスのクグロフ 様)
タクシーで空港に行こうかと迷ったが、夕方で渋滞が怖かったので時間の確実なRERにしてみた。駅も電車も混んでいて(急行の最初の停車駅ですい たが)、やはり本誌の情報通りエアポートバスかタクシーにするべきだった。前年、大学生の息子がRERを利用して、全然普通だよ、と言っていたのを信用し て、失敗だった。

(2009年9月 Assomption卒業生 様)

RERが結構怖かった。オーベルまで一人で行く時にサンラザール駅から利用、サンラザール駅も雰囲気悪かったけれど、電車も汚いし、なんだか暗いし。人が少なくなってくると心細くなった。
(ボナペティkei様 2002年)
ひったくり、スリ等常に警戒している必要があるので、疲れた。特にヴェサイユに行くRERに平日朝の8時ごろポン・ド・ラルマ駅から乗ったが、ホームにほとんど人がいないので、怖かった。

たまたまスーツ姿の男性がいて、親切にしてくれたので、何とか方向も間違わずに乗れたが、RER は終着駅の名前とC-5線と番号まであらかじめ確認してからホーム行くべき。

車内では、ビジネスマンらしき人の多い車両で、時々変な人が近くに移動してきていないか、振り返りながら乗っているのが良いようだ。
(2007年7月 bifdデイジー 様)
 


RERの駅で電車を待っている時、何やら携帯電話で話しながら、こちらをじっと見る怪しげな男が私達の後ろに回り込んできた。

スリかもと思い、鞄に気をつけつつ、男の動きに注目した。こちらからの視線に気づいて、男は離れていった。が、電車がきても乗るわけでもなく、混んでいる乗車口の周りをウロウロしていて、かなり怪しかった。 駅では油断は禁物、と気を引き締めた。
(2007年8月/9月 いかgoro 様)
 

RER C5 エッフェル塔→ヴェルサイユ
酔っ払いに話しかけられて少し怖かった。日本から来たといったら握手を求められた。その後は、地元の青年がしょうがないなという感じで酔っ払いの話し相手になっていた。
(2006年6月 緒箱8604様)
 

シャルル・ド・ゴール・エトワール駅からA5線終点(Poissy)まで往復。

切符はいずれも窓口で購入。終点まで約30分ほど。行きの線では、物乞いの若い女性が乗車してきた(自分の境遇を書いたカードを乗客の前に置いてゆき、あとでお金を集めにくるパターン)。

郊外の駅付近は人通りが少ない時はなんとなくアヤしい人がいて、あまりいい雰囲気ではなかった。パリの中心部とは違う意味で、ピンポイントでトラブルにあう可能性もあるかも。
(2007年6月 ilpirata様)
 

オルセーからエッフェル塔までのRERは、昼間でも人が少なく、怖かった。
(2006年2月 ざっきー625 様)
 


 

エッフェル塔行きはRERでとガイドブックにあったので、RERで行こうとしたら、駅(ポルト・マイヨー)、RERの電車も汚かった。元旦早朝という事もあり、本数が少なく、少し変な雰囲気。地下鉄を利用したほうが良いと思い、結局RERはやめて地下鉄6号線で行った。
(2005年12月/2006年1月 とし07ひろ03 様)
 

RER(郊外)線は、怖かった。時に人の少ない区間は危険。
パリ郊外(ポントワーズ)も怖かったし、サヴォワ邸のあるポワシーも変な雰囲気だった。
(2005年10月 アレジアしとろん 様)
 

RERに乗ったら、ちょっと治安が悪そうで怖かった。2区間だけ乗ったが、着くまでビクビクしていた。1人だった。
(2005年9月 brighty3 様)
 

空港から北駅へのRERは場所が看板もなく結構歩いた。各駅はガラの悪そうな客がいて物騒な感じだったが、急行は案外平和なムードだった。
(2005年9月 ou kumatanbo 様)
 

RERに乗って、ディズニーランドに行ったが、RERは本当に地元の人ばかりで、観光客のアジア人は皆無。つれと二人でちょっと怖いねっていいながら、寝ないように乗った。
(2005年7月 モツカレー・オツカレー 様)
 
 

郊外のアパルトマンを借りていたので、パリを行き来するのにRERを使ったが、電車内の治安は悪いし(夜)、電車は来なかったり。
(2005年3月 ヒヨコとニワトリ 様)

Invalides駅からRER C線でVersailles-Rive-Gauche駅へ
Invalides駅からRERに乗るとき、往復切符を購入したのに、帰るとき改札を通れなかった。駅の案内所でその旨を話したら、フランス語な まりの英語で、よくわからなかったが あなたがミスをしたというような事を言われた。「Why?」と聞いたら、仕方なく代わりの切符をくれた。結局なにが いけなかったのか不明。
(2009年3月 ぶたぶたchie 様)

   

 

トップ > 治安・防犯・トラブル基本編 > RER 雰囲気など