トップ > 交通 > 各種切符の比較と詳細 > NAVIGO > 使用経験談
  

Parisの交通  切符 詳細
切符比較編
にもどる
NAVIGO Decouverte
ナヴィゴ デクーヴェルト 
  使用経験談
 

29 Apr.2014 経験談追加、分岐
8 Oct.2016 経験談追加



 
無反応 注意!  
NAVIGOが改札で反応せず、続けてかざしたらエラーとなった。

窓口に係員もおらず、入場できずに困った。たまたま通りがかった現地の女性が、自 分と一緒に通るよう誘ってくれたため、(本当はダメだが)閉じ込められるのは困るので好意に甘えた。礼を言うと、英語で「日本の機械のように正確ではない の。ごめんね」と言っていた。

NAVIGOは改札で翳しても、反応しないことがあるようだ。無反応でも前方の扉は開錠されることが多いらしい。

日本のJRや私鉄のICカード並みの精度を期待して、足早に改札を抜けるのではなく、カードをかざす→(一呼吸)して改札通過くらいの方が良い。
但し背後にキセルを狙う人がいないか、十分に注意は必要。

(2012年11月 愛する君のために 様)

 
 
 
 
 
 
 
重複タッチに注意!
NAVIGOをタッチしたら、矢印マーク確認。(日本とちがい)OKブザーの音が鳴らなくても通れる。万が一 OKブザーが鳴らなくて、他の機械に再度タッチすると、5分以上待たないと使えない。複数人の連続使用予防措置。

また、乗り換え通路で数回切符の検札にあった。
(2008年 きよrose様)
 

一度だけメトロの改札でひっかかった。有効期限切れ、と出る。


窓口でチェックしてもらい問題ないと言われた。指定された改札で再度トライしたが、やはり「ブー」と鳴ってしまう。

係員を見ると、そのまま通るように言っている。不安なままその場は通ったが、その後は問題なく使用できた。おそらく、最初に誤って2度読み取らせてしまったのだろう。

バスの中でポールに掴まって立っていると、ポールに付いている機械のセンサーが、コートのポケットの中のNAVIGOに反応し、エラー音が鳴っていたことも。

一度検札にもあった。Navigoのカードをチェックする、センサー付の小型機械でチェックされた。
(2008年1月 etsu et nino  様)




使ってみて  
使ったのは5日間で、元は取れなかったかもしれないが、バスもメトロもスイスイ乗れるし、これでヴェルサイユにも行ったし、何よりパリっ子気分を味わえてホントに買ってよかった。

プラケースごと、100均で買っ た首から下げるタイプのパスケースに入れ、バッグの留め金に結び付けて乗り物に乗るたび手繰り寄せて使った。
(2010年 チャロとムウ 様)  

カルネの磁気不良等のトラブルや、枚数の心配がないのもよかった。気軽にメトロなどに乗ることができた。

火曜から金曜に利用。かなり有効に使えた。 モンマルトルの丘のフニクラーレも利用できたのがよかった。

(2010年5月 薔薇の咲く島 様)

とても便利で。買って大正解。週の前半にパリに着く人には薦める。

歩いていて疲れて来たらとりあえずバスに乗ると、知っている場所に行けるので、そこからまた観光を始めたり、乗り継ぐとどんな目的地まででも行けるような気がした。

メトロも乗ったが、バスは景色も見えるし、乗客ものんびりした人(年配とか観光客とか)が多いので何となく安心だった。NAVIGOのおかげでフットワークが軽くなり、思わぬところを訪れる事ができた。
(2009年12月 フロインドリーブのパン 様)

火〜土曜までのパリ滞在。使用回数を数えたら、家族4人でカルネを50枚買ったほうが安かった。

それでも、パスをかざして乗車できる気楽さ、乗り間違えてもパスだし、と考えられる安心感は、カルネ利用より勝っていた。

(2009年12月 さぁらは27年ぶり 様)

検札
 
5日間で2回、検札に遭遇。乗換通路を係員3人で塞いで切符の確認をしていた。ぐるぐるロゴのついた係員のハンディ端末にパス・ナヴィゴ・デクーヴェルトをタッチするだけで全く問題なし。
(2009年?月 らすかーす・る・ふぃるむ 様)
従来Carte Orangeのその週の一週間券は水曜日までしか購入ができないが、Navigo Decouverteでは木曜日も購入が可能なよう。

シャルル・ド・ゴール空港からパリ市内への往復に加えてディズニーあるいはヴァル・ド・ヨーロッパ等へ出かける方は木曜日からでも十分元が取れそう。

ロワシーバスも使用できた。(Zone1-5用 一週間券)
(2008年1月 いくぞう123  様)

便利。いちいち切符をカバンから探したり、券売機で購入したり、使用済みのキップを捨てたりする手間がない。

「いつでもどこでもピッピッピッと改札を通れる便利さ」と

「期間内なり載り放題と言うリーズナブルさ」のあまり、ちょっとの距離でも惜しむ事なくメトロやバスに乗りまくって(1日10回以上改札を通った)メトロの達人?になった。

使用開始は月曜日から1週間だったので、観光初日の日曜日は「1-4ゾーンのモビリス」を購入してヴェルサイユ観光の日とし、次の日からナビゴを使った。

(2009 カエルのこども 様)





導入初期

よく見ると、見慣れた自動改札機のほかに、切符の投入口のない自動改札機が……。

その自動改札機には渦巻き模様が付いていて、そこにバッグなどをかざして次々と通過していた。まるでJRのスイカのよう。

バスにも切符の刻印機のほかに、手すりに渦巻き様のなぞの物体がつけられているのを見かけたのですが、きっとアレもメトロの改札機と同じような使い方をするのでしょうね。

その後、切符の自動販売機の横にも渦巻き模様の描かれたなぞの機械を見かけましたが、それはきっとスイカのようなもののチャージをするための専用機ではないかと思う。

(2006年7月 あぐー豚様) 




 


 
 
トップ > 交通 > 各種切符の比較と詳細 > NAVIGO > 使用経験談