トップ > 交通 > 各種切符の比較と詳細 > NAVIGO > 購入 基本の流れ
  

Parisの交通  切符 詳細
切符比較編
にもどる
NAVIGO Decouverte
ナヴィゴ デクーヴェルト 
購入 基本の流れ
 

 29 Apr.2014 経験談追加
6 Jun.2015 経験談追加
Special thanks to Dosanko kenkyu-in sama!

  
 


 
 

基本の流れ (まったく初めての購入の場合
1. 自動券売機で  本体カード代 5ユーロを自動販売機で払う。クーポンが出てくる。クーポンは普通の切符・カルネと同じ紙。  (イコカとかパスモの ICカード代 と同じと考えるといい)

2. 有人窓口で クーポンを、窓口に出し、NAVIGOのセットを貰う。

3. 自動券売機に戻り、2.でもらったセットに入っている カードを器械に接触させ、チャージする(任意のゾーン、任意の期間)。チャージ=入金すること。 (つまりはイコカのようなプリペイド方式である)

4.  カードに写真を貼る

5. 改札機で使う。


ただし、1〜4をいちどきに 全部やってくれる窓口も存在している。
大き目の駅。もちろん担当者の気分・性格次第。運試しだ。さぁトライしてみよう!

 
 
 
駅の様子・・・・
(メトロ駅頭の一例  パリ メトロ レンヌ駅) 
まごつかないように、なんとなく雰囲気を掴んでおこう。

Photo by  las cases le film 

a  この台に パス・ナヴィゴ・デクーヴェルトを置く

写真ではよく見えな いが、例の紫の「ぐるぐるロゴ」が書かれている。カードをケースごとおけばOKで、ケースから出す必要はない。


b  ここはクレジットカードを突っ込む場所。パス・ナヴィゴ・デクーヴェルトを突っ込んではいけない。


c  (写真上の右端) この細長い追加部分がついている自動販売機が動いていれば、お札の利用可能。左の本体部分だけでは、お札は使用できない。


d  中央のコントローラー(銀色、樽状)を手で上下に回して、画面上の選択肢を選ぶ。その横の赤いボタンが「いいえ」、緑のボタンが「はい」に相当する。


e  受け取り口。チケット類(パス・ナヴィゴ・デクーヴェルトの引き換えクーポン含む)は、ここに出てくる。


f  (写真上の左端)窓口の係員。どこの駅でも、想像していたよりはるかに親切。

(らすかーす・る・ふぃるむ 様)
 

窓口で 「ぼんそわー。ゆぬ ぱす なびご でくべっと しるぷぷれ。」 
(Bon soir, une passe NAVIGO decouverte, s'il vous plait.)
さらに以下のようなメモ書きと証明写真を手渡した。

 Passe NAVIGO decouverte
 * 1 Passe  パス1枚
 * Forfait hebdomadaire: Zones 1-5   一週間券 ゾーン1-5 で
 Merci!
 

すると係員が 新しいPasse NAVIGOに乗車券をチャージするのと並行して Carte nominativeを用意し。

この際、Carte nominativeに記名を求められる。人が読めるアルファベットで、名字・名前の順で書き込む。これは 「複製されにくい署名」ではない」ので注意。

係員が証明写真をハサミでちょうど良いサイズに切って貼り付け、透明フィルムで表面をカバーした。 

Passe NAVIGOとCarte nominativeを重ねて透明ケースに入れて手渡された。

今回 ゾーン1-5の一週間券で、Carte Orangeと同様に CDG空港からパリまでのRERの乗車にも利用可能だった。
(どさんこ研究員 様)


 
 
 
購入成功おめでとう! ・・・・貰えるもの

Photo by kaeruno kodomo 
袋いりの状態。

中身。こんなの。

 
 
 
 
現在、殆どの駅が窓口での乗車券の販売をせずに、自動券売機に移行しつつある。
 
1. 自動券売機でクーポンを買う。
Navigo Decouverteの項目を探して選択し、初めて使う際のICカード代としての5ユーロを支払う。するとクーポン券が出る。

2. クーポンを窓口の係に渡し、セットをもらう
passeと carte nominativeのセットを貰える。

3. 写真の貼り付け、ICカードへのチャージは、全て自分でやる。すいている駅で落ち着いて操作するのがいい。

(2009年 明日のJOJO 様)



両面テープを一応持参したが、カードの方にテープが備わっていた。
(2014年1月 カメラマンゆきひろ 様)
1. クーポンを買う
 

自動券売機の言語選択で英語を選び、緑の「OK」ボタンを押す。
(でも、このボタン、みんなが押しまくってるからハゲハゲで色なんてわかりゃしない。赤の「NO」ボタンの反対側にあるし、間違うことはないが)

コントローラーを動かして「購入」を選択。

またコントローラーを動かして 「NAVIGO decouverte」を探す。「NAVIGO decouverte」はグルグル動かして最後の方だった。焦らず、慌てず、グルグル。

「NAVIGO decouverte」を見つけたら、緑の「OK」ボタンを押す。

表示金額を投入すると、クーポンが出てくる。 レジでもらうレシートのようなモノ。

領収証の画面になる。必要なら「Yes」を選択、緑の「OK」ボタンを押す。領収証が出てくる。(領収証は、カルネなんかと同じ磁気テープ付きのキップ状)
(2014年12月 京都のお好み焼き名人 様)


黄緑色の大きな自動販売機で、まずパス・ナヴィゴ・デクーヴェルトを5ユーロで購入。 お金を払うと、t+の切符と同じ紙にパス・ナヴィゴ・デクーヴェルトと書いた クーポンが出てくる。
(2009年 らすかーす・る・ふぃるむ 様)

 
自動販売機はわかりにくかった。

1. 画面を英語表記にしてコントローラ廻す。最初の、「チケット類販売」(上)と 「(リ)チャージ」(下)の画面で「チケット類販売」(上)を選ぶ

2. 緑(Yes、Go)のボタンを押す。

3. コントローラをうんと下のほうまで廻すと、最後のほうに「NAVIGO…」という表示。 そこを選んで

4.緑のボタンを押し、

5. 5ユーロ入れると、クーポンが出た。

(2010年9月 もるのえびす 様)

1'  窓口でクレジットカードで買う場合の操作 

自分でカードを読ませる。クレジットカードを差し込み、(「引く」のではなく) 「押す」 この点は全くの想定外。
(2014年1月 カメラマンゆきひろ 様)

クレジットカードの暗証番号を入力する時、窓口の女性は後ろを向いて、「私は暗証番号見ないから、安心して入力して」と言うジェスチャーをしてくれて、親切だった。(2009年12月 さぁらは27年ぶり 様)


支払いはクレジットカードで。小さな機械に自分でカードを入れ、暗証番号、緑色のボタンの順に押す。

ただしフランスの機械は読み取りが遅いらしく、続けざまにボタンを押すとエラーが出るようだ。操作はゆっくりと、出来れば相手に聞いてからの方がいい。
(2010年 チャロとムウ 様) 
2.窓口で、NAVIGOセットを貰う
 

クーポンをオレンジ色の窓口に持って行くと、ICカードと顔写真を貼るカード、それらを入れるプラスチックケースがもらえた。
(2009年 らすかーす・る・ふぃるむ 様)
3. 再び自動券売機で チャージする
 
切符と同じ自動機を利用。

言語で英語を選択。
パスをぐるぐるマークのところに置き、画面のNAVIGOを押す。

一カ月と一週間用が出る。
一週間用を押す。

ゾーンの数字が出てくる。
希望のゾーンを押す。

画面右下の緑の表示を押す。
料金と使えるクレジットカードの種類(VISA、Master等 JCB不可)が出てくる。

紙幣は使用可。だが釣り銭が出てくるかは不明。

クレジットカードを挿入。
暗証番号、緑のエンターを入力する。

カードがOKならば画面に表示され、チャージが開始される。
分かりにくいがダメな場合は カードエラーの文字出るので分かる。

ただし、チャージには 30秒以上かかる。
チャージ終了の画面が出てから、パスを取り外す。
(2012年10月 山ちゃんバリバリ 様)



シャルル・ド・ゴール空港(ターミナル不明) 
タッチ式の機械で本誌の説明の通り英語を選択していけば、楽に操作できた。

エリア選択で1−5を選択する場合、1を押して、次に5を押す。そこが分かりづらかった。その後、ゾーンとその料金が表示された。

操作中、何かフランス語で書かれた二つの文字のうち一つを選択する。そこで迷ったが、緑色の表示の方を選択したら支払い手続きとなった。

支払いの際、手持ちの日本のクレジットカード(マスターとVISA)は数回ハネられたため、現金で決済した。 
34.4ユーロのところ紙幣で35ユーロを投入し、ちゃんと釣銭が出た。
(2014年4月 山ちゃんバリバリ 様)



同じ券売機に戻り、手渡されたセットのなかからチャージするNAVIGOパスを取り出す。
いわゆる 「ぐるぐるマーク」にセットした。

券売機で 「チャージ」 を選んで画面を進める。一週間用と一ヶ月用のなかから一週間用を選択。

次にゾーンを選択。(1-2ゾーンの場合、1をまず選択して「OK」、2にす すめて「OK」の二段階で選択する)

支払い。表示金額を投入すれば「チャージ」がはじまる。

「チャージ」が終わると終了画面になってカード置き忘れ注意のアラームが鳴る。おわったNAVIGOパスを取る。

領収証発行画面になる。必要な場合は緑の「OK」ボタンを押す。

(2014年12月 京都のお好み焼き名人 様)



NAVIGOのカード等を入手したら
再度 自販機に赴き、チャージする。

1.カードを紫色のぐるぐるロゴ(NAVIGOのロゴ)の入った台の上に置き(日本のSuicaやPasomoのチャージとは異なり、カードは機械に吸い込まれない。ぐるぐるロゴの台の下にあるカード挿入口はクレジットカード類の挿入口で、NAVIGOを入れる場所ではない) 

2.希望する期間とゾーンを選択し、

3.お金を払う

と、この情報が書き込まれておわり。
(2009年 らすかーす・る・ふぃるむ 様)
 
 
 

1. 最初の、「チケット類販売」(上) と  「(リ)チャージ」(下)の画面で、下を選んで

2. 緑のボタンを押し、

3. ぐるぐるマークのところにナヴィゴを置いて

4. ゾーンの選択。 1-2ゾーンなら、
 (1) 1にコントローラで合わせて緑のボタンを押し、
 (2) 2に合わせて緑のボタンを押し、
 (3) 最後の確認でOKして、

5.お金を投入。
 
 

ちなみに50ユーロ札を入れたら受け付けられず、戻ってきた。真新しいものを入れたので、折れが原因ではなく、釣りで紙幣が必要となる場合だめなのかもしれない。

私のカードは、VISAもAMEXも、券売機では反応せず。コインもないので、運良くあいていた紙幣も使える券売機を使った。
(2010年9月 もるのえびす 様)
 
 

MASTERは上手く通らなかった。VISAでうまくいった。駅の係が言うるには、ヨーロッパのマスターカードであればそのような問題はなく、日本のマスターカードだといつもそのようになるとの事。
(?年 はまけろ 様)

窓口で クーポン購入からセット、チャージまで通しでやって、クレジットカード払いするとき

決済は、1名分ずつの場合と、数名分まとめてくれる係員、両パターンがあるようだ。
 
 

1.窓口で 小さな機械に自分でカードを入れ、

2.暗証番号を押す。

3.緑色のボタンを押す。  (※日本と同じ)
 

ただしフランスの機械は読み取りが遅いらしく、続けざまにボタンを押すとエラーが出るようだ。操作はゆっくりと、出来れば相手に聞いてからの方がいい。
(2010年 チャロとムウ 様)



クレジットカードの暗証番号を押すボタンのありかがわからず、サン・ミッシェル駅の切符売り場の女性担当に叱られた。窓口では、お金を入れるトレイの中に蓋があって、そこをめくるとテンキーが出てきた。
(2011年4月/5月 さーの・まかえる 様)


 
 
 
リチャージ

 

Navigo Decouverteを購入後、機械でチャージ。

1. 読み取りセンサー部分にカードを置いて、
2. 1ヶ月か1週間か選択
3. 更にゾーンを選択
4. クレジットカードで支払い、カードのチャージを待って終了。

(2008年1月 etsu et nino  様)

数年年前に作ったNAVIGO Decouverteにリチャージ。

パリ・リヨン駅で。大きな駅だが、AFバスのバス停を降りた右手にあるメトロの階段を下りるとすぐに改札。周りに自動券売機が並んでいた。

早速そのうちの一台 (写真入りで、らすかーす・る・ふぃるむ様が報告されている機械)でリチャージしようとするが、うまくいかない。

そこで、紫の「ぐるぐるロゴ」が大きく出ている別の機械で試すと、今度はうまくできた。

月利用か週利用かが表示されるが、曜日だけでなく対応する月日も表示されてわかりやすい。今回はパリ市内だけでなく、フォンテーヌブローへも2往復予定なので、ゾーンは1-5とした。フォンテーヌブローは以前ゾーン6だったが、6自体がなくなったらしく変更されている。

(当時)33.9ユーロをVISAで支払った。

(2012年?月 らっきーひつじ 様)
チャージできる時期は? (現在、報告では、ケースがいろいろ。)



木曜日、その週の分のチャージができた。
木曜パリ着で、日曜までのチャージをしたかったが、海外の掲示板でも、木曜日にその週分のチャージができる・できないと意見が判れていた。たぶんダメだろうと思いながらも機械を操作してみたところ、その週の分も、次週分も、チャージ可能だった。
(2014年10月  柑橘茶荘 様)


日曜に、月曜からのNAVIGOのチャ−ジを窓口でできた。
(2011年5月  えいとま 様)


木曜購入。が、マドレーヌ駅の窓口では、翌週分からしかチャージできないと言われ、がっかり。
(2011年4月/5月 トンブリ・シュバリエ 様)



シャルル・ド・ゴール空港駅窓口で 「翌週分のリチャージ開始日はいつか?」と尋ねたところ、「金曜日以降」との回答。土曜にマドレーヌ駅へ行き、リチャージを窓口でした。(2008年1月  Rod・ロッド  様)


  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
トップ > 交通 > 各種切符の比較と詳細 > NAVIGO > 購入 基本の流れ