トップ > 交通 > RER > 駅の階段
  

Paris の 交通 乗り物詳細
RER エール・ウー・エール 高速鉄道  駅の階段
 

 
駅のアクセシビリティ 階段、 荷物の苦労
日本もそうだが、まだ施設整備が済んでいない駅もあり、リフト(エレーベーター)、エスカーレーターは完備ではない。
スーツケースがある場合、注意。手伝ってくれる人はいるが、スーツケースの旅行者をねらったスリも多発しているので、荷物が大変なら、RERやメトロはすすめない
 
 
私達のスーツケースも、2人とも比較的小さめ(縦50cmくらい)だったので、階段も苦にならなかった。

一番の難点は改札。自分と荷物をはさんでバーを回すのは一苦労。

(2008年 ちこchika 様)

改札を抜け、さらに階下のホームへ行くと、いろいろな人がいる。怖い感じはないが、一応壁際に立ち、両方向から来る人を見えるようにして待つ。電車はほぼ10分おきに来ることを調べておいた。

ホームには、次の電車がどこに止まるか電気がつく電光掲示板がある。自分は終着駅まで行くが、確認のため、路線図上の止まる駅に丸をつけておく。

(2008年4月 かおゆかごん 様)

リフトがないので、車椅子の人を二人が持ち上げて階段を昇っていた。
(2009年6月/7月 lovely marty 様)
空港→パリ市内

別に大して危険はなかったが、エスカレーターはあっても一方通行の場合があった。上りだけとか、あるにはあるがなぜか閉鎖中とか。
(2009年10月 アヒルどこかで 様)


駅構内は、荷物をほとんど考慮していないつくりだ。

スーツケースをもっている人達は、階段の上り下りでかなり難儀していた。個人旅行で列車の移動を考えている人は、スーツケースは避けた方がいい。

いつも思うのだが、特に女の子で自分の体の半分以上もあるような大きいスーツケースを持っているのを見ると、危なっかしくてしょうがない。

ちなみに僕の荷物は今回キャリーケースと小さなバッグ一つだけ。かみさんもキャリーケースプラス小さ目のボストンバッグのみ。はっきりいって1週間までならこれで十分なのだ。
(Tnoel様 2002年1月)

空港駅、北駅やシャトレのような駅は大荷物専用の出口があるが、普通のメトロの駅だと、自動改札が、スーツケースの前に立ちはだかる。ドア式のはまだいいが、回転バー式はかなり大変。パズルだ。係員のいる窓口があるところなら、通路をあけてもらえるが。

オペラ、シャトレ、バスティーユ、リピュブリックなど、複数の路線の交わる駅の乗り換えは特に大変。
 
私はいつもけちった時に泣いている。女性は迷わず安全を金で買って。

楽しい旅にするために。今のパリでは、絶対自分は狙われていると思ったほうが賢明
(?様)

ナシオン駅

ホームから改札までいくつか経路があり、長大な階段になっているところもあれば、エスカレーターもあった。エスカレーターを探して辿って行けば、階段を使わずに済んだ(ただし、ナシオンから乗った時は違った)。

改札は私のスーツケースは通った。というより、もしスーツケースが通らない幅だったら、私自身が通れないが。出口は二方面あった。
(2009年10月中旬 アヒルどこかで 様)
 

シャトレ駅

シャトレまで段差なしでいけた。すべてにエレベーターありでとても楽。こんなにスムーズでと驚き。シャトレ近くに泊まるなら、次もRERを利用したい。

(2009年 c1225peko 様)
 

RERの乗り場自体は、基本的には空港内にあると思っていい。空港内では、迷 うことも、早朝でも治安面を心配されることもない。
 
どのターミナルに着くかにもよるので、距離についてはなんとも言えませんが、たとえばエールフランスの着くターミナル2Fの場合で たら、近いとは言えませんが、動く歩道(平らなエスカレータみたいなやつですね。カートごと乗れるでかいやつ) があるので、そんなにしんどいことはなかった。
 
問題は駅に着いてから

RERのサン・ミッシェル - ノートル・ダムの駅だと、かなり地下深い。途中まではエスカレータがありますが、最後の最後で階段(それも、幅が狭い!)  しかないので、 荷物が大きいと、かついで上るのは、それなりにしんどい。

時期によりますが、パリは日本より緯度の高い分、冬場など、日の出はかなり遅い時間です。(私がこの前1月に行った時は、8時でも暗かった!) 駅に着いて地上に出ると、まだ暗いという可能性もありますので、ご注意を。
  
RERの駅は出口を間違えるとかなり遠くなるので、ホテルまでの道順や付近の大きな通りの名前は予め頭に入れておいて、一番近い出口に出られるように。サン・ミッシェルの駅は、地上に出るとノートルダムがでーんと見えるので、方角はわかりやすい。
(elysee様)

B、C サン・ミッシェル駅
 
B線沿線ということでサン・ミッシェルのホテルを選んだが、サン・ミッシェル駅は階段しかない上、C線ホームを経由して相当深く下りなくてはB線のホームに辿りつけず、帰国時のB線利用を諦めた。
(2009年6月下旬 いくぞう123 様)
 
 

RERのサン・ミッシェル - ノートル・ダムの駅だと、かなり地下深い。途中まではエスカレータがあるが、最後の最後で階段しかない。それも、幅が狭い! ので、 荷物が大きいと、かついで上るのは、それなりにしんどい。
  
RERの駅は出口を間違えるとかなり遠くなるので、ホテルまでの道順や付近の大きな通りの名前は予め頭に入れておいて、一番近い出口に出られるように。サン・ミッシェルの駅は、地上に出るとノートルダムがでーんと見えるので、方角はわかりやすい。
(elysee様)

 
 
 
 
 
スーツケースでRERは迷惑?! 自分もソン?! 地上でもたいへん!
安いから、といって、大きなスーツケースでRER、、改札や階段で大変なので基本的にすすめない。

みなは確かに手伝ってくれるが(基本的にそういう習慣があるので)あまり最初からあてにしないよう。そのために、エアポートバスや送迎バン、タクシーがわざわざ運行されているわけだ。 

治安の面でも、大きな荷物をもった日本人を狙って、スリ、かっぱらいが頻発している。(本誌でもかなりの数の経験談をもらっている) とっさに動けないので、よいカモである、としかいえない。

安く周遊したい若者バッグパッカーなら、RERはおすすめだが、ブランドものを買ったり、レストランで食事したり、高い航空券代が払える日本のお嬢さんでしたら、こんなところで 2千円ぐらいケチらず、RER以外の方法を検討しよう。


 
 
 
 トップ > 交通 > RER > 駅の階段