ップ > パリ >  クルーズ基本編 > 検討2 どの船に乗るか > バトビュス Batobus
  
クルーズ基本編
へ戻る 
Paris セーヌクルーズ
バトビュス Batobus

22 Sep.2015 経験談追加、再調査
 


 
 
 
 
URL http://www.batobus.com/
  バト=船、ビュス=バス、の意)

バスのように、9カ所の停留所をまわる船。観光にも小移動にもよい。

経験談
乗ってみました! 経験談は こちら (別頁)
メリット 安くセーヌクルーズ+移動ができる。朝晩両方のることもできる。乗り場が複数あるので、移動をかねられる。行きにくいところにダイレクトでいける。眺めがよい。安い。

Photo by kayorin.yuppie
デメリット 一方向(反時計まわり)まわる。といってもパリは対岸には橋をわたればいいが・・
ヴェネツィアのヴァポレットとは違い、停留所の数は少ない。バス停の場所はしっていないと見つけにくい。

船内にデッキなどはない。(全後部に少しだけスペースはあるが、狭い)
ガイドや音楽、食事はない。

増水すると、運休など影響がでることがある。

半温室状態なので、夏の午後などは暑い場合がある。


けっこう小さい

Photo by kumagoro

運航期間 前は春夏中心だったが、ここ数年は、真冬も、鋭意?運航中。

まれに増水で運航停止になる場合がある。

ダイヤ 直営URLに時刻表あり。
http://www.batobus.com/en/timetables.html

乗り場が複数あるので、始発・終発は、乗り場によって違う。

だいたい15〜30分間隔。まぁ 路線船なので、時刻はずれることが多い。ゆったりとした気持ちで利用しよう。


数年に一度、セーヌ増水の時など、影響がでることがある。

セーヌの大幅な増水により (En raison de la forte crue de la Seine,.. と
乗り場の張り紙に書かれていた)、乗り場がエッフェル塔、オルセー美術館、ルーヴルとシャンゼリゼだけになっていた。

17時半にオルセー美術館前の船着場へ行ったが、30分程待っても船が来なかった。それ以上寒空の下待つのは無理だったので諦めて、ヴデット・デュ・ポン・ヌフ社に乗ることにした。
(2011年12月/2012年1月 tarte aux fruits de saison 様)
夜景観賞のため21:30 エッフェル塔発のバトビュスに乗船した。

サンジェルマン停で下船したかったが、何か事件が起きたらしく、警察が停車場にいて、下船できなかった。次の停車場まで行くことになった。
(2012年5月 SHINO 623 様)
時間通りに着かないし、定刻スケジュールがあってもそれ以前に出発してしまう。「OH NO〜!」といっている外国人も多かった。船が着いていたらダッシュ。出発時刻なんて守っていない。
(2007年6月 lisa may24  様)
ルーヴルの乗船場から乗ろうとしたら、結構早い時間で終わりになっていた。ちゃんと時刻表をチェックしてから行った方がいい。
(2008年11月 クレープ大盛り 様)
 
切符売り場 あまりガチガチになって手配しなくても、乗船場で十分

http://www.batobus.com/en/point-of-sales.html

バトビュスの停留所9つのいずれか ★おすすめ

・シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1、 ターミナル2、オルリー空港などの観光局

・パリ市内の観光局 

・パリ・オープン・ツアーバスの事務所

 
※特殊な乗船券によっては、特定の乗船場で発券するものがあるので注意


料金
tarif
 2015年 大人
Adults
子供 3〜15歳
Children
割引適用*
1日パス 
Forfait 1 jour 
フォルフェ・アン・ジュール
1 day pass
16ユーロ
(注)
7ユーロ 10ユーロ
2日連続パス 
Forfait 2 jours

フォルフェ・ドゥ・ジュール
2 days pass
19
10 12
Forfait 5 jours consecutifs
5日連続パス
-
-
-
Forfait Annuel 
年間パス
2015年1月1日〜12月31日有効
60 38 -

*学生証、国際学生証、Imagine Rなど
 


・インターネット購入の場合、 乗船場で乗船券への引き換えが必要。

・年間パスは、バウチャーと身分証明用写真を準備し、オルセー乗船場で発券。


注: この数年、値上がりが激しい。各社の 食事なし1時間クルーズよりはるかに高くなっている。船体の条件はあまりよくないので、そう長い区間を乗らない場合、よく考えること。


前にあった、区間切符、1回乗車券、季節パス、1ヶ月パス は現在は 設定なし。
子供料金の設定年齢が以前と変わっているので注意。
パリ・オープンツアーパス、パリ・ヴィジット 所持者の割引 も現在は 設定なし。


差額が小さかったので、2日券を購入。1日目は夜のセーヌ、2日目は朝のセーヌと利用して、違う表情を楽しめた。
(2007年11月 吾亦紅 様)
 
コンビ券
パリ・ア・ラ・カルト Forfait Special Paris A la Carte 巡回型観光バスオープン・ツアー2日券
+ バトビュス2日券
大人 45euro 
4-11歳  20euro 

同 3日券
大人 49euro 
4-11歳 20euro
パリ・ア・ラ・カルト・プラス(プリュス、プリュ) Forfait Paris Paris 
A la Carte Plus 
巡回型観光バス オープン・ツアー2日券(28euro相当)
+バトビュス2日券 (13euro相当)
+市内〜空港のエールフランスバス 往路片道
A10、11.50euro相当)
-
同  エールフランスバスが往復 -

・シティラマ 1区ピラミッド通り支店にて販売 (Cityrama Gray Line Paris office,  2, rue des Pyramides )

・ParisVision パリヴィジョンのWEBで Paris A la Carte  2日 39euro、 3日 42euro

http://www.batobus.com/en/paris-a-la-carte-pass.html

http://www.pariscityvision.com/jp/parisalacartebybusandbyboat2days



 
 
 
パリ・ア・ラ・カルトを申し込んだところ、切れているとかで、店をたらいまわしにされた。2時間無駄にしてしまったことが悔やまれる。(日本のデスクとおもって油断)
(2006年8月 ぼんマイキー 様)


パリ・ア・ラ・カルトを買えば、パリを2日間攻略するには、かなり強力な武器になる。
(2007年8月 べるサイユの花火大会 様)

オープンバスとバトビュス。すべてインターネットで予約・購入ができた。
個人で手数料なしで思うがままに旅の手配できる。
(2008年5月 opium えぬ 様)
 
 
 
乗船 予約なし。早いもんがち。夏だけ並ぶときがある。降りる人が少ないときは、乗れないこともある。


Photo by kumagoro
 

 

乗り場 セーヌを反時計回りにまわる。岸を右手にみる。(ただし、もちろん左にも対岸が存在はしている)

乗船場は 8→ 9に増えている。Beaugrenelle が増えた。

乗船場詳細は こちら

 


  
 
 
 
ガイド フランス語のマイク案内。丁寧というものではないので、自分でガイド本や他クルーズ船のサイトの日本語解説などをみれば十分。
撮影 ガラス張りなのでOK。ただしガラスは汚れている。
船尾は小さいスペースだが、オープンエアあり。フランス国旗もあるので、こちらも写真むき。
夏の昼間は、温室状態。日焼け止め、水、防止、扇子 必携。
バスみたいなものなので、とくに河岸に、売店などはない。
道路ばたから河岸に降りていくので、近くに飲料を売っているスタンドなどは無い。
ツアーで しいていえば、一部 Paris Visionなどで これを組み込んだ商品がある。

ただ、いちいちバスツアー発着所にいっている意味がないので、とくにツアー商品を探す必要性、メリットは、薄いとおもう。

ツアーの申込みのヒント・方法・割引の裏テク

  → オプショナルツアーの基礎知識 参照


 
 
 
 
 
 
 
 
催行元 コース番号 催行曜日
■催行なし
大人 子供 ことば 出発 所要 ホテル送迎
Paris Vision社

パリ+バトビュス
Paris+Batobus

PH 2007
4/1〜
毎日
2007
34euro
2007
17euro
14ヶ国語テープ
日本語
9:00, 12:00 1h30 なし


バスの市内観光(1h30) + バトビュスの乗り場で解散。

バトビュスの1日券(11euro相当)つき(別の日に使ってもよい) 


 
 


 
  
ップ > パリ >  クルーズ基本編 > 検討2 どの船に乗るか > バトビュス Batobus