トップ > 交通  > エアポートバス・バス > RATP バス 351番
27 Feb. 2011 / 21 Jul.2012 経験談追加
9 Aug.2014 経験談追加、再調査
 


帰国された方、追加情報・訂正、がんがん お願いします。
直行フォーマットから (件名に パリの交通 とでも入れておいてください)  



バス 351番  Nation ナシヨン〜 CDGターミナル1,2

http://www.ratp.fr/horaires/fr/ratp/bus

  
路線図PDF
http://www.ratp.fr/informer/pdf/orienter/f_plan.php?nompdf=351&loc=bus_banlieue/300

 
 時刻表PDF
http://www.ratp.fr/informer/pdf/orienter/f_horaire.php?nompdf=351&loc=bus_banlieue/300




向いている人
 
□ バックパッカー、軽装

□ スーツケースではない

□ ヒマ。体力あり。遊山がすき。ゆっくりのんびりもまた一興、と楽しめる人。

□ パリで、Nation付近 泊。


 
 
 

経験談
 

パリ〜シャルル・ド・ゴール空港

351番に乗った。メトロのカルネ3枚だった。
(2014年6月 御輝・トロワ・モワノー 様)
シャルル・ド・ゴール空港〜ナシオン付近のホテル

ド・ゴール空港から、CDG-VALに乗り、ターミナル3 (ロワシーポール)で降りる。
右に進み、ターミナル3(イビスホテル)方面出口から外に出ると、バスターミナルがある。

バスターミナルのE乗り場から、1時間に2本ほど出ている。

ポルト・ド・バニョレ停で下車した。ポルト・ド・バニョレ行きは土日祝日のみしかないので注意。

(2012年3月上旬  えりぴゅ 様)
(パリ12区)Hipotel Nation (旧Terminus Nation)


メトロ Cours de Vincenne の出口の目の前。さらに空港行きの351番バスの停留所も目の前。
(2010年12月上旬 マグカップ49 様)


メトロ1号線Porte de Vincennesポルト・ドゥ・ヴァンセンヌ駅から徒歩約1分。
メトロの駅前なので、観光には不便はしない。バスは26番、64番、86番、351番、PC2番が近い。
(2008年1月 もみの木573211 様)

ナシオン付近のホテル→ド・ゴール空港へ

20時過ぎの便だったので、17時頃まで市内を散策して、ホテルに戻る際にバス停を確認。しかし、ナシオンはバス停がたくさんあるので、どれだかわからない。

RER利用の予定を変更して、急遽、この路線に乗ることにしたので、バス番号も「三桁だったよな」くらいで、不確か。

バス停の裏側にある路線図をじーっと見ていると、年配男性が「何探してるの?」と話かけてきた。ロワシーに行きたい旨を伝えると、AV.du Trone(Cours de Vincennes)に入ったすぐのバス停を指差して、「あそこ、351番」と教えてくれた。

18時に乗車、カルネを3枚刻印、車内中ほどの2人がけ席に着席。1席分は荷物が占めているような状態で「混んだら肩身がせまいな」と心配したが、乗降者 は多いものの、最後まで満席になることはなかった。それどころか、路線半ばを過ぎた頃、急に運転手が振り返り、「君、ターミナル2Dだったよね」と叫んだ ので、びっくりして「そう、2D」と言って周りを見回すと、他に乗客が誰もいなかった。

そこまでは、帰宅時の渋滞と各駅停車の乗降で、何時間かかるのかとヒヤヒヤしたが、ひとりになってからはタクシー状態で、ターミナル2Dへ直行。所要1時間弱。19時までには着きたいと思っていたので、まぁ予定通り。

ナシオンは、観光地ではないから案内所とかないので、わからなかったら通行人か店員などに尋ねてみるしかない。英語が出来る人だったら運がいいが、フランス語がまったくわからなかったりすると、ちょっときびしい。

機内持ち込みサイズのキャリーバッグと持ち歩き用バッグだけだったが、それでも、他の乗客の邪魔にならないかちょっとヒヤヒヤした。大きなスーツケース持参だと、時間帯によっては難しいかも。本人の度胸次第だが。

ただ、普通の住宅地を通るバスで、乗客の人種も様々たが、危険な感じはしなかった。

(2010年?月 シエスタ613 様)
パリ市内→ド・ゴール空港  

メトロ3号線の終点 Gallieniから地上にでた所からも乗車できた。ここからだと空港までカルネは2枚でよい

(2010年?月 モザンビークのサモラ 様)

メトロ Cours de Vincenneに 空港行きの351番バスの停留所もあり。

(2010年12月 マグカップ49 様) 

シャルル・ド・ゴール空港〜パリ市内

のどかな住宅街を通って行く。350番と雰囲気がかなり違った。

(2010年1月  うーもとい う 様 様)

シャルル・ド・ゴール空港〜パリ市内

宿泊先がナシオンの近くだったので(勇気を出して)351番の市バスを選択。

空港では CDG-VALに乗って 「Terminal3(Roissypole)」まで。VAL乗車口近くの案内所でバスのターミナルを教えてくれた。

バス・ターミナルは意外と大きく、乗車場所が分からなかった。今度はバスターミナルの案内所へ。

351番ということ、乗車場所を教えてくれた。多分。(あまり聞き取れなかった)

適当にターミナル内を歩くと、偶然351番バスが停車しているのを発見。運転手がいなかったので戸惑ったが、乗車。

運転手が来たのを確認して、持っていたカルネを3枚を、刻印機で刻印

肩身狭くなるのかと覚悟していたが、混み合うこともなく、終点ナシオンまで。私のほかにもう1人大柄の白人男性もスーツケースを持っていた。
 
 

ナシオン〜シャルル・ド・ゴール空港

ロワシーバスが値上げしていて高かったことと、バッグパッカーで荷物が大きなリュックだ けだったので、バスを利用することに。前日にナシオンで空港行きのバス停を探したが、中々見つからなかった。(確かスーパーカジノの近く) 当日は確認し ておいたバス停でバスを待つ。時間に遅れることもなく、来た。 「ターミナル2E」まで、と伝え、乗車。

多少 人数が増えるも、危惧していたほどでもなく、あの混雑した空港内もぐるぐる周りながらターミナルへ。
 

バカンス中ということもあって人も少なく、快適に目的地まで行けた。運賃も他の手段に比べると、割安ですし、思っていたよりも悪くない。 
(2009年8月 guriえgura 様)

空港との往復。

バスターミナル(シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル3)→市内→ターミナル1→ターミナル2→バスターミナル(空港ターミナル3)の順に停まった。

料金は、切符3枚。

空港から利用するなら、(割高だが)車内にて切符3枚を買って乗車することもできる。でも、複数人数or/and往復利用、または予算重視なら、ターミナル3まで移動し、RER改札前の切符売り場にてカルネを買うと良い。カルネでも3枚。

空港までは
日中は1時間に2本の割合で通る。所要時間は、渋滞が無ければ40分程度。


途中、ガリエニにて検札官が多数乗りこんできて、検札あり。乗客の切符のチェックをされた。
(2008年 stay kukuku 様)

 
 
シャルル・ド・ゴール空港〜市内  20区ユースホステルAuberge de Jeunesse へ

351番Nation行きバス。カルネ3枚。
(2007年9月 KEMEKO au bois dormant 様)
バス停がわからなくて、右往左往した。結局目的の351番のバス停はわからず、ロワシーバスとメトロで目的地へ。
(2006年3月中旬 ポムパン 様)
パリ→シャルル・ド・ゴール空港

とにかく時間がかかった1時間半は見ておいたほうがいい。昼前に出る飛行機に乗るために朝早く利用したが、スーツケースを持って乗っていたのは私たちだけ。他はみな通勤客。
 
パリの街中を抜けると、一戸建ての家ばかりが建つ住宅地を通った。この辺りまでくると1時間近く経っているので、ほんとにこのバスは空港へ行くのだろうか? と不安になってきた。ようやく空港の見慣れた風景に。

が、ここからがまた長く、貨物地区をぐるっと一巡。そのあと、やっと、旅客ターミナル到着。
 
バスはもちろん街中を走る路線バスだから、ロワシーバスのように荷物置き場なんてない。スーツケースは、遠慮がちに隅っこに。
 
ナシオンのバス停は、路線で乗り場が異なる。前日にでも確認しておいたほうがいい。

某ガイドブックでは、空港発着所はRER駅となっていたが、ターミナルで降りられた。カルネがたくさん余っていて、かつ時間がたっぷりある人向きのバス。
(pikamam様)

循環バスでは「ロワシーポール、ターミナル3」と言って同じ停留所になっているのもあった。(ホテルイビスのあたりに停まる)。市内行きの351のバスに乗るには、ここで乗り換え。

2003年2月にこのバスを使った時、T9(現ターミナル3)、ホテルイビス、ロワシーポール、そしてターミナルの関係が解らず、「351に乗りたい」と人に尋ねるたびに「ロワシーポールで降りろ」「ターミナル3まで行って乗り換え」とか言われるので、混乱した。ううっ ややこしい!
(はづきあづき 様 2003年)

パリ市内→シャルル・ド・ゴール空港

市内→ドゴール空港の場合は、時間を問わず結構混んでいるようだ。私が利用した(ポルト・ド・モントルイユ→CDG)のは、平日の昼12時すぎだが、このような時間にも関わらず、席の8割が埋まっていた。


ただし、このバスで空港まで行く人は滅多にいないようで、私が乗った時は私だけ。

また、完全に郊外に行くまでは、ガリエリ、ポルト・ド・バニョレなどのターミナルでかなり乗 り降りが激しい路線でもある。大きな荷物を持つ人には使いにくい。空港行きのバスとはいえ、荷物置き場もないし、置けるような場所も非常に 少ない。大荷物を持っていると顰蹙を買ってしまいそうだ。小型スーツケースひとつでも結構気を遣った。

また、この路線は外周道路を走る部分が多く、そこではかなりスピードを出す。しかもカーブが多いので、荷物のキープはもちろん、立ってる人も自分の位置をしっかりキープしないといけないほど揺れるので、注意が必要。

往復乗ってみてわかったのは、
市内→シャルル・ド・ゴール空港(1時間に2本ぐらいありました)の場合、シャルル・ド・ゴール空港構内に入ってからターミナルを順番に停まって(循環バスと同じ)客を降ろしていく(ただし、ここからは乗せないようだ)。

そして、ロワシーポール(ターミナル3)のバスターミナルが終点になり、ここでバスは出発時間待ち。

シャルル・ド・ゴール空港→市内へ使う時は、バスターミナルから乗るのが確実ということだ。確かに私が往路に使った時も、バスターミナルに351番バスが2台いて出発時 間待ちをしていた。乗車後、20分して漸く発車した。
(はづきあづき様 2003年2月)

空港→パリ
 
あらかじめ調べていった路線図では、ターミナル内循環(一方通行で)で街に戻るようだったが、ターミナル2の案内所で乗り場をたずねたところ、空港循環バスでロワシーポールまで行って乗り換えろと。
 
なんで?と思って、もう一度別の人に聞いたが、この人は「その方が確実なのだ」という答え。 それでそうすることにした。
 
ロワシーポール(ホテルイビスのあるところ)は現在、循環バスでは「ターミナル3」という停留所名になっている。注意。
このターミナル3で降りると、近くにバスターミナルがある。そこで街行きの路線バス(351)に乗り換える。
 
市内までは 切符3枚。1時間程度は十分かかり。空港線から、空港バスが走るサンドニ経由の路線ではなく、もう少し外周を走る路線をとる。たぶん外周道路沿いに行くにはこのほうが近いのか。
 
よほどマッチした状況でないと、このバスを使う人はいないと思うが、もし参考になれば。
 
ちなみに、ターミナル2のバス停付近には、カルネを買えるところはなかった。切符は、いきなりバスの運転手さんから3枚買うことになる。
(はづきあづき様 2003年2月)
空港内の巡回バスに乗って国内線用のT9へ行き、そこからRATPのバスに無事乗り込む。のんびり街中をみながら、市内へ、切符3枚分(3.90ユーロ)で格安。
(Lamb Chop 様   2002年6月)
荷物の大きさや量、ご自身の腕力や体格、度胸、にもよるが、もしスーツケース持参なら、路線バスはあんまりお薦めできない。
(とりcacao様)

 

 トップ > 交通  >  エアポートバス・バス > RATP バス 351番