トップ > 交通 > 各種切符の比較と詳細 > カルネ
  

Parisの交通  切符 詳細
切符比較編
にもどる
カルネ(キャルネ) Carnet 回数券
単券 Ticket T++
 

 
30 Dec.2014 再調査
3 Oct.2015 経験談追加
8 Oct.2016 再調査
○追加情報、訂正:  直行フォーマットから  件名 「訂正・追加情報」を選んで 記載ください。

○乗物についての新規ご報告: 直行フォーマットから 件名 「情報提供です」 を選んで記載ください

 


毎年7/1か 1/1に値上げあり。各自最新料金は RATPHPで確認を

http://www.ratp.fr/fr/ratp/c_20588/ticket-t/


 
 
 

券の概要
パリのメトロ(地下鉄)、RER、バス、ケーブルカー などで使える。

切符1枚だと ビィエとかティケと称する。

10枚セットになると、カルネ(キャルネ、キャふネ) という回数券扱いの値段になる。回数券とはいっても、単切符が単純に10枚になったもの。JR西日本などの自動券売機でててくる回数券と同じ。

定期などと違い、所有者の制限はない。これも日本の回数券と似ており、同行者とシェアして使ってもよい。

磁気がおかしくなり、自動改札等を通れないときがよくある。文句いわずに、肩をすくめて係り員に交換してもらえばよい。 よくあることらしい。
 

■モンマルトルのフニクレール(ケーブルカー)でもカルネを使いました。
(itoito様 2002年1月)


 
有効期限
基本的に、無期限。

料金改定前に購入したもの(色が違うので分かる)も、交換すれば使える。(本ぺージ下部参考)

制度や切符デザインの変更後も、街中のタバッキなどで古いものを売っていることがある→使えることが多いが、ドライバーに確認したほうがよい。


 
料金
毎年値上げあり
2016/8/1〜
4歳未満 10歳以上〜大人 割引回数券  demi-tarif
 reduit※
10枚回数券 キャルネ
Carne de 10 ticket t+
 
通常大人料金
tarif normal
無料
14.50ユーロ
窓口販売のみ
7.25ユーロ
1枚券 (単券)
(ビィエ Billet、Ticket T++)
乗り換えなしのバス
無料 1.90ユーロ  なし

1枚券 (単券) 

車内販売用 

Ticket d'Acces a bord

乗り継ぎ不  券

Ticket d'accès à bord (sans correspondance)



2.00ユーロ
夜のバス
Noctambus

 
 
 

※ 割引回数券
4〜10歳未満用。 (本ぺージ下部参考)  購入時・乗車時とも、年齢証明するものを携帯する。
http://www.ratp.fr/en/ratp/c_22593/tarif-reduit/

ほか、シニア、身障者への割引も存在する。


・大人用カルネは自販機で買えるが割引回数券は自販機では買えない。窓口で。「あん・かるね、ぷー ぞんふぁん しるぶぷれ〜  (カルネ1式、子供用、お願い)」
(pikamam様 2003年)

・4〜9才の子供や、大家族、その他の特別割引証明のある人のみ。
(ライオンキング様)

駅頭で、これを悪用した切符売りつけ詐欺があるので、注意。人から売りつけられても買わないこと。また購入時に、他人に自動券売機を操作させないこと。




パリで、間違って子供用のメトロのカルネを購入し、使用してしまった。
罰金を受けた。

「どんな理由であれ、違反はかなり高い罰金を取られる」と本誌経験談にも散々書かれていたことなのに。
最終日で疲れていたこともあり、ぼーっとして金額が安いなあと思ったのに
確認せずに購入し、使用した。1.4ユーロの切符に、34ユーロの罰金。

大人用に出来ないかと聞いたが「駅で聞いてくれ」と言われ、駅で聞くと「残念だけど無理」と断られた。
言葉が不自由とかうっかりしてとか、そういう事情は一切聞かず「ダメなものはダメ!」。
高い授業料だったが、なんだかある意味スッキリハッキリした対応だと思った。
多分、使用前なら交換してもらえたのだと思う。疑問に思ったら必ず確認すること。

(2015年5月 木の葉camino 様)

メトロ: 市内 1枚

RER: 市内 1枚 郊外へのRERは 2枚以上、所定の枚数が 必要になる。

      RERの出札口は無人である。日本のように、車内・下車駅では清算できない。
    つまり入るときに適正な切符を持っていないと、下車駅で出られなくなるので、注意。

    乗り越しという概念もない。罰金扱いになる。

    旅行者としては、乗る駅で適正な切符を買うこと。




バス: 市内1枚、ただしすこし長距離になると2枚。
    バス停・車内の路線図に切符枚数が色分けされている。



 
 
 
2007年7月からの制度変更
・「Ticket t」の名称が「Ticket t+ ティケ・テ・プリュス(プリュ)」 に。
 
これまで路線バスとトラムでは「1回限りのみ有効」だったが、今度から乗り継ぎ(les correspondances ) が1時間30分以内なら有効」と変更された。

ただ、バスやトラムと、メトロやRERとの間の乗り継ぎは、従来通り適用されないようです。

※Ticket t+(1枚)で乗り変え可能。
・メトロ+メトロ  métro/métro

・メトロ+RER(パリ市内) métro/RER et   RER/RER dans Paris
 
・路線バス+路線バス(夜間運行バスや一部路線除く)

・路線バス(〃)+トラム(T4を除く)

  bus/bus, bus/tram et tram/tram pendant 1h30 entre la 1ère et la dernière validation  (バス/バス、 バス/トラム、トラム/トラムの場合は、最初に刻印してから1時間半以内)

 

"t+"の利用法についてはRATPのこちらのページ(英語バージョン)にFAQの形で掲載されていました。同じ路線・バスでの使用についてはFAQの7)と8)に。 (戻りに関しては No との記載が。)
http://www.ratp.info/touristes/index.php?
langue=en&rub=decouvrir&cat=ticket-t&page=questions
(ユンヌフルートガナ 様)

6年前の使い残しのカルネ6枚があったので、今回は滞在期間が短いのでカルネを購入すれば十分足りるだろうと思っていた。

しかし、逆方向のバスに乗ったり、Ticket T+の乗り継ぎをメトロ+バスが使えるものだと勘違いしたり、あっという間になくなった。

最終日はモビリスを購入したが、最初からNAVIGOにすればよかったと思う。
(2011年3月 ももいろ真珠 様)
Ticket t+をバスで使ってみた。

最初に乗車したバスで乗車日付と時間(時分)と乗車路線番号が刻印された。
このチケットを次の乗継バスで (最初の使用から1時間30分以内なら乗り換え可)は、乗車する際に再度刻印機に挿入する必要があります。そうすると路線番号が追加されてチケットに刻印されます。

乗継の場合でも刻印機に挿入しないと運転手に注意されました。運転手は乗継だろうが最初の使用だろうがチケットの有効性を刻印機に挿入させることでチェックしているようです。このようなチェックを徹底するためだと思いますが、乗車する場合は前乗り(運転手脇)しかできなくなっていました。

昔はバス中央部のドアを外から開けるボタンがありましたが、今はありませんし、バス中央部の乗降ドアには外から見ると進入禁止マークがしっかり表示。刻印機も当然ながらバス運転手脇にしか設置されていません。
(2007年8月 COCOSタンパン  様)

バス→バスの乗り継ぎを試した。

OKだった例(2回とも改札機を通過しました)

・39番バスセーブルバビロン→バラール乗換→42番バスでOpera降車
・94番バスRue du Cherche Midi→コンコルド乗換→52番バスで凱旋門降車
2回目の改札では切符に系統番号だけが印刷されます。


ダメだった(改札機で赤ランプが点き、ブザー)
・モンマルトルバス北行きにアベスあたりで乗車、終点Mairie du 18e Jures Joffrinで降り、もう一度Pigalle行きに乗った場合
・65番バスレピュブリック→Filles du Calvaire乗換→96番バスでサンミッシェル下車、もう一回サンミッシェルで96番バス南行きに乗車したところでブザー。1時間は経っていませんでした。

同じ系統に2回乗るのがダメなのか、そもそも3回にわたって乗るのがダメなのか、そこは良くわかりませんでした。
(2007年8月 すビバせんね 様)
 


 
 
購入場所
一部のホテル
Hilton Paris la Defense
ロビー階に、パリ・ヴィジット、ミュージアム・パス、
カルネ等の自販機があった。値段は正規と同じ。
(2013年7月下旬 だいだい武者 様様)
タバッキ(タバコ屋) 対面販売。  フランス語会話度★
街路に、RATPマーク(青緑の切符の看板)のあるタバッキ。日本でも、バス停近くのタバコ屋や売店で 回数券を売っているのと同じ。英語ができない店員も多い。さっさと買おう。基本は現金。小銭。
街中のTABACで。 「あん かるね すぃるぶぷれ〜」 だと TABACでは何の回数券?(たぶん)と聞かれるので めとほー (metro) と答えればOK。 (2004年7月 さぼてんの華 様)

カルネは駅の窓口が混んでいるようだったので、RATPの看板がでているタバコ屋で購入。(2012年7月 たけ12 様)

 
シャルル・ド・ゴール空港の観光案内所



ターミナル2E 到着フロアの観光案内所  カルネ1冊、15ユーロ※ (値段表示あり) ちなみに10枚まとまって密封された袋入り。 モビリスも販売。

定価(13.70ユーロ) より高いが、このときは350番バスでパリ都心に向かおうと考えており、1枚2ユーロでバス運転手から t+チケット(単券)を3枚 車内で買うよりはずっといいか、と考えた。詐欺にも遭わないし。すると案外サービス良くて助かった。

・初海外の拙い英語さえも通じる
・20ユーロ紙幣の釣りにコインをお願いしたら快く、20、50セントまで混ぜてくれてその後の旅行が大変スムーズにいった。
・日本語のパリ地図も貰えた。
ちょっと高いのは納得。
(2014年7月  Taurus104 様)



空港の観光案内所でカルネが購入できた。
英単語のみの会話でも笑顔で応対してくれた。パリ・ヴィジットやミュージアム・パスも売っていた。メトロの券売機で買うより楽だと思う。
(2012年4月/5月 ひらパー rose 様)
 


駅構内の自動券売機  フランス語文字読み取り度★★
カードが使えることもある。基本は現金。小銭。昨今 新型が投入され、お札を使えるものが増えてきた。

画面操作をがんばろう。最近のガイド本なら写真入りで出ている。周囲への目配り、防犯チェックも忘れずに。

操作1)  metro メトロ または U を押す

操作2) 切符なら 片道= aller/simple  往復 aller/retour 、のいずれか、
回数券(カルネ)なら carnet を押す

操作3) 金額表示にしたがって 小銭をいれる。 Je rends monnaie お釣りあります がでないとお釣りはでない。(日本の飲料の自販機の つり銭切れ の逆バージョン。つり銭あり、とでないと つり銭でない。)

操作4) 取り消しは annulation 

メトロの切符自動券売機

photo by アンチョビックハッチ

    
平日朝、チュイルリー駅で。
自動券売機の画面操作は簡単だったがどうしても硬貨が落ちてくる。

友人窓口の女性に 「カルネって自販機だよね。売ってくれないよね? 硬貨が何回入れても落ちてくる」と言ったら、わざわざ外まで出てきて、もう1台の券売機で一緒に試してくれた。無事、買えた。釣り銭が出てくる最後まで見守っていた。大変感謝した。
(2015年10月 salut canard 様)


大荷物を抱え、自動券売機が NAVIGOをかざす紫うずまきとタッチパネルとボタンだけで操作が分からず触って困っていたら、 後ろに並んでいた女性が「大丈夫?やり方わからない?」と声を掛けてきた。 
「わからない。Common faire? カルネが欲しいだけなんだが」と言ったら、パパッと操作してくれて、無事買えた。釣り銭が細かいセントで出てきたので 「あらー あなた儲 かったわねー! おほほー」なんて言っていた。大変感謝した。皆、本当に優しくてありがたかった。
日本でも困っている外国人がいたらもっと積極的に助けようと思った。

(2015年10月 salut canard 様)
メトロ モーベール・ムチュアリテ駅の案内所でカルネが欲しいと言うと、横の自動券売機を指された。難しい・・という仕草をしたら、出てきて、自動券売機の操作をやってくれた。大助かりだった。
(2013年2月 yukichanとお散歩 様)
早朝、メトロに行ったが、自販はコインのみ受け付け。カフェに避難して小銭を作った。寒かった。
(2004年9月 うさちゃん金魚 様)
切符の自動販売機では、私のクレッジトカードが使えなかった。知人は、カルネが買えなかったのにも関わらず、クレジットカード利用の請求書が来てしまった。
(2006年2月 いぶき1978 様)

  

メトロの改札の窓口   フランス語会話度★
一部。おいていない窓口もある。早朝は開いていないこともある。基本は現金。小銭。券売機があると、そちらへ行けといわれる。

親切な係もいるが、へんな係にあたることもある(楽しもう)。マナーを守れていなかったりフランス語ができないと、いらつかれることもある。週明けや終業直前は機嫌が悪いこともある(笑)

基本的に、欧米は異性にはヤサシイ。これを利用すべし。

メトロの切符自動券売機

photo by アンチョビックハッチ

    
パリ北駅 売店ルレで購入。
札が使えて簡単に買えるし、券売機の手伝い詐欺にやられる面倒もなくて、よかった。(2012年4月/5月  ほゆきbonnechance 様)
メトロ モーベール・ムチュアリテ駅
案内所でカルネが欲しいと言うと、横の自動券売機を指された。難しい・・という仕草をしたら、出てきて、自動券売機の操作をやってくれた。大助かりだった。
(2013年2月 yukichanとお散歩 様)
メトロ・オペラ駅

カルネを買おうと思ったら、窓口では買えずに機械でしか売っていないと言われた。ICチップ付きのクレジットカードを持っていたたので問題なかったが、最初途中でエラーになった。再度やり直したら買えた。

日本に帰ってクレジットカードの利用履歴を調べたら、けっきょく2回分の料金が請求されていた。

メトロのミュゼ・ドルセー駅では窓口でカルネを買えた。
(2010年12月 ゆきよね  様)
オベルカンフで、入口によってはカルネを販売していなかった。レピュブリック通りにあるParmentierの入口の方でカルネを購入。(2005年12月 see-snow 様)

サンジェルマン教会前のメトロの窓口で買えた。(2004年 Chun3)

早朝、窓口もキャッシャーが開かないと言われた。
(2004年9月 うさちゃん金魚 様)
 
一部の主要駅の売店、案内所
SNCFパリ北駅の売店ルレで購入。札が使えて簡単に買えるし、券売機の手伝い詐欺にやられる面倒もなくて、よかった
(2012年4月下旬 ほゆきbonnechance 様)
パリ・リヨン駅のユーロスターの売店でも、カルネ販売。
(2005年7月 midico@wanwan様)

メトロのマドレーヌ駅のRATP案内所で購入できた。すべて英語で対応。
( 2004年12月年末 ハロッズのメイシー 様)


 

  

パリの JCBプラザ   フランス語会話度 -
会員むけ。もちろんJCB決済。ただし、ホテルからこの事務所にいくのに切符がいる・・・
TSUTAYAで作った年会費無料のカードがJCBだった。バスツアー予約のついでにパリ・ミュージアム・パスとカルネ(当時10.7ユーロ 日本円1569円)も購入。ユーロ高なので請求書をみて高いっと思ったが、事前手続きは後々楽だった。
(nicola_nicols 様)

    

  

一部のホテル
あてにしていくと、販売していないこともある。
Kyriad la Villette にて。館内の自動販売機で、カルネを売っていた。
窓口で買うのも簡単だけど、これもいいなと思った。
(2006年7月 beqoo クド 様)
 

YH D'Artagnan 
自動販売機あり。
( 2005年12月 もけもけ毛布 様)

Ibis Porte de Bercy 
ロビーにある自販機でカルネが買える。小銭がなかったので、崩してもらおうと思ったら、上の階のレストランに行ってくださいと言われた。   
( 2006年1月 chiez@okiraku 様)
(2006年3月 torachan0303 様)
 


 
バスの運転手からは買えない。(1枚の単券なら買える=やや割高) 

 
 
 
新しい券売機

Photo by kokuto

右側の札を入れられる機械はすべてに付いてるわけではない。むしろめずらしいのかも。

Photo by kokuto 

緑と赤のボタンの間にある樽状のローラーを回して、
切符を買うかNavigoにrechargerするか選ぶ。緑のボタンを押すと画面が変わって、切符かカルネか子供用カルネ?(10歳以下と書いてあったような…)などを選ぶ。

ここで仏語が全くわからないと焦る。最後にお金を入れて(札とコインの両方OKだった)しばらくすると、切符が10枚出てきて、領収書も出てきた。お釣りもばっちり!良かった良かった。

 

Photo by toricacao  新しいもの(モビリスも買える)

 
 
 
カルネを窓口で買おうとしたら 「自動販売機で買って」といわれてどきっ。小銭の持ち合わせがなかったので。でも紙幣が使える販売機だったのでほっ。無事 買えた。
(2008年5月 マキシーブルーサルビア様)

Pyramides駅の一部の自動券売機で
紙幣が使えるようになっていた。ただし20ユーロ紙幣まで。
試しに単切符1枚を20ユーロ紙幣で買ってみると、買えたのは良いものの、おつりが全部硬貨で返ってきた。ちょっと笑ってしまった。
(2007年3月 芸術に疎い人1 様)
 
 

7号線のCensierDaubenton駅。
券売機で切符を買っている人が多かった。使い方がわからず、人が買うのを見学。機械手前の樽状のバーを回して「券購入」を選び、緑のボタンを押すと、後はなんとかわかった。でも仏語がわからないと苦しいかも。

機械に札を通す別機械が併設されているものと、されていないものがあり、併設されていないものが多いような気がした。コインかカードで購入できるが、私たちは札を使える機械で購入。
(2007年6月 黒糖リュパン様)
 

カルネは自動販売機でも買えた。表示を英語にできる。
(2007年 べるばらばら様)
 
 

Argentine駅
カルネを買おうとした時。当初、紙幣が使えない自動券売機しか見つけられず、案内所窓口でに尋ねたら、紙幣を受け付ける券売機が隣にちゃんとあることを教えてくれた。窓口でも案内所だからなのか、とても親切に券売機の操作まで教えてくれた。
(2007年6月 ilpirata様)
 
 
 

Sevre-Babylone駅。
自動券売機は2台あり、1台は長蛇の列。もう一台のほうに並びカルネを購入を試みたが、札が使えない機械で、ダメ元で日本のクレジットカードもは ねられる。有人窓口で「カルネください」というと「券売機で買って」と言われる。「お札が使えない」と言うと「もう一台の方は使えるからそっちで買って」 という。だから一台の券売機に集中的にに並んでいたのか・・・。

ちなみにフランス人と思しき人とも窓口で買おうとして断られていた。基本的にカルネ等の窓口販売はしなくなったのだろうか? もしかしたらこの駅だけかもしれないが。

ともかくカードが使えない場合にそなえ、最初メトロに乗るときは大量の小銭の用意か券売機に並ぶ前提でいた方がよい。
(2007年5月 mosu_hautbois様)




左・古い機械 

Photo by toricacao

 
 

 
 
 

「Un carnet,  s'il vous plais」 アン・キャルネ、スィル・ヴ・プレ♪ (にかっ!と笑う)
単切符を買うなら、 アン・ティケ、スィル・ヴ・プレ (単切符2枚なら、ドゥ・チケ)
初心者なら、スィル・ヴ・プレ=「新聞くれ」のほうが通じやすい。

小銭を用意しておくこと。おつりがない、といわれることも よくある。
また日本のスーパーと同じで、昨今は、端数を出すのが 一般的。女性のキャッシャーはとくに端数を要求することが多い。
 

窓口でカルネを買おうとしたら(多分)おつりがでないという貼紙を見せられて焦った。では自動販売機でと思ったらこれもお札が使えない。初メトロで、
しかも夜なのでますます焦り、カードを使うということを思いつけず。
(2005年12月   11月のリス 様)
ユーロ札しか持っていない初日早朝、メトロに行ったが、自販はコインのみ受け付け。窓口もキャッシャーが開かないと言われ、カフェに避難して小銭を作った。寒かった。
(2004年9月 うさちゃん金魚 様)
地下鉄の切符はカルネを買うほど乗らないので、単切符を買った。
自動販売機はフランス語で次々表示がでて、わかりにくかった。往窓口(けっこう並んでいる)で「どぅ てぃけっ しるぶぷれ〜」と買いました。唯一、一発で通じた。
(2004年3月 大阪で生まれた女まゆみ 様)
買い物の支払いの際、必ずといっていいほど小銭を用意しろ、みたいな感じを受けた。地下鉄の切符売場でカルネ購入の際、当時10.7ユーロだった ので 15ユーロ出すと「※◎×▲□○!!」となんかいわれて、「わからない」と意思表示をしたら、結局大きなため息と共におつりが出てきた。
(2006年1月 kangoo 様)

    (多分 端数の、0.70をもってないか、といわれている。 管理人)

注意

・どこでも 開口一番
 「ぼんじゅー(ぼんそわー:夜) むっすぃゆー(orまだーん:女性)」 と挨拶すること。おわったら 「めるすぃー おーぼわ」を忘れずに。

・半額割引券(条件適用者のみ)は メトロ窓口でしかかえない。
 
 

トラブル事例
 
・券売機あたりで よってきて、勝手に操作して 高額な切符を売りつけるケースがある。(本当に親切で助けてくれる人もいるが。困ったら先に自分から平和そうな人をつかまええよう!)

・券売機あたりで 正規の値段で 「半額割引回数券」を売りつける人がいる。これは小児など割引適用者のみで、検札で使用がバレると、高額な罰金を請求される。検札では、どんな言い訳もきかないことを覚えておこう。

ルーヴルの地下鉄で。に乗ろうとしたが、ちょうどカルネがなくなり買うつもりだったが窓口がなく、自動券売機しかなく、札が使えない。小銭を数え ていたら黒人の男性が割り込んできたので、すぐそこにある売店に入った。券を売ってやる、と言ってたらしい。売店で水を買って小銭を作っている間に、その 黒人はガードマンらしき制服の大きな男4、5人に囲まれて所持品を出さされて、半泣きになっていた。かかわらなくて良かった。
(2006年8月/9月 mimimomo3003)
 

 
 
 
 
 
 
 
 
使う

 
使用(乗車): バス: 車内の刻印機に1枚つっこむと、裏面に 日時が印字される。車内で単キップを買った場合も、すぐ刻印すること。

RER・メトロ: 入場改札機を通す。裏面に印字される。

下車まで絶対に捨てないこと!
 

検札が抜き打ちで行われる。、必ず 刻印したものを(出札口を出るまで)持参しておく。正規の券を提出できない場合、一切いいわけはきかない。罰金を請求される。

古い使用済み切符と 混在するとわかりにくいので、分別・整理しておくこと。

くり返し使う提示用クーポン類をのぞき、回数券、キップ類は、刻印をしていないと、改札したことにならない。サラのままだと重複利用ができてしまうので、検札でサラ(無刻印)のカルネをみせても、無賃乗車になる。

 
 
 
 
使用(降車): バス: 勝手におりてよし。切符は手元に残る(再利用不可)

メトロ: 出札機はない。切符は手元に残る(再利用不可)

RER: 日本のように 出札機があるので、切符を通す。切符は回収される。

 
 

 
 
磁気に注意!!
二人で合計30枚のカルネを使ったが、半分は磁気不良で通らなかった。
RERは職員無人のため、同じく磁気不良のフランス人夫婦と一緒にバーを強行突破する(くぐりぬける)ハメに。
(2006年9月 Bon anniversaire 様)
夫は、カルネの束を、マネークリップにはさんで持ち歩きました。ちょうどいい大きさだったんですが、これが大間違い。よく考えてみればわかりそうなことなのですが、そネークリップは磁石を使っていたため、カルネの磁気が壊れ、残りのカルネが全部使えなくなってしまった

寒空の下、バス停でバスを待つ根性のなかった私たちは、ほとんどメトロを使用していたのですが、いちいち有人の窓口に赴いて、カルネが使えないことを訴えました。
(とりあえず、自分で壊してしまったことは言わずに・・・) 対応は、大体、以下の3パターンでした。

1.駅の係員さんがメトロの駅名のスタンプを押印。日付を書き込み、切り込みを入れて返してくれる。
 その後、一番近いゲートを指して「そこから通れ」と指示される。
2.新しい切符と交換。
3.何もせずに、一番近いゲートを指して「そこから通れ」と指示される。

3の場合は、切符が無傷で手元に残ってしまいました。(といっても、壊れた切符だが)
オペラの駅で混雑していたため、いちいち対応するのが面倒だったのかも。結局、それ以上はメトロに乗る機会はありませんでしたので、手元に残ったまま。
(az様)

困ったのは、メトロの自動改札でカルネ・モビリスが通らないことが何度もあった。

窓口に言ったら、カルネは残りを全部交換してくれた。モビリスは窓口の人が改札を操作して通してくれた。旅の後半はカルト・オランジュを使おうと思っていたけど、磁気不良が起きると面倒なので、カルネにしておいた。
(2004年5月/6月 redsea様)

カルネの新しい切符で、改札を通れないことがあった。別の切符(同じカルネ)ではOKだったり、駅員を呼んで通してもらった。残り一枚で駅員がいない改札で通れず、仕方なく一枚だけ切符を購入した。
(2005年10月 milktea2421 様)
カルネの磁気部分が異常で、しょっちゅう窓口で切符を取り替えて貰いました。

そこでの対応がそれぞれ全く違って、(パスホルダー用の切符を渡す人、裏に数字を書き込む人、
普通に新しい切符と交換してくれる人等々・・・)これがフランスか!と、一人でほくそ笑んでました。
(2003年2月 真理リコ様)


使えなかった。旅行会社から10枚つづりを一つもらったが、これが磁気が悪いらしくて、機械を通すと必ずエラーに。
(あーる178 様)

 
 
 
使用済みのカルネの見分け方
改札なり刻印機を通すと、裏面に印字がでる。ただしサラのときでも少し印字があるので、見分けにくい。
基本は、使用前後で 違う場所に 収納すること!でしょうか。

RERだと 日本のように出口の出札機で回収されます。

裏を見る。

使用済みカルネは使用した日時が刻印されているはずです。
あらかじめ記されている刻印に紛れて見えづらいことがありますが、機械を通しているのなら
おそらく違いがあるはずです。

かくゆうわたしも、バッグのなかで新品と使用済みが混じってしまい、ありったけ機械に通したことがありました。あとでよく調べて、刻印の違いを発見。ほとんど間違い探しのようでした。
 

バスだと必ず日付と時間の刻印がプリントされます。メトロですと、あるいは駅ごとの機械にバラつきがあるかも。とりあえず全部機械に通して使えるのを使うという手があります。

カルネの裏にバーコードがありますよね? 一度機械に通したチケットはバーコードに情報が書き込まれるはずなので、一度機械に通せばわかるはずなのですが・・・。

(くらら_chinchin様)

カルネは駅に入るときに機械に通し(刻印)バーを押して入ります。刻印と同時に入るというか。メトロの出口から出るときまで持っておきましょう。無銭乗車と間違われないため。

出口を出たら捨てました。
(beqoo クド様)




カルネでは足りない
使い残しのカルネ6枚があり、滞在期間が短いので、追加でカルネを購入すれば十分足りるだろうと思っていた。 しかし、逆方向のバスに乗ったり、Ticket T+の乗り継ぎをメトロ+バスが使えるものだと勘違いしていたので、あっという間になくなった。
最終日はモビリスを購入したが、最初からNAVIGOにすればよかったと思う。
(2011年3月 ももいろ真珠 様)

 
 
 
改訂前の昔のカルネ    交換してつかえます
古いカルネの残りのチケット。

メトロのオステルリッツ駅構内の有人切符売り場で、1枚持って問い合わせると、係員は、手元の機械で確認後、改札を開けて通してくれた。このときほかの、関係ない乗客が、通ってしまったのだが、係員は「おやおや」と、もう一度あけてくれた。

メトロ東駅の有人切符売り場係員にきいてみると、「手元の機械に通して確認」までは、同じだが、何もいわなくとも、新しい現在のチケットに替えてくれた。それなら、ここにもう1枚あるのですが、と、頼むともう1枚も同じように交換してくれた。

古いままでは改札を通れない。
(2005年10月 tarte_framboise様)
 
 

2年前に購入したカルネを4枚持っていったが、3枚が使用できなかった。一目見て、ノン、と
言われた。説明はわからなかった。もちろん、表にスタンプなんてされてないかった切符でした。
(2005年9月 spring@海外はいつもヒツジ 様)
 
 

2年半前に買ったカルネ(水色)も使えました。バスの運転手に一応確認しました。現在は ラベンダー色のキップになっています。
( たぬきのママ 様 2004年3月)


 
 
 
半額 demi のカルネ
窓口で 子供用のカルネを購入。大人の半額くらいだったと思います。
切符に carnet tarif reduitと記載あり。大人用と混合しないよう注意。
(2010年 茶色ぱたちゃ 様)
子供ほか特定の認められた人用。

大人が使うと(たとえ知らなくて使ったとしても=と係員は言った)正規料金との差額ではなく、罰金をとられるとのこと(暇だったのか、なんか調べてくれたけど結構高いらしい)。

窓口での購入時や検札では、証明書(年齢の証明できるもの)が必要だそう。確かに、窓口の料金表にもdemiのところには「justificatif exige en cas de controle」と明記してありました。。「証明書がないと絶対売らない?」と聞いたら、「うーーん実際は証明書の提示なしでも売ることがあるけど、子供用だよー」

メトロにて、友人がカルネを買おうとしたら、窓口そばに立っていた男の人が 自分から買うように言ってきたらしい。(そばにいなかったので伝聞)  10.5ユーロで、ちゃんと10枚あったけど、彼のメリットは何だろうねと言って戻ってきた。

帰国してからフランス人の友人にその話をしたら、ふらつーでも紹介されている 特殊な理由のある人向けの半額チケットを売りつけたのだろうとのこと。 検札にあっていたら、適用外としてとがめられたはずだよ、と言われた。

(2005年6月 みるくのぽんぽん 様)


 
 
子供の切符をどうするか
4歳以上10歳未満の子供料金が設けられているのは、カルネの場合(半額=5.5ユーロ)だけで、 1枚買いに割引はない。
(2007年 こいけ@ビエーヴル 様)
小4、小2の二人を連れた。最初からカルトオランジュを購入。

バスは見せるだけだし、短い距離でも気安く乗れるので便利。写真付きの切符、子どもはうれしそうに持っていた。
(2007年7月 カスタード シフォン 様)


 

 

 

 
トップ > 交通 > 各種切符の比較と詳細 > カルネ