トップ > パリ > エリア別紹介 > 14区 > アンリ・カルティエ・ブレッソン財団 

29 Mar.2008再調査

 
Fondation Henri Cartier Bresson 
アンリ・カルティエ・ブレッソン財団
http://www.henricartierbresson.org/
住所: 2, Impasse Lebouis 75014 Paris
地図: 
メトロ: 13号線 Gaite   1番出口、  6号線 Edgard Quinet
RER: 
バス:  28、58番 Losserand-Maine停、 88番 Jean Zay - Maine停 バスルートはこちら  
駐車場:  
OPEN: 入場は30分前まで
× 13〜18:30 13〜20:30 13〜18:30 11〜18:45 ×
  
CLOSE: 月、祝、8月
祝日:  2007/12/24,   2008/1/16は CLOSE
2008料金: 

常設展

大人 学生、シニア、失業者 水曜夜
18:30〜22:30
財団友の会 パリ・ミュージアム・パス
(旧カルトミュゼ)
6euro 3euro 無料 無料 ×
写真: 
店: 
ガイド: 
アクティビティ: 
障害者: 
   
写真の大家ブレッソン。おしゃれなギャラリーとしてオープン。いろいろと企画展をやっている。2003/5/3〜

写真の好きな方には、ほかに、ヨーロッパ写真美術館、オルセー、なども。

      
 
本当に光がたくさん入る、小さな素敵な建物。2階3階のフロアでJOAN COLOM展をしていた。

見学者は、初老のお金持ちそうなカップル。ここまで来たのにブレッソンの作品は見られないのかなと思っていたらもうひとつ上のフロアがあり、行くと財団の人とお金持ちカップルが談笑していた。

ここはもしかしてプライベートルーム?と思い、見ていいか尋ねると、もちろん、とのこと。12点ほどブレッソンの代表作があり、その中の1点は日本の告別式の写真で、(告別式の写真なのに)なんだかとてもうれしかった。

その後、お金持ちマダムに「英語しゃべれるの?」と聞かれ「少し」と答えるとブレッソンの映画をフランス語と英語バージョンで上映してくれた。そのうち人も増えてきて、フランス人に混じってのんびり映画鑑賞。ちょうど見たい映画だったので、うれしかった。

(2006年6月 nicola_nicols 様) 

展示作品はそれほど多くはなかったが、水曜夜に無料鑑賞できたのは良かった。

モンパルナスタワー展望階で夕日が沈むのを見てから行った。

無料ということで、けっこう混んでいた。日本人数人や、韓国人観光客が大勢来ていた。

この日は、有名な「サン・ラザール駅裏」をはじめブレッソン作品ばかりの展示で、かなり充実した内容のもの。ただ2フロアしか展示されておらず、フロアそのものも広くないので展示写真数はそれほど多くはない

その上の階へ行く階段には、特に表示や遮るものはなかったのが、警備の人がいて、上に行く人を止めていた。

このあたりは水曜日の夜だからなのか、それとも普段からこのような展示方法なのかは不明。

もし次に行く機会があるなら、他の時間・曜日に行った方が静かに鑑賞できて良いのかな、とか思った。
(2006年10月 ユンヌフルートガナ 様)

(アクセス方法) = モンパルナス駅近辺のホテルから、徒歩。近くにメトロの駅もバス停もあり。

(内部の雰囲気や感想) = 館内はそれほど広くない。こじんまりとした建物の中に、フロアごとに小さな展示室がいくつかある。ブレッソン本人の作品が展示されることもあるが、それ以外の企画展が多いようだ。本人の作品が常に展示されているようではない。当館の編集によるブレッソンの写真集があった。

(子供向け?) = 子供にはむかないかも

(所要時間) =300分。(興味がないと5分ぐらいで終わってしまうかも)

(飲食店&ショップ情報) = 特になかったような。受付でちょっとしたカタログや写真集・雑誌などを売っている。

(その他) = ガイドブックにも載っていない、ひそかなお気に入りスポット。

(2004年1月 aimaizum1128様)

トップ > パリ > エリア別紹介 > 14区 > アンリ・カルティエ・ブレッソン財団