トップ > パリ > エリア別紹介 > 14区 > カルティエ現代美術財団

18 Sep.2010 経験談追加

Fondation Cartier pour l'Art Contemporain
カルティエ現代美術財団
http://fondation.cartier.com/
住所: 261, boulevard Raspail 75014 Paris
地図: 
メトロ: Denfert-Rochereau 
RER: 
バス:  38, 68, 91 バスルートはこちら
  
駐車場:  
OPEN: 
× 12〜20時 12〜20時
20:30〜 フィルム上映
  
CLOSE: 月
祝日:  不明
料金: 
写真: 
店: 
ガイド: 
アクティビティ: 
障害者: 
   
本拠地は パリ郊外にある。カルティエの企業メセナ活動のひとつ。
1994年 ジャン・ヌーヴェルの設計で展示施設をパリにオープンしたそうだ。

 
 
 
(アクセス方法) = 徒歩。ラスパイユ大通り。モンパルナス墓地近く。

(入場料) = 大人 7.5ユーロ

(内部の雰囲気や感想) = 「北野武/ビートたけし 絵描き小僧」展。開催されて時間もたっていたので多くの人で賑わうほどではないが、それなりに人が入っていた。日本人女性スタッフがいた。

外庭の屋台にも日本人女性が途中から入っていた。普通の人がわざわざ見に行くほどではないかもしれないがファンなら面白がれる。日本では見られないVTRが流れているので、必見。

(車椅子・高齢者対応) = 

(子供向け?) = 子供でも楽しめそう

(所要時間) = さっと見るなら30分、じっくり見て1時間半

(印象的だったもの) = 美術館のガラス壁面に、北野氏の絵がプリントされていて楽しい。大きなミシンのオブジェがやはり目を引く。マペットシアターも音楽が流れて動き出すので、みんな目を止める。

(飲食店&ショップ情報) = 売店に、フランスで発行されている北野映画に関する本やカタログ、絵葉書、缶バッヂなどのカルティエ美術館とのコラボグッズ、リトグラフなどあり。

(その他) = 外庭の屋台で大仏焼きを売っています。中身はあんこの一種類。4ユーロ。日本の駄菓子も置いていた。

(2010年5月 絵描き小僧ファン 様)


 
 
      トップ > パリ > エリア別紹介 > 14区 > カルティエ現代美術財団