トップ > パリ > エリア別紹介 > 12区 > オペラ・バスティーユ
トップ > パリ > オペラ座基本編 > バスティーユ

3 Mar./ 5 Nov./ 24 Nov.2014 経験談追加

19 Nov.2017 経験談追加
Opera Bastille  オペラ・バスティーユ
新バスティーユ・オペラ座
http://www.opera-de-paris.fr/

新オペラ座。現代的建築とコンピューター制御の最先端の劇場。
ミッテランの提唱により、1989年築。
オペラ観劇・予約等については、 オペラ座基本編 のページ参照


 

住所: Place de la Bastille 75012 Paris または 120 Rue Lyon 75012 
地図: RATPの地図 (交通機関乗り場いり)*
メトロ:  Bastille 
RER: Gare de Lyon 
バス:   20, 29, 65, 69, 76, 86, 87, 91   バスルート詳細はこちら
 
20番

車窓
観光
移動
★★★
サン・ラザール駅〜オペラ〜レピュブリク広場〜バスティーユ・オペラ〜リヨン駅 夜× 日祝○
大動脈を 無駄なく移動。
29番


移動★★ サン・ラザール駅〜オペラ〜フォーラム・デ・アール〜ポンピドー・センター〜ヴォージュ広場〜バスティーユ〜リヨン駅  
ガルニエとバスティーユを結ぶ便利路線 ★   リピーター向け
65番

★★★ リヨン駅〜バスティーユ〜オベルカンフ〜レピュブリク〜東駅〜北駅〜
幹線道路で、最短距離。
夜× 日祝△リヨン〜東駅間運休
69番 ★★ ★★★ ★★ シャン・ド・マルス〜アンヴァリッド〜オルセー〜ルーヴル〜リヴォリ通り/ルーヴル河岸〜シャトレ〜市庁舎〜サン・ポール〜バスティーユ〜ガンベッタ  
移動に便利★
夜× 日祝×
76番 ★★ ルーヴル・リヴォリ〜市庁舎〜サン・ポール〜バスティーユ〜ポルト・ドゥ・バニョレ〜
ルーヴル以東の東西幹線をはしるので、移動に。バニョレ付近からは時間がかかるのでメトロを併用がベターか。
夜× 日祝○
86番 ★★ サンジェルマン・デ・プレ(教会前)〜ビュシ〜アラブ研究所〜サン・ルイ島〜バスティーユ広場〜 フォーブル・サンタントワンヌ通り〜ナシヨン広場〜

バスティーユ〜サンジェルマンあたりは 87と同じ路線。セットで覚えて。サンジェルマン・デ・プレ始発なので座れる。ヨコ移動に便利。大通りを通る。 ナシヨン付近ホテルの人も貴重な路線。
夜× 日祝×

87番 ★★ ★★ シャン・ド・マルス〜エコール・ミリテール〜アンヴァリッド〜セーヴル・バビロン〜サン・ジェルマン教会〜サン・シュルピス教会〜ビュシ〜オデオン〜クリュニー・サン・ミッシェル〜アラブ研究所
〜サン・ルイ島〜バスティーユ〜リヨン駅〜ポルト・ド・ルュイ  

ななめ移動に便利★ マレ、バスティーユ、アンヴァリッド方面〜サンジェルマン近辺のホテルの人のお役だち路線  移動にも、観光・散策がてらにも。
夜× 日祝×

91番 車窓
-
観光
-
移動
★★★
モンパルナス駅〜オーステルリッツ駅〜リヨン駅〜バスティーユオペラ座
地味路線だが いつも走っている、大通りを直行する 縦路線。
植物園より東泊の人に便利! バスティーユオペラ座にも駅にも。
夜○ 日祝○ しっておくと 意外に役立つ。
 
駐車場:  
OPEN:  
ガイド:   あり 
 
 
 
 
91番バス 

バスは5〜10分おきに来るし、遅い時間も運行していた。ちなみに、バスティーユからの最終は0:30。
(2004年12月 娑羅 様)

21番バス ポン・ヌフから
(2014年10月中旬 サンジェルマンの白くま 様)
86番バス

往きはホテル最寄りのバス停から86番バス。86番、87番のどちらでも行けるので
来たバスに乗って向かった。夕方はどちらも10分程度待てば来るようだった。
(2016年12月 京都のお好み焼き名人 様)

オデオンから。帰りのバス停がとても離れているので 暗くなってから帰る人は事前に確認を。(2011年4月中旬 たぬきのママ 様)
20番バス 

ガルニエからバスティーユ下車 約18分。
(2010年12月31日 大晦日 shun421 様)

バスティーユはガルニエとは全く違う現代的なホールだが、明るいガラス張りで広々とした空間が、気持ちよかった。舞台も見やすかった。春休みで各国からの観光客の声が響いていた。
(2011年4月 たぬきのママ 様)

バスティーユは、劇場自体は一般的なものだが、舞台が広いせいか、コーラスも何十人といて、迫力があった。純粋にオペラを観るだけならバスティーユの方が良いのかもしれない。
(2011年7月 ななつの海 様)

68番

サンジェルマンの Seine-Buci停から、68番でバスティーユに行ける。
(2012年6月  SAPPOROの夏は短いよ 様)

 
 
 
 
 

バスティーユ→サンジェルマン
 
 タクシーで15分〜20分位。

地下鉄の場合は1号線に乗り、シャトレで4号線に乗り換え。 これはオペラ帰りの人も良く利用するルートで、遅くても  観光客が多く、比較的賑やかです。 慣れているか、いないかにもよるので、タクシーを すすめたいです。
危険を限りなく避けたいなら。
(Quezac様)
 

帰りはメトロで。


1号線でバスティーユからシャトレ、シャトレで4号線に乗り継ぎサン・ミッシェルまで。
ひとりだったので帰りが少し心配だったが、メトロの乗り継ぎもうまくいって20分足らずでホテルに到着。終演後は午後10時過ぎといってもメトロに乗る人はかなり多い。タクシーを待っているより メトロで帰る人にまざって、さっさと帰ってしまった方が早いし安全だろう。
(2016年12月 京都のお好み焼き名人 様)

22:30頃なので、メトロで帰る人も多く不安は感じなかった。
(2014年2月 アンヌとアンリ 様)


メトロのPyramides駅とPalais Royal駅付近のホテル泊。
バスティーユ・オペラでコンサートの後メトロで戻ってきたが、終演30分後にはもう部屋に到着していた。
(2013年12月/2014年1月 京都のお好み焼き名人 様)

メトロ8号線

大晦日の夜。ちょっと怖かったので、前日の昼間に散策ついでに、同じルートを通り、駅構内や出口を確認した。

終演後は、メトロの入口へ急いだ。23時前、大晦日の8号線はかなりの人だった。みなコンコルド広場のカウントダウンに向かうようで、かなり盛り上がっている若者もいた。
4人掛けの窓側に座ったが、駅に着くたびどんどん人が乗ってくるので、立っているのは危険だと思った。若い女性一人には安心安全ではない。男性連れならメトロも可、か。
黒っぽいコートで、バッグも内側に斜め掛けすること。駅で降りる時の混雑は半端ではない。

(2010年12月  くわことちわこ 様)
メトロ1号線で
 
最寄駅パレ・ロワイヤル=ミュゼ・ドゥ・ルーヴルから、パスティーユ駅へ。乗り換えなしなので簡単に行けた。メトロの構内からは「バスティーユ・オペラ」と書いてある出口からでれば、もうそこが劇場。メトロの待ち時間を含めても20分。
(2013年12月/2014年1月 京都のお好み焼き名人 様)


往復メトロを。帰りは、メトロは怖い、タクシーは捕まらないとのことで、悩んだが、泊っていたホテルが8号線で1本で帰れ、駅からもかなり近かったので、メトロに。観劇後すぐ、他の客にまぎれて帰ってしまえ!とメトロにした。結果的には、適度に人が乗っていて
、客層も観劇帰り、学生らしい感じの若い人たちが多く、無事かつ効率よく帰宅できました。乗車中は、どこでガラの悪い人が乗ってくるかもわからないので、ずっと緊張していた。

この交通手段は、旅行前から悩んでいたので、初日に、ホテル-空港送迎の現地係員に相談してみました。曰く、「どちらなら絶対安全とは言え ない。ここはパリですからavとのこと。タクシーに関しては、「かなり捕まりにくくなるので、お茶でもして時間をずらしてからがいいかも」とのこと。メト ロに関しては、「終わってすぐなら、人の流れにまぎれて帰るのも、いいかも。でも、どちらにしても絶対安全というのはない。夜は余計なものは持たず、最小 限の現金だけにして出かけた方がいい」とのアドバイスだった。

(2007年10月 クロエとグリグリ 様)
 
 

帰りが心配で、オペラ座から徒歩圏内の、パリ・リヨン駅に近いホテルに宿泊。
一夜目は行き帰りとも徒歩約7分。夜23時、まあまあ人もいたし、車の往来が多かったので危険な感じはせず。

二夜目はタクシーに近いからと断られ、雨だったので地下鉄で行った。帰りは何しろ大劇場ですから、かなりの人が地下鉄に降りていった。私たち女性3人組みもその後について、地下鉄に。23時の1号線、サラリーマン風の男女、観客、と客層は悪くなく、昼と同じ位の込み具合で、安心して隣のリヨン駅に帰った。

終演後すぐなら、他の観客に混じって1号線で帰れる範囲なら女性で地下鉄でも大丈夫そう。

(2006年2月 スミレの花壇様)
 

大晦日 シャンゼリゼ付近のホテルだったので、メトロ1号線で帰った。カウントダウンに向かう人々で車内は大混雑 だった。怖いことはなかったが、酔った若者の集団が多く、皆異常なテンションだった。からまれなくて良かった。(この日はタクシーの確保は難しいと判断して、あえて1号線で1本で帰れるホテルを選んだ。) 夕方から夜にかけての、リヴォリ通りとシャンゼリゼの人波の凄さには参った。バスに乗ろうとしてリヴォリ通りを歩いていたが、こういうときはメトロで帰ったほうが早かったかも。
(2004年12月/2005年1月 etsu et nino 様)




ホテルはデファンス地区、メトロ1号線始発駅からバスティーユまで約30分。1号線は、連結部がオープンで客層も良く、恐怖感などは無かった。バスティーユを出ると、目の前にオペラ座があった。
(2006年1月 h suz様)
 

タクシー

大晦日の夜公演。
帰りはタクシーを予約した。バスティーユ¥オペラ座前には一般タクシーも並んでいたので、後方席で終演後すぐであれば乗れるかもしれない。私たちが出た時 には一般のタクシーはすでに出払っていた模様。帰りは雨も降っていたし、予約していて正解だった。バスを待っている人もいたが、とても寒そうだった。夜の バスティーユの治安は悪いとタクシーも怖がっていた。
(2012年12月 koufukuパン 様)

夜の部だったので、往復タクシーを利用。サンジェルマンのホテルから10ユーロ。
(2002年11月 絨毯と学者 様)
前にタクシー乗り場があるが、全然停まっていなかった。というよりも、現地の人のお迎えの車やバイクがたくさん止まっていてスペースがなかった。

不慣れでタクシーもうまく拾えず、どんどん人は減って行くし、変な人が声をかけてくるし、、で、一刻も早く帰りたかったので 結局メトロで帰った。

オペラ座ということで、”いつもよりちょっとはお金持ってそうな服”を着て、 ”何かあっても走れないようなヒール靴” を履いてたので、怖かった。

無事ホテルに帰れたが、事前にもっとちゃんと帰りの足を確保する方法を調べておくべきだった。ガルニエ前よりタクシーを捕まえにくいと思った。これから行く人は気をつけて。
(etsu et nino様 2002年9月)  

パリ到着日の夜、バスティーユでオペラを見たが、帰りが怖かった。バスで帰ろうと思ったらもう終バス終わっていた。それからメトロの駅に行ったらもう人けがなく、結局タクシーで帰った。
(KiyoShin様  2002年7月上旬)

 


 
トップ > パリ > エリア別紹介 > 12区 > オペラ・バスティーユ
トップ > パリ > オペラ座基本編 > バスティーユ