トップ > パリ > エリア別紹介 > 8区 > リド
トップ > パリ > オプショナルツアー > ナイトツアー > リド
 1 Apr.2011 / 21 Jul.2013 経験談追加
17 Aug.2014 再調査
リド・ドゥ・パリ
Lido de Paris 
工事閉鎖 2014/12/3〜2015/4/1 頃 
http://www.lido.fr/
音あり   英語版は少し古いので 仏語版を。

魅力あるおねぃさんの映像なので、子供と一緒あるいは、 会社で閲覧する場合は要注意。

オンライン予約、スケジュールチェック可
個人でのいきやすさ◎ 帰りのアシ◎
 (個人で、ホテルのレセプションに頼む、クレジットカード会社経由、代理店経由など)

photo by machicchi no yoru

住所 116 Bis Av.des Champs-Elysees 75008 

シャンゼリゼ通りすぐ。個人で行きやすい
メトロ 9号線ジョルジュ・サンク Georges V駅
RER A  Chalres de Gaulles Etoile
地図 RATPの地図 (交通機関乗り場いり)

↑地図中 黄と黒のマークが劇場

http://www.lido.fr/us/informations-pratiques/
バス 多数 バスルート詳細はこちら
駐車場
タクシー
ストの影響で、オペラ地区のホテルから、タクシーでリド近くまで行こうとしたが、30分待ってもタクシーは来ず、諦めて凱旋門まで1時間弱歩いた。リドのショーが終わった後も、ホテルまで歩いて帰った。
(2007年11月 コペルマモン 様)


写真 写真、ビデオ 不可

カメラの持込が禁止だった。確かに舞台に向けてフラッシュをたくのはどうかとも思うので、その場はあきらめたが、記念写真くらい撮りたい、、、と、思っていたら、「途中で写真を撮ってあげるから xxユーロ払って」という女性がやってきた。商売だった。
(2004年6月 かべのご縁 様)
食事 料理はポールボキューズ監修というがきわめて普通。期待しないほうがよい。個人的にはドリンクショーで十分。
予約 電話。(個人で、ホテルのレセプションに頼む、クレジットカード会社経由、代理店経由など)

劇場にて 朝10時から

代理店にチケットをふくむツアーを頼む。
ショー

基本スケジュール

ランチ・ショー 一部日程の 13:00〜
ランチ・ショー 一部日程の 15:00〜
シャンパン・ショー 一部日程の 15:00〜

ディナー・ショー 毎日 19:00〜
シャンパン・ショー(ドリンクショー) 毎日 21:00〜   23:00〜

ショー単体は 1h40程度。

料金  2014年8月現在

ディナーショー

19:00〜 ディナー  21:00〜 Show Bonheur を観劇

ソワレ・プレジールSoiree Plaisir コース 160ユーロ
ソワレ・パナシュ Soiree Panache  180ユーロ
ソワレ・ボヌール Soiree Bonheur 210ユーロ
サービス・プルミエ Service Premiere 300ユーロ
子供100ユーロ (4〜12歳) 

シャンパン・ショー

21:00〜  シャンパンと、 Show Bonheur を観劇(ディナーはない)
Emotion  ハーフボトル 110ユーロ
Show Bonheur ショー・ボヌール  ドリンクなし。席数限定、土日はなし。 90ユーロ
子供 50ユーロ (4〜12歳) 


23:00〜  シャンパンと、 Show Bonheur を観劇(ディナーはない)
Service Premier   ハーフボトル 160ユーロ 優先シート  マカロンプレートつき
Soiree Quelle Nuit   100ユーロ   ハーフボトル 100ユーロ
Show Bonheur ショー・ボヌール  ドリンクなし。席数限定、土日はなし。 80ユーロ
子供 無料  (4〜12歳) 

 
ランチ・ショー

Show Bonheur   特定日のみ 150ユーロ  
2014/11/16、 11/30  12/2
13:00〜 ランチ、オーケストラ演奏。ボトル・シャンパン
15:00〜 Bonheurショー 

その他 ノエルなど特定日のショーがある。



  

送迎 店に手配も可。豪華リムジン・・・ 
 



シティラマの リド 
トップ > パリ > ナイトツアー > ディナーショー > リド > シティラマ リド ディナーショー経験談 





 
 
 
 
 
リド ディナーショー 個人予約
 
・リドのディナーショー。最高だった。

・リドのショーは予想以上に素敵だった。

・リドのディナーショーに行ったが、期待していたほどではなかった。
まず、会場が非常に寒くて早く終わらないかと思うほどだった。料理はもとから期待していなかったが、やはり不味かった。

ショー自体はゴージャスで、ダンサーは皆とても美しく、メインの歌手の歌も聞き応えのあるものだったが、長尺過ぎるように感じた。ショーの半ばで登場した道化師のコーナーも、しつこいくらい長かった。( 2013年7月 奇妙な三人 様)

(アクセス方法) = GeorgeVから。

(入場料) =  100ユーロ(シャンパン付き) → パリ・ヴィジットで半額の50ユーロに。

(内部の雰囲気や感想) = 思っていたよりも大きい会場だった。大人の雰囲気。 入場したら生バンド演奏中で、踊っている人もいて異国な感じが素敵。

ダンサーのレベルは…正直、翌日見たクレイジーホースのダンサーの方が上。 なぜ、もっとピシッとそろわないかな、とちょっと思ったり。

でも、最初から  「おー、そこからでてくるのか」と思ったり、プールが出てきたりアイススケートリンクが出てきたり、びっくり!

疲れていたのでシャンパンを飲みながらで眠くならないか心配だったが、私は全く眠くならず。一緒に行った友人はちょっと眠りこけていたが…

照明の機材は、日本の方が良い機材が揃っていると実感。ちょっとだけ、古くさい照明。

(子供向け?) = 子供にはむかないかも

(所要時間) = ショーのみなら二時間ぐらいは必要かと。

(印象的だったもの) = プールにアイススケート、セットチェンジに驚いた。

(その他) = 食事しないでいいなら、半額はかなりお得。パリ・ヴィジットカードは交通のみで元を取ろうとするとけっこう大変だが、リドに行くなら、シャンパン付きのショーのみでいいならかなりお得。
(2010年1月 あんな@恵比寿 様)

(アクセス方法) = シャンゼリゼ通り近くで食事をした後、徒歩で。メトロ George Vを出てすぐ

(入場料) = 50ユーロ(ハーフボトルシャンパン付き)

パリ・ヴィジットの特典で、100ユーロ(シャンパン付き)→50ユーロの半額に。21:30、22:30の回のみ

ホームページから直接メールで予約を依頼。その際、パリヴィジットを使用したい旨伝える。英語OK,レスポンスは即日。

予約番号を含んだ確認メールを印刷し、当日それを受付に提示。支払はショーの最中テーブルで。その際人数分のパリヴィジットを提示する必要あり。

2人で100ユーロ(シャンパンボトル1本付)はかなりお得。

メトロ/RER/バスの乗車運賃とリドだけでも、パリビジット(1-3ゾーン・1日券、9ユーロ)は十分元が取れる。リドに行くなら是非。

(内部の雰囲気や感想) = 21:30 シャンパン付きの回を鑑賞。個人予約。

21時20分ごろ到着すると、ほぼ満席。一番右端、最前列?(ショーが始まると床が下がるステージ周り席のすぐ後方。)に案内された。

6人席テーブルに、私たち含め4名。右端なので真正面からではなかったが、ダンサーは相当近く、見え方には満足。ステージ周りの席は、ショーの最中ステージより1段下がるので、見え辛そう。

女性陣の軽やかな踊りと衣装も素敵だったが、男性二人組みの筋肉ショーは人間とは思えない技の連続で一際大きい拍手を受けていた

また地下からアイスリンクが出現し、アイスダンスが繰り広げられるなど、飽きのこない充実した内容に満足。シャンパンも美味しかった。

ショーが終わると、隣のフランス人カップルと談笑。相席も楽しい。

服装は、ちょっとオシャレ、ちょっとだけキッチリ程度で良い。観光客ばかりで、中は暗く、ショーが始まれば周りのことを見てる人はいないで す。ネクタイは要らない。着席するので、女性はスカーフや大ぶりのアクセサリーをつける、半そでやノースリーブ等で肌を多めに見せるなど、上半身を中心に 華やかにすれば良い。

入口のクロークでコートを預けられる(有料だった気がする)。

23時過ぎ外へ出ると、次回を待つ人で行列が出来ていた。

(子供向け?) = 子供にはむかないかも

(所要時間) = 21時30分から23時すぎまで。

(その他) = ムーラン・ルージュには行ったことが無いので内容については比較できないが、パリヴィジットを利用しての料金、アクセスの良さ、治安の点でリドを選んだ。23時を過ぎても人通りは多い。
(2009年11月 グラさんパークさん 様)

リドのショー単体のチケットをWebで手配できた。
(2009年9月 秋色のスカーフ 様)

個人で。頼んだのは、いちばん高いメニュー(140ユーロ)。コース料理しかないし、どのコースをとっても、値段相応のようですね。決定するのは、自分が何を食べたいか。高いコースだと良い席くれるのかと思ったが、関係なかったみたい。
 
個人で予約して、2人で。テーブルは4人がけ、つまりどこかのカップルと相席
 
さらに、早い者順で、すでにステージ側の椅子は空いていなかった。おまけに、個人客はまん中より後ろくらいの位置で、ステージの真ん前の前の位置の席は団体席のよう。

味? うーん、不味くはないけど、特別美味しいと感動もしない味。ショーが目的だからね。シャンペン+後ろの方で見るショーに90ユーロかかるから、しかたないかも。美味しいもの食べたければ、この値段出せばもっと楽しめるところは他にいっぱいある。

ポールボキューズの監修するメニューっていううたい文句だが、どこが?というかんじで、期待したらはずれる。 ボキューズのレストランの料理とは大違い。当たり前だけど、調理人も材料も違うしね。ボキューズ本人が名前を貸して、一応目は通しているかも知れないけれど、誰にでも作れそうな、オーソドックスなフランス料理しか出てこない。
 
タバコの煙で充満し、さらにショーの休憩タイムには葉巻き売がいて、それを買ってふかす人多いもんだから、、、、タバコ嫌いの私は、ニ度と行かない。

誕生日ならば、それを言っておくと、デザートの時、ろうそく(花火)のケーキ?+ミュージックでお祝してくれる。その日も5人くらい。

2002年 グルメ&グルモン様)


 

 



イルミネーション+リド・ショー ツアーにて
(出発&コース) = 22:00にパレ・ロワイヤル近くのシティラマ前集合。イルミネーションは、マドレーヌ、オペラ座、ルーヴルなどのあと、左岸カルチェラタン付近、その後エッフェル塔、凱旋門で最後シャンゼリゼ通りのリドで終了。所要時間約1時間。
リドでのショー観覧者はそこで下車。リドに行かない人は最初の集合場所までそのままバスで。約2時間のショーを見て、その後ホテル付近までバスで送ってくれる。

(出発日) = 2010年9月

(価格) = 109ユーロ。リドでのシャンパン1杯付き。

(申し込んだ窓口/代理店、方法) = 宿泊しているホテルに頼んでパリヴィジョン経由で。予約時にクレジットカードナンバーを伝えて、当日21:30までにルーヴル近くのパリヴィジョンに集 合。決済の確認とチケットが渡され、その後パレ・ロワイヤルのほうにあるシティラマ社の前まで行くように言われた。シティラマへ直接申し込んだほうが、手 間はないかもしれない。

(どうしてその商品に?) = ムーラン・ルージュに行きたかったが、満席とのことでリドに変更。
同じ企画は数社あったが、違いがわからなかったのでなんとなく。

(出発前のトラブル) = 海外ではよくあることだが、クレジットカードナンバーを事前に伝えておくこと。当日パリヴィジョンに着いたときに、「すでに決済は終わっています」といわれたときには、ちょっと不安になった。

(出発前に知っておきたかったこと) = シティラマ社のサービスであったこと。泊まっていたホテルからは、シティラマ社のほうが近かったため、一旦通り過ぎた。

(そのツアーにしてよかったことは?) = 手っ取り早く観光名所と夜景が楽しめる。特に夜景は感激。

リドのショーは基本トップレス。子供も見かけたが、親はどんな説明をしているのだろうか。

(現地にいってがっかり) = 集合場所でバスに乗り込んだときに、すでに他からのツアー客が乗っていて、前のほうの席を選べなかった。集合場所では前から2番で待っていたのに。

日本語オーディオガイドの内容が、直訳に近くてわかりにくかった。

(ツアー選びのアドバイス) = リドからの帰りは午前2時ごろで、ショーを見ている間もさすがに眠かった。ホテル帰着は、バス経路の都合で順番が最後のほうになると、さらに遅くなる。 翌朝ゆっくりするなど、それなりの覚悟が必要。

イルミネーションのバスで座席にこだわるのであれば、バスがどこからピックアップをはじめるのかを聞いておく。ツアーの流れでなんともできない場合もあるだろうが、わかっていればあきらめがつくかも。

ムーラン・ルージュのほうが人気。そちらに行きたい場合は早めに予約すること。

(コストパフォーマンス) = ★★★

(2010年9月 キートン523 様)


 
 
 
 
 
リド ドリンクショー ツアーにて
HIS経由 ムーラン・ルージュにも興味があったが、夜が遅くなると治安が悪いモンマルトルは少し不安だったため、シャンゼリゼ通りにあるリドを。出発1週間前に予約したので土日はいっぱいと言われ、月曜でやっと取れた。

「ドリンクショー」とあったのでグラス一杯のワインでも出てくるのかと思ったら席に着くと「何を飲みたいか」と言われたので「シャンパン」と言った らフルボトルが出てきた。「これは絶対有料やで」母と不安に話した。しかし結局無料(というかショー料金込み)だった。母とふたりでいくらなんでもボトル 1本飲めないし、最終的に3分の1くらい残ってしまいもったいなかった。

そしてショーであるが、女性はほとんどトップレス。でもとっても美しくて、いやらしさはまったくなかった。男性(こちらはしっかり服を着 ている)もけっこう出ていた。華やかで豪華絢爛であった。途中に手品のようなものもあり、客が参加したりしてとってもおもしろくもあった。

(入場料) = ドリンクショー100ユーロ

(車椅子・高齢者対応) = 

(子供向け?) = 子供にはむかないかも

(所要時間) = 2時間

(その他) = スーツとまではいかないが、そこそこきっちりした格好をしていったためか見やすい席を案内してもらえた。

(2010年6月 今日あしたも晴れ 様)


 
 
 
 
マイバス社 エッフェル塔ディナー+リド ツアーにて
 
(出発空港&コース) = 
マイバス社前〜エッフェル塔内「58・トゥール・エッフェル」で夕食、
リドでショーを鑑賞。
ホテル送迎

(出発日) = 2009年8月中旬 金曜

(価格) = 185ユーロ

(申し込んだ窓口/代理店、方法) = パリ到着時に、送迎の現地係員を通じて申し込み。

(どうしてその商品に?) = ムーラン・ルージュが満席だったため、こちらに参加。お盆期間中は日本人観光客が多くて現地での申し込みの場合、すでに満席になっていることが多いらしい。

(そのツアーにしてよかったことは?) = ディナーショーではなくて、食事は別のレストランだったので、非常に内容が良かった。他の参加者に言わせると、ツアーについている食事のなかで一番だった、とのこと。確かに盛りつけなどもきれいで、味も良かった。

参加者が少なく(10名程度)あまり、ワインやシャンパンを飲まない人だったので 一人参加の私は、飲み放題状態だった。

リドのショーが終わってバスでホテル送迎のとき、一人参加の私のホテルだけちょっと遠かったので、ガイドが「では、少しナイトツアーを楽し んで!」ということで、ライトアップされたオペラ座やエッフェル塔、ロダン美術館等々いろいろと説明してくれた。

また、このツアーとは全く関係ないけれ ど、最終日の空港まで移動方法も、詳しく教えてもらえた。空港到着時の現地係員にはガッカリだが、こちらのガイドには感謝、感謝。

(現地にいってがっかり) = 分かっていたが、エッフェル塔でのデイナー時はまだまだ明るく夜景は楽しめず。リドのショーは、微妙。もう一度行くかと言われたら、きっと行かない。

(コストパフォーマンス) = ★★★

(2009年8月中旬 京都のお好み焼き名人 様)


 
 
 
マイバス社 リド ディナーショー MBP11 にて 
 シャンパンハーフボトル付の食事、ナイトショー、ホテル送りつき

200ユーロ

添乗員に現地で手配してもらい、日本円払い。
食事は、期待しないほうよいかも。

ギャルソンの笑顔がとてもよい。チップを上げないでしまったのを後悔。ステージ前のテーブルは、普段着の男性団体客。私たちの席は、その後 ろだったが、真正面で見やすかった。照明、音響もよく、ダンサーもきれい。途中で、イリュージョンというか、変わった芸や筋肉マンの力技などもあり、飽き させない。

それにしても 1人30,000円弱とは・・・、ライブだから高くない?配偶者が喜んでいたみたいだから、一応、○。

ドレスコードは、ほとんど無視されていた。
(いちご 木いちご 様 2005年2月)

 

リドのディナーショー。ショーは素晴らしかったが、ディナーは普通。
その時の前座のバンドも正直どちらでもよかった。 「エッフェル塔ディナーとリドショー」のコースにすればよかった。
(2010年9月 殿様ポメちゃん 様)
 

シティラマの リド+イルミネーションにて 
(出発空港&コース) =  22:00にパレ・ロワイヤル近くのシティラマ前集合。
イルミネーションは、マドレーヌ、オペラ座、ルーヴルなどのあと、
左岸カルチェラタン付近、その後エッフェル塔、凱旋門で最後シャンゼリゼ通りのリドで終了。所要時間約1時間。

リドでのショー観覧者はそこで下車。リドに行かない人は最初の集合場所までそのままバスで。約2時間のショーを見て、その後ホテル付近までバスで送ってくれる。

(出発日) = 2010年9月

(価格) = 109ユーロ。リドでのシャンパン1杯付き。

(申し込んだ窓口/代理店、方法) = 宿泊しているホテルに頼んでパリヴィジョン経由で。予約時にクレジットカードナンバーを伝えて、当日21:30までにルーヴル近くのパリヴィジョンに集 合。決済の確認とチケットが渡され、その後パレ・ロワイヤルのほうにあるシティラマ社の前まで行くように言われた。シティラマへ直接申し込んだほうが、手 間はないかもしれない。

(どうしてその商品に?) = ムーラン・ルージュに行きたかったが、満席とのことでリドに変更。同じ企画は数社あったが、違いがわからなかったのでなんとなく。

(出発前のトラブル) = 海外ではよくあることだが、クレジットカードナンバーを事前に伝えておくこと。当日パリヴィジョンに着いたときに、「すでに決済は終わっています」といわれたときには、ちょっと不安になった。

(出発前に知っておきたかったこと) = シティラマ社のサービスであった。
泊まっていたホテルからは、シティラマ社のほうが近かったため、一旦通り過ぎた。

(そのツアーにしてよかったことは?) = 手っ取り早く観光名所と夜景が楽しめる。特に夜景は感激。

リドのショーは基本トップレス。子供も見かけたが、親はどんな説明をしているのだろうか。

(現地にいってがっかり) = 集合場所でバスに乗り込んだときに、すでに他からのツアー客が乗っていて、前のほうの席を選べなかった。集合場所では前から2番で待っていたのに。

日本語オーディオガイドの内容が、直訳に近くてわかりにくかった。

(ツアー選びのアドバイス) = リドからの帰りは午前2時ごろで、ショーを見ている間もさすがに眠かった。ホテル帰着は、バス経路の都合で順番が最後のほうになると、さらに遅くなる。翌日は朝ゆっくりするなど、それなりの覚悟が必要。

イルミネーションのバスで座席にこだわるのであれば、バスがどこからピックアップをはじめるのかを聞いておく。ツアーの流れでなんともできない場合もあるだろうが、わかっていればあきらめがつくかも。

ムーラン・ルージュのほうが人気。そちらに行きたい場合は早めに予約すること。

(コストパフォーマンス) = ★★★

(2010年9月 キートン523 様)


 
 
 
パリヴィジョン社 リド ディナーショーにて 
(出発空港&コース) = パリヴィジョン社前からリドへ

(出発日) = 2007年10月初旬 火曜

(価格) = 148ユーロ

(申し込んだ窓口/代理店、方法) = ネットにて

(どうしてその商品に?) = 自分で手配するよりも楽かと。

(出発前のトラブル) = バウチャーには18時40分集合(10分前に来社)と書いてあった。
18時30分に行くがバスが来たのが19時。旅行中の30分はかなりの時間
のロス。

(コストパフォーマンス) = ★

(オプショナルツアー報告) = 19時過ぎにリドに着いたが飲み物・食事が出てきたのは20時過ぎ。
食事は19時かららしいがほとんどの人はまだ来てない。

ショーは21時30分からなので(その前にバンドと歌をやっている)本当に待った。

食事もショーも値段の割には??
まあパリなのでしょうがないか。

食事は選べず、前菜(パスタサラダ)・メイン(鶏肉)・デザート(ムースケーキ)。
(2007年10月初旬  KCぽっぽ 様)
 

ディナーショー。誕生日に見に行った。
パリヴィジョンのツアーに申し込んでいったところ、私達以外に英国人夫婦、スペイン人夫婦、フランス人親子の3組が参加。国籍が皆違う4組だが、皆とても優しく、とても楽しい時間が過ごせた。メニューの見方や注文まで、手伝っていただいた。

食事が始まると、舞台でバンドが演奏をしはじめ、誰に促されるわけではなく、数組のカップルが舞台の上に立ちダンスをはじめた。こんなにスマートに踊ることができるのっていいなぁとものすごく感動した。日本に帰ったらダンスを習いたい、と本気で思った。

食事も、最後のデザートが食べ終わった頃、突然舞台の歌手がハッピーバースデーと歌い始めた。誰か誕生日の人がいるのかな?私と同じだなって思っていたら、なんと花火のついたケーキが私の方へ向かってくるではありませんか!

はじめの自己紹介で今日が誕生日だといっていたので、同じツアーの方がこっそりケーキを頼んでおいてくれていたのだ。びっくりするやら嬉しいやら、胸がいっぱいになった。さっきまで前で踊っていたカップル達やリドにきている色々な人におめでとうと言われ、
今までで最高の誕生日になった。

( 2004年8月 阿波のたぬき 様)

 
 

 
 
 
シティラマの クルーズ+リド+イルミネーションにて 
 
23時半、リドに到着。30分も並んで待ち、22時の回の客が帰るのを待つ。素直にこれから帰られていいな、と
うらやましくなる。これからがこのツアーの本番だと言うのに眠い!

ようやく入場が許される。ツアーの席はまさに最前列。かぶりつき、という好位置だ。それよりもまず一斉にみんなトイレへと駆け込む。席に戻るのとほぼ同じころ、ショーが始まる。なんてったって席が近いので、メインの男性スターの肌の凸凹までよくわかる。ダンサーのボタンがとれて飛んできたこともあった。

さて、女性ダンサーの多くはトップレス。みなさんとってもスタイルがよく、かっこいい。

だが、気が付くと、大音量の歌を聴いているのに意識がなくなっている。間近に何かきた、と慌てて目を開けると、本当に目の前で歌っていたりする。
 
なにせ、舞台に馬は出てくるわ、ドラゴンのような乗り物、アイススケートリンクになるわで、
これぞ「スペクタクル!」という感じ。マジックショーも面白かった。問題は異常に眠かった。歌だけのショーになると寝てしまう。これ以上シャンパンを飲むと本当にどうにかなってしまいそうだった。

とりあえず早く終わって、早く寝させて欲しい、なんて考えながら見ては楽しめませんよね。
だけどなにせヴェルサイユにはじまった長い1日。しかたがないのだ、zzz・・・

それから各自のホテルに送ってもらうのだが、他の人たちは当然ながら右岸の、四つ星クラスホテル。最後に残されたのはやはり私たち。

ホテルに着いたのは2時半をまわっていた。フロントには夜勤でおなじみの人が腕組みをして立っていた!「ノー・プロブレム」といいながら、顔は怒っている。

しかたがないのだけれど、私たちのせいでもない。お風呂に入って、シャンプーをして、ベッドに入ったのは4時近くになっていたと思う。次の日は9時半起床にした。
(iwata様 1998年12月)
 
 
 

リドのディナーショーはショーは素晴らしかったが、ディナーは普通。
その時の前座のバンドも正直どちらでもよかった。
( 2010年9月上旬  キートン523 様)

 
 
 
リドのショー ツアー参加 
ツアーで参加。
ステージの前の長いテーブルの席は、ショーが始まったら、地下に沈みます。無論、”見上げるような状態”になり、首は痛いし、ステージの埃は舞うは、で大変です。その他の席はボックス席になっていて、いい感じでした。

初めて行った私は、ショーの始まる前にツアーガイドさんに、あちらの席はお高いのでしょうか?と聞きましたら、 「日本人だから、地下に隠して見えないようにしたいから、ここだ」と言われました。

主人が 「あちらの席へ移れるか、交渉できますか?」と尋ねたら  「お金を払ってください。ただし10万やそこらのはした金では無理ですね」と言われました。あまりの失礼な態度にすっかり気分が悪くなり、最悪な夜でした。

ちなみに、そんなことを言っている ”ガイドさんも日本人”ですし、 同じ長テーブルに、たくさんの外国の方々もいらっしゃいました。よほど、リドのスタッフの方を呼んで交渉しようかと思いましたが、他のツアー同行の方々の気分まで壊したくないので、我慢....。

後日、違うガイドさんに尋ねたら10万もしないそうです・・・。   (しません:管理人)
色々な方がいらっしゃいますが、せっかくの旅行なので、次回からは、自分で個人予約しよう、と心に決めた私でした!

ちなみに、友達が、違う時期に同じツアーに行ったところ、その時はボックス席だったのこと。人数やタイミングで違うのかもしれません。

(mario&betty様 2002年8月中旬)

シティラマ社のエッフェル塔ディナークルーズ+リドと盛りだくさんのツアーを頼んだ。非常に楽しめたがリド自体は眠くなったので個別で楽しんだ方が良いかも。

ただ、深夜まで楽しみたいならホテル前まで送ってもらえるので安心。
また、効率的に3つ回れるのも良い。

ショー自体はすごく良かった。見に行く価値はすごくあると思う。

見所は踊り子さんたちの綺麗すぎる体。きれい過ぎてエロく感じない。
かわいい衣装。予想外なセット(書きたいけどネタバレになるので・・・)
大道芸人達。とにかく、楽しかった。

(車椅子・高齢者対応) = 大丈夫と思う。

(子供向け?) = 子供でも楽しめそう

(所要時間) = じっくり2時間

(印象的だったもの) = 本当に綺麗だった。

(飲食店&ショップ情報) = 食事や飲み物が提供されていた。23時ごろ開始なので飲み物のみのコースだったようだ。
(2011年2月 ひろカメラ 様)
 
(主催会社名) = シティラマ(Cityrama)

(ツアー名、商品名) = イルミネーション+リド・ショー

(出発&コース) = 22:00にパレ・ロワイヤル近くのシティラマ前集合。イルミネーションは、マドレーヌ、オペラ座、ルーヴルなどのあと、左岸カルチェラタン付近、その後エッフェル塔、凱旋門で最後シャンゼリゼ通りのリドで終了。所要時間約1時間。

リドでのショー観覧者はそこで下車。リドに行かない人は最初の集合場所までそのままバスで。約2時間のショーを見て、その後ホテル付近までバスで送ってくれる。

(出発日) = 2010年9月

(価格) = 109ユーロ。リドでのシャンパン1杯付き。

(申し込んだ窓口/代理店、方法) = 宿泊しているホテルに頼んでパリヴィジョン経由で。予約時にクレジットカードナンバーを伝えて、当日21:30までにルーヴル近くのパリヴィジョンに集 合。決済の確認とチケットが渡され、その後パレ・ロワイヤルのほうにあるシティラマ社の前まで行くように言われた。シティラマへ直接申し込んだほうが、手 間はないかもしれない。

(どうしてその商品に?) = ムーラン・ルージュに行きたかったが、満席とのことでリドに変更。同じ企画は数社あったが、違いがわからなかったのでなんとなく。

(出発前のトラブル) = 海外ではよくあることだが、クレジットカードナンバーを事前に伝えておくこと。当日パリヴィジョンに着いたときに、「すでに決済は終わっています」といわれたときには、ちょっと不安になった。

(出発前に知っておきたかったこと) = シティラマ社のサービスであったこと。泊まっていたホテルからは、シティラマ社のほうが近かったため、一旦通り過ぎた。

(そのツアーにしてよかったことは?) = 手っ取り早く観光名所と夜景が楽しめる。特に夜景は感激。

リドのショーは基本トップレス。子供も見かけたが、親はどんな説明をしているのだろうか。

(現地にいってがっかり) = 集合場所でバスに乗り込んだときに、すでに他からのツアー客が乗っていて、前のほうの席を選べなかった。集合場所では前から2番で待っていたのに。

日本語オーディオガイドの内容が、直訳に近くてわかりにくかった。

(ツアー選びのアドバイス) = リドからの帰りは午前2時ごろで、ショーを見ている間もさすがに眠かった。ホテル帰着は、バス経路の都合で順番が最後のほうになると、さらに遅くなる。
翌日は朝ゆっくりするなど、それなりの覚悟が必要。

イルミネーションのバスで座席にこだわるのであれば、バスがどこからピックアップをはじめるのかを聞いておく。ツアーの流れでなんともできない場合もあるだろうが、わかっていればあきらめがつくかも。

ムーラン・ルージュのほうが人気。そちらに行きたい場合は早めに予約すること。

(コストパフォーマンス) = ★★★

(2010年9月 キートン523 様)


 
 
 
 
トップ > パリ > エリア別紹介 > 8区 > リド
トップ > パリ > オプショナルツアー > ナイトツアー > リド