トップ > パリ > エリア別紹介 > 8区 > 贖罪礼拝堂
 
ラ・シャペル エクスピアトワール
La Chapelle Expiatoire  贖罪教会 贖罪礼拝堂
http://chapelle-expiatoire.monuments-nationaux.fr/
住所 Square Louis XVI,  29, rue Pasquier 75008  PARIS
メトロ 9号線 Saint Augustin
RER
地図 RATPの付近地図(交通機関乗り場いり)
バス 22 32 43 80 N53 94 バスルート詳細はこちら
Pasquier-Anjou停 下車 
駐車場
タクシー
  
  
開館 
Ouverture
2009/1現在
× 13-17時 ×
 チケット売り場は 〜17:30
祝日 無休
 
1/1  Easter Easter Monday 5/1 5/8
× × × ×
Ascension Whit Sunday Whit Monday 7/14 Assomption
× ×
11/1 11/11 12/25
× × ×
 
ただし、展示がえや、特別展、直前の労使交渉、などで変更・決定する場合があります。必ず pariscope週刊誌などで確認し、現地で自分で対応してください。
料金 
Tarif
2009年1月現在 
大人 割引 17-0歳 パリ・ミュージアム・パス
5 euro 4.20 無料  ○

Paris Passport(5euroの小冊子)で オーディオガイド特典とある。もともと入館料にオーディオガイドはついているのだが・・

     
処刑後、ルイ16世とマリー・アントワネットを一時埋葬した場所といわれる。
いまは ルイ16世広場と名づけられた公園の中。建物にも入場できる。

ルイ16世とマリー・アントワネットの像がある。


Photo by arisa 55
  

(アクセス方法) = バス94番 Havre-Haussmann下車。バス停が rue Toronchet トロンシェ通りにあるのでそこからHaussmann通りに入り(プランタンの向かい側の歩道)、rue Pasquiet まで歩く。プランタンがあるのとは逆方向。

Rue de l'Arcadeの次の通り。公園が見えるのでその中に入って行くと、教会の入り口がある。Rue Pasquietまで来れば、建物は公園の外からでも見える。

(入場料) =  5euro  学生などの割引料金もあり パリ・ミュージアム・パスで入場。

(内部の雰囲気や感想) = 最初の門のようなものを通り過ぎると、小さい中庭に出る。中庭を進むと教会内に入れる。あまり人もいなくて静かで、空気も少しひんやりしていた。地上階部分には祭壇とルイ16世、マリー・アントワネットの彫像がある。

各彫像の脇に地下室への階段があり、地下へ降りることができる。地下はさらに空気がひんやりとしていた。地下にも小さい祭壇のようなものがあり、祭壇のスペースまでの短い通路の壁に、ルイ16世と子供、マリー・アントワネットと子供の絵が飾られていた。

(車椅子・高齢者対応) = スロープ等はなし。

(子供向け?) = 子供でも楽しめそう

(所要時間) = 30分〜1時間もあれば隅々までじっくりと見られる。

(印象的だったもの) = 全体的に気に入ってたが、特に地下室。

(飲食店&ショップ情報) = なし。

(その他) = 最初の入り口を入ったところに、英語、フランス語などで教会の歴史、建物についての説明を書いたものが用意されている(持ち帰り不可)。他の教会でのコンサートのチラシなどもあった。その右側に係員がいる部屋がある。気付かずに中庭に入りそうになった。
 

(2008年2月上旬 カスタムフラッグ 様)

  
トップ > パリ > エリア別紹介 > 8区 > 贖罪礼拝堂