トップ > パリ > エリア別紹介 > 5 区 > アラブ世界研究所
15 Jan.2010 / 14 May 2011 経験談追加・再調査
15 May 2012 再調査
24 Dec.2012 / 25 Apr.2013 経験談追加
Musee de l'Institut du Monde Arabe
ミュゼ・ドゥ・ランスティテュ・デュ・モン(モ ンドゥ)・アラブ
経験談はこちら
[25 Apr.2013 ]
アラブ世界研究所  
http://www.imarabe.org/
  
Photo by mafumafu

キリスト教の祝日が関係なので、あいてる。穴場。意外におもしろく、根強いファンが多い。アラブ文化をいろいろなかたちで紹介。リピーターにはぜひ。

レストランは眺望もよい。コンサート、公演なども多い。

常設美術館は8階。

     
 
 
住所 1, rue des Fossés-Saint-Bernard 75005
地図 RATPの付近地図(交通機関乗り場いり) *

http://www.imarabe.org/ang/prat/index.html
メトロ Jussieu  ジュシューCardinal Lemoine  カーディナル・ルモワーヌ

Jussieu駅から、かなり歩く。500m。5分では着かなかったと思う。地上に出て通りの名前を確認し、建 物の塀の感じで「faculte des sciences」が右手になるように方向を定めてから歩き出し、交差点を右折。

この通り rue des fosses st-bernard をセーヌ方向へ直進。この通りはバスが何系統か走っている。右手に特徴あるメタリックな建物が見えてくる。
(2006年8月 toc blanc 様)
RER Gare d'Austerlitz
バス 24 63 67 86 87 89   バスルート詳細は こちら

バスが便利。
 
24番 RATPのルートPDF 24  マドレーヌ寺院から/へ。おすすめ。
往復ともセーヌ河岸を走り、観光バス状態。
63 RATPのルートPDF 63 6区7区、16区との往復にむいている。トロカデロか ら最短距離。
67 RATPのルートPDF 67 
86 RATPのルートPDF 86
87 RATPのルートPDF 87
89 RATPのルートPDF 89
 
オデオンから、86番バスで乗り換えなし。(たぬきのママ 様)

駐車場 7時〜26時 
タクシー
 
 
 
開館 
Ouverture

2011年5月現在 

月 lundi 火 mardi 水 mercredi 木 jeudi 金 vendredi 土 samedi 日 dimanche
×
10〜18:00
×
図書館 Biblioteque 13〜20:00 ×
  
※7〜8月 火〜土 13〜18時


入場券売り場は 45分前まで

閉館
月曜、イスラム教の祝日。

 図書館は 日・祝。

2011/4/28 臨時閉館


祝日


元旦
1/1 
復活祭 復活祭の月曜  メーデー
5/1
第二次大戦終戦記念日 5/8
○ OPEN ×
× 
キリスト昇天祭 聖霊降臨節 聖霊降臨節の翌月曜 革命記念日
7/14
聖母被昇天祭
8/15
×
○ 
2011月曜定休×
万聖節 
11/1
第一次大戦休戦記念日 11/11 クリスマス
12/25


○ OPEN

 
ただし、展示がえや、特別展、直前の労使交渉、などで変更・決定する場合があります。必ず  pariscope週刊誌などで確認し、現地で自分で対応してください。



料金 
Tarif
チケット売り場は フランス式0階(地上の売り場、あるいは Web購入も可。
 
2013年4月現在
常設展  特別展 パリ・ミュージアム・パス
大人 8ユーロ
割引 6ユーロ
12歳未満 無料
 
展望台、売店、カフェ、レストランの利用は入場料不要。
(2009年11月 Aikyo.V様)
写真 
 
 
 
展望台 あり。穴場。
 パリの景色を上から眺めたのは初めてで、その素晴らしさ、美しさに感動した。

ノートルダム寺院もきれいに見えるし、セーヌ川が風情があってよかった。雨続きだったが、この日は運良く天気がよかったために、美しい景色を見られた感激 は相当高かった。観光客もまばらで、ゆっくりとパリの景色を眺められて、大満足。建物自体もきれいで好きなので、また行こうと思う。
(2012年4月/5月  ほゆきbonnechance 様)

屋上テラス。風が心地よかった。景観が楽しめた。テラスに面したレストランもあったが、ランチタイムが 終了しており、食事はできなかった。
(2010年9月 いかgoro 様)


最上階9Fは展望台になっている。エッフェル塔はよく見える。凱旋門、新凱旋門も見えるが、かなり遠い。サクレクール寺院も見えるといえば見える。
( 2007年6月 黒糖リュパン様)

建物に入り手荷物検査のあと、すぐそばのシースルーエレベーターで、屋上へ。
人がほとんど来ず、しばらく景色を独り占めできた。
( 2009年2月 エレメント・カンフー 様)
(2007年7月下旬 creme39 様)(2008年9月 愛する君のために 様)(2009年11月 Aikyo.V様)




飲食店 9F レストラン「le Ziryab」 (眺望よし 火〜日曜昼まで 12〜14:30、 19:30〜(予約のみ))、

セルフサービスのカフェテリア「Le moucharabieh」火〜日 12〜14:30


 

セルフサービスのカフェテリアに入った。昼時だったのでなかなか混んでいたが、明るい雰囲気で、安くて量も十分。ラタトゥイユと中東風ヨーグルト風味の惣菜がおいしかった。お茶が飲み放題なのも嬉しかった。色は紅茶に近いが、独特な風味で、くせになるおいしさ。
(2013年4月上旬 44hiko 様)



最上階には2つのレストラン。1つは眺望の素晴らしい、ちょっと高そうなレストラン。もう1つは、セルフでク スクスが11ユーロ。屋上のテラスからの見晴らしは素晴らしく、とくにノートルダム大聖堂が、今まで見たことのない位置から一望できたこと がうれしかったです。
(pignon baoo様 2005年5月)
 

テラスに面したレストランもあったが、着いた時間が15:00過ぎだったため、ランチタイムが終了しており、食事はできなかった。
(2010年9月 いかgoro 様)


最上階にレストランあり。地上階にはカフェあり。私たちはカフェでクスクスを食べた。1皿を2人でシェアで十分。美味しかった。他 にサラダっぽいプレートやピタパンのサンドイッチもあった。お茶だけの利用もOK。
 (2007年6月 黒糖リュパン様)
 

レストランle Ziryabも眺めは抜群。このレストランと地上階のカフェは16区にある有名なレバノン料理店 Noulaに委託経営されている。レストランは値段が上 がった。
(2009年11月 Aikyo.V様)

ブックショップ
 
建物内にミュージアムショップあり。入館料なしで入れる。ただし書籍・雑誌が多く、土産的なものは葉書とこの建物についての本くらい。
( 2007年6月 黒糖リュパン様)

書店で、アラビア文字の絵本。かわいいけど全く読めない。
(2008年2月 美浜のへしこ 様)
 


ギフトショップ

出口を出て正面に別の建物、そちらは民芸品バザールみたいになっていた。書籍や葉書もあるが、食器や布製品 などが国ごとに並んでいておもしろかった。中央には噴水があってカフェスペースになっていた。
( 2007年6月 黒糖リュパン様)
 

別館にアラブ諸国のグッズ・洋服を売るブティックと、お茶を飲めるティーサロンがあったのだが、なくなっていた。
(2009年11月 Aikyo.V様)
 

障害者 対応◎ 車椅子貸し出しあり。介助あり。 
リフトあり。バリアフリー(2009年11月 Aikyo.V様)
ガイド あり。火〜金 15時。 土日 15時、16時半。 
4ユーロ

アクティビティ カリグラフィー講座(団体または社会見学の児童むけ)
クローク
コンサート たまにあり FNACから買える


Photo by kokuto lupin

 
 

  
 

トップ > パリ > エリア別紹介 >  5区 > アラブ世界研究所