トップ > パリ > エリア別紹介 > 5区 > 動物園
 3 May 2012 経験談追加
Menagerie du Jardin des Plantes  
動物園 (植物園内)
http://www.mnhn.fr/
   
     
 
住所 入り口は、place Valhubert 75005
地図 RATPの付近地図(交通機関乗り場いり)
メトロ Jussieu ジュシュー Place Monge プラス・モンジュ
RER Gare d'Austerlitz
バス  24  57  61  63  65  89  91   バスルート詳細はこちら

57番 RATPのルートPDF 57
89 RATPのルートPDF 89
 
駐車場
タクシー
 
 
 
開館 
Ouverture
9:00〜17:30 
飲食店
  
 
 
(アクセス方法)  メトロ サン・ミッシェル駅から歩いて。進化大陳列館、植物園、動物園、古生物学館の順で周った。映画アデルのイメージを追求して足早に。

 (入場料) = 大人9ユーロ

 (雰囲気や感想) =素朴な感じの動物園。日本と違って、檻に入っているけれども、自然っぽい。

園内は複雑な作りだが、敷地が狭いので、離ればなれになっても困ることはないと思う。ただ、出口が2カ所あるから、出口外で待っているという待ち合わせは危ないかも。

ゆっくり小さい子供と見て回るには十分。店に期待はしないこと。殆どない。猛獣も居る。 屋内見学場所5

 (車椅子・高齢者対応) = やや高低差はあるが、介護者が居れば見学は可能

 (子供向け?) = 子供でも楽しめそう

 (所要時間) = 1時間

 (印象的だったもの) = ヒョウか何かが、檻の中でいがみ合った。

 (飲食店&ショップ情報) = 地図上では、トイレ3カ所、食事処2カ所、ショップ
1、遊具1、電話1、ピクニック場所6

 (その他) =ざっと回ったので、建物内へは入っていない。トイレも使っていない。売店は閉まっていた。冬場と言うことで開いてはいたものの、閑散としていた。

(2011年12月 がばい黒タン 様)
意外にもおもしろかった。

まさか、フラミンゴの群れをパリで見るとは思いもしなかった。広大な敷地内を地図を頼りに、くまなく見て回った。

土曜の午前中だったので、家族連れなども結構来ていたが、混雑するほどでもなく、ちょうどいい具合の人の入り。天気もよく、ゆったりとした時間を過ごせた。
(2009年9月 ローシン・だぶ 様)
植物園の中の一画にある。

植物園の敷地そのものが広大なため、アクセス出来る駅もさまざま。そのため目指す施設に近い駅を選ぶのも懸命だが、見方を変えれば園内施設の位置さえ把握しておけば、散歩気分で園内をブラブラと歩いて目的の施設に行くのもなかなか良い。

美しい所なので例え歩くことになっても「まだ着かない!」というようなイライラした気分には全然ならない。

私達はたまたま宿泊先が植物園から徒歩1分の所だったので、滞在中何度も通った。ちなみに動物園の位置は、セーヌを真後ろにした正面入口と思われる立派な門から植物園入ったとすると、右手前の一画。

(入場料) = 大人7ユーロ、子供5ユーロ

(内部の雰囲気や感想) = 特別珍しい動物がいるわけでもなく、平日の朝一番では他に10人出会ったかどうか、というほどの客の入りしかない、うら寂しい印象の動物園。が、何かそれが妙に味わい深かった。

動物の檻なども日本と違い、アンティークというのか独特の雰囲気を醸し出していた。ところどころに置いてある動物の置物も、キャラクター化したりせず、実物に近い大きさ、容貌をしていてなかなか面白く、思わずシャッターを向けたくなるものだった。

大人だけなら行く必要ないと思うが、子供連れで、時間に余裕のある方にはおすすめ。

(子供向け?) = 子供でも楽しめそう

(所要時間) = じっくりみて2時間

(その他) =珍しく無料で自由に使える、まあまあきれいなトイレがあり、助かった。

(2007年9月 香椎のほしのこ 様)

  
 
 

トップ > パリ > エリア別紹介 > 5区 > 動物園