トップ > パリ > エリア別紹介 > 5区 > サン・ジュリアン・ル・ポーヴル教会
 
Eglise Saint-Julien le Pauvre  
サン・ジュリアン・ル・ポーヴル教会
http://www.sjlpmelkites.org/
http://www.catholique-paris.com/
  
12世紀から建築。パリで一番小さい教会。

シテ島・ノートルダムの前の橋をわたってすぐ。サン・セヴラン教会のすぐななめ。前にはパリで最も古い大木がある。ダンテも通ったといわれる。挙式OK。

     
 
住所 1, rue St-Julien-le Pauvre 75005
23, quai de Montebello 75005
地図 RATPの付近地図(交通機関乗り場いり)*
メトロ Saint Michel サン・ミッシェル
RER Saint-Michel-Notre Dame
バス 24, 47, 63, 86, 87 Balabus   バスルート詳細はこちら

24番 RATPのルートPDF 24  マドレーヌ寺院から/へ。おすすめ。
往復ともセーヌ河岸を走り、観光バス状態。
47 RATPのルートPDF 47
63 RATPのルートPDF 63 
67 RATPのルートPDF 67 
86 RATPのルートPDF 86
87 RATPのルートPDF 87
 
駐車場
タクシー
 
 
 
開館 
Ouverture
月〜土曜 9:30-13:00 15:00-18:30  日曜 9:30-13:00  15:00-18:30
ミサ 日曜 10:00,  11:00,  18:00(ビザンチン・カトリック様式)  
コンサート http://www.archetspf.asso.fr/concert.htm
  
 


 
サン・ジュリアン・ル・ポーヴル教会でのピアノコンサート。
2回目だったが、こぢんまりしていて落ち着く。プログラムもすばらしかった。
(2008年6月/7月 Wiener Rose 様)

 
 
コンサート

教会でのゴスペルコンサート。23ユーロで、サン・ジュリアン教会で21時からのコンサートに。 パリスコープで見て、FNACでチケットを買っていった。

会場が小さいこと、教会の音の反響がすごくよく、教会の雰囲気がよかった。とてもよかった。

(2004年8月/9月 ぼんやりっ子の悠々 様) 


ノートルダム大聖堂そばの橋を渡って、100m程の所にある、小さな簡素な教会。チラシによると、パリでもっとも古い教会のひとつだそう。


コンサート

ピアノは、スタインウェイ。  

街頭に貼ってあったチラシをたまたま見つけて、時間があったので、行ってみました。演奏は思っていたより良くて、終了後、観客全員スタンディングオヴェイションでした。
 
音響は・・・ちょっと「こもる」感じに聴こえた。教会では、やはり弦楽四重奏とか合唱の方が響きが合っているのか。(イタリアの小さな教会で、何度か室内楽を聞いたときは、どの教会も綺麗に響いていたので)
 
私が行った時は、アンコールも含めて演奏終了時間が 21:45くらい。ホテルの近くを通るバスに乗って帰るつもりで、バス停に行ってみたら、そのバスは最終が21時(!) うかつだった・・・。行く人は、このくらいの時間を目安に、帰りの足も考えておいた方が良い。

チケットは、演奏開始1時間前から、教会にて販売。現金のみ(カード不可)。1ere Cat.: 23ユーロ、Normales: 18ユーロ、Etudiant: 13ユーロ

私が行った時は、身廊の真中と、左右前方が23ユーロ、その他が18ユーロの設定。

席によっては、柱の陰で、演奏者が全然見えないかもしれない。

(ダッタン人dance 様 2003年9月)


 
トップ > パリ > エリア別紹介 > 5区 > サン・ジュリアン・ル・ポーヴル教会