トップ > パリ > ルーヴル > 子供は・・・
トップ > パリ > エリア別紹介 > 1区 > ルーヴル> 子供は・・・


25 Nov.2013 経験談追加

アドバイスの めやす

 初心者、短期滞在者(パリ自由行動が3日以下)むけ、初歩の さっくり系

 美術愛好家むけ どっぷり系

 パリ・リピーターなど、毎回ちょっとずつ見たり、再訪して楽しむ 「ちょっくら系」


 
子供は・・・
ルーヴルは 仏語や簡単な英語がOKなら(とくに親が・・) 子供むけのプログラムも用意しています。
小学生くらいの子供たちが授業で来ていた。「授業でルーヴルなんていいな〜」と思ってみていると、授業の内容は 「サモトラケのニケの頭を想像してみよう」とか、「モナ・リザの口の部分を自由に変えてみたり」 とかいう内容で、見ていてほほえましかった。

(子供向け?) = 子供でも楽しめそう

(2011年2月 サンジェルマンの白くま 様)
 6歳の息子がルーヴルで本物の絵を見て喜んでいたこと。

以前より画集を見て行きたがっていたけれど、本当に興味があるのか半信半疑だったので、実際親より詳しく予習していて驚いた。本物を見せてやれて、よかった。

(2013年3月/4月 ぱぱのぴろりん 様)
人だかりで、朝から歩いてきた子供は既に「疲れた」とか言い出す。とにかく広い.。番に見ていたら何日あってもたりないし、スルーでどんどんすすむのも結構足に疲れが来る。

地下入り口から出てカルーゼルのレストラン街(というかファストフード街)で休む。見学2時間強。(子供にとって)同じような絵が続くところは、子供は飽きてしまうので、このへんが限界でした。

宗教画は子供向きでない(実は私も苦手)。メソポタミアの巨大な像とかは子供も面白そうに見てる。
(夕暮れの鐘様 2005年1月年始)
 

地元の小学校低学年やそれ以下の子供もたくさんいたし、授業(日本での社会科見学)のように案内してもらっている子供たちもたくさんいるが、最低限騒がないことができればいいと思う。

パリに住んでいる人いわく、「美術館でも地下鉄でも、どこにでも子供もいるけど、みんなきちんとすわったりおとなしくしている」とのこと(たぶんお国柄)。それができるなら全然問題はない。

ただ、日本の子供はあんなにたくさん絵や彫刻があってもすぐに飽きてしまうと思うが。
(2009年1月 pupいのいのっ子 様)
 

モナリザ、カナの婚礼、ミロのビーナス、蛇紋石の聖体皿、ナルボンヌの祭壇飾り、灯火の前の聖マドレーヌ、サモトラケのニケの8点を、この通りの順番で見た。

私なりにどうしても見たい作品を絞り、効率の良い順番を考え、事前に作品の場所を頭に叩き込み、更に詳しい館内図も持っていたのだが、それでも迷った。ルーヴルは正しく迷宮である。

最後のほうなどは、その作品の内容についてどう感じたかいうよりも、「ここにあった!やっと見付けた!!」という感慨だけに終始してしまい、作品の鑑賞の仕方としては何か違ったんじゃないかと、今では思えてならない。

そもそもルーヴルの見方というものは、年間会員か何かになって、気が向いた時にふらっと一点か二点の作品を見に行き、年に何回もそういうことを繰り返して鑑賞するのが一番良い方法なんだろうなあ、とつくづく思わされた。

それでも、世界で一番有名な絵や彫刻などを生で子供に見せることが出来て、良かったと思う。また、娘は事前に子供向けの聖書の本を読んでいたので、カナの婚礼を始め他の宗教画についても、その意味するところをなんとなく掴めた様子だった。

(印象的だったもの) = 娘が、サモトラケのニケの腕はどうして無いのか、どうなっていたのかしきりに気にしていた。子供は大人とは違う視点で見るものなんだなあと、妙に感慨深かった。

(2007年9月 香椎のほしのこ 様)

子連れだったのでかなり不安はあったが、子供は私以上に真剣に見入っていた。

出発前は「モナリザ、ミロのヴィーナス」などの有名所に興味を持っていたが、実際は17世紀辺りの宗教画に釘付け。興味というより、キリストの磔や、写実的な処刑画にショックを受けたようだ。

旅行期間が短いこと、子連れ・・という点から、鑑賞ポイントを絞って周った。

ルーヴルに朝一で並び、ネットで購入しておいたパスを使って、早々に入館。時間的な事もあってか、人もまばらで日本人に全くといって良いほど会いませんでした。またぜひ行きたい。
(2004/2005年末年始 ブルーてんとう虫 様)

丸一日観光 春から中学生になる娘のため、歴史物中心に、わかる限りの説明をした。
エジプトや古代ギリシャの遺物に心をうたれる。
(2004年3月 たぬきのママ 様)
連れていた2歳の子供をだっこ紐でずっとだっこしていた。途中疲れてつれが肩車をしたところ係員に注意を受けた。もちろんフランス語でいわれたので、どうまずいのかはわからない。でも親切に貸し出しのバギーがあるので利用できますよと教えてもらった。(結局借りていない)

階段があるので面倒くさいし、もちろんリフトは利用できますが。リフトはわかりづらいところにあったり、いちいち係員に操作してもらわないとできない。

(2004年8月 おひるねねこ様)


 
 

 
 
トップ > パリ > ルーヴル > 子供は・・・
トップ > パリ > エリア別紹介 > 1区 > ルーヴル> 子供は・・・