トップ > パリ > ルーヴル > 入場券 購入方法
トップ > パリ > エリア別紹介 > 1区 > ルーヴル> 入場券 購入方法

20 Jan. / 25 Nov.2013  経験談追加
16 Feb./ 19 Jul. 2014 経験談追加
 
 
単券orコンビ券の人  前売り券は 有効期限はありません。
A)  オンライン で買う

ネット初期は FNACなどと連携。現在は年々変動が激しいので、最新情報はルーヴルの公式HPで確認を。
 http://www.louvre.fr/billetterie


FNAC, Tichetnet, Ticketwebなど。

 

B) 現地で ルーヴルの窓口で 買う
 

ピークシーズン期や時間帯には、ホールに入るまでと、チケットブースでさらに並ぶことがある。

また売り場がない入口もある。


買う前の準備

 
・大きなお札はいやがられることが多い。

・クレジットカードはある程度の金額でないと断られることが多い(日本の商店もですね)

・言葉がだめな人は、紙にかいておく

・何を買うか、何時までに帰るか、買う場所など よく計画しておく

・特別展が要らない人(常設展だけでいい人)は、高い券をデフォルトで言われることがあるので、言えるように、準備。

 

順番がきたら

 
・絶対 最初に にっこり+ ボンジュー、まだ〜ん(男性なら ぼんじゅー むっすぃゆー) など挨拶をきちんとすること。 
 ○○、 スィル・ヴ・プレ (please)を ちゃんとつけること。

・お釣りを確認するまで、ガンとして 列をどかないこと(どいてしまうと、クレームは効かない)

・財布類は念入りにわからないようにしまう (スリがいる)


 
19時に到着ナポレオンホール/切符売り場に到着。

有人売り場はシュリー翼の一箇所だけ開いていたので、そこで入場券を購入。ホールを横切る間に先客が5人ほどやってきて、かつ前客がベラベラと余計 なこと (英語で「私の夫がこのホールをデザインしたの」と。本当か?) を喋り、しかも1枚6ユーロをカードで払  っていた(つまり6ユーロという小額で もカード支払い可)ので、10分弱かかってしまいました。が、思ったよりガラガラ。ゆっくり鑑賞したいのなら、夜間延長日がねらい目。

(2006年2月 トベロラカシ様)

アメックスのT/C。 窓口の状況と 担当により、使えるか使えないかが分かれると思う。

開館直後で窓口に人がほとんど並んでいなかった。T/Cが使えるか聞いたところ、「クレジットカードは持っていないの?」と言われた。それでも食い下がって 「持ってるけど、T/Cを使いたい」と言うと、窓口の女性が隣の担当と相談しだしだした。

相談されたほうの女性は私を品定めするような感じで何度も見る。 こちらも「おいら悪い妖怪じゃないよ」とアピール(何かしたわけではないが)。

そうしてようやくOKが出て、T/Cを使用できた。窓口担当の判断ひとつで使用できない可能性も十分にあると思った。
(2012年 おいら悪い妖怪じゃないよ 様)

 

B') ルーヴル館内の 自動券売機で買う  おすすめ

なぜか、チケットブースが長蛇でも、自動券売機がすいていることが多い。

下記画面は、過去の一例。
 


 
 
自動販売機でカード決済が最速。なぜか自動販売機の列の方が短いよう。
(2009年7月 vtec_akky 様)
 

リヴォリ通り99番口、ガラス扉から入ってひとつエスカレーターを降りたところに自販機があってそこがすいている 。9時の開館まではclose。
(2010年8月 misokatsunosuke 様)
 


窓口ではなく、自動販売機に並べば少し行列が短い。自動販売機でクレジットカード決済。機械に得意な人向け。
(ara様)
 

ホールに自動販売機もあり、待時間は長くとも5分程度。
(アパッチ4様 2004年8月中旬 お盆)
 

自販機でクレジットカード使用で購入。購入画面で同じ8.5Euroのチケットが上下に二つ表示されたので焦りましたが、jourとか書いてある上の方を選んだ。無事に入れたので正解だったんだと思う。
(2006年8月 愛のブタ 様)
 

自動販売機でも買えるが、クレジットカードはエラーで使えなかった。
(2005年12月 Le pluviose様)

チケットは並ばずに自動券売機で購入。購入の際、英語表示にしました(日本語表示なし)。人が売っているところは、多少並びます。自販機の英語表示に自身が無い人は、人が売っているところで購入しましょう。
 (ぴょん基地&ぴょんぴょん様 2004年6月)

 
機械は表示言語で、日本語を選べるようなんですが、なぜか表示は英語でした。タッチパネル式。
 
クレジットカード決済で、機械の操作はそんなに難しくなかった。人のいるチケット売場の両脇に1台ずつ、だいたい2台。人が売る売場では、日本人が悪戦苦闘して、何やら売場の人と話していて、時間がかかってそう。(kamechan様 2001年4月)
 
 
 
 

自販機で買いました。(英語表示切替可) クレジットカードをきちんと読み取らず。いろいろ試して、4枚目でやっと読み取られた。もちろん、レストランやデパートで、ちゃんとカードリーダーで読めていたカードだが。
(mya-kamechan   様 2003年)
 

12時ごろ着いたので切符売り場は長蛇の列・・・げんなりしていると、有人切符売り場の隅に数人の列。覗いてみると、クレジットカードで入場券が購入できる様子。早速トライ。

英語の表示を選んで画面を押していくと、最後のところでカードが受け付けられず。フランスで日本のカードがよくエラーになる話を聞いていたので、数回試すと無事購入できた。私の前で切符を購入していた人も数回エラーが出ていたようだ。所要時間は5分弱。

表示もないし目立たないところにひっそりあるので、気がつかない人も多いようだ。利用者は欧米系の人がほとんど。利用できるのはカルト・ブルー(?)、VISA、MASTER。売り場は見ただけで2ヶ所。
(2002年7月 ジャイアント95様)


Photo by tori cacao
仏英語OK。

最後に、現金かカードか、カーソルで選択。

カードを入れれば自動選択してくれますが、現金で買おうとしたら、そのことになかなか気づきませんで。「??」でした。


 
 
 

 

C) ルーヴル敷地内のほかの場所で買う

ナポレオンホールから カルーゼルに向かう通路(グラン・ルーヴル通路)
の Espace Adhesion  加入受付センター 



カルーゼル・デュ・ルーヴルの タバコ屋 La Civette du Carrousel   






D) 現地で ルーヴル以外の場所で 買う


これについては毎年変動が多いので、ルーヴルの公式HPで確認のこと。

下記はとある段階での一例です。(扱い停止になったあと、扱い再開した事例もあります)

フランス全土の FNAC(”ちけっとピア”みたいなところ)、Virgin、百貨店ル・プランタンギャラリー・ラファイエット、ボンマルシェ、BHV、Continent、Auchan、Extrapole、Hyper-Media、カルフール、ヴァージン・メガストア等

(入場料) = ドラクロワ美術館でルーヴル共通券を購入。11ユーロ。

(雰囲気や感想) =
今回は美術館巡りの予定はなかったので、ミュージアム・パスを事前購入しなかった。が、ルーヴルでは購入に時間がかかると思い、先にドラクロワ美術館に立ち寄り、共通券を購入。

いつもは空いているポルト・デ・リヨン入り口から入場する事に。 私たちは入場券があるのでセキュリティーのみですぐに入場できたが、初めてこの入口で入場券購入の為に行列している光景を見た。

(2012年12月31日 koufukuパン 様)
プランタン

プランタン。地上階の日本人カウンターで聞いたところ、扱っていないとのこと
(2012年?月 ぼんじゅー広島 様)


本館1階奥の、プレイガイドみたいな所。手数料は1.1ユーロ。使用期限は無いとの事で、並ぶ時間がもったいないと考える人には、オペラ座に行くついでにでも買えばよいのでは?
(i-neko様 2003年)

ボンマルシェで



サンジェルマン付近 百貨店ボン・マルシェの地下の本売り場カウンター

チケットぴあみたいになっているので、すぐわかる。 コンビ券も買える。
(Pamplemousse Rose様)



水曜日の18時以降用のチケットを、前もってボンマルシェで購入。本来の料金は大人6ユーロだが、それに手数料1.4ユーロが加算された。子供は無料。

チケットについては、当日窓口で買うとなると行列覚悟で行かなければならないことも有り得ると聞いていたのでどうするかとても悩んだ。結局、インターネットで夜の部の前売り券の案内を印刷しておき、それをボンマルシェのカウンターで見せた。

しかしながら2007年9月の、夜の部の入場に関しては行列は全然なかった。昼間はわからないが、18時以降であれば事前購入は不要。むしろ窓口は人影もまばらで、さっと買ってすぐ入場出来そうだった。
(2007年9月 香椎のほしのこ 様)

ルーヴルのHPに「前売り券が各デパートで買える」とあった。ラファイエットに行き提携の高島屋コーナーのスタッフにきいたら「昔は売ってたんですけどねえ」という返事だった。
(2010年8月  misokatsunosuke 様)


手数料が加算されることがある。

E) パリ市観光局で ネットで(引き渡しは現地)


入場券をWebから予約。パリ観光局で受け取った。月曜朝だったので券が届いていなかった。(2013年8月中旬 えいとま 様)



 


D) 日本の代行業者などから買う (円建て)

申し込み期限(2週間前など)に注意。銀行振込手数料、郵送料も注意。予定がかわったとき、未使用のときの払い戻しも確認しておくこと。

・東京音響 http://www.t-onkyo.jp/
 

地球の歩き方プラザ
http://www.arukikata.co.jp/tabiplaza/paris_ticket/
 
 


 
 

 
パリ・ミュージアム・パス
・日本で買う、現地でほかの場所で買う → パリ・ミュージアム・パス参照
・ルーヴルで買う
ふつうの券売り場ではありません。
ガラスピラミッドホールの l'espace Adhesion  というところ

夜や、閉館時間 間際は、販売がおわっています。

ルーヴル ガラスピラミッド入り口などを入るまでに (観光シーズンは) 並びますので、そうすると並ばなくて済む!という利点が1つなくなっちゃうわけで・・・・できればルーヴルに いくまでに入手をすすめます。

各翼に向かってのびるエスカレーターの下の部分、クロークとか、手洗いのあるところのさらに奥のカウンターで販売。 ちなみに、いつもがらがら。
(サラダエクスプレス様 2002年1月)
18:30頃着いて カルーゼル広場の入口からのぞいてみると全く列がなかった。ガラスのピラミッドの所から入場。しかし、入場券売り場には長蛇の列。自動券売機?は動いておらず、パス類を扱う窓口も閉まっている。

(その時パス類を持っておらず、メトロの駅に寄って調達してから行こうかと思ったものの、そうすると 宿泊先からだと遠回りになるのでやめ、ルーヴルで買うつもりでした。) 仕方なく並んで、入場券を買いましたが50分ほど並んだでしょうか。
(arco de medio punto様 2002年1月)

入場時並ばなくて良いよう券を日本から買って行ったが、開館直後に行ったので並ばなかった。モトをとるにはかなりあちこち周らないといけないので、じっくり観光したい人にとって特なのか損なのか、判断が難しいところ。

ただし、ルーヴルやオルセーは朝一(開館後30分以内)に行かないと、そのうち凄い行列になるのは確か。
(2006年6月 オスカル1964 様)

ルーヴルで、しかも金曜(開館時間延長の日)の、ちょうど延長している時間にミュージアム・パスを買いに行ったら、店員も1人だし、かなり進みも 遅いし、7、8人の待ちなのに、50分もかかった。前回は近くの別の場所で待たずに変えたので、そのつもりで行ってしまい…。次回は絶対別のところで買 う。
(2009年1月 pupいのいのっ子 様)
 
 
 
トップ > パリ > ルーヴル > 入場券 購入方法
トップ > パリ > エリア別紹介 > 1区 > ルーヴル> 入場券 購入方法