トップ > パリ > ルーヴル > クローク
トップ > パリ > エリア別紹介 > 1区 > ルーヴル> クローク
 

ナポレオン・ホール地下。
9〜18時  (水、金で 夜間延長のある日は、〜22:00)
 
 

注意

作品保全のため、大きい荷物は館内に持って入れません。係員にとがめられたときは従ってください。 
館内は大きく、非常に疲れますので、できるだけ最小限の荷物で。スリも多いので、気をつけてください。

スーツケースなど非常識なものは、預けられませんし、館内自体に入れないことがあります。(断られます)
ルーヴルにいって預けよう♪という安易な計画はおすすめできません。

容量も多くないので、混雑時にはふさがって、預けられない場合があります。

テロ防止のため、長時間あるいは同日中に とりにこないものは、処分されることがあります。
VIPなどの訪館時には閉鎖されることがあります。

受付終了時間の20〜30分前には 引き取りましょう。


 
 
美術館の入場券を持っていたら、大きな荷物やコートを無料で預かってくれた。バックパッカー用の大きな荷物(リュックサック)を預けた。地下は外ほど寒くないので、コートを預けたほうが身軽になれる。
 
逆さピラミッドの広場から各翼にあがっていく階段(エスカレータ)をあがらず、そのまま真っ直ぐ行った所に、階段ごとに、2ヶ所くらいに分かれてあった。(標識は階段を過ぎないと見えないくらいで、目立たない)
 
美術館内は相当歩いて疲れる。歩ける靴にしておきましょう。
(kamechan様)
現地では、ロッカーはたとえ美術館でもあてにしてはいけない、と痛感。ルーヴルでは傘やコートは預かってくれたが、バッグは預かってくれなかった。
(2005年10月/11月 A/NANJO 様)
 

預けられる衣服はコートのみ。マフラー、手袋は不可。昼すぎにはいっぱいで、返却者待ちの行列ができていた。
(2008年12月下旬 れもんしろっぷ 様)

ローラーブレードの入ったリュックを預けた。

ローラーブレードをビニール袋に入れて預けようとしたら断られたため、(というか、セキュリティでまず引っかかって館内に入れなかった)無理やりリュックに詰め込みました。 (ねこねこ様)

 
 
 
トップ > パリ > ルーヴル > クローク
トップ > パリ > エリア別紹介 > 1区 > ルーヴル> クローク