トップ > パリ > ルーヴル > 館内カフェ、レストラン
トップ > パリ > エリア別紹介 > 1区 > ルーヴル> 館内カフェ、レストラン
 27 Oct.2012  / 20 Jan.2013
16 Feb. / 19 Jul. 2014 経験談追加
 


 
館外 チュイルリー庭園側
Le Cafe Diane  URL日本語 URL
チュイルリー庭園の屋外席

Le Cafe Renart  URL日本語 URL
チュイルリー庭園 南西

Le Kiosque Paul ,  URL日本語 URL
カルーゼル庭園の入口 ミニ凱旋門側 
ポールのパンのテイクアウト(takeaway)

毎日
9〜17:00
移動販売ワゴン le triporteur URL日本語   URL
ナポレオンの中庭 
水〜月
10:30〜17:30
La Terrase de Pomone  URL日本語 URL
チュイルリー庭園 南東
 




館外 中庭側回廊
Le Cafe Marly ル・カフェ・マルリー
リシュリュー翼 
8〜26:00

美術館内 (入場後)

ドゥノン翼1階 (日本式2階) 
 "1er etage   77室"の隣
Le Cafe Mollien

外の景色よし。 テラスから見下ろせる。人気。大作の部屋の間にあり、休憩によし。モナリザからも近い。 英語メニュー。
水〜月
10:30〜17:00

夜間開館日
10:30〜19:00
ドゥノン翼 地下 展示室入り口前
テイクアウトカウンター URL URL日本語 
9:00〜19:00 9:00〜21:45
ドゥノン翼 中2階 
旧 Cafe Denon


リシュリュー翼 地下 展示室入り口前
テイクアウトカウンターURL  URL日本語 
9:00〜19:00
9:00〜21:45
リシュリュー翼 -1階 
Le Cafes de la Pyramide
 URL  URL日本語
レストラン、テイクアウト
10:30〜17:00
10:30〜19:00
リシュリュー翼 1階  
Le Cafe Richelieu/Angelina
10:00〜17:00
10〜21:00
(〜20:00)


美術館 施設内部(入場券不要)
ガラス・ピラミッド下 ナポレオン・ホール および カルーゼルにいく回廊

Cafe Grand Louvre 日本語URL  URL

ランチ予約要、ディナー予約要 
ガラスピラミッド下 ナポレオンホール。

水〜月9〜18:00
夜間開館日9〜22:30
Le Comptoir du Louvre

テイクアウト(英語で "takeaway" )が主。少しだけイートインレベルの席がある。 館内図で -2階の 8の向かい

ナポレオンホールのインフォメーションカウンターの裏。Paul ポールのパン、ドリンクの販売。  URL

9〜19:00


9〜21:30
Le Cafe documentation Starbucks URL
日本語URL
館内図 -2階の4

(注 ショッピングセンター ”カルーゼル・デュ・ルーヴル”内 にも大きいスターバックスあり そちらは8:30から開店している)

9:00〜19:00
9:00〜21:45
店名不明
Salle Richelieu の飲食コーナー

リシュリュー翼-1階 入口手前左



 
館外 地下ショッピングセンター カルーゼル・デュ・ルーヴル


フードコート  
Restaurants du Monde レストラン・デュ・モンド


水〜月9〜18:00
夜間開館日9〜22:30
Starbucks Coffee スターバックス・カフェ (大きいほう) 8:30〜20:00 8:30〜20:00
Laduree ラデュレ 1区カルーゼル店
10〜20:00 10〜20:00
Mariage Freres マリアージュ・フレール 1区 カルーゼル店 喫茶は12〜19:00か メニューにより時間制限あり 10〜20:00
10〜20:00

 
周辺・建物外
ルーヴルは出るとけっこう疲れているので、次の目的地あるいは

すぐ近くのレストラン、カフェなどを 洗っておきましょう。
 → パリのレストラン・フード  





地上 PAUL
春夏のみの可能性もあり。
ロゴのテントが見えたので行ってみると、ポールの屋台で、サンドウィッチやペストリーとドリンクを販売していた。滞在中は好天だったので、毎日ランチはここで(公園のベンチ)取った。

モッツアレラとトマトのサンド、バルサミコ風味のチキンとトマトのサンドは、日本と同じくらいの値段で2倍ほどの大きさ。おいしいのでペロリと食べた。

おすすめは、アプリコットのペストリー。新鮮で美味しいアプリコット、日本の自分が知っているそれとはまったく違った。すぐ売り切れるようだった。

プティ・カフェは、香りが高く、エスプレッソでもきつすぎない。サンドにとても合った。サンドウィッチとコーヒーのセットで 6〜7ユーロ。

(店内の様子・客層) = ルーヴルの観光客で、晴れの日のランチ、早い午後ににぎわっていた。並んでいる時にも「セットで注文したほうが安いよ」などと情報交換した。何より屋外で太陽のもと、広い公園を見ながらピクニック気分が味わえた。

(スタッフのようすや対応) = てきぱきと注文をさばいていき、でも、笑顔を絶やさず、応対していた。誠意を感じた。コーヒーのカップの大きさにも面倒がらず、ちゃんと聞いていた。

(日本語・英語対応) = どのスタッフも英語圏の人たちとそつなく会話していた。

(10点満点で何点?) = 10点

新鮮なチーズ、果物等、さすがパリと感じるおいしさ、他の同種のテイクアウトの店と比較して値段も安いと感じた。
雨の日はできない体験だが。

(アクセス) = ルーヴル美術館正面の前の公園。Paulの黒字に白文字のテントが出ているのですぐわかった。

(支払い方法) = クレジットカード可。

(2017年3月 red 2002 様)
ガイドブックにルーヴル内にポールがあると書いてあったので、 前日、地下のフードコートやショッピングモールを探したが 見つからず諦めていたところ、何と!外の屋台が。
(2007年?月 だぶちゃんむうちゃん 様)

  











旧情報 仮置き

 
Salle Richelieu の店


-2階(ナポレオンホール)から -1階の リシュリュー翼へのエスカレーターを上がって左すぐ、入館料不要

主菜、野菜orポテト、デザートで13ユーロぐらい。野菜がまずかった。

(2014年1月上旬 osa65 様)

昼は混んでいて、入れず。
(2011年8月 名古屋1世 様)


カフェはあるが少なくて高い。館内では飲み物・食べ物は一切売っていない。

しっかり腹ごしらえしていくこと。水を持って歩くといい。
(mugimugi様) 
 

美術館内のカフェに入ったら、割と良い格好をしていたせいか、外の景色も見える奥の良い席に案内してもらえた。私たちの前に案内されたグループは、入り口にすぐ近い狭い席に案内されていた。
(2006年9月 モンブランツリー 様)
 

予想より物価が高かった(両替時は1ユーロ154円だった)。
美術館の絵ハガキ(1.5ユーロのところもあった)やガイド本しか買ってないのに、すぐにお金がな くなった。カルーゼル・ルーヴルのフードコートで食事をした時も、14.92ユーロとか。そんなだったらいっそ外に出て、カフェで雰囲気を味わいながら食 事した方が良かった。日本だったら安いところの方がフランスでは高かったりして、難しい。
( 2006年10月 マーニャはうたう様)


 
 
 
 
 
 
旧 Cafe du Louvre カフェ・デュ・ルーヴル
ガラスピラミッド下 ナポレオンホールに接している。原則 9〜19時(夜間開館日〜21時)
Photo by kokuto lupin

  

大混雑。疲れすぎて、結局ここで休憩したが、落ち着かないしコーラやジュースを飲むならいいけど、ゆっくりコーヒーや紅茶を飲みたい場合は館内カフェの方が絶対いい。コーラ2本、ミネラルウォーター1本で、11.50ユーロ。
(2010年4月下旬 おれんじパンダ 様)

 
 
旧 Cafe Napoleon カフェ・ナポレオン
ガラスピラミッド下 ナポレオンホール
サンドイッチ、ドーナツ、ジュースのセットで9.9ユーロ。隣のレストランは高そう・・・

(2007年1月下旬 祇園のあず様)

サンドイッチ・デザート・飲み物のセット9.90ユーロ。いたって普通。疲れていたので座りたかった。

(2007年8月 ともみたange 様)

  


 
 



 
 
 
トップ > パリ > ルーヴル > 館内カフェ、レストラン
トップ > パリ > エリア別紹介 > 1区 > ルーヴル> 館内カフェ、レストラン