トップ  > パリ > ショッピング  > バスグッズ、アロマ
  

Paris お買い物・おみやげ
バスグッズ、アロマ、キャンドル、オイル
コスメ など
 21 Jan.2012 経験談追加
25 Jan. / 21 Jun. 2014 経験談追加
店舗情報は再調査しておりません。各自で調査ください。

 
 
 
お店・メーカー情報
Amin Kader
L'Atelier du Savon
LCDP Marseille
Diptyque
Durance [23 Sep.2011]
Fragonard [23 Sep.2011]
Fresh
La Maison du Miel
L'Occitane [21 Jan.2012] 
Oliviers & Co
Penharigan[28 Mar.2010]
Welleda [25 Jan.2014]
Yves Rocher

こんなの買いました

 

お店情報 アルファベット順
 

インテリア雑貨の店や、ものによっては 食料品の店にも 関連する商品が あります。

 
Amin Kader アミン・カデール 服飾雑貨(バッグほか)、石鹸
フィレンツェ サンタ・マリア・ノベラ(ノヴェッラ)教会の石鹸、化粧品も扱う
2区オペラ店 1 Rue De La Paix 75002 
左岸6区サンジェルマン店 2, Rue Guisarde 75006
ラ・ペ通り店 カルティエ本店並び

(モノと価格) = 

フィレンツェ サンタ・マリア・ノヴェッラの石鹸、化粧品、
メログラーノ(ザクロ)の石鹸 バスサイズ 17.5euro(免税前)   日本定価 \3,360
イドラ リアクリーム 57euro  (免税前) 日本定価\11,550 

(免税) = 免税可 16%

(その他) = サンタ・マリア・ノヴェッラの石鹸の大ファン。日本の値段はあまりに高い。ユーロ高ではあったが、まとめ買い。フィレンツェ本店ではもう少し安いのだが、なぜか免税不可なので、フィレンツェまで行く時間と交通費を考えると、まあまあの値段。

パリではここがオフィシャル・ショップ。石鹸、化粧品類の大半の商品を置いている。
http://www.santa-maria-novella.co.jp/index.html(日本語公式ページ)

Amin Kader の店自体はトラッドなバッグや洋服を置いている店。入り口が凝りすぎで、すごく入りにくい。結婚準備のための商品も沢山置いているようだった。

(2007年1月 Rod・ロッド様)

 

 

L'Atelier du Savon ラトリエ・デュ・サヴォン 石鹸専門店
http://www.savonparis.com/
世界各地で展開
4区マレ本店 29 rue Vieille du Temple 75004
2区
パリ三越
閉店
 

  
LCDP Marseille   ラ・カンパニ・ドゥ・プロヴァンス マルセイユ    石鹸ほか
(La Compagnie de Provence -  Marseille)
http://www.lcdpmarseille.com/音あり
9区ヴィニョン店 16, rue Vignon 75009
6区サンジェルマン店 5, rue Brea  75006
プロヴァンス
エクス店
63, rue des Cordeliers  13100  Aix-en-Provence (エクス、エクサン・プロヴァンス)
マルセイユ店 18, rue Francis Davso 13001 Marseille
マルセイユ店 1, rue Caisserie 13002 Marseille
 



 
Diptyque ディプティック、ディプティーク  ろうそく、キャンドル専門店
http://www.diptyqueparis.com/
1961年パリ創業。日本ふくめかなりの支店がある
  
 
5区 34, Boulevard Saint-Germain 75005 Paris 
4区
L'Eclaireur
12 rue Malher 75004
9区
プランタン
64 bd Haussmann 75009
1区
Zero One One
2, rue de Marengo
16区
Franck et Fils
80 rue de Passy 750016
 
キャンドル(べス)36ユーロ、日本定価5,775円

ギフト用キャンドル(ミニキャンドル3セット、ベス・フィギュール・フゥユドラヴァンド)63ユーロ 日本定価は不明なるも、14,700円でのネット販売あり
 

(その他) = 香りが試せるキャンドル、トワレ各種置き場が大きく2ヶ所にある。店内は狭め。

仏・英語のみの店員だが、日本人かと聞くと日本語でのキャンドルの説明書コピーをくれた。試したいキャンドルを指すとキャンドルを逆さまにして出して、グラスの底の香りを嗅がせてくれる。(キャンドルの上からでは香りがとんでしまっているので)

「どんな感じの香りが好き?」など親切丁寧。かなりの数を試したのに、嫌な顔せずに対応してくれた。

ギフトセットは素敵にラッピングしてくれ、最後にオードトワレの試供品を、二つくれた。とても嬉しく、ちゃんとフランス語でお礼と挨拶をした。レジにいた店員もニコニコ顔で感じが良かった。
(rindo21様 2005年9月)
 

ボンマルシェで

DIPTYQUEのオードトワレ、アロマキャンドル、石鹸。いい香り。石鹸は1個10ユーロなのでお土産にもいいかと。
賞味期限がないし。

店員は全く英語が通じなかったが、つたない怪しいフランス語で「ボンジュール、試していいですか」など聞くと
親切にいろいろ見せてくれた。
ラッピングも綺麗にしてくれたのでありがたい。

(2006年9月 てんてこまいこ 様)

アロマキャンドル(重たい)
( 2006年4月 aoiusagi 様)

 


Durance デュランス
http://www.durance.fr/
プロヴァンスで創業した自然派化粧品・香料など。
パリ サン・ルイ島のDuranceでアロマ・キャンドル13.2ユーロ。
女性店員が英語を話し、親切だった。フラゴナールと比べて、手頃。
(2010年5月 パンジーとビオラ 様)

 
Fragonard フラゴナール
http://www.fragonard.jp/
支店多い。香水博物館は 9区  参照
VISA優待クーポン 10%off
http://www.visa-news.jp/
エズ 

エズの村にはいってすぐ左手にフラゴナールがあって、かわいい香水のほかにもちょっとプレゼントするのにいいようなかわいい品があった。エズ村のバ ス停の下の坂をちょっとおりたところにもあった(入っていないので詳細はわからないが、工場と直売店みたいなかんじだと思う)(アメリアキコ様 2004 年8月) 
 

グラース 

フラゴナール社の SELS PARFUMES POUR LE BAIN  (2005年1月 maison violette 様) 

ローズの香りのボディミルク。(2009年10月 お茶の子栗鼠 様)

石鹸類。小瓶のセットになったバスジェルやバスソルトなど、配る土産によさそうなものも
たくさんあった。(2009年8月 azumi@az 様)
 

パリ 


購入したボディクリームで、足のマッサージ。毎日長距離を歩いたので、マッサージと休息時間(湿布)は必須だった。

フラゴナールで買い物中、店員の「プレゼントですか?」の問いに「いいえ、自分用です」と答えたところ、隣で買い物中の女性が笑いだし「そうよね、こんなに可愛い雑貨、人になんてあげられないわよね」と合いの手を入れてきた。
(2012年1月下旬/2月上旬 不思議戦隊キンザザ 様)


練り香水、エッフェル塔の形をしたビンの香水。
(2011年2月/3月 meme93 様)




アクセサリーケース。安くてとても使いやすい。
(2011年9月 alegri 様)

香水セット(小瓶5本入り)、オー・デ・パフューム(単品)
購入したのは、香水セット2つ、オー・デ・パフューム(5ml入り)で、合計90ユーロくらい。

(免税) = できなかった

(その他) = 香水博物館を見た後、階段を下りると出口の近くに広めのショップがあった。石けん系、香水系・・・など品目によって売り場が分かれていた。

売り場が空いていたのもあったが、店員がマン・ツー・マンでゆったり応対してくれた。香水でお土産用と自分用と数種類買った。

どの香りが良いか分からなかったので、試Seるかどうか尋ねると、ほぼ全種類を試験紙を用いて嗅がせてくれた。セットの中身についても、香水の名前と香りが一致しない自分のために、「この香りとこの香りのものが入ってる」・・・と、嗅がせてくれた試験紙を組み合わせて教えてくれた。

また、日本語で書かれた解説書も付けてくれた。(この解説書の中に、品目と中身の詳細が書いてあったので、帰国してから、友人達に土産を配るのに重宝した)

セットに含まれない物は単品で買うことになったが、アトマイザーの入れ物の大きさ(香水の量)を選ぶことができ、わざわざ大瓶で買わなくても良いのがありがたかった。(いろんな香りの物を少しずつ買うことが可能)

品物を全て選んでから、最後にレジで精算する仕組み。クレジットカードも使えた。

ちなみに、近くの三越(現在 閉店)でも、フラゴナールで扱っていたのと同じ商品をいくつか見つけたが、こちらは少々値段設定が高めだった。中身を確認させてくれたり、値段が安いメリットを考えると、多少言葉の不自由さはあっても、直営店で買った方がお得かも。

自分は買わなかったが、練り香水や石けんも良かったと思う。
(2008年9月 kreuz_souris_chu 様)
 


オペラの香水博物館を見た後、店舗で石鹸、香水など。が、まだ足りないと思って、翌日サンジェルマンの店にいって追加購入しました。場所によって随分違うもので、オペラでは一切ラッピングしてくれない が、サンジェルマン店のは、あらかじめラッピングしてあった。していないものも、プレゼントといえばしてくれました。ディスプレイも段違いにおしゃれ。ただし、サンジェルマン店の一番年配のマダムは意地悪なかんじで、いやな思いをしました。 

JCBのクーポンで10%引き。オペラ支店では割り引きOK。サンジェルマン支店でも、私を担当していた若い女性にクーポ ンを見せたら、OKと言われたのに、レジを打っていたのが、その年配の女性でもうレジを売ってしまったので割引できないとのこと。若い女性は謝っていた が、年配の女性はふんって感じだった。
(2004年11月/12月 pamplemousse 様) 
 

オペラ座近くの香水博物館で安く香水を買った。
(2005年5月 ベッキー・レベッカ 様) 
 

フラゴナールの香水。やっぱり欲しくてパリのフラゴナール博物館にいった。
( 2006年7月/8月 さんじゃっく茶太郎 様)

 

パリ1区 カルーゼル・デュ・ルーヴル支店 (ルーヴル地下ショッピングセンター内)


バスジェル、バスソルト、蝋燭など。

VISAの10%割引クーポンを印刷して持参。会計時に使えるかどうか聞いてみたところ、
店員はそのクーポンの存在自体を知らなかったようだが、快く対応してくれた。
しかも、割引だけでなく、布製のおしゃれなショッピングバッグに商品を入れてくれた。
(2009年12月/2010年1月 azumi@az 様)

ANA機内販売

事前発注で、フラゴナールの練香水を申し込んだが、前日に取り置きできなかったというメールが来た。しかし当日は購入できた。
(2010年12月下旬 くわことちわこ 様)

フラゴナールの香水、バスソルト、練り香水のセット。日本にないのが不思議だと思っていたら、  旅行中の3/19に日本に店舗ができたとのこと。
(2005年3月 ヴァニラの香水 様)
プランタンは商品が少ないため、品数はない。練り香水もなし 
大判(縦30cm位)巾着袋 全体に花の刺繍 30ユーロ 
大判(縦30cm位)巾着袋 全体にジャン・コクトー・チックな描線のイカレ天使を刺繍 
天使1人・カップル・家族の3パターン 各18ユーロ 
(2005年9月 ばぐ yonda 様) 
 

エッフェル塔のビンの香水とかわいい刺繍がされたポーチ。 
( 2005年7月 マドレーヌまゆみ 様) 

練り香水。 
 

エズで、1個5ユーロのを6個箱詰めにすると25ユーロ
( 2006年10月 寿司かっしー 様)
 
 

南仏色のかわいい小さな容器に入っていて、10種類くらいの花の香り。ひとつ5ユーロ、6個で25ユーロ。練り香水自体とても珍しいので、女の子の友達向けのいいお土産になりました。 
(2005年9月 4頭の羊 様) 
 
 

練り香水セット(6個入り) 25ユーロ 
(2005年9月 ばぐ yonda 様) 
 

セットは6個で3000円とお手ごろ。お土産にしようと思ったが 結局現地で別のものを買ったためやめた。しかーし、後で、あの人にもお土産買っておけば…ということが何度かあったので、買っておくべきだったと反省。 
(2003年9月 メリーさんの羊 様) 
 

6個セット。おみやげにみんなに配った。とても喜ばれた。 
(2005年7月 スピカ 37 様) 
 

日本未入荷と飛行機内で見た。よい薫りがします。 
( juncocin719様 2002年12月) 

練り香水のセットも、現地では3種類ありましたが(1セットに6種類入り)、東京では1種類しかないようです。日本の値段をみるとかなり高いので、これももっと買えばよかったと激しく後悔。) 
(2005年3月 ヴァニラの香水 様) 
 

全12種類。6種類ずつ1パック(25euro)売っているが、サンジェルマン店とエズ店はバラ売りも(1コ5euro)。(2004年8月/9月ジュリ子・ロジャー 様) 

全日空(NH)パリ〜成田 機内販売で、日本未販売品が2種(各6個セットで3,200円)あった。 
(2005年11月上旬 トナカイくんのお友達 様) 

 

石鹸とコロン(ホテルのアメニティで使われていて気に入ったので) 
(2004年9月 ぷぅりーる二世 様) 
 

石鹸、今もとってもいい匂いがします。 
(2005年6月 ぱんじーとムック 様) 

セルライト対策のコスメがいっぱい出ていたので、買い込みました。 
(naotama様 2002年5月) 

 
 
 
6区サンジェルマン  Fresh フレッシュ 自然派コスメ
アメリカではじめた店が 欧州にも上陸。 
5 rue Cherche Midi 75006 日祝やすみ
香りの店。
店員もフランス語、英語可。すべての商品を丁寧に説明してくれる。

せっけん、ボディーソープ、ヘアケア、トワレなどが揃う。アジアンテイストの物も多くて黒砂糖のコロンとかお米のスクラブ入りのボディーソープとか、色々試せ、ゆっくり選べます。
石鹸一個10ユーロからとちょっと高め。
(2004年6月下旬/7月上旬 BALKO刑事 様)

 

 
6区サンジェルマン  Florame フローラム  自然派(オーガニック)精油など
8, rue Dupuytren 75006  日月やすみ
http://www.florame.com/
南仏サンレミ・ド・プロヴァンス発の自然派石鹸や香水関係など。オイルが高品質で有名。
肌の弱い人、敏感な人にもひきあいが多い。アロマテラピー雑貨もある。
(Chun3)
 
 
 
7区 Iunx Parfums Paris イアンクス・パルファム・パリ
48/50 Rue de L'Universite 75007   日曜やすみ 
元エルメス調香師が、資生堂と提携してOPENした、話題の香りの店。斬新な手法や提案で、人気。

→資生堂が Iunxブランドを解体。終了。ブランド名は譲渡存続の動きも。

プランタン高島屋 コスメ-メゾン館 →撤退。
 

訪れる価値あり。
(2003年9月 おにぎり評論家 様)

 
 
 
 
 
 
 
 
La Maixon du Miel ラ・メゾン・デュ・ミエル
http://www.maisondumiel.com/
パリ本店 24 rue Vignon 75009 月〜土 9:30〜19:00
100年をこす 蜂蜜の老舗専門店。ハチミツの石鹸などもある。
日本にも提携取り扱い店あり。

 
 
 
 
L'Occitane ロクシタン
http://www.loccitane.com/
http://www.loccitane.co.jp/
支店一覧
http://fr1.loccitane.com/storelocator/index.asp
会社の女性への配り物に◎。(日本にも直営店あるが、日本では高いので)
支店は多い。すいている支店だと、丁寧に個別包装もしてくれる。においがあるので、スーツケースにいれる前になにかで包んで!

ルーヴル地下にもある


 
 ギャラリー・ラファイエット

(モノと価格) =
ラファイエットの10%引き券を適用後、さらに免税。

グリーンティーとピオニー ボディークリーム
日本価格 3,360円 定価 20ユーロ →18ユーロ →15.84ユーロ

シア ハンドクリーム 150ml
日本価格 2,940円 定価 18ユーロ →16.20ユーロ →14.25ユーロ

ローズ ハンドクリーム 30ml
日本価格 1,365円 定価 6.50ユーロ →5.85ユーロ →5.14ユーロ

日本価格は日本のロクシタンのHPで調査。あらかじめ、フランスのロクシタンのHPでフランス価格も確認しておいた。

(免税) = ほかの化粧品と一緒に免税にできた。約12%

(その他) = ホテルでもらった ラファイエットの10%引き券をつかった。

空港ではボディクリームが19ユーロだったから、お得だった。ただし、免税をかけて、スーツケースに詰め込まないといけないが。念のため、日本から梱包用の緩衝剤とテープを持参してパッキングし、ジップロックに入れてから、ハードスーツケースに入れた。
(2011年12月 四国産らぶらどーる 様)



シアバターの大きい缶はラファイエットでは売っていなかった。
(2011年10月 まかろんぴよぴよ 様)


石鹸。1個3ユーロ
(2010年10月 toc blanc 様)


カルーゼル・ドゥ・ルーヴル店
 

(モノと価格) = バラの形の石鹸 3個入り 7.5ユーロ。
ローズのオー・ド・トワレ 10ml(Roll-onになってるタイプ) 18.05ユーロ。

広い店ではないが、昼の時間帯のせいか空いていた。女性店員が、丁寧に対応してくれ、乾燥肌用の試供品を数点付けてくれた。場所柄、英語もスムーズに通じるし、観光客慣れしている。
(2010年4月 miwako-arpa様)


日曜も開いているし、商品の数も多い。シアバター 1個(12g) 5ユーロ
(2009年5月 お金の見張り番 様)
 

ボディークリーム(丸いケースに入ったもの) 5euro アトピー持ちの私でも使用できた。

商品購入後、帰り際にスタッフに声をかけられ、カメラの前でインタビューを受けました。新商品のポスターを二枚せられ、このポスターからどういった印象を受けるか、というものだったが、インタビュー自体苦手だったため、かなり緊張した。でもいい思い出。
(2006年3月 ふじ・いつき様)
 

イモーテルシリーズのクリームなど。 
(2006年10月 spring@海外はいつもヒツジ 様)
 

可愛らしい店員が、英語とフランス語ちゃんぽんで気さくに声をかけてきてくれ、 「これ、新作なのよ! ほら・・・セ・ボ〜ン」。とても楽しかった。
(2006年6月 ルーアンのうさぎ 様)


ANAの機内販売。
 
ロクシタンのシアバターの6個セットやハンドクリームセットなどは空港の免税店より安かった。
復路では売り切れ続出だったので、往路に買うことをお勧め。
( 2006年9月上旬 ジャンapple 様)
 

ローズヴェルヴェットセットを購入。シアバター6個セットは売切。往路で買うべきだったと後悔。
(2006年9月中旬 花すずめ 様)
 

6本セットのハンドクリーム。ANAの機内限定販売。香りがやわらかくて、小分けして土産に最適。もっと買ってくればよかった。
(2006年4月 mei-mei 2001 ex 様)
 

2005年12月頃までの限定品で、ロクシタンのハンドクリームは6つで3,900円。日本未発売で、土産用に最適。ただし、2,3セットしかおいてないようだった。ANAカードで購入すると、10%引きでかなりお得。フランス国内で買うより安いと推測。
( 2005年10月中旬 ゆここ&Q印 様)

ロクシタンのシアーバター5個いり約2800円
 

キャセイ機内販売。
価格は香港ドルとUSドルと両方表示あり。
ロクシタンのシアバター5個入り約750円だった。
(2006年9月下旬 s・7878 様)

シャルル・ド・ゴール空港 

ターミナル1

ターミナル1店の方がパリの店舗より少し安め(免税のため? 1ユーロくらい)だった。ただし、種類や商品の数が少ない。シアバターは売っていない。(2009年5月 お金の見張り番 様)



ターミナル2F
 

手洗い付近でロクシタンを発見。出国後にはなかった

(2005年8月中旬 ねずちゃん@ビーチ派 様)

ハンドクリーム
ド・ゴール空港で5本セット 約31ユーロ
(2011年10月 西の青蓮 様)


成田空港 第2ターミナル
 
本館のANA系列の免税店にロクシタンがあり、日本価格より2割以上安かった。ANAカードでさらに1割引。
( 2006年10月下旬 spring@海外はいつもヒツジ 様)


 

シテ島
ロクシタン・シテ島店。事前に日英仏の価格をチェックしていった。
フランスは日本より定価が3割ほど安い。175ユーロ以上で免税。10%程度戻る予定。日本では手に入らない小物などが買えた。

店員が声を掛けてくれたが、買うものも決まっていたし、店内を見て楽しみたかったので、その旨伝え、断った。たまたま客が少ない時間だったのか、買い物済ませ店員ともおしゃべりを楽しめた。
(2009年6月/7月 cheese on toast 様)

パリで 店舗不明

ソルドで、石鹸とシアバター。
(2010年2月 パスピエぴあの 様)



ヴァーベナのサシェ。3個セットで16.5ユーロ。日本だと1個1,500円。
(2011年8月 riviereピエタ 様)
パリで 店舗不明

プランタンの少し北にある、パッセジャーレというショッピングモール内のロクシタンが工事で閉まっていた。急遽、パリ東駅構内の店に。

面積も広く、商品も多かったが、免税手続きができなかった、まぁ日本の半値近いため、良しとした。
(2010年8月/9月 セカンド-T 様)
南仏にて

マノスクにあるロクシタン工場の併設店舗にて、石鹸類。工場見学はしていないが、全て10%引。レジでは、外国人は更に割引できる旨が表示されていた。(おそらく免税のこと)
(2009年8月 azumi@az 様)
トゥールにて

トゥールのロクシタンで、日本未発売の男性アフターシェービングクリーム。
新しい女性用のディヴァインクリームは、店員もすごくいいのよ!と言っていた。
免税書類を作ってもらい、結構な金額になったので新しいボディーシャンプーとポーチのおまけをくれた。
(2009年11月 トラジ番 様)

Sevres-Babylone 店 ボン・マルシェの前
 
イモーテル化粧水 15ユーロ (日本価格(税込):3,675円)
イモーテル クリーム 42ユーロ (日本価格(税込):8,400円)
CherryBlossam 練り香水 7ユーロ (日本価格(税込)1,575円)
 

18:30頃、店内に他に客がいない状態。入店前に挨拶すると店員は急に愛想が良くなった。
店員は1名で、英語可。

イモーテルの化粧水は、テスター1本と売り物5本が陳列してある状態で、5本買っても問題ないか聞くと、「大丈夫。5本で足りる?まだあるよ」と在庫を見せられた。

円高で日本のほぼ半値のため買いたいのは山々だが、5本でも1kg以上の重さで、何より預け荷物の重量制限があり、断る。

購入していない商品(新製品含む)サンプルをどっさりと他にも売り物のハンドクリーム(ミニサイズ3本セット)をくれた。

ラファイエット等のデパートにも入っているが、売り場と会計は別で時間がかかるし、商品も路面店より少なかったので、路面点のほうが落ち着いて買い物できた
(2010年9月中旬 愛する君のために 様)
 
 
 
 

 mielのお香(10.50ユーロ)とボディーバーム(26.00ユーロ)

日本ではいくらで売っているのかと、渋谷駅の東急の中にあるロクシタン入ったら、mielのお香もボディーバーム売っていなかった。すごく良い香りなので、オススメです。かなりお気に入り。ふたを開けただけでも香りがすごくする。
(AYA&BAU 様 2005年4月)

サン・ミッシェル大通りの薬局で
ロクシタンのリップクリーム。3.5ユーロ
他に丸い小さなビン入りのはちみつリップバーム。店員が勧めてくれた。7.9ユーロ。
(2006年9月 カンタベリー大司教 様)
5/1 メーデーに、ロクシタンが開いていた。
(2006年5月 豆柴と三毛 様 )
入浴剤を購入、長湯した。香りがあると、味気ないホテルの部屋にも潤いが生まれるみたいで嬉しい。
(2004年9月 与作とバナナ 様)
ハンドクリーム(大15.5ユーロ自分用、小5.5ユーロ土産用、友達からはかなり喜ばれた)
(2005年1月/2月 彼女の家まで15分 様)
OSEオーデトワレ、SHEA BUTTER、石鹸:ROSEは気に入ったので自分のために。

SHEA BUTTERは乾燥で口が切れてしまい、リップクリームでは太刀打ちできなかったため。

石鹸はお土産にいろんなフレーバーを。プレゼントだと言ったら、一つ一つ可愛くラッピングしてくれた。
(2004年2月 momo@labo 様)

練り香水
直径2〜3cmの小さい缶に入っています。日本のショップでは見かけません。
 (Colette様)
 

【カンヌ】 
 
税抜 石鹸100グラム1個 2.90euro、日本円550円 
石鹸25グラム12個入り木箱入り 14.48euro、日本円2,800円 
香水CONCRERE 10MLが6.10euro、日本円2,800円 
(korinkorin様 2002年2月) 

 
 
 
 
 
Oliviers & Co  オリヴィエ・エ・コー    オリーブオイル専門店
http://www.oliviers-co.com/
http://www.oliviersandco.com/

日本にもすっかり定着! オリーブオイル専門店。石鹸、ハンドクリームなどあります。

 
 
 

 
Penharigan ペンハリガン (英国王室ご用達 コスメ、オード・トワレなど)
http://www.penhaligons.co.uk/shop/store-locator/europe.html
サントノレ店、フラン・ブルジョワ店、ボン・マルシェ店
 

(モノと価格) = トワレ100ml 90ユーロ (当時レートは1ユーロ=約135円。英国定価95ポンド、日本定価 21,000円) 

2009年限定復刻コレクションが目当て。英国では発売開始されていたものの、フランスではどうかわからず、フラン・ブルジョワ店では「扱っていない」とだけ言われた。

サントノレ店では、2009年7月以降の入荷だがボンマルシェ店にはあるかもしれない、聞いてみるか、と電話で確認してくれ、取り置きを頼んでもらえた。接客が一番よかったのはサントノレ店。今後も買い物するなら、ここがいい。ボン・マルシェ店はせわしない感じ。

フラン・ブルジョワ店は、入ってすぐTryMeボトルがたくさん置いてあり、店員はだいぶ奥にいて全然声をかけてこないので、気軽にいろんな香りを試せた。

(2009年6月 とりcacao 様)

サントノレ店 209 Rue St Honore 75001

 

(モノと価格) = スプレーボトルのトワレ50ml65.00ユーロ   (日本定価13,650円、英国定価50ポンド)
 

(その他) = ロンドン・コヴェントガーデン本店の雰囲気を念頭に置いて気合いを入れていくと肩透かしを食う。外観はともかく、カジュアル。といっても、対応は親切丁寧。

ラッピングは、断然パリの方がおしゃれ。若い男性スタッフの手さばきに見とれた。

米企業に買収されて以降、フランス始めEU内での扱い店がかなり増えた。フランブルジョワ通りにもあったと思うが、サイトを見るとなくなっている。プランタンから撤退してボンマルシェに入った。ここはクリード等他ブランドと合同ブースでの扱いで、店員は忙しそうだった。

英米に行かなくても入手できるのはありがたい。

(2008年5月 とりcacao 様)





Welleda ヴェレダ
日本サイト http://www.weleda.jp/
パリ  > ショッピング  > 薬局、ドラッグストア  参照
Welledaのマッサージオイル。日本より安かった。
(2013年11月  絵馬にゅえる べあーる 様)
Welledaの化粧品。日本で買うよりはるかに安かった。
(2006年9月 てんてこまいこ 様)
ヴェレダのマッサージオイル、クナイプのバスソルト。日本の半額以下。
(2011年11月 大寒みりん 様)
ヴェレダなどの自然派化粧品が日本の半額以下だった.
(2011年8月 極東電波塔 様)
ヴェレダのボディケア用品多数購入。バスミルク、マッサージオイル等。 こちらは安いと評判だったが、確かに、日本で買う場合の約半額。そこで100ユーロ分購入した。
(2010年6月 はちみつしょうがミルクティー 様)


 
 
 
Yves Rocher イヴ・ロシェ (イブ・ロシェ)
http://www.yves-rocher.com/
自然派コスメ。各国に支店あり。
パリ市内も膨大な支店がある。[Jan.2010調査]
 

オーベール店 Station Rer Auber 75009 Paris  
ベルヴィル店 135 Rue De Belleville75019 Paris
シャンゼリゼ・ ナチュラーレ店  102 Avenue Des Champs Elysees 75008 Paris

シャラントン店 242 Rue De Charenton 75012 Paris
ショセ・ダンタン店 60 Rue Chaussee D'Antin 75009 Paris
コマース店 20 Rue Du Commerce 75015 Paris
フランドル店 109-115 Rue De Flandre 75019 Paris
フォーラム・デザール店 Angle 6R.Basse/3R.Equer.Argent 75001 Paris

フォーラム・デザール・アンスティテュ店 Forum Des Halles - Niveau-3 75001 Paris
東駅店 4 Rue Du 8 Mai 1945 75010 Paris
リヨン駅店 Gare De Lyon-26-44 R De Chalon 75012 Paris
北駅店 Rue De Dunkerque 75010 Paris

ゴブラン店 63 Avenue Des Gobelins 75013 Paris
オスマン店  43 Boulevard Haussman 75009 Paris
イタリー 2店 30 Avenue D'Italie 75013 Paris
Leclerc店 40 Avenue Du General Leclerc 75014 Paris
レピック店 17 Rue Lepic 75018 Paris
Levis店 43 Rue De Levis 75017 Paris

モンパルナス駅店 Gare Montparnasse-Niveau Metro 75015 Paris
ナシヨン店 13 Cours De Vincennes 75020 Paris
Ordener店 92 Rue Ordener 75018 Paris
パサージュ・デュ・アーヴル店 Ctre Cial Passage Du Havre 75009 Paris

レンヌ・モンパルナス店 142 Rue De Rennes 75006 Paris
レンヌ・サンジェルマン店 68 Rue De Rennes 75006 Paris
レピュブリク店 9 Place De La Republique 75003 Paris
RERナシヨン店 Station Rer Nation 75012 Paris

リヴォリ店 104 Rue De Rivoli 75001 Paris
テルヌ店 24, Avenue Des Ternes 75017 Paris
テルヌ・アンスティテュ店 4 Rue Villebois Mareuil 75017 Paris
ヴォージラール店 342 Rue De Vaugirard 75015 Paris
ヴィクトル・ユゴー店 97 Avenue Victor Hugo 75116 Paris

かわいい柄のエコバッグを、たまたま会った日本人から聞いた。この店がなかなか見つからなかった。見つけた店舗は、アメリカフェの数軒隣。シャンゼリゼ通り ラデュレの向かい側らへんやギャラリーラファイエットの向かい側。
(2009年5月 moonchild 様)















こんなの買いました!
 
 
石鹸

マルセイユ石鹸。木箱ごと購入。500g×8入り。(約4,500円) 
(だしのモト様 2002年8月) 

モノプリで、1ユーロ(約117円)にも満たない石鹸を買いだめしました。 土産用に。 オリーブ石鹸と、 蜂蜜石鹸 を合わせて15個程。まだ自分でも使ってないので、どんなのかは分かりませんが、ナチュラル石鹸だから悪くは無いでしょう。(と自分勝手?)匂いも良くて、今のところ友達にも喜ばれてます。 
(麗しの京女様 2002年5月)


マントンにて
上: レモンとオレンジの形の石鹸 
中: オード・トワレ、もらったウェットティッシュ
Photo by maison violette
蚊取り線香
 
 
スーパーで蚊取り線香を。まっ黄色。ちゃんと渦巻き。なんか良い香りです。
おみやげ用にもっと買えばよかったです。
(コンビアン華子様 2002年10月中旬)
ポプリなど
 
 
南仏では、プロヴァンサルプリントに入ったラヴェンダーポプリが、4つ縦長にちゃんとちぎれるようにビニールに入っているものを買ってきました。22Frでした。 1個ずつちぎって袋に入れておいて好きなの持って行ってね〜とやりました。 
これはロッカーに入れて使ったりできていいかなと思いました。 

ただ、ラヴェンダーなどの匂いものが好きではない人もいるので その人は歯ブラシにしました。 

(はるchien様)
 

サンジェルマンの雑貨屋で、ポプリや小鉢。地元の人が群がっていたので入ってみたのが、安かった。
(やまちん様 2002年12月)
 

バレンソールという、ラベンダーの畑だらけの村で、ハーブオイル 
プロヴァンスのセナンク寺院でラベンダークリーム 
(すぬはん様 2002年7月) 
 

南仏で、ラベンダーグッズ。ラベンダー大好きなので。 
(ミストラルPEPO@暴風の街 様 2002年5月) 
 

ラヴェンダーのポプリ・プロヴァンスの蒸留所 でGET! すっごく安かったので 母がまとめ買い。
 (sakura_namiki様)

ドラッグストア(薬局)で
 
 
砂時計のついた はぶらし  
 
オサカナ型の、お風呂の水温計
たぶん赤ちゃん用だと思うのですが 温度は摂氏だし、フランス語で、赤ちゃん、お子さまなどと適した温度が横にかかれています。 かわいいのー
 
ブラシ
透明で、空洞の柄のなかに水、オサカナや砂がはいって ふらふら動いてくれるやつ。コップとセットで買いました。
 
パフや、海綿

こういうものは50F以下で見つかりますので イイ感じです。
(Chun3)
 
 
 

化粧用のコットン。日本ではめずらしいちょっと大きめのだ円のもので、かさばるけど軽いし安い。女性には良いのでは?
(2005年5月 DtoNARI 様)

制汗剤

いわゆる「欧米」に行くと、制汗剤 。スプレーじゃなくて、ロールオンタイプのやつ。日本のものに比べて強力。長もちもする。
(かなぞう様)

アベンヌ のスプレー(日本の約1/6の値段)

( kantomo様 2002年3月下旬〜4月上旬 )

つめヤスリ

ホテルに置いてあったのと同じものがスーパーに売ってた。とても使いやすかったので購入
(raoul_lupin_love様 2002年10月)

ジバンシープチサンボンの香水 。2500円くらいだったでしょうか。これまたかなりお得っ!! 
(まよ様) 

GIVENCYなど。現地も安いですが、あまり関空とかわりません。またラファイエットは品薄。
関空で3点ほどまとめて買うと、オリジナルポーチやら記念セットがもらえるのでそれも楽しみです。
(Chun3)

 

ルーム用スプレー(芳香剤)
 
南仏でルーム用スプレー(芳香剤)。日本にも同様のものがあることはあるけど、化学会社が出している、人工的なニオイでトイレにも使用するようなものしかないが、フランスではかなり本格的な、香水に近いようなものがある。
かなり重宝、お土産に買っても特に若い女性に喜ばれる。
(2005年6月 asaijin 様)
歯磨粉  お配り土産むけ★
 
EMAIL DIAMANT(商品名)  
DIAMANT(ダイアモンド)なんてネーミング、いかにもピカピカな歯になりそうで笑える。 これがまたラミネートチューブではなく、今時めずらしい、蓋の頭の尖ったところで口のところのアルミを破るタイプ。 (よく塗り薬でありますよね。わかっていただけますでしょうか?) 
パッケージの箱の絵もこれが又可笑しい。 ナポレオンが着ていたような、金の刺繍付きの短いベストと膝までのパンツと白の靴下を履いたおじさんが、左手に帽子を持って右手を上げて、ニッカリ笑ってます。 売り場に行ったらすぐわかるデザインです。 

二種類あって、黄色い箱の方はペーストが紅芋のような赤紫(!)   味も少し変わっているそうです。(私は未使用、使用した友人談)   一方、緑の箱は無難なメンソール味のようです。 オフィスで昼休みに歯磨きをしているところなんか、いいんでは? 友人にはすごくウケてました(笑)。 

ほかにも日本で見るような、コ○ゲートのようなのももちろんあります。 フッ素入りが多いようですね。(ちなみにフッ素はフラ語でFLUORです。) 小さな箱だし、値段も安いし、モノプリなんかで売ってます。 
(にゃんち様)
 
 

DIAMANTは、リコリス風味(ぺルノーとかリカールも似た風味です)。 リコリスに慣れていない日本人だと好き嫌いが分かれるかもしれませんね。 でもあの赤、結構ぎょっとしますよ!口をゆすぐ前に、鏡の前でニカ〜ッと 笑うと、かなり怖いです。
(Quezac様)
 
 

signa。(歯磨き粉パッケージが歯磨き粉らしからぬ形をしていた
(2g様)
 

 スーパーで歯磨き粉を沢山。
(2005年9月 uno 919 様)
 

歯ブラシ  お配り土産むけ★
 
 
薬局でにいろんな形のいろんな色のを。もしあまったら自分で使います。日本製のもののほうが良いような気もするのですが 外国製はデザインがおもしろいものが結構あるように思います。

がさがさっと出して、好きなの早い者勝ちでどうぞって言ったら、皆けっこう楽しそうに選んでました。 
中には本当にデザイン重視で使いにくそうなのもありますが、あんまり考えないで直感で気に入ったのをばんばん買ってきます。 

以前雑誌で持ち手が縦に3つに分かれて立てて置いておく歯ブラシを 見つけたので、お土産で友達にあげたら喜んでました。 
これは、ちょっと高かったので皆に買ってくるのは10Frr位の安いものです。 歯ブラシは消耗品なので結構使ってもらえるみたいです。 
(はるchien様)
 

Fluocarilのstylicというハブラシ(持ち手がシルバーと曇りガラスのような くもった白、という爽やかな色味で、ブラシの部分は水色と紫。しかも、取り替えが効く(スペアのブラシが一つついている!) 
(2g様)


 
 
トップ  > パリ > ショッピング  > バスグッズ、アロマ