トップ > パリ  > ショッピング  > お土産について考えよう!

Paris  パリの買物 ショッピング
お土産について考えよう!

15 Sep.2012 経験談追加


 時はカネなり! 現地滞在時間も 1時間ナンボで お金がかかってるんだ  ということ お忘れなく!  自分が楽しんでくださいね 
 
 
 

特定メンバー向けみやげ対策  (兄弟、親など)

往路の機内、空港で買う。とにかく速攻で済ませる。

これが喜ぶかも、とかあまり考えすぎない。(もらったほうは、あまり思い入れはない)


近所、

    食べ物。軽いもの。スーパー等でもよい。だいたい3個は余分購入。
  日本で売っている場合の単価を調べておく。


大量配布型義理みやげ対策

宅配型土産は高くて、あまりたいしたものはないので薦めない。

スーパー、デパートなどで買う。

毎年海外旅行するなら、もう買わないとか、毎回一緒とか、きめちゃう。

日本のスーパー(ikari、カルフール、成城石井) 百貨店でも、フランスのクッキーを売っています
だいたい280円前後。
 


原則

・みつけたら 即買う。
・2個買う。(自分用、あるいは増えた土産に)
・朝 あるいは、旅程の最初のころに買う
・面倒なものは、空港や機内で買っておく
・日本での値段はしらべておく。
・旅の1〜3日目で買えるだけ、買ってしまう。
・可能なら1軒で買えるだけ買ってしまう。適当に色々みつくろって大量買い。
・原則として、あまり「頼まれない」 「店指定・もの指定を受けない」
・頼まれるなら、自分がいく予定の店のもの。なかったら買わないと伝えておく。
・航空会社の超過重量が高いので、軽いものにする。

 
 

家族みやげ・やばい義理みやげ

関空および機内販売で、ネクタイ、時計、スカーフなど。
現地でわずらわされたくないので、、&結構趣味のいいのがほどほどの値段でそろっていますから。

または、ドゴール空港(ゲート内)で、カルチェの財布1万円ちょっと、エルメスのネクタイ9,000円程度で買えます。



反省等
 
多い反省  自分の分がない、余分がない。人のための買い物になった。


友達や親にあげる土産は、ほとんど全部 自分の分も一緒に買った。 自分用のものが沢山あるほうが、帰ってきて余韻に浸れるし、土産をあげないといけない人が できたときに、自分用のをあげたりできる。安くてかわいいものを 100%自分の趣味で選ぶべし。

(2003年9月 くまのみハンター 様)

基本的に 「頼まれない」こと! 自分の旅行だ。


頼まれ物が多く、自分自身の買い物ができなかった。日が経つほど疲れがたまるので、買い物は早めに済ましておくのがいい。美術館巡りをした後の買い物は、足が棒のようで、動きが鈍くなる。
(こつまなんきん様)

頼まれ物でヴィトン。パリ本店でも在庫の無い物もあった。色や形にこだわりのある人のものを頼まれるのは、今度からやめよう。自分の欲しいのはその場で選んで、簡単に買えた。
(2004年10月 ハレonna 様)
かわいいものが多い地区・時期もある

どこの街でもクリスマスマーケットが開かれていて、キャンドルなんかはかわいらしいのが沢山あった。
 

サンジェルマンは洋服や靴、マレ地区はモダンな雑貨の店が多くて面白い。

フランス最後の買い物といえば、大体の皆さんはド・ゴールの免税店だと思います。でも期待していってはいけない。私も失敗。パリ市内で買っておいた方が無難だ。
(マドモアゼルK様)

土産および 自分の買い物には、最初から特別予算を計上しておく。


旅行の前半に買い物時間を設定すべき

朝から晩まで観光していて、ゆっくり飲む時間を取れなかった。
(2012年3月 ドログバアンリロマーリオ 様)


観光に追われ、全くと言っていいほど買い物はしなかった。男性家族は空港で買うと言っていたけど、時間はないし、時間があったとしても品物がない状態。
荷物が増えるのがいやで買い物を後回しにしたが、ちゃんと買い物時間をとるべきだった。義理を欠いた。
(2005年7月 erihati 様)


あまり買い物に時間がとれず、ほとんど土産を買えなかった。次は半日ほど買い物の時間を設けたい。
(2010年9月 うろこ犬 様)
食品は現地で 早い段階で食べてみる。おいしかったらもっと買う


あとになって、こんなにおいしいとはびっくりしたし、もっと買えばよかったと後悔した。
(2010年8月 ろしがーこ 様)

迷ったら買え!  自分がほしいものは絶対買え!

もっと土産を買えばよかった。迷ったときには、買う! 
外国は何度も気軽にこれるところではないので、値段が高くなければ、その場で即決する。
(2010年8月 おまーるDEオマル 様)

ケチケチしないで、土産はその時に気の済むように買っておいた方が後悔しなかった。
もっと蜂蜜とジャムとお茶を買えばよかった。
(2010年11月 蜂蜜チャーリー 様)

もっと土産を買えばよかった。荷物の重量ばかり気にして、ビールや酒、瓶詰めのジャム類を買うのに躊躇した。
(2011年4月 pandaとtaiyo 様)


行く前にコレ買おう!と思っていてもいざ現地で見るとやっぱり要らないか…と思い、買わずに済ましてしまった。が、帰るとやっぱり買えばよかった!と後悔する。ちょっとでも欲しいものは躊躇せずに買うべきだった。
(2010年11月 薔薇の瓶詰め 様)



土産をいっぱい買ったが、やっぱりもっと買えばよかった。
(2010年8月 カルロスクアルト 様)

土産の子供服をもっと買えばよかった。プチバトー、下着でも(当時のレートでは)日本で買うよりはるかに安い。
(2010年1月 ぷひ1129 様)

ラベンダーのエッセンシャルオイルは、1つ1ユーロ、日本の無印で見かけたものは
1,000円くらいしていたので、もっと買えばよかった。
(2011年7月 wol ラバンディンダ 様)


おみやげをケチらないでもっと買えばよかった。
(2009年10月 murasakiバラろくなな 様)
超過料金を払うつもりで買う(国際宅配便がわり)



重いので買えなかった瓶に入った食材類が買いたかった。
ワインやマスタードなど。荷物に入れるのをあきらめて送っても良かったかと思う。
(2010年3月 フロッグスプラッシュ 様)



荷物の重量が気になり、思う存分買い物ができなかった。結局、規定内ギリギリでおさまり何の問題もなかった。

冷静に考えると、航空会社に受託荷物の追加料金を払っても、(当時)55ユーロ程度(事前に申告すれば割引もあるようだ)ですんだのだから、欲しい物は、気が済むまで買えばよかった。

重かったり、かさばる買い物が多かったせいもあり、慎重になりすぎた。同行者と共に、ちょっと消化不良。
(2010年6月 ベレー帽のたぬき 様)

※航空会社の収益悪化および、燃油高騰により、 超過料金は頻繁に値上げされ、高くなる傾向。利用航空会社の最新の規定を調べておくこと(管理人)



観光ばかりしていたので、他人への土産程度。特に自分でも欲しいものは無かったので、無理に買わなくてもいいだろうと思って、買わず。

フランス人でヴィトンを持ってる人はあまり見かけないのに、なぜ日本人はあんなに待ってまで欲しいのだろう? (個人の価値観の違 いなのか)ちょっと不思議に思った。
(ぱりのいぬ様 2002年5月)

ソルド時期は色々な意味で注意


フランスの人はソルド以外あまり買わないと聞いていたが、その意味がよく分かった。全てソルド。初日、グッチは行列ができていた。コレットも入場制限。3月に行ったとき買ったものが全てソルドになっていて、悲しかった。
(ジュイエ@夏 様)
 

バーゲンの前半に行けるので楽しみにしていたが、 バーゲン品(同じものがずらり!!)が多くがっかり。欲しいものがほとんどなかった。
(まきまきまきぞう様 2002年6月末〜7月上旬)

下調べは十分に

買いたいバターがあった。
日本で店のHPを調べ、旅程を考えて現地に行ったところ、HP掲載の営業日・営業時間が変更になっていた。買えなかった。

帰国後に確認したところ、フランス語版のHPには正しい情報が掲載されており、
日本語版の情報が古いままだった。日本語のHPがあるからと言ってそれを信用してはいけない。フランス語のHPしかないものについては、翻訳して確認していたのだが、怠った。
(2011年10月 西の青蓮 様)


※全般的に、かなり大きな施設のHPでも、英語版、とくに日本語版は情報が更新されていないことが多いです(ルーヴルでさえ) 必ずフランス語版でチェッ クを。また日本もそうですが、ネット上の情報はあくまで仮で、現実のがすべて反映されているわけではありありません。どこかで覚悟しておきましょう。また ホテル等で頼んで調べてもらう手もあります。 (管理人)
専用車を4時間借りて、半日で全部周ると、とても楽。

またはホテルに、手配を依頼する。 「大きなブティック袋は、ホテルに置きに帰ること!」を読んで、前回リムジンを頼んでブランド店回りをしたのを、思い出しました。参考までに。(2000年7月)
 

買い物できる日が半日しかない、友人の健康上の理由、沢山の荷物を持って歩けない、以上の理由で、今回は奮発してリムジン・サービスを頼むことに。ちょうど「オヴニー」に広告の出ていた、パリリムジンサービス社で予約しました。
パリ市内の料金は、
         ルノーサフラン 小ベンツ又はミニバス ベンツ又はリムジン 日本人運転手追加料金
半日4時間 FF1100 FF 1280          FF1710 FF600
一日9時間 FF2130 FF 2460      FF 3270 FF1350
夕食4時間 FF1155 FF1370  FF1655 FF730
夜 6時間 FF1635 FF1900  FF2375 FF1100
朝〜夜15時間 FF3540 FF 4100    FF5300 FF2400
小ベンツ半日4時間FF1280で申し込もうと思ったところ、「 ガレージからガレージで4時間 なので、
正味は3時間です」とのこと。3時間では無理だと思い正味4時間、1時間FF220足してFF1500
で申し込みました。
 
運転手は英語が判るそうだし、そんなに難しい会話の必要もなさそうなので日本人運転手は頼みませんでした。時間を節約する為、シャンゼリゼの「ラデュレ」でランチを取り、
そこに迎えに来てもらう事にしました。(勿論ホテルでもOKです)

当日のコースは、
「J.P.トッズ」;「エルメス」;「カルティエ本店」;「ギャラリー・ラファイエット」「マレ地区」;ホテル以上で4時間ぎりぎりでした。

迎えに来てくれた運転手のミッシェルは、ビシッとスーツを着た笑顔の素敵なナイスなオジサン。
そして小ベンツを予約したはずなのに、待っていたのは大ベンツ(500クラス)。どういう訳か、小ベンツの値段で大ベンツを回してくれたのです。ラッキー!。

行きたい店のリストを渡し、まずは「JPトッズ」から。
 
店の正面に車を付け、ちゃんと車のドアを開けてくれようとしたのに、慣れていないし少々舞い上がって
いた私は、自分でドアを開けてしまうのでした。

「すぐそこに車を停めてお待ちしています。ショッピングを楽しんできてください」とにっこり笑顔のミッシェル。
リムジンで乗りつけると、店のドアマンの対応が全然違うのには驚きです。

たかだか4時間の経験でしたが、「ああ、ブランド店とはこういう客の為にあるのだな」というのを実感した。
 
買い物を終えてホテルに到着。悲しいかな3☆ホテルにはベル・ボーイなんているわけも無く、ミッシェルから両手にずしりと自分の荷物を受け取り、4時間の夢のようなお買い物ツアー終了。4時間でFF1500は決して安くはない。

でも、3人で利用すれば一人FF500ですし、移動の効率や荷物のことを考えると、ものすご〜く楽です!。個人の価値観にもよりますが、人数・レートなどの条件が合えばそんなに贅沢なことではないですよね。(Colette様)
 
 


 
トップ > パリ  > ショッピング  > お土産について考えよう!