トップ  > パリ > ショッピング  >  アウトレット  

Paris  ショッピング
アウトレット、ストック
5 Dec.2012 / 29 Jul.2013 経験談追加
9 Aug.2014 経験談追加

店の情報は再調査しておりません。各自再確認ください

 

   過去の情報、経験談などから。最新情報は各自ご確認ください。



ラ・ヴァレ(別頁)  [9 Aug.2014]






パリ市内のアウトレット
デグリフェ(ブランドのタグを切って販売する) 

ストックの多いところは、14区(ちょっと市内からはずれる) が有名ですが 
時間のない旅行者には、市内でもあります。
  
クレジットカード会社のサービスで、割引クーポンなどを発行していることがあります。
手持ちの会員制度を調べておきましょう。
6区サンジェルマンのすぐ左(西)側、サン・プラシド通り
最寄り メトロ St Placide エスカレータ出口 

ブティック・ストック・キャロル

日祝やすみ 10-19時 
30 Rue St-Placide, 75006 
51 Rue St-Placide, 75006 
キャロルの専門店。ワンピース250F、ジャケット175Fなど。 


ラ・ブラッドリー
36 rue St-Placide 75006 
10-19:00 月曜12-19:00 日祝やすみ 
ヴェルサーチ、ゴルチエ、D&G、など。同通りに、姉妹店が並ぶ。  
14区 アレジア通り Rue d'Alesia    

メトロ: Alesia
ストックなど多い。
 

パリも外れなので、観光客はほとんどいない。地元の人が多い。
アレジア通りはストック(アウトレット)街ということを後で知ったが、確かにいろいろなストックの店が多かった。
(2010年5月下旬  どっぷりしょこら 様)
事前に情報を得て、通りの雰囲気が普通だと聞いていたし、グーグルストリートビューも見ていったので、あまり戸惑わずに到着できた。ありがたい。

通りに入ったすぐにあるソニア・リキエルのストック SR STORE に入ろうとしたら、ダメと手を振られた。前日ネットで、10時開店らしいと調べて行ったけれど、違ったようだ。

それじゃぁと、モノプリまで行 くことにした。モノプリのエコバッグは、店により品ぞろえが違うので、こちらの支店にも行ってみた)

あちこちにストックがある。ショーウィンドウが気になったところに入ってみた。

アレジア通りが 「普通の通り」であることが意味するものに気がついたのは、この時。英語が通じない。すっかりフランス語を忘れ、「試着してもいいですか」も 出てこない始末。「指差し会話帳」を使った。店員には その本が“セボン”とか言われたが…ちょっと落ち込んだ。

何軒か見てあるき、最初にあったモノプリに入ると、やはり色の違うエコバッグがあった。

店を出ると、また十字路の斜め向かいにモノプリがある。こちらは食料品のモノプリだった。食料品のモノプリを出るとなんと真向かいにSR STOCKが!

あれ? とびっくりしながら入った。こちらはかなり広い店舗で、男性用女性用や小物がそろっていた。試着室に、64番地に子ども向け店舗があると掲示してあったので、最初に入ろうとしたのは、子供用店舗らしい。知らなかったが、ラッキーだった。

品ぞろえは豊富だったが、やはり高いものは高い。大物は諦め、小物を購入。こちらも英語はほぼダメだった。

(車椅子・高齢者対応) = メトロの入口以外は、階段はなかった。

(子供向け?) = 子供でも楽しめそう

(飲食店&ショップ情報) = 周辺にカフェは多かった。

(2010年10月下旬  pring@海外はいつもヒツジ  様)
雰囲気は、地元感漂う普通の通り。

確かこぢんまりしたモノプリだったかスーパーもあるし、高級感はないが、ポツポツと洋服屋はあった。

ソニア・リキエルの店は、メトロの駅がある大きな交差点から、アレジア通りに向かって歩くと、進行方向に向かって右側。ガラス張りの間口はわりと大きめの店なので、判りやすい。キャシャレルとかも覗いたことがある。

必ず行くのは子供服のジャガディです。ギャラリーラファイエットなどにもありが、値打ち度は高い。ほかは、子供の靴屋ぐらい。

アンティークの家具屋もあるが、大きさから、なかなか持ち帰りの厳しい物ばかり。
値段もジャンクだが。近くに雑誌「旅」で紹介されていたビストロもあったような・・

買い物だけを目的だとがっかりするかもしれない。時間がタップリあって、もう見尽くして、新規開拓〜ぐらいのスタンスならいいかも。

(りっききのきっき 様)
習っているフランス語の先生が教えてくれたから行ってみた。感想は…ちょっと残念かな、と…。

まず通りの雰囲気は、まったく普通の通りだ。お洒落な雰囲気は感じられなかった。なんとなく寂しささえ感じられた。観光客がほとんど歩いていなかったからかもしれない。

店は、キャシャレル(フランス人の先生イチ押し)や、ソニアや、忘れちたが「あら、このブランド(メーカー?)もあるの」という程度にポツポツあった。でも、私に合うサイズは無いし、アウトレットといってもそこそこの値段がつけてあって、結局なにも買わず。

ちなみに先生には「サイズがなかったの〜、残念だったわあ!」と大げさに報告しておいた。
(モガバニラ 様)
GWにアレジア通りへ。ソニアにキャシャレル。価格的にはフランス価格の半額程度。

ただ、ソニアに至っては購入したものの多くがオンワード樫山製。日本語タグが取り付けられていた。もしや日本のセールで買った方が安いのでは?と疑問。Tシャツや、ストライプニットしか購入していないので、ライセンス契約をしているものしか買っていないのだと思うが。

アレジア通りでセールをしており、半額+30%オフ+免税で安いんだろうと思って買った。Tシャツ(ストレッチ素材、ビーズやフリルのちょこっとした飾り付き)とニット、タンクトップで、200ユーロ強。
(2009年 c1225peko  様)
メトロ4号線Alesia駅

治安、雰囲気共に良い。パリも外れなので、観光客はほとんどいない。地元の人が多い。
アレジア通りはストック(アウトレット)街ということを後で知ったが、確かにいろいろなストックの店が多かった。
(2010年5月下旬 どっぷりしょこら 様) 
 

 

Photo by toricacao

17区 凱旋門左(西)あたり
メトロ Argentine, Charles de Gaulle Etoile下車 

グッド・ディール
11-4:00 15-19:00 月日祝と8月やすみ 
6 Rue Colonels Renard 75017 

ウィークエンド・ショップ
10:30-14:00 15:00-19:30 日祝と8/12-8/20ごろやすみ 
13 Rue des Acacias 75017


9区 マドレーヌ寺院 右上あたり
メトロ Madeleine下車 

デグリフ・アン・ドゥス

日祝やすみ 11:00-19:30 (土・月は12:00-19:00) 
38 Rue Godot de Mouroy 75009 

 

アネックス・デ・クレアトゥール
日祝やすみ 10:30-19:00 
19 Rue Godot de Mouroy 75009 



16区 
メトロ Rue de la Pompe下車 

レシブロック

月日祝やすみ 11:00-19:00 土は10:30-19:00 
95 Rue de la Pompe, 75116 
トロワのアウトレット (2000年情報)
McArthur Glen Designer Outlet Village
http://www.macarthurglen.com
http://www.marquesavenue.com

80以上のお店。ヴェルサーチ、アルマーニ、サン・ローラン、クーカイ、ナイキ、 
ケンゾーなど。(フェラガモ・プラダ・グッチは有りません) 
日祝やすみ (ただし 2000/10/29, 11/1, 11/11 の祝日はOPEN) 

お店リストは、VISAの 「アウトレットバリュー ヨーロッパ」というパンフに 
詳細掲載。 
http://www.sumitomovisa.co.jp/service/kaigai/outlet.html

裏技!   同パンフを見せると、1000F以上の買い物で、100F商品券プレゼント 
      またセンター内の、観光案内所に各種割引きクーポン冊子がある! 
  

列車: パリ東駅からSNCFで1h30 (往復2等 276F 1等 394F)
    トロワ Troyes 駅から、バス20分 (往復 7F) 

パリからバス: 直通バスあり。http://www.eva-voyages.com
         パリ・土曜10時コンコルド近くから出発、トロワ12:30着 
         トロワ16:30発、パリ19:00着  
         WEB予約可。往復90F 

専用車※: 日程があわない人は、1日単位で専用車を手配すると良いでしょう。 

 

 このアウトレットは衣服がメインであり、バッグ(高級ブランドものはなし)や靴、室内用品(食器やカーテン等)があります。 
  
室内用品を売っている店はすこし離れています。トロワ自体は繊維の町ですので、服が中心なのでしょうか。モール自体はかなり大きく、ゆっくり見て歩くと2時間くらいかかります。 
 
ただし、高級品が安価に手に入るアウトレットのイメージで行くと、幻滅する方がいるかもしれません 。あくまでも地元(パリ)の人のためのものです。 
  

交通手段はパリ東駅から列車で。駅からアウトレットまでは3kmぐらいあるので、 と思います。 ついでですが、トロワの中心街も古い建物が多く保存されており、ちょっと散歩するには良いかも知れません。 週末はすごく混雑するそうなので避けたほうが良いでしょう。 
(りょうくん 2000年11月)

ヴァル ドゥーロップ Val d'Europe   ショッピングセンター
こちらはショッピングモール。(アウトレットとは別)

(アクセス方法) = ディズニーランドからRER A線で1つめ 約5分、1.75ユーロ。
駅から出て、道を渡った建物。徒歩1分。

(雰囲気や感想) = 日本式でいう2階建て。日本の郊外のショッピングセンターのような雰囲気(イオンとか)。天井はガラス張りで、明るい。

Auchan(大型スーパー)、プチバトー、ロクシタン、Jeff de Bruges(チョコレート店)、ポールなどが入っていた。 平日の午前中だったからか、どの店も比較的空いていて買い物しやすかった。

スーパーには、一部パリ・フランス名産品コーナーあり。エッフェル塔型のワインやチョコレート、モンサンミッシェルのクッキー、キャラメルなどまとまっていた。

スーパー内は1階が食料品、2階が雑貨・ホームセンターなどで、店内でエスカレーターでつながっている。

(子供向け?) = 子供でも楽しめそう

(所要時間) = スーパーがかなり広いので、ハマると半日かかりそう。
さらっと見て回って2時間くらい。

(飲食店&ショップ情報) = Paul、La Brioche Doreeなどのイートインコーナーが何か所か。通路内のベンチで食べている人もいた。
(2012年5月 三毛団子 様)

 


トップ  > パリ > ショッピング  > アウトレット