トップ > 食べる > パリのレストラン・フード > レストラン8区 > Garnier
 
Garnier ガルニエ 111 rue Saint-Lazare 75008

http://www.garnier.fr/
メトロ: Saint Lazare 

サン・ラザール駅、道を挟んで「コンコルド・サン・ラザール・ホテル」向かい。 

以前一度行ったことがあるので懐かしくて入った。

シーフード専門店で、店の外には牡蠣、アサリ、蟹、ウニ、海老等を処理するカウンターがある。

ランチタイムに「海の幸の盛り合わせ」(スモールポーション)
assiette du pecheur(21ユーロ)+evian+ceyron+serv=(28ユーロ)

本当はグラスワインがセットメニューに付くらしいのだが、当方は呑めないので、水を取ることになった。

海老6尾、牡蠣6個、蛤3〜4個、2枚貝 ( almandes la mere )3〜4個、緑色の小さめの巻き貝12個、ムール貝3〜4個

お約束のカキ氷をお盆一杯に敷き詰めた上に、綺麗に載せて登場。レモン、バターと酸味のあるソースが付いていた。

牡蠣は美味。海老は軽く茹でた物で小さめ、巻き貝はサザエ程ごつくないし、味ももっとあっさり。多いかな!と思ったが、いろいろな物を食べてみたかったので、トライ。

店内は大にぎわいで、昼なのに、あちこちでシャンパン(テタンジュ)がバンバンあいていた。バータイプのカウンターもあって、まるで寿司屋の「付け台」風だった。多くの人が盛り合わせを頼んでいたが、大きな舌平目や、シーフードサラダを頼んでいる人もいた。

一人ご飯は全く問題なし。白ワインを飲みながら、一人客も何人か見受けられた。

席は、外の貝を処理する人の所に、大きな器を持って出入りがあるので、入り口に近いところだと落ち着かないかも・・。

スタッフはキビキビとしていて、気持ちがよい。 

仏語メニューのみ ただ一生懸命に英語で説明しようと努力。
当方メニューを指さし「フリュィ・ド・メール、プチ」+英語でオーダー。

ランチタイム・・予約なしでOK
とても食べきれない量の盛り合わせが21ユーロ、は安いと思う。

とても活気のある店で、かしこまった雰囲気はない。お仕事の合間の昼食らしい方も多数。それにしては皆さんガンガン呑んで、おしゃべりしながら、ゆったり召し上がっていた。

おまけに、ボリュームのあるデザート(グランマニエをタ〜〜ップリかけたサバランや、かなり大きめのタルト、ソルベ等)が目の前を運ばれていった。(当方はお腹いっぱいで涙を呑んだ)

舌平目を捌く鮮やかな手付き、海の幸を売りにする店らしく、ブルーやグリーンをモチーフにした内装や、食器など工夫されていた。盛り合わせのお盆をを載せるスタンドがずれないよう、オシャレに加工された厚手のガラス器が、興味を誘った。

2階席もあり、結構埋まっていた。街角で「貝を処理するスタンド」を持ったレストランを幾つか見受けたが、その内でも結構人が入っている店だと思う。

(Rod・ロッド様 2003年3月)


 
 
トップ > 食べる > パリのレストラン・フード > レストラン8区 > Garnier