トップ > 食べる  > パリのレストラン・フード  > カフェ・パン・ケーキ・チョコ  5区
  
Paris レストラン・フード
 レストラン基本編へ
もどる
カフェ・パン・ケーキ・チョコ
5区
       
  6 Dec.2014 /  1 Jan.2015 経験談追加

もくじ 
パン、ブーランジェリー  
Boulangerie Maison Kayser 5区モンジュ店
Moisan 5区店 [6 Dec.2014]
Le Boulanger de Monge
カフェ  
La Brioche Doree 先払い方式のチェーン
Cafe Leffe 
ノートルダム寺院が見えるテラス席
Le Pre Aux Clercs
Cafe le Petit Pont
ノートルダム寺院が見えるテラス席
   
サロン・ド・テ    
ケーキ、パティスリー  
Xavier le Quere
Patisserie Sadaharu Aoki人気 ポール・ロワイヤル店
Carl Marletti [18 Oct.2014]
Mamie Gateaux
 
チーズ    
野菜、果物      
クレープリー  
Creperie de Cluny
日本語メニュー 一人軽食
Au P'tit Grec
その他  
Maison de Gyros  ギリシャ料理
Le Souvlak  Athenien ギリシャ料理
Dans les Landes タパス
  
惣菜  
Aux Produits et Saveurs d'Auvergne 5区店 [12 Oct.2014]
ワイン、ワインバー、軽食  
La Cave des Papilles  [12 Oct.2014]
(Les Papilles レ・パピーユ)
 
ジェラート  
Gelati d'Alberto - Maitre Gllacier
バラの形にジェラートを盛る
 
5区のホテルに帰るとすでに23時頃。それでもホテルの近くは観光客で賑わっていた。お腹も空いたけど時間も時間だし、夕飯どうしようかなーと思いながら周囲のレストランで表示されている値段や、テラス席にいる客の食べているものなどを見て歩きながら考えた。

ホテルがあった de la Harpe通りにはたくさんの飲食店が並んでおり、ちゃんと外からでもわかるようにメニューが大きく表示されている。3品コース25ユーロ、前菜や主菜それぞれにこれとこれから選べます、のように旅行者にもすぐわかるように英語でも書いてあったのでとても助かった。

ホテルに到着時メトロのサンミッシェル駅から5分ほど歩いた時にも、飲食店がたくさんあるのがわかったし、このHPで、ホテル宿泊者情報のところにも「食べるのに困らない」と書いてあったので、夕飯はホテル近くで済ませようと思っていた。

一人旅の時には時間を目一杯観光や散策、買い物に費やし、食事は後回しになってしまう。夜遅くに夕食になるパターンが多い場合、やはりホテルの立地は重要だ
(milktea2421様)

ムフタール通りは安くコースが食べられると聞いたが、確かに15ユーロ辺りが多かった。
(2008年7月 WoChimaki 様)
 

 
 
 カフェ
 
 
Cafe Leffe  カフェ・ラフェ 41,rue de la Bucherie 75005
http://www.cafeleffe-notredame.com
Photo by sabotem no hana


べたですが、セーヌ河のほとり、ノートルダム寺院を見ながらパリで最初の朝食。連れはここのチーズ&ハムオムレツサラダ添え(バゲット付)6.10euroがお気に入り。

(店内の様子・客層) = ブルーの内装。テラス席しか利用したことが無いので内部は不明。

(スタッフのようすや対応) = 観光客が多いところなので、外国人の対応は慣れているようです。

(日本語・英語対応) = 英語可。英語メニューあり。

(予約方法) = なし

(10点満点で何点?) = 7点
ノートルダム寺院を眺められるこの立地だけで満足。

(アクセス) = シテ島の左岸側から、ノートルダム寺院へ渡るDouble橋のたもと。ブルーのひさしが目印。

(支払い方法) = クレジットカード可。VISAで支払い。

(さぼてんの華様 2004年12月)

 

La Brioche Doree ラ・ブリオッシュ・ドレ (セルフ型チェーン) 9区店
チェーン
http://www.briochedoree.fr/

先払い方式

支店一覧
http://www.briochedoree.fr/carte-restaurants/

◆65 bld St Michel 75005
RER リュクサンブール駅付近



ほか支店多数
 

 
 

ケーキ、パティスリー
 
 

Xavier le Quere グザヴィエ・ル・ケール 5区 
http://www.xavierlequere.com/ 121, rue Mouffetard 75005

 
 
 
 

チーズ(フロマジュリー)
 

Cremerie des Carmes クレムリー・デ・カルム (フロマジュリー) 5区 
Pl.Maubert モーベール広場から1区角はいりこんだところ。激戦区で、美味しい食材屋が多いモーベール広場付近は けっこう アタリが多い。

マリ・クレールなどで掲載。
 

47 bd.St Germain 75005
メトロ Maubert Mutualite

月やすみ、日午後やすみ

7:00〜19:30
日曜は 7〜13:30


 
Quatrehomme キャトルオム カトルオム 5区 

7区
62,rue de Swvres 75007
▲もくじに戻る
野菜、果物
 
Corbeille de Maubert コルベイユ・ドゥ・モーベール カルチェラタン 5区
レベルの高い激戦区 モーベール広場すぐ。マリ・クレールにてフランス人 料理研究家が推薦。
 
5区の八百屋でここを使っているとのことだ。

旬の果物、野菜など。

47 bd.St.Germain 75005

8:00〜19:45
日〜13:30

月終日、日午後やすみ

メトロ Maubert Mutualite


 
 
 
Le Souvlaki  Athenien


サン・ミッシェル付近にたくさんあるギリシャ料理屋のうちのひとつ。

青い屋根、入り口脇にテイクアウト用の受付があり、陽気な男性がその場で作ってくれる。頼んだのは”グリックスペシャル”

入り口付近でぐるぐる回って焼かれている大きな羊肉をその場でそぎ落とし、生野菜(玉ねぎ・トマト・レタスなど)・フライドポテトと一緒に暖めたピタパンで巻いたもの。いわゆるケバブ。

肉はジューシーで、フライドポテトは熱々、味付けは絶妙にスパイシーで本当に美味しかった。男性でも充分満足できるボリューム。

個人的にはパリで食べたものの中で一番おいしかった。値段は確か4euro前後。

店内でも食べられたようだが、晴れている日はテイクアウトして公園やセーヌ川岸でのんびり食べるのがお勧め。他にも同じような店がたくさんあるので、いろいろ味比べしてみるといい。

(店内の様子・客層) = 時期的に客層は観光客が多かった。中は薄暗いが室内装飾はかわいらしく雰囲気は良い。気軽に入れる感じ。

(スタッフのようすや対応) = スタッフは2人しか見なかったが、どちらも陽気な雰囲気の男性。対応してくれた方の男性は私たちに「どこから来た?」と聞き、日本と答えると、「ドウモアリガト!」と大きな声で叫んで、ちと恥ずかしかった。

(日本語・英語対応) = 片言の英語は話せるようだった。
 

(10点満点で何点?) = 10点。とにかく美味しかった。

(アクセス) = メトロのサン・ミッシェル駅からすぐのユケット通り沿い。青い屋根の店。

(支払い方法) = レストランは使えるようだった。テイクアウトの場合は現金で支払ったので不明。
 

(2007年8月 コゲコゲしゃとー 様)


 
 
トップ > 食べる  > パリのレストラン・フード  > カフェ・パン・ケーキ・チョコ  5区