トップ > 交通 > 列車 > パリの駅 > ベルシー駅  SNCF Bercy
  

Paris の 国鉄(SNCF) 鉄道駅
パリの駅に戻る
パリの国鉄駅

ベルシー駅  SNCF Bercy

  
23 Nov.2005 / 10 Apr. /8 Jul.2011 経験談追加

 
 
 
地上図 (外)
http://www.ratp.info/orienter/f_plan.php?fm=pdf&nompdf=bercy&loc=quartiers
ページを表示できません、と上下にでても、しばらくすると中央にでます。

 
 
 
 
駅の基礎データ
http://www.voyage-sncf.com/guide/gare_en_mouvement/paris_bercy.htm
http://www.gares-en-mouvement.com/
駅までの交通、切符売り場の時刻、コインロッカーの料金、店舗のOPEN時刻など。参考になりましたら。
コインロッカーの料金は 下のほうの Bagages 
ま、外国なので、この記載どおりにはいかない面もありますが。

 
Photo by CALYASU

 
 

パリ・リヨン駅発扱いで、 実際にはベルシー発の列車


モレ・シュル・ロワンにいくため、パリ・リヨン駅に切符を買いに。時刻盤を見ていると40分位待てば目的の列車に乗れそうなので、その日に行くことにする。

実際の乗車駅は ベルシー Paris Bercy駅だった。 パリ・リヨン駅の出発時刻のボードで出発ホームの番号(VOIE)がBYと表示されていた。


ホームに居た案内係に、ホームを確認したら駅の外のパリ・リヨン駅からベルシーまでの連絡バス乗り場まで連れて行ってくれ、親切にバス運転手に話して乗せてくれた。 バスは目的地までの切符を見せたら、無料。

ベルシー駅のホームで刻印機が一台も動いておらず、ホームの係員に聞くと刻印なくても問題ないような口ぶりだった。が、念のため切符利場でスタンプをしてもらった。車内では検札はきた。

10:41発〜11:35着ほぼ時刻表どおり到着。途中 Boisと Fontainebleauの駅の間で停車した。駅舎は無かった。ハイカーが多数下車、夏の期間特定の列車のみ停車するようだ。

帰りは Sablons 15:40発、 Bercy 16:29着。SNCFベルシー駅はメトロのBercy駅まで5分とかからない場所で、帰りはメトロ14号線でホテルへ戻った。


Sablons駅でもらった時刻表を見ても、PARIS-BERCYの駅名はなかった。
(2007年4月  ロワンの川風 様)
Photo by CALYASU

構内

 
さびしい貨物のみの駅といった感じではなく、ホームには小さなキオスク、待合室も電車の進行方向に向かって右手にできていて、その2階には簡単なカフェも。

キオスクには、サンドイッチやホットドック、飲み物(ジュース、水、ビールやスクリュータイプのワインの小瓶も)、雑誌、など。

なお、アルテシアナイトの1等以上の利用者が使えるサロンが、2階にできていた。(ただし、私たちは未利用。というのも、大きな重い スーツケースを階段で持ち上げることを考えたら、下の待合室で、十分Datta) ただし、このサロンなど2階へ行くには、階段しか今はない模様。

メトロ14号線からの乗り換えでは、駅前の長い階段にはエスカレーターが付いた(上りのみ)
(うちゃぎ@Lapin   様 2003年11月)
 
 

SNCF駅構内は キップ発券カウンター以外、何もない。 売店もコインロッカーもない。

食料調達の必要のある人は十分気をつけて。もともと、ここの駅は、カートレイン専用で、発車する定期列車は、イタリア行きの夜行列車(計4往復)のみです。キップのカウンターも夕方からしか開かない。
(サラダエクスプレス様 2002年)    


駅近辺
 
カフェ、サンドイッチの店などたくさんあって、パン屋、タバッキもあり、カルネが買えました。
(さくらさけ 様 2005年10月)
切符うりば

SNCFベルシー駅の自動券売機で、VISA付きのセゾンカードが使えた。参考までに、同じカードだが、メトロの自動券売機では使えなかった。
(2011年6月上旬 momo1802 様)

Photo by CALYASU

 

駅は、周辺の道路より小高い場所にある。上りはエスカレーターがあるが、下りは階段のみ。
( 2005年6月 とりcacao 様)   


Bercy1bercy6
Photo by CALYASU
Avallon いきの列車
注意 治安・トラブル エリア編 参照
Bercy8
Photo by CALYASU

 
メトロとの接続
メトロベルシー駅 〜 SMNCF ベルシー駅
メトロ12号線を使えば、パリの中心部にすぐ出られる。

ただし、夕方のラッシュ時、12号線は非常に混雑する。1台見送っても、次の列車に乗れるとは限らないので、必然的にアクセス時間も長くなる。

(2011年6月上旬  momo1802 様)

Photo by CALYASU

 
メトロの6、14号線ベルシー駅から、パリ。リヨン駅から延びる国鉄の線路に沿って5分。
 
メトロ構内に、掲示が出ていた。

個人的には、14号線からの乗り継ぎのほうが、エスカレーター、エレベーター設備があって、きれいでいい。道路からSNCF駅構内まで大階段(京都駅大階段の3分の1くらい)がある。スーツケースは結構しんどい。スロープの車道を歩いた方がいいかもしれない。
 
駅構内は(ここからすべて国鉄)切符発券カウンター以外、何もない。売店もコインロッカーもない。食料調達の必要のある人は十分気をつけて。

もともと、ここの駅は、カートレイン専用で、発車する定期列車は原則はイタリア行きの夜行列車(計4往復)のみ。切符のカウンターも夕方から。

パリ・リヨン駅がマルセイユ方面TGVが延びて需要がのびて、夜行列車の入る余地がなくなって、こちらの駅に飛ばされた感じがした。

列車は発車30分くらい前にやってきた。後ろのほう(待合室側)は一等車、なかでも個室、二等車は先頭です。先頭まで、徒歩5分はかかる。全部で15両ほどつないでいるようだ。食堂車もあった。
(サラダエクスプレス様 2002年)    
 

  


 
交通
シャルル・ド・ゴール空港 〜 ベルシー駅
水曜朝 6:20 シャルル・ド・ゴール空港着→ベルシー駅近くホテルまで。

6:10 空港着ターミナル2Eの「近いほう」 (サテライトではない)
6:20 機外に出る(席はエコノミー後方。ほぼ満席の便)
6:45 到着ロビーへ。送迎バンに乗る。
7:45 ホテル着

空港→ホテル間の移動時間だけを見れば、2012年のほうが2011年の倍、1時間かかった。
(2012年4月 momo1802 様)
土曜の朝6:20 ド・ゴール空港着で、送迎バンでベルシー駅近くのホテルに。

空港から所要約30分。

エコノミークラス後部座席で、満席の便だったので、飛行機から降りるのに15分くらいかかった。さらに ターミナル2Eのサテライト3についたので、構内シャトルに乗った時間も加味され、さらに入国手続きは長蛇の列で、45分くらいかかった。

飛行機が定刻の6:20着で、ベルシー駅近くのホテルに着いたのは8:30少し前。

そのとき現地係員に聞いた話では、土日の朝はだいたいこのくらいだけど、
平日の朝は渋滞するので、1時間から、時には2時間近くかかるときもある、
とのことだった。

(2011年6月 momo1802 様)
  




タクシー
アルテシアナイトでパリ・ベルシー駅着。 荷物を下ろすのを車掌が手伝ってくれた。

下車後、ひたすらホームを歩く。出札口はなく、駅の外に出る。出た所でタクシーが待機しており、少し列になってい た。

荷物については、タクシーの運転手が助けてくれるので、あまり世話になりたくなかったが、自ら強引に手伝ってくる黒人の男性にチップを渡し、タクシーに 乗車。 
( 2010年8月下旬 白のゆきら 様)
  





Q 10月下旬に、パリのベルシー駅発7:10の電車で Avallonまでいく予定です。1人。

前日夕方パリ到着で、リヨン駅近くにホテルをとり、朝6時ぐらいに、ベルシー駅まで歩いて行くつもりです。
きっとまだ暗いと思うのですが、危なげな雰囲気なのでしょうか。

ホテルに前日のうちにタクシーを頼んでおいたほうがいいのか、いっそベルシー駅そばのホテルにしたほうがいいのか、それほど心配はいらないのか、迷っています。

パリは数度目で、荷物は、飛行機内に持ち込みできる大きさ重さのキャリー付きボストンバッグです。
 

ベルシー駅とその周辺に限って言えば、特に危ない雰囲気ではなかった。しいていえば、「閑散としている」という感じでしょうか。ベルシー発の列車(少ないです)を利用する人たちと、夜行列車で到着する人たち以外、ひとけがあまりありませんでした。

Hotel Claret に泊。もしここにお泊まりなら、まわりにちょっと買い物できる店があるかどうか、あっても朝晩や週末は開いているのか、などは確認できずじ まいでした。翌日は早朝にお発ちとのこと、リヨン駅あたりで何か入手しておかれたほうがよいかもしれません。私がこの駅から出発した時は、日曜も災いして か、自販機は使えるものの
駅構内のカフェは閉まっていました。2Fまで上がってみたんですけどね。
(とりcacao様 6月)
 
 

2004年2月下旬近く、8月下旬と2回 ベルシー駅 7:10発の列車で オーセール駅まで行きました。
2度とも夫婦2人でMETRO14号線Bercy駅で降りて、SNCF Bercy駅まで歩きました。

>ベルシー駅とその周辺に限って言えば、特に危ない雰囲気ではなかった。
>しいていえば、「閑散としている」という感じでしょうか。

この表現が当りです。

時間が早いのもあると思いますが、繁華街ではないですし、駅を利用する人も少ないので「ひと気はありませんでした」 
2月の時は列車が出る時間になっても真っ暗で、まだ夜のようでした。8月の時は06:40頃に駅に着きましたが、ちょうど空が白み始めた頃でした。乗客もポツポツと集まってきて、20人くらいだったでしょうか。
 

ガイド本の地図を見ると Lyon駅からBercy駅まで 「近そうでいて、歩くには・・・。」ってとこでしょうか。
10月のこの時間だと薄暗いでしょうしタクシー呼ぶには近すぎるし、1駅だけ メトロ14号線に乗るてもありますが。メトロに乗ったからといって安全とはいえませんけどね。

我々はAuxerreまでしか乗ってませんが、乗り換えはないし、他の列車より新しく、明るく、なにより停まる駅が少なくて、早いので快適です。
(CALYASU 様)
 

リヨン駅からは、構内にエスカレーターのある14号線を使えば楽ちんです。
(とりcacao様)
 

解決
 

やはり初日ですし、安全第一に考えて、このHotel Claretに決めようと思います。まわりにカフェもあるようなので、安心。飛行機で到着の夕方は、あまり食べられないですし、このあとに、ブルゴーニュの美食が待っていそうですし。
でも、このホテルも、かまど印3つなのですね。

リヨン駅あたりで、何か買っていくことにします。でも空港お迎えバンにしようかとも考えているので、
そうしたら、ちょっとおなかの足しになるものを最初から荷物に入れていきます。
 

帰国後

Hotel Claretに泊まりましたが、とてもよかったです。ベルシー駅がすぐで、安心でした。ベルシーのホテルClaretは
旅籠風なところがあって、私は好きになりました。

夏時間の最後の時というのもあり、日の出が8時半ごろで、電車が出る7時ごろは、真っ暗でした。

ベルシー駅付近は、怪しげな雰囲気はないですが、リヨン駅から、真っ暗ななかを荷物をひいて10分歩くのは、
やはり避けてよかった。

駅近辺は、カフェ、サンドイッチの店などたくさんあって、パン屋、タバッキもあり、カルネが買えました。
(さくらさけ 様 2005年10月)

 


 
トップ > 交通 > 列車 > パリの駅 > ベルシー駅  SNCF Bercy