トップ > パリ > ナイトツアー
  

Paris オプショナルツアー ナイトツアー
      

8 Jan. / 3 Apr.2011/ 11 Aug.2012  経験談追加、再調査

25 May 2014 再調査


Lido 工事閉鎖 2014/12/3〜2015/4/1 頃 
 
 もくじ

自力夜景ツアーは可能か
ナイトツアーは送迎をチェック
ナイトバスの路線地図


バスツアーは最初の乗り場で いい席をゲット!
ディナークルーズの服装は?
ショーの服装は?

ツアーについての ヒント、Q&Aは 
パリ・オプショナルツアーの基礎知識 
  参照

送迎は、片道の場合があります。
 ホテル〜集合場所 pick up  
 最終見学地〜ホテル drop off


送迎範囲に注意。 主要ホテルのみ、の場合もあります。 パリ市内(環状道路内側)のホテルのみ、の場合もあります。パリと名前がついていても、パリ市内でないホテルがありますので注意してください
 

秋冬; ナイトツアーは寒いです。しっかり防寒していきましょう。
 
春夏: 日没が遅い(21時〜22時)のため、全然イルミネーションちゃうかった!!という指摘が。春夏秋参加者は日没時間に注意してください。

クルーズ、ディナーショーの食事は  はっきりいって おいしくないです。日本でも バスツアー等で連れて行かれる団体向けの食事や、交通機関の中にある飲食施設を想像してください。

◆単体 お店に直接
  8区 > リド [12 Dec.2009]
  18区 > ムーラン・ルージュ 
  クレージーホース  旧 解体中  
◆ツアーで
A ナイトツアー ショーなし 一覧
B ナイトツアー ショーあり 一覧
 

事前に下調べをせずに、現地で勢いで申し込んでしまったのが失敗。
( 2004年9月上旬 太一ふりふり様)
 

イルミネーションツアーはパリ最後の夜に、その雰囲気にどっぷり浸って参加する事をオススメします。
(shizucom_odn様 2002年9月下旬)
 

クリスマス前のすごい渋滞でツアーのバスが出発場所になかなかきませんでした。結局、出発したのは、もう20時過ぎ!! 出発後もすごい渋滞! 首都高の渋滞にもまけず劣らず、20分で数メートルといった感じでした。凱旋門を過ぎるくらいにはやっとスムーズに進み始めました。確かに、イルミネーションはきれいだったのですが、頭の中はいつ帰れるかということで、いっぱい。
(プーとパー様 2002年12月)



























 




A  ナイトツアー ショーなし

 

食事なし  ショーなし 食事 イルミネーション エッフェル塔入場 クルーズ
イルミネーション[17 Jul..2011]


クルーズのみ  
 参考クルーズや船については
  パリ > クルーズ 参照



イルミネーション+クルーズ  [21 Nov.2010]

イルミネーション + クルーズ +エッフェル塔
 [8 Jan.2011]


2Fまで
ルーヴル(夜) → 「ルーヴル・ツアー編」 参照



セグウェイで夜の市内ツアー  [19 Feb.2010]




 
 
 
 
食事つき  ショーなし 食事 イルミネーション エッフェル塔入場 クルーズ
イルミネーション+ディナー

イルミネーション+モンパルナスタワーディナー
(一部 モンマルトルもふくむ)


ディナークルーズ [5 Apr.2012]
○ 船で

モンパルナスタワー+ディナークルーズ ○ 船で


モンマルトルでディナー[21 Nov.2010] ○ 店で


エッフェル塔+ディナークルーズ
 [16 Jul.2011]




クルーズ + エッフェル塔内ディナー
 [16 Jul.2011]
○ エッフェル塔で
クルーズ+ ビストロディナー ○ 店で

イルミネーション + エッフェル塔ディナー[1 Nov.2009] ○ エッフェル塔で

イルミネーション+モンパルナスタワーディナー ○ モンパルナスタワーで

イルミネーション+クルーズ+ビストロディナー ○ 店で
教会コンサート+モンパルナスタワーディナー
[11 Aug.2012]
○ モンパルナスタワーで


▲もくじに戻る

B ナイトツアー ショーあり

店別 ショー詳細は こちら (店への直接予約、食事やショーの内容確認)

食事なし  ショーあり ごはん ショー イルミネーション エッフェル塔入場 クルーズ
ショーのみ[21 Jun.2010]
(ドリンク程度)
-


イルミネーション+ショー[3 Dec.2010] -

エッフェル塔+ショー -

クルーズ+ショー -

イルミネーション+クルーズ+ショー -
 
 
 
食事つき ショーあり ごはん ショー イルミネーション エッフェル塔入場 クルーズ
モンマルトルでディナー+ドリンクショー
[21 Nov.2010]
○ ビストロで


ディナーショー[5 Apr.2012] ○ 店内で


店別 ショー詳細 (店への直接予約)




ディナークルーズ+ショー ○ 船で

ビストロディナー+ショー[8 Jan.2011] ○ ビストロで


ビストロディナー+クルーズ ○ ビストロで


ビストロディナー+クルーズ+ショー ○ ビストロで

エッフェル塔ディナー+ショー
 [16 Jul.2011]
○ エッフェル塔で

イルミネーション+クルーズ+ディナーショー ○ 
イルミネーション+ショー+エッフェル塔ディナー ○ エッフェル塔で
クルーズ+ショー+エッフェル塔ディナー
[16 Jul.2011]
○ エッフェル塔で

 
▲もくじに戻る
 



 
 
ディナーショーの食事は期待しないで!
 
2002年秋頃、リドのディナーショー、個人で行きました。
頼んだのは、いちばん高いメニュー(140ユーロ)。コース料理しかないし、どのコースをとっても、値段相応のようですね。決定するのは、自分が何を食べたいか?でしょう。
 
高いコースだと良い席くれるのかと思ったのですが、そんな事関係なかったみたい。
 
個人で予約して、2人でいったんですが、テーブルは4人がけ、つまりどこかのカップル(おじさんおばさんの)と相席でした。さらに、早い者順で、すでにステージ側の椅子は空いていなかった。おまけに、個人客はまん中より後ろくらいの位置で、ステージの真ん前の前の位置の席は団体席みたいでした。

味? うーーーん、不味くはないけど、特別美味しいと感動もしない味。ショーが目的だからね。(シャンペン+後ろの方で見るショーに90ユーロかかるから、しかたないかも)
美味しいもの食べたければ、この値段出せばもっと楽しめるところは他にいっぱいあるでしょう。

ポールボキューズの監修するメニューっていううたい文句だけど、どこが?ってなかんじで、期待したらはずれます。 (ボキューズのレストランの料理とは大違いです。当たり前だけど、調理人も材料も違うしね。ボキューズ本人が名前を貸して、一応目は通しているかも知れないけれど、誰にでも作れそうな、オーソドックスなフランス料理しか出てきません。)

タバコの煙で充満していて(禁煙席なんかないんでしょうね)、さらにショーの休憩タイムには葉巻き売のおばちゃんがいて、それを買ってふかす人多いもんだから、、、、タバコ嫌いの私は、ニ度と行かないぞと思いました。

誕生日ならば、それを言っておくと、デザートの時、ろうそく(花火)のケーキ?+ミュージックでお祝してくれますよ。その日も5人くらいいました。
(グルメ&グルモン様)
 

 

ツアーの食事は、あまり期待してなかったけど、フィガロにもでてた「セーズオスマン」に要おめかしで案内されたけど、おいしくなかった。
(YS@風まかせ様 2002年6月)


 

 

 
▲もくじに戻る
自力夜景ツアーは可能か
> パリの夜景を見るのはちょっとでもお金を浮かすために
> ナイトツアーではなくて市内巡回バスと水上バスを使って
> 自分たちで廻ろうかとも考えてます(可能であれば)。

それも全く可能だと思います。ちなみに、私どもの経験では、ホテル近辺を、いつも夕食後(9時ごろ?)
女性だけで歩くはめになりましたが、
 
    すたすたすたすたぁーっ

とわき目もふらず、歩いて、生きて帰っています。

ただし、けして油断はなりません。またエリアによっては物騒です。が
そんなにN.Y.のようにキケンというわけではありません。

また、ルーブルから夜8時ごろバスで帰ったりしましたが、
観光客も多く、人通りもあり、レストランもにぎやかでした。

停留所をチェックしておき、余計な金品をもたずに行けば、
大丈夫だと思います。
男性がいるとまだましでしょう。女性だけだとちょっと。

 
 
 
パリ最後の夜、自分達でナイトクルーズ&イルミネーションツアーを手配し(シティラマ社)、参加した。
船から見るパリの夜景は徒歩で散策するのとはまた違い、船内にかかるBGMも景色にマッチして
(♪おぉ〜シャンゼリ〜ゼ〜♪とか ベタなんですけど)最後の夜という事もあり、
妙に感傷的になって、涙が出そうでした(笑)。

その後のバスツアーもパリの見どころは押さえていて、自分達が回れなかった場所も
見る事が出来た。得した気持ちになりました☆ ナイトクルーズは絶対旅の最後の夜に限る!と思いました。
(ごろごろしゃここ様)
 
 
 
 
 

 

 
パリのクリスマス・イルミネーションでしたら市庁舎前がきれいでした。私は移動をほとんどメトロ+徒歩でしたのでタクシーは使わなかったのですが。

だいたいのスポットは、メトロの最寄り駅から近いのではないでしょうか。でも、たしかにオペラ・ガルニエからの帰りはタクシーにしました。
 
ライトアップ+クリスマスの飾り付けがされたパンテオンもなかなかきれいでした。クリスマス・イルミネーションと夜景の写真http://www.asahi-net.or.jp/~mj9h-iwt/euro/france.html
 
パサージュ巡りもしたのですが、それぞれのパサージュにクリスマスのかわいい飾りつけがあってよかったです。 (iwata様)

タクシー
 

路線バスでイルミネーション・ツアーをするつもりが、1月1日(祝日)で運休だったため
タクシーでオペラ〜マドレーヌ〜コンコルド広場〜シャンゼリゼ〜エッフェル塔などを周ってもらった。

英語の上手な、いい運転手さんに当ったので、いろいろ案内してもらい、楽しめた。シャンゼリゼ通りを通った時には想像以上の美しさに感激。歩いて通るのとはまた景色が違って見える。

エッフェル塔のライトアップも何度も見ているが、間近で見るとやはり声があがる。
(2004年12月/2005年1月 etsu et nino 様)
 
 

最終日の夜、ParisVision社のイルミネーション+E塔2F+クルーズを楽しみにしていたのに買い物していたら道に迷い、集合時間 に遅れてしまいました。女性スタッフがドライバーに連絡して戻れるか聞いてくれたのですが間に合わず、泣く泣くキャンセルすることに・・・。

が、どうしても諦めきれず、自力でエッフェル塔&クルーズしてきました。帰りもタクシーでE塔前からホテルまで無事帰還。エッフェル塔まで行ければ、塔近くのアルマ橋からバトームーシュ社のセーヌクルーズができ、
タクシー乗り場も塔の前にあるのでとっても便利。

ツアーよりもかなり安価にまわれ、時間も同じくらいだったので結果的にOKでした。
(fromtaki様 2002年GW)

シティラマのイルミネーションツアーが、思ったよりもつまらなかった。
日本語の機械が壊れていたり、肝心なところに長く止まれなかったりするので、自分で回る方がいいと思った。
(2004年12月 みいみんのむうみん 様)

このサイトで、パリ市内のバス移動を勧めてもらい、試した。カルネ1枚でナイトツアーみたいな夜のパリを、観光できた(28番バス)。(2004年12月 ナツさん黒さん 様)

 

▲もくじに戻る
ナイトツアーは送迎をチェック 
 
ホテルまでの送迎有無をよくチェックしてください。

送迎がない場合、集合・解散場所からは、いずれにしろタクシーなどで
自力で帰らねばなりません。

ミニバンツアーでは、送迎があります
ちょっと高くみえても、結局2名連れでタクシーを考えると、
そのほうが安かったりします。

 
結局ツアーバスでオペラの地下鉄駅に着いたのが11時半を過ぎた。
なれない地下鉄で終電を心配して帰るのは精神的に辛かったです。
(chachao様 2001年7月)
   

▲もくじに戻る
 
 
ナイトバスの路線地図
 
イルミネーションには 73番バスなどおすすめ。
http://www.citefutee.com/orienter/bus.php
から(右図) 
Reseau bus Paris が 平日 7:00〜20:30の路線
Bus soiree  が 平日 20:30〜0:30の路線
Bus dimanches et fetes が 日祝の路線
Noctambus は 深夜バス 夜中1〜5:00
検索方法、ルートなどは バス参照



 
 
 

 
 
 
 
 
▲もくじに戻る
ディナークルーズの服装は?
 
 
昼と夜で気温がかなり違ったので、ジャケットを持っていってよかった。とくに夜のセーヌクルーズはかなり寒かった。
(2004年6月/7月 サザナミ・ラ・メール 様)
ディナークルーズはちょっとしたハレの場 なので、おそらく現地の方々も多少のおめかしを してきていると思います。
ただ、やはり観光客が多いので   中にはラフな感じの欧米人もいた。

服装はそこまでばりばりに着飾ることはないと 思うが、やはり男性はジャケットにネクタイ くらいが無難だと思います。女性の場合はいろいろ考えられる。が、旅行に持っていっても(荷物に  入れられる)しわにならない素材のかさばらない   (冬だとどうしても厚めの物になりますが)ような ワンピースや、おしゃれなブラウスとベストとスカート 、 もしくはパンツといった感じでよいのでは?

もし、いろいろは荷物のなるということであれば、 アクセサリーの良いものでイヤリングやネックレス、スカーフなどをうまくアレンジして飾ると、それなりに いい感じになる。

男女とも靴は革のよい素材のものがいいかも 。

特に男性の場合、高い素材のようスーツのようなもの  の場合、色は黒がいいようです。黒以外の茶色などは
カジュアルな時にしか履かないようです。ジャケットとネクタイといった感じならば茶でも いいようですが。

私の参加したツアーでは、料理はお仕着せのメニュー でしたが、テーブルも花が飾ってあったり、お皿や カトラリーもまあまあのものでした。料理の内容はちょっと憶えていないが、 前菜がテリーヌかなんかでメインがステーキだったような気がします。

11月でしたが、寒がりでない私の記憶だと冬物の軽めのワンピースと 下着にキャミソール1枚で窓際の席でした。
寒くは ありませんでした。寒がりの方であればワンピースの下にもう1枚着ておく とか、膝掛け代わりのストールなんかがあるといいかも しれません。
(うちゃぎ様)

バトー・ムーシュのディナークルーズでのことです。 もう10年ほど前の夏の話になりますが・・・
 
  「とりあえず、遊覧船に乗るというよりは、 レストランに食事に行くという服装でお願いします」と添乗員に言われました。

 ディナー中も生バンドの演奏があり、 食事が一段落したあたりでフロアでダンスが始まりました。私達は女性ばかり 30人くらいのツアーだったので  (50歳代中心。20歳台は4人だけ) 

他のツアー(含む外国)の人たちがダンスに誘いにきました。

私もノルウェーからきたサンタクロースのような   オジサンとダンスを踊りましたが、そのオジサンの服装はノーネクタイでわりとカジュアルでした。 (半ズボンではありませんでしたが)

そこで、「ダンスを踊ってもおかしくない位」の服装 ということでいかがでしょうか? ワンピース、カジュアルすぎないパンツスタイル、 アクセサリー大盛くらいの。
(ぽち公 様)

 
ショーの服装は?
 
60代の両親をつれて ムーランルージュへ。そのときは父親はジャケットをはおっていたような・・・
そんなに堅苦しいところではないので(観光客多いし)
スーツでなくともいいと思いますが、 軽いおしゃれをしていった方がいいと思います。
もっとも、どんな格好をしていっても、入場すると暗くてよく見ませんでした。
(にゅーねこねこ様)
格好は女性だったら、ワンピースにミュールくらいの格好でOK。男性は大体ジャケットをはおっていたような気がします。ネクタイまでは要らないと思います。
(ILCONT55様)
アメリカ女性と同じテーブルでしたが、彼女達はTシャツみたいなワンピース、私達はTシャツにブレザー。
Tシャツの人も少しいました。新婚さんらしい日本人が、スーツネクタイ、ワンピースと正装で、かえって浮いていた。カジュアルでもOK。
(大山んばちゃ豆 様)
 
バスツアー、ショーなどは荷物は極力もたない!預けるもの・手元におくもの、明確に!
 
欧米では、クロークというのが日本より発達しています。美術館や雰囲気のよいレストラン、ショーを楽しむ劇場などは、大きな荷物をもってはいらないのが 基本的習慣です。貴重品は普段から身につけておくこと、化粧品・カメラ等をポーチや小さいポシェットにいれさっと出せるようにしておきましょう。クロークで荷びらき・入れ替えしている日本の女性、けっこう居ます。
 

トップ > パリ > ナイトツアー