トップ > パリ > ナイトツアー > イルミネーション+ショー
  

Paris オプショナルツアー
ナイトツアーに戻る
ナイトショー
イルミネーション+ショー
    
 26-29 Nov.2008  再調査
3 Dec.2010 経験談追加

 

リド LIDO


ツアーの申込みのヒント・方法・割引の裏テク、当日の集合場所は → オプショナルツアーの基礎知識 参照
ツアー報告:  ツアーアンケートから 記載ください。
 
 
Cityrama社 コース番号 IL イルミネーション+リドのショー
市内イルミネーションツアーのあと、 リドの ショー Bonheur を観る。グラス・シャンパンつき。
23:30開始の部(ショー)
催行曜日 ■催行なし 大人 子供 4-11歳 ことば 出発 所要 ホテル送迎
2008/4〜10 
■6/21, 7/14なし 
98euro 同額 一部日本語* 20:00
2008/11〜2009/3 毎日
■12/24, 12/31, 1/1なし
98euro 同額 一部日本語* 19:00 4h 送りあり**

*イルミネーション部分のみ 日本語テープあり

**パリ市内中心部ホテルのみ

参考価格推移
期間 大人 4-11歳  16歳未満不可
2006 98euro 同額
2007 99euro 同額
2008 98euro 同額
 

 
 
 
 
 
シティラマ  リド+イルミネーション  IL

 
(出発&コース) = 22:00にパレ・ロワイヤル近くのシティラマ前集合。イルミネーションは、マドレーヌ、オペラ座、ルーヴルなどのあと、左岸カルチェラタン付近、その後エッフェル塔、凱旋門で最後シャンゼリゼ通りのリドで終了。所要時間約1時間。

リドでのショー観覧者はそこで下車。リドに行かない人は最初の集合場所までそのままバスで。約2時間のショーを見て、その後ホテル付近までバスで送ってくれる。

(出発日) = 2010年9月

(価格) = 109ユーロ。リドでのシャンパン1杯付き。

(申し込んだ窓口/代理店、方法) = 宿泊しているホテルに頼んでパリヴィジョン経由で。予約時にクレジットカードナンバーを伝えて、当日21:30までにルーヴル近くのパリヴィジョンに集合。決済の確認とチケットが渡され、その後パレ・ロワイヤルのほうにあるシティラマ社の前まで行くように言われた。シティラマへ直接申し込んだほうが、手間はないかもしれない。

(どうしてその商品に?) = ムーラン・ルージュに行きたかったが、満席とのことでリドに変更。
同じ企画は数社あったが、違いがわからなかったのでなんとなく。

(出発前のトラブル) = 海外ではよくあることだが、クレジットカードナンバーを事前に伝えておくこと。当日パリヴィジョンに着いたときに、「すでに決済は終わっています」といわれたときには、ちょっと不安になった。

(出発前に知っておきたかったこと) = シティラマ社のサービスであったこと。泊まっていたホテルからは、シティラマ社のほうが近かったため、一旦通り過ぎた。

(そのツアーにしてよかったことは?) = 手っ取り早く観光名所と夜景が楽しめる。特に夜景は感激。

リドのショーは基本トップレス。子供も見かけたが、親はどんな説明をしているのだろうか。

(現地にいってがっかり) = 集合場所でバスに乗り込んだときに、すでに他からのツアー客が乗っていて、前のほうの席を選べなかった。集合場所では前から2番で待っていたのに。

日本語オーディオガイドの内容が、直訳に近くてわかりにくかった。

(ツアー選びのアドバイス) = リドからの帰りは午前2時ごろで、ショーを見ている間もさすがに眠かった。ホテル帰着は、バス経路の都合で順番が最後のほうになると、さらに遅くなる。
翌日は朝ゆっくりするなど、それなりの覚悟が必要。

イルミネーションのバスで座席にこだわるのであれば、バスがどこからピックアップをはじめるのかを聞いておく。ツアーの流れでなんともできない場合もあるだろうが、わかっていればあきらめがつくかも。

ムーラン・ルージュのほうが人気。そちらに行きたい場合は早めに予約すること。

(コストパフォーマンス) = ★★★

(2010年9月 キートン523 様)
 

 

シティラマに19:00集合で、まず、イルミネーションツアーへ。 日本語のオーディオガイドを聞きながら、バスでまわるが、どこも渋滞。 いつもの様子を知らないけれど、やっぱりストの影響か。 

イルミネーションと車のライトでコンコルド広場は、きらきらかがやいていた。

ドリンクのみのコースでも21:30から見ることができるため、今回、予約した。豪華なショーは、ほんとうに内容が盛りだくさんで、洗練されたもの。場内は、ストというのに、満員。イブニングドレス姿のレディもいれば、私たちのように、セーターとパンツという姿もたくさんいて、ドレスコードは関係ない様子。 
 

テーブルは、8人がけで、カナダ人カップル二組と、メキシコ人の若いカップルとちょっと窮屈に同席した。たわいのない話をかわしたが、もうちょっと、英語ができたなら、もっと盛り上がっただろう。ふー、ふがいない。
 

ショウの後は、シティラマのガイドが寒風の中、ほっぺを真っ赤にしてまっていてくれて、これまた感激。彼女は、途中でローラースケートで帰っていった。

同じテーブルの8人をのせて、それぞれのホテルをまわって、帰った。 長くて楽しい夜だった。

(2007年11月 cassiopeia55様)

20時半から始まる4時間のツアーなので、今夜は遅くなって12時を過ぎる、とホテルのフロントに伝言し出かける。

リドのツアーの集合場所に行き、ピックアップを待つ。並んでバスに乗り込もうとしていたら、スペイン人の女に割り込みをされる。席をどこにしようか、あがったところで探していたら、その女性に(多分)「そこは私の席だからどいてちょうだい」という感じで強引に押しのけられる。 私はそこに座るつもりはなかったのに、なんてマナーが悪いんだろう。

英語とフランス語、スペイン語でガイドが説明をする。どこから英語かわからないような感じだったが、気がつくと「リドのショーが終わるのは午前2時」と言っている。 え?と思った。
 
エッフェル塔の下に着く。このツアーはリドのショーの前にイルミネーションツアーが付いている。
 
ここから始まるんだな、と思うと、ガイドが「これからバトー・ムーシュに乗っていただきます。これは私たちからのプレゼントです」という。?? ほどなく船が到着し、わけのわからないまま乗り込む。「こんなものもついていたなんて。乗りたいと思っていたからラッキー!」とご機嫌。

でも、すでに21時。22時からのショーに間に合うのだろうか?

バトー・ムーシュは暖房も効いていて快適。ここのガイドは、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語となんと5カ国語で解説。

セーヌを私たちのホテルに近いところまで下る。同じところに戻ると22時。なんとなく、さっきのが聞き間違いでないことがわかってくる。それからヘッドホーンが配られる。

これからイルミネーションツアーだという。もう間違いない。22時のショーがいっぱいになり、24時のショーになったのだ。

だから終わるのは午前2時といったのだ。ガーン。ともあれ、ヘッドホーンをつけて解説を聞く。日本語の解説はいかにも直訳で意味不明なところが多く、なんのこっちゃ?という感じ。
 
最初はまじめに聞いていたが、だんだん眠くなり、気が付くと寝ていた。時間をかせぐためか同じところを何度も回っている気がする。(ああ、だってこのサン・ジャック塔って3回目・・ムニャムニャ・・)
 
 
 

もう、どうでもよくなり、夢うつつの中、23時半、リドに到着。

30分も並んで待ち、22時の回の客が帰るのを待つ。素直にこれから帰られていいな、とうらやましくなる。これからがこのツアーの本番だと言うのに眠い!

ようやく入場が許される。ツアーの席はまさに最前列。かぶりつき、という好位置だ。それよりもまず一斉にみんなトイレへと駆け込む。席に戻るのとほぼ同じころ、ショーが始まる。なんてったって席が近いので、メインの男性スターの肌の凸凹までよくわかる。ダンサーのボタンがとれて飛んできたこともあった。

さて、女性ダンサーの多くはトップレス。みなさんとってもスタイルがよく、かっこいい。だが、気が付くと、大音量の歌を聴いているのに意識がなくなっている。間近に何かきた、と慌てて目を開けると、本当に目の前で歌っていたりする。
 
なにせ、舞台に馬は出てくるわ、ドラゴンのような乗り物、アイススケートリンクになるわで、
これぞ「スペクタクル!」という感じ。マジックショーも面白かった。

注:このマジックショーは 2003でおわりました。
 
問題は異常に眠かったこと。歌だけのショーになると寝てしまう。これ以上シャンパンを飲むと本当にどうにかなってしまいそうだった。とりあえず早く終わって、早く寝させて欲しい、なんて考えながら見ては楽しめない。だけどなにせヴェルサイユにはじまった長い1日。しかたがない

それから各自のホテルに送ってもらうのだが、他の人たちは当然ながら右岸の、四つ星クラスホテル。最後に残されたのはやはり私たち。

ホテルに着いたのは2時半をまわっていた。フロントには夜勤でおなじみの人が腕組みをして立っていた! 「ノー・プロブレム」といいながら、顔は怒っている。

しかたがないのだけれど、私たちのせいでもない。風呂に入って、シャンプーをして、ベッドに入ったのは4時近くになっていたと思う。次の日は9時半起床にした。

(iwata様 1998年12月)

 

  
 
 
 

ParisVision社 コース番号 IL イルミネーション+リドのショー
市内イルミネーションツアーのあと、 ショー Bonheur を観る。 グラス・シャンパンつき。
催行曜日 ■催行なし 大人 子供 4-11歳 ことば 出発 所要 ホテル送迎
2008/4〜10 
■6/21, 7/14なし 
96euro 同額 一部日本語* 21:00 4h 送りあり
2008/11〜2009/3 毎日
■12/24, 12/31, 1/1なし
96euro 同額 一部日本語* 19:00
参考価格推移
期間 大人 4-11歳  16歳未満不可
2007 99euro 69.30euro
2008 96euro 同額
 

 
 
 

  
 
 

 

Cityrama社  コース番号  ILP イルミネーション+リドのショー  [ミニバン]
ILのミニバンコース。リドで ボヌール鑑賞 シャンパンハーフボトル付
6・7・8月は夏時間のため、イルミネーションではなく市内観光になる。
催行曜日 ■催行なし 大人  子供 4-11歳 ことば 出発 所要 送迎
2008/4〜2008/9 毎日
■6/21, 7/14なし
152euro 152euro 日本語
ドライバーガイド 
ほか英仏伊など
21:00
21:30
2h30 送迎
あり
2008/10〜2009/3 毎日
■12/ 31なし
19:00
参考価格推移
期間 大人 4-11歳
2007/4〜 149euro 同額
2008/4〜 152euro 同額
 

 

 

ParisVision社  コース番号  +IL イルミネーション+リドのスペクタクル・ショー  [ミニバン]
市内イルミネーションツアーのあと、ショー Bonheur を観る。 グラス・シャンパンつき。
催行曜日 ■催行なし 大人  子供 4-11歳 ことば 出発 所要 送迎
2008/4〜2008/9 毎日
■7/14なし
152euro 152euro 日本語
ドライバーガイド 
ほか英仏伊など
21:00
21:30
4h30 送迎
あり
2008/10〜2009/3 毎日
■12/ 31なし
19:00
21:00
参考価格推移
期間 大人 4-11歳
2007/4〜 149euro 同額
2008/4〜 152euro 同額
 

 
 
 



 
 

ムーラン・ルージュ



 
 
 
 
 

ツアーの申込みのヒント・方法・割引の裏テク、当日の集合場所は → オプショナルツアーの基礎知識 参照
ツアー報告:  ツアーアンケートから 記載ください。
 
 
Cityrama社 コース番号 IM イルミネーション+ムーラン・ルージュのショー
イルミネーション見学のあと、ムーランルージュの "Feerie" を観る(グラス・シャンパンつき)

金・土発は、2度目のショーにつき、ショーまでに1時間のクルーズがつくことがある。(その場合 CRMとなるが、 料金同額) 

催行曜日 ■催行なし 大人 子供 4-11歳 ことば 出発 所要 ホテル送迎
2008/4〜10 ナシ 
2008/11〜2009/3 毎日
■12/24, 12/31なし
102euro 同額 一部日本語* 19:00 4h30 送りあり**

*イルミネーション部分のみ 日本語テープあり

**パリ市内中心部ホテルのみ

参考価格推移
期間 大人 4-11歳
2006/11〜 87euro 同額
2007/11〜 99euro 同額
2008/11〜 102euro 同額
 
参加しました!  シティラマ  イルミネーション+ムーラン・ルージュ  IM

 

(ツアー名、商品名) =イルミネーション&ムーランルージュドリンクショー(シャンパン1グラス) 

(出発空港&コース) =各自にてシティラマ社へ集合。バスにてパリ市内を観光(約1時間半)。

セーヌ川クルーズ(約1時間)。クルーズの後はバスにてムーランルージュへ。

23:00頃からショーが始まり、深夜1:00頃に終了。帰りはバスにて宿泊ホテルまで送迎。
日本人アシスタントなし。英語アシスタントがいる。

(出発日) = 2006年12月初旬 金曜

(価格) = 94ユーロ

(申し込んだ窓口/代理店、方法) =
HISパリ支店にて直接申込。支払は現金またはクレジットカード。クレジットカードの場合手数料要。

(どうしてその商品に?) =金・土のみ追加料金なしでセーヌ川クルーズが付いていたので

(そのツアーにしてよかったことは?) =ツアーは日本人だけでなく各国からの観光客と一緒だったが、案内のアシスタントは皆とても親切で、特に言葉のできない私たちをとても気遣ってくれた。

バスやクルーズには日本語テープがあり、その場の雰囲気に合わせて音楽も流れ、映画の中にいるようだった。

ムーランルージュも楽しかったし、帰りも私たちが一番遠いホテルだったせいか、ホテルの前まで送ってくれた。とにかくスタッフの親切な対応が本当に良かった。

(コストパフォーマンス) = ★★★★★

( 2006年12月初旬 みなもも 様)

バスでイルミネーションを観光(日本語テープをイヤホンで聴きながら)後、
ムーランルージュのシャンパンショー(1回目のショー)
 

ムーランルージュの日本代理店を通じて予約する価格よりも安い上、イルミネーションツアーがつき、さらに帰りはホテル付近まで送迎つき。

はじめにイルミネーション。日本語イヤホンガイドを聞きながら、バスの中から名所を周る。下車はなし。エッフェル塔のところでは写真を撮るためにバス停車あり。左の席の方が、エッフェル塔側で写真がとれた。エッフェル塔近くの桟橋で「イルミネーション&セーヌ川クルーズ」のOPツアーの人たちをおろす。
 

次にムーラン・ルージュへ。

コートや大きな荷物は、クロークへ預ける。ショーはダンスの他、体操ショー、腹話術など多彩。言葉がわからなくても、充分たのしめた。席は後ろの隅だが、よく見えた。シャンパンが「AYARA」(日本で結構高い)でうれしかった。

帰りはホテル付近まで、送迎。宿泊がプチホテルだったため、ホテル名を言っても最初わかってもらえず、住所を告げた。ホテルの住所は常に携帯しておいたほうがいい。夜も遅くなるので、ありがたかった。
(DZAYAKO 様 2004年3月)

 


 

 

ParisVision社 コース番号 IMR パリのイルミネーション
+ムーラン・ルージュのスペクタクルショー
・イルミネーションツアー
・グラスシャンパンつき ムーランルージュ「Feerie」ショーをみる

冬季は2度目のショーになることがあり、ショーまでに1時間のクルーズがつくことがある。(その場合 料金同額) 

とらパスで: コード S0852
催行曜日 ■催行なし 大人 子供 6-11歳 ことば 出発 所要 ホテル送迎
2008/4〜10 毎日 101euro 同額 英仏 21:00 4h 送りあり
2008/11〜2009/3 毎日
 ■12/31なし
11euro 19:00

*イルミネーション部分のみ 日本語テープあり

**パリ市内中心部ホテルのみ

参考価格推移
期間 大人 6-11歳 
2005 12,600円 89euro
2006 13,800円 94euro
2007 99euro
2007/11〜 16,300円 97euro
2008 101euro
 

  
 
 
 

Cityrama社  コース番号  IMP イルミネーション+ムーラン・ルージュのショー  [ミニバン]
IMのミニバンコース。ムーラン・ルージュで フェエリー鑑賞 シャンパンハーフボトル付
6・7・8月は夏時間のため、イルミネーションではなく市内観光になる。
催行曜日 ■催行なし 大人  子供 4-11歳 ことば 出発 所要 送迎
2008/4〜2008/9 毎日
■6/21なし
152euro 152euro 日本語
ドライバーガイド 
ほか英仏伊など
21:00 4h30 送迎
あり
2008/10〜2009/3 毎日
■12/ 31なし
19:30
参考価格推移
期間 大人 4-11歳
2007/4〜 149euro 同額
2008/4〜 152euro 同額
 

    
 
 
 
 

ParisVision社  コース番号  +IR イルミネーション+ムーラン・ルージュのショー  [ミニバン]
IMRのミニバンコース
催行曜日 ■催行なし 大人  子供 4-11歳 ことば 出発 所要 送迎
2008/4〜2008/9 毎日
■7/14なし
152euro 152euro 日本語
ドライバーガイド 
ほか英仏伊など
21:00 4h 送迎
あり
2008/10〜2009/3 毎日
■12/ 31なし
19:15
21:00
参考価格推移
期間 大人 4-11歳
118euro
99euro
2007/4〜 134euro 同額
2008/4〜 152euro 同額
 

 

  
 

 
トップ > パリ > ナイトツアー > イルミネーション+ショー