トップ > パリ > デイツアー> 車窓見学
  

Paris オプショナルツアー
デイツアーへ戻る
デイツアー: 市内車窓
 
     25 Oct.2008 再調査
22Feb.2009 M再調査
1 Nov.2009 再調査
31 Dec.2011 経験談追加

 
 
 
 
1.ホテル送迎なし 2.ホテル送迎あり

 
 
 

1.ホテル送迎なし
 
 

ツアーの申込みのヒント・方法・割引の裏テク、当日の集合場所は → オプショナルツアーの基礎知識 参照
ツアー報告:  ツアーアンケートから 記載ください。


 

ParisCityVision  コース番号  C 市内観光i
旧 Cityrama扱い C → ParisCityVision C

パリ ParisCityVision ピラミッド営業所前発 (2 rue des Pyramides, 75001 )
バス車窓観光(11か国語オーディオガイド  日本語あり)


催行曜日 ■催行なし 大人  子供 3-11歳 ことば 出発 所要 ホテル送迎
2014/4〜10/31
毎日

■4/6 5/1AM 7/14AM 7/27 
21ユーロ 13ユーロ 日本語テープあり 16ヶ国語 9:00
10:30
12:00
14:45
16:00
1h45 なし
2014/11/1〜2015/3/31 
毎日




9:00
12:00
14:45
16:00


参考価格推移 旧C 2005〜2010 15〜22ユーロ

 

旧 Cityrama  C 市内観光 に参加!

(出発空港&コース) = ホテル送迎付き。

コンコルド広場、ルーヴル宮、セーヌ川の河岸と有名な橋、アカデミーフランセーズ、
シテ島、ノートルダム大聖堂(下車、自由時間)、

パリ市庁舎、カルチェ・ラタン(ソルボンヌ大学、パンテオン)、
凱旋門、シャンゼリゼ大通り、エッフェル塔(写真ストップ)、アンヴァリッド(廃兵院)、
オペラ座、モンマルトルでの散歩見学(サクレ・クール聖堂、テルトル広場)

(出発日) = 2010年01月下旬 

(価格) = 54ユーロ(冬季キャンペーン割引)

(申し込んだ窓口/代理店、方法) = シティラマのサイト(日本語版)で直接

(どうしてその商品に?) = 同行者の母が年配なので、ホテルへの送迎があったほうが楽に思えたので。日本語ガイドがあるから。ミニバン定員が8名で少人数なので、落ち着いて周れると思った。

コースは他の業者もほとんど同じなので、観光先などでは特に気にしなかった。

(出発前のトラブル) = ツアー前日に、ホテルへのピックアップ時間を確認するための電話を入れるようにとあったが、前日は移動だったので、なかなか電話できる時間がなかった。

日本人スタッフがいる時間帯のギリギリになってしまってあせった。

(出発前に知っておきたかったこと) = 日本人客のみのツアーだとばかり思っていた。他国の人と同乗することもあるならその旨を知っておきたかった。それが分かっていたら申し込まなかった。※

(そのツアーにしてよかったことは?) = 私は何度目かのパリで、これまでは市内は自力で周っていたが、母が同行していたのでツアーに参加した。

写真スポットなどにキチンと停まってくれたり、建物のすぐ近くまで車を乗り入れてくれたりと、非常に楽でよかった。

少人数だったので、集合などが時間通りに進んでよかった。途中でトイレに行きたい人が出て、 ファストフードの店に停めてくれた。結局、全員が店で買い物をしてトイレを借りることになったが、もし20人とかだったらとんでもなく時間がかかったと思 う。少人数だったので短くてすんだ。

帰りに各自、思い思いの場所でおろしてもらった。私たちはデパートの前でおろしてもらい、買い物をして帰った。

(現地にいってがっかり) = 予想外だったのは、ツアーの客が多言語混乗だったこと。日本人だけではなくてアメリカ人も一緒だった。日本語と英語で2度ずつガイドをするので、時間がかかる。

また、ガイドのフランス人男性が(30代位)言葉は達者なのだけれども、知識が浅く、ほとんどガイドになっていなかった。同行のアメリカ人たちも何か説明を受けるたびに Why、を連発していたが、ほとんど答えられなかった。

例えばレストランのマキシムの前を通ったときに、ここが有名なマキシムですというと、なぜ有名なの?との質問があったが、答えられなかった。

ガイドの人柄は親切でよかったけれども、(予定外のトイレ休憩をしたくれたり、年寄りに常に気を配ったりなど)肝心なガイドの腕がなくてはやはり失格だと思う。

特に、がっかりしたのは、母がオードリー・ヘップバーンのファンで、映画に出てきた建物など(ホテルリッツなど)を感激してみていたら、とんちんかんな受け答えをして「ああ、古い映画のことね」といわれて、とても憤慨していたこと。

これの前のロンドン滞在で使ったマイバスのガイド(60代日本人女性)がとても詳しく説明してくれて、映画「慕情」などそれこそ古い映画の話までしてくれ、とても楽しんでいたので、パリもマイバスにしておけばよかったといっていた。

マイバスのツアーは営業所集合だったので断念したが、歩いてでもそっちにしておけばよかった、と後悔。とはいえ、ガイドの当たり外れはその時々だとは思うので、そちらにして絶対正解とはいえないかも。

(コストパフォーマンス) = ★★★

(代理店・ツアー催行会社への要望) = 話のようすではどうやらガイドをした人はアルバイトだったよう。
冬季は特に需要が少ないのに、その日は特別に混んでいて、急遽呼び出されたようだった。もう少し、プロフェッショナルな人を採用して欲しい。
(2010年1月下旬 茶々丸のシッポ 様)
 

※管理人補記
本誌にも記載済みですが、シティラマ、パリヴィジョンの商品は(専用車でない場合)原則は多言語混乗ですのでそれが基本なので、ご注意ください。

ガイド時間も当然 1/2、1/3になります。

他国の人との混乗や、多言語を楽しめる人、日本人ツアーの独特の雰囲気や日本人むけのサービスや姿勢より外国のさっぱりした人には、かえって向いているといえますので
自分たちの要望とよく擦り合わせて選んでください。
 

(改定前 旧コース)
 

(コース) =  所要約2時間。パリの主な観光ポイントを2階建てバス(屋根付)に乗車したまま、車窓見学(内部見学なし)。毎日出発で夏場は増便。日本語を含む13ヶ国語のテープを、イヤホンでききながらバスでまわる。

(価格) = 24ユーロ

(申し込んだ窓口/代理店、方法) = エア・ホテル手配を依頼した日本の代理店を通じて。

(オプショナルツアー) = 
ルートは、ルーヴル美術館前の広場、シテ島、ノートルダム寺院(少し遠くから眺める)、
パリ市役所、バスティーユ広場、パンテオン、サンジェルマン・デ・プレ、シャンゼリゼ通り、凱旋門、エッフェル塔(写真停車約10分)、アンヴァリッド、コンコルド広場、マドレーヌ寺院、オペラ広場、ヴァンドーム広場。

ほかドライバーによるが、ヴィクトル・ユーゴーの家のそばを通ったときに教えてくれたり、ヴォージュ広場、王妃マルゴの住んだ館も通った。

この種のパリ巡回ツアーは、予約なしでも利用できるいろいろな種類があるようだが、代理店からシティラマのオプショナル・ツアー一覧をもらったので、利用してみた。

手っ取り早くパリをぐるっと見るのによい。ちょうど天気にも恵まれ、2階席に座れたので、眺めもよかった。個人では左岸中心に歩いて回ったので、カバーできない右岸の有名な観光スポットをほとんど網羅できる。

気に入ったところは、後日自分で行って内部見学したが、そのときの目安にもなった。客層は、欧米アジアの各国旅行者で、夫婦、家族連れが中心。子供はたまたまなのか、いなかった。バスの車窓からデジカメで撮影している人が多数。

集合は、ピラミッド広場のシティラマ・オフィス。

左岸に滞在したため、このツアーに参加するために初めてルーヴルの先の右岸に足を踏み入れたが、まさしく観光の中心と実感。土産屋さん多数。人通りが多かった。パリも地区によって雰囲気がさまざまなのだ、と実感。

(青色うさぎ 様 2004年5月)

 

 
 
 
 
 
ミキツーリスト社 みゅう コース番号 (ナシ) パリ半日市内観光

廃止 → 現在は ParisCityVision Cを扱う


ミキツーリスト みゅうインフォ前発、バスで車窓観光、オペラ座〜ルーヴル〜ノートルダム〜コンコルド広場〜凱旋門。エッフェル塔前下車(写真停車あり、朝市(月曜のぞく)  免税店立ち寄りあり 1名催行



 
ミキ に参加!

(出発日) = 2005年3月初旬 

(価格) = 5,800円 約2.5時間
 

オペラ座、ルーヴル美術館、凱旋門など有名観光地を車窓見学。エッフェル塔のみ下車観光(約15分)日本語ガイド付。

(申し込んだ窓口/代理店、方法) = 旅行代理店に申し込み。

エッフェル塔以外は車窓からの見学だったので、あ〜と思う間に通り過ぎた感が。時間のない人が駆け足でとりあえず見た、というのであればいいと思うが、時間に余裕があるなら、自分達で見てまわる方がいいと思う (見るだけならその方が安い)。

 
ガイド付といっても景色に見とれて、ガイドの話もあまり聞いてなかった。

興味あるところはゆっくりと、そうでもないところはさっさと、自分のペースで行くほうがいいと思った。

(ガララ・ニョロロ 様 2005年3月初旬 )
 

ルーヴル美術館、凱旋門、エッフェル塔、シャンゼリゼ通り、オペラ座とパリの主な名所をぐるりと回ります。
 
ノートルダム大聖堂には入った。ノートルダム前にはバスが停車できないため、左岸カルチェ・ラタンに停まり、歩いて大聖堂に向かった。

セーヌ川の中州、シテ島、パリ発祥の地と言われるここにそびえ立つ美しいゴシック建築。外壁にはおびただしい数の彫像が彫られていた。聖堂内ではガイドできないそうで、館外で説明を聞いた。

大きなステンドグラスが厳かな光を導き、蝋燭の火の前で天使のような異国の少女が、静かに手を合わせていた。
 
初めてのパリなので、とりあえず全体のイメージを掴もうと参加したツアーだが、振り返ってみるとバスやメトロなどで自分で廻るので充分じゃないかと思う。

「エッフェル塔はメンテナンスで何年か毎に塗り替えているのですが、緑がかっていたり、黄色がかっていたりして少しずつ色が変わるんですよ。それから、下からてっぺんまで同じ色に見えるように、上に行くに従ってだんだん色が濃くなっているのですよ」などの、トリビア話をガイドから聞けるのはよいが
(どくとる・たかぼ様 2004年8月)

  

 
 
 
 
 
 
ツアーの申込みのヒント・方法・割引の裏テク、集合場所は → オプショナルツアーの基礎知識 参照
ツアー報告:  ツアーアンケートから 記載ください。
 
 
JTB社 マイバス  コース番号
MBP1A
PAROMBP1AXXX
パリ市内午前半日観光
とらパスの申し込みコース番号 S3578
2014春 多少変更あり

9:00 パリ マイバス社発

シャン・ド・マルスまたはトロカデロ(写真停車)   ほか車窓(オペラ座、ルーヴル、ノートルダム、シャンゼリゼ、凱旋門、コンコルド広場(下車 2014/4〜) 

モンマルトル(下車) 往復いずれかケーブルカー、サクレクール寺院(入場、内部ガイドなし)

オペラ座の免税店 12時15 同所解散  1名催行

催行曜日 ■催行なし 12歳以上  2-11歳 ことば 出発 所要 ホテル送迎
2014/4〜10/31 毎日 
■4/11、7/14、7/25
49ユーロ 26ユーロ 日本語 9:00 3h30 なし
 
参考価格推移 2004〜2010 5,300〜7,800円 40〜45ユーロ


 
 
マイバス MBP1A に参加!
(出発&コース) = マイバス社出発 
市内車窓見学。エッフェル塔前の公園、モンマルトルの丘で下車。
オペラ座付近で解散。

(出発日) = 2011年8月中旬

(価格) = 45ユーロ

(申し込んだ窓口/代理店、方法) = ツアーのクーポン

(どうしてその商品に?) = 同行者が初めてのパリだったので。モンマルトルの丘下車見物があった。

(出発前に知っておきたかったこと) = ギャラリー・ラファイエットの免税店で解散だったが、ショッピングより観光がしたかったので、バスをおりた時点でツアーから離脱すれば良かった。実際、離脱した人がいた。

(そのツアーにしてよかったことは?) = セーヌ川のビーチや市庁舎のビーチバレーコートなど、夏ならではの風景を見ることが出来た。

ガイドが、物売りやスリの注意を教えてくれた。

(コストパフォーマンス) = ★★★★

(2011年8月中旬 ucha@1125様)
(価格) = 7,800円

(申し込んだ窓口/代理店、方法) = 日本からマイバスのサイトで申し込み。

(オプショナルツアーについて) = パリ到着翌日に駆け足でパリ市内をまわったおかげで、土地勘がついた。特に、モンマルトルは漠然と「遠くて危ない場所」のイメージだったところ、実際に行ってみて気に入り、後から自分たちでメトロで再訪できた。このツアーのおかげ。

最後に免税店に寄って免税の話を聞く。手洗いを借りられる。

値段は内容と比べるとちょっと高いが、個人旅行者にとっては便利で快適なパリ観光始動となった。

(2008年4月 シーズー梅吉 様)

マイバス社のパリ市内観光を 添乗員に電話予約してもらった。 市内観光は、凱旋門もエッフェル塔も近くから 「見るだけ」でがっかり・・。 

市内観光で寄った土産物屋の店員が、愛想が悪すぎ。かなり不快だった。案内する店を変えた方がいいと思う。 
(なるまゆ様 2001年)

マイバス社を出発し、ノートルダム寺院、パリ市庁舎、リュクサンブール公園、エッフェル塔、凱旋門、シャンゼリゼ、コンコルド広場、シャンドマルス公園等をまわる。

資料からノートルダムは入場とあったので申し込んだが、車窓であった。※ ノートルダムには入場して欲しかった。
(ショコラよしえ様 2003年)
 
 

管理人補記

 
※ツアーは 記載されていても 入場→車窓 にかわることが ありえます。これは ひどい!というものではなくたいていのツアーの 約款 (添乗員つきツアーでも) に「なんらかの事情があるときは、変更することがある」と書かれています。

これは管理人の類推ですが、この2003年4月からシテ島周辺に 大型観光バスの進入・臨時停車がしにくくなったこと、また旅行・ツアー会社にとって貴重な”無料”の観光スポットである(=経費がかからん) ノートルダムは 現在大変な混雑・長蛇であること、これに入っていると、大変なツアー行程の影響(遅延)がみられること、さらに 状況によっては、宗教行事や祝日の影響で はいらなかった、というような事情が類推されます。

ツアーの予定は あくまで ”予定”なので、その点は 念頭においといてください。
 

 

 
 
 
 
 
ツアーの申込みのヒント・方法・割引の裏テク、当日の集合場所は → オプショナルツアーの基礎知識 参照
ツアー報告:  ツアーアンケートから 記載ください。
 
 
HIS社  コース番号 (ナシ) HISオリジナルパリ市内観光
免税店パリ・ルック前集合。
オペラ座、凱旋門、エッフェル塔、ノートルダム寺院、シャンゼリゼ、シャイヨー宮、ルーヴル、モンマルトル、ピガール
 (すべて車窓)  → モンマルトル30分下車、トロカデロ10分写真停車になった。 
オペラ付近解散
催行曜日 ■催行なし 大人  子供 4-11歳 ことば 出発 所要 ホテル送迎
2008 毎日
■4/6, 5/1, 7/14, 1/1ナシ
30euro 15euro 日本語 10:00
9:50集合
3h なし

 
HIS 市内観光 に参加!
ほとんど車窓からでノートルダムにも入れなかった。(森の子chaorin 様)
 

 

 


 
 
 
 
  コース番号 催行 料金 子供 ことば 出発 所要 送迎
Paris Vision社
パリ・エキスプレス
Paris Express
PB 2005毎日
2006毎日
19euro 4〜11歳
無料
14ヶ国語
日本語テープ
9:00
12:00
15:00
2h なし

2005  9:00 12:00 15:00 
2006  同

バス車窓
オペラ座、コンコルド広場、シャンゼリゼ、凱旋門、トロカデロ広場、エッフェル塔(写真停車)、
アンヴァリッド、ポン・ヌフ、バスティーユ広場、バスティーユ新オペラ座、ノートルダム寺院、リュクサンブール庭園、サンジェルマン・デ・プレ
 

とらパスで: 

コード S2808   
2,700円 → 2005/10/1〜2006/3/31 2,800円  
保護者同伴の11歳以下は無料

 
 

2.ホテル送迎あり

 
Cityrama社  コース番号  CF パリ+モンマルトル Paris + Montmartre  [ミニバン]
(ミニバンシリーズ商品名 Paris City First)

コンコルド広場、ルーヴル宮、セーヌ川の河岸と有名な橋、アカデミーフランセ-ズ、シテ島、ノートルダム大聖堂(下車、自由見学)、パリ市庁舎、カルチェ・ラタン(ソルボンヌ大学、パンテオン)、凱旋門、シャンゼリゼ大通り、エッフェル塔(写真停車)、アンヴァリッド(廃兵院)、オペラ座、モンマルトルでの散歩見学(サクレ・クール聖堂、テルトル広場)
3h30で  56euroミニバン。送迎つき
 

参考: ヴェルサイユと組んだ CFVコースがおすすめ!
   午前CFコース+ 午後ヴェルサイユ(Vコース)の 1日コース CFV参照(110euro/人) 経験談あり

催行曜日 ■催行なし 大人  子供 4-11歳 ことば 出発 所要 送迎
2008/4〜2009/3 毎日
■5/1am, 7/14, 7/27
58euro 28euro 日本語
ドライバーガイド 
ほか英仏伊など
8:15
13:15
3h30 送迎あり

 
Cityrama   Paris Tour City First ミニバン市内観光 に参加!
(ツアー名、商品名) = Paris Tour City First パリ・シティ・ファースト 
ミニバン パリ市内半日観光

(コース) = ヴァンドーム広場、ルーヴル、コンコルド広場、ノートルダム寺院(30分下車)、
シテ島、オルセー美術館横を通ってアンヴァリッド、エッフェル塔(シャイヨ宮で下車)、

凱旋門、シャンゼリゼ大通り、モンマルトル(40分散策)、オペラ座をめぐった。順番は違うかも、途中に裁判所、美術館など有名な建物も教えてくれた。

(出発日) = 2008年4月上旬 水曜

(価格) = 大人98.13USD こども50.63USD  (ドル安の時期でうれしかった)
 

(申し込んだ窓口/代理店、方法) = シティラマのWebで
日本語ページがあるのを知らず英語サイトで予約したので、アメリカからのクレジットカード払い

(どうしてその商品に?) = 母と小学生の娘2人なのでパリ市内を安全に短時間で効率よく周るために、時間をお金で買った。ホテルに迎えに来てくれて、ミニバン利用で少人数。

(出発前のトラブル) = 英語サイト予約時に、クレジットカード番号を入力する。暗号化の記載がなく、IEの鍵マークを頼みに不安なまま、送信。直後にカード番号が承認されたとのメールが来て、機械的処理はできているので安堵した。

その後、予約完了のメールが来る。添付された英語のバウチャーを印刷する。

バウチャーにはパリ事務所にリコンファームするように赤字でMUSTと書かれていた。フランス語は話せないので、ビビる。

リコンファームがもたつくかもしれないと思い、旅行1週間前にパリシティラマ社に電話する。1回目、出だしの「リコンファームしたい」のフランス語は通じず、ガーっと話され
こちらが無言になってしまった瞬間にブツっと切られた。

2回目、「アナングレ シルヴプレ(英語でお願いします)」と英語のオペレーターを頼んだ。保留音にフランス語、英語、スペイン語に続き、日本語でも「担当者が出るまでそのままでお待ちください。」アナウンス。

日本人オペレーターがいたのね。出てきた英語オペレーターに「Which country?」と言われ、「Japan」と答えた。

後で考えたらシティラマにはイタリアや英国のツアーもあるので「フレンチ パリ」と答えるのが正解で、私の居住地など関係なかった。またガーっと話されたが理解できず。

やっとのことで「ジャポネ シルヴプレ」というと英語で「日本語担当は今いない、またかけなおして」と英語で言われる。

今度はダイナースのパリの日本語トラベルデスクに電話し、リコンファームを頼んだら、
当デスク経由で頼んだツアーしか受けられないとのことで(私はダイナースクラブのカードで払っただけ)、でもどうしてもだめなら受けますが、とのこと。

シティラマ社の日本人オペレーターにつながらず、日がせまってきたらお願いすることにした。最終手段ができたことでちょっと安心した。

数時間後、3回目の電話、はじめから「ジャポネ シルヴプレ」。何度か たらいまわしにされた後、やっと日本人オペレーターにつながった。

リコンファームを頼んだところ、「ミニバスのツアーはこちらの管轄ではない」と言われた。
どうやら英語サイトからのオーダーは違う部署で受けているらしい。

「この番号にリコンファームするように書いてある」と言い張ると、「英語のリコンファームが難しいなら確認してあげます」と無事終了。よかった。

オペレーターはすべて女性だった。一般電話から国際電話(例NTTの0033で1分間150円)は高いので、格安のインターネット電話SkypeOutで合わせて10分の通話時間で30円ほどだった。

(出発前に知っておきたかったこと) = 日本語ページ、日本人オペレーターの存在。

(そのツアーにしてよかったことは?) = ホテルまで来てくれること。外は寒かったが、観光地のすぐ近くまでミニバンで行け、歩く距離が少なく楽だった。

(現地にいってがっかり) = 帰りもホテルに送ってもらえると思っていたら、オペラ近くで降りてほしいと言われた。急に思いつかずルーヴル美術館で降りたが、その後の予定が狂ってしまった。

一度にいろいろ見たので、感動が薄くなった。

(ツアー選びのアドバイス) = あとでツアー案内を見ていたら、Hotel pick up and drop off となっていたのでやはりホテルまで送ってもらえたようだ。リコンファーム時かツアーはじめに確認したほうがよい。

(コストパフォーマンス) = ★★★

( 2008年4月上旬 かおゆかごん 様)

 


 
CFVコースで CFコースを部分参加!
 

パリ市内は、凱旋門、モンマルトルで下車。ノートルダム入場。エッフェル塔は写真撮影あり。(以前、HISのバス市内日のときは、ほとんど車窓からでノートルダムにも入れなかったから)今回はかなり内容がいいと感じた。

(そのツアーにしてよかったことは?) = ホテル送迎付きは、母連れには、ありがたい。観光後ゆっくり車で休めるし、ホテルまで車がいってくれるので、いったん母をホテルにおいて、買い物ができた。

日本人ドライバー

親連れ、家族にはおすすめ。日本語が聞けることで、外国語シャワーにあっている母には、かなりリラックスできたと思う。

( 2008年1月 森の子chaorin 様)

 


 

 



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ParisVision社  コース番号  +MT パリ+モンマルトル Paris + Montmartre  [ミニバン]
マドレーヌ寺院、オペラ、ヴァンドーム広場、コンコルド、凱旋門、シャンゼリゼ、アンヴァリッド、
ルーヴル、ノートルダム寺院 (車窓観光)

モンマルトルで解散 (ガイド無し各自観光ミニバン、ドライバーガイド

催行曜日 ■催行なし 大人  子供 4-11歳 ことば 出発 所要 ホテル送迎
2008/4〜2009/3 毎日
■5/1am、7/14am
58euro 29euro 英仏伊
スペイン語
8:15,
13:30
3h30 送迎あり
期間 大人 3-11歳
2003
51euro
25.5euro
2005
55euro
25.5euro
2006/4〜2007/3
55euro
39.2euro
2007/4〜2008/3
56euro
28euro
2008/4〜2009/3
58euro
29euro
 

 
 



 
 
 
近ツリ ホリデイのパリ半日市内観光

(出発日) = 2006年11月初旬

(オプショナルツアーについて) = ホリデイのパリ半日市内観光

(価格) = 8,000円位

定期観光バスを利用したツアーで、 
車窓(シャンゼリゼ、凱旋門、 コンコルド広場、 パリ市庁舎)
下車 (エッフェル塔(全体が見渡せる場所から)、 ノートルダム寺院(下車して各自で)
モンマルトル)

(オプショナルツアー報告) = ツアーに行ってびっくり。9人乗りのワンボックスに7人乗って、関西に在住経験のあるガイドが、常に車内マイクでいろいろなことをガイドしてくれた。思っていたよりも盛りだくさんの内容だった。
 

出発; ヴァンドーム広場付近のホテル。最後のツアー参加者を乗車させた所。
マドレーヌ寺院の前を通過、オペラ・ガルニエの前面へ。(下車予定外だけど、10分位下車し、記念撮影できた。)

モンマルトル墓地の方を回ってサクレ・クール寺院で30分程下車。その際に、絵描きには「のん・めるし」と言って断って、と注意有。

シテ島のノートルダム寺院へ行く途中、ムーラン・ルージュでは道の真ん中でハザード出して、車中で撮影(本当はダメなんだと思う)、ヴァンドーム広場、コンコルド広場、ルーヴル美術館の前庭を通過してセーヌ川沿いをパリ市庁舎へ。車中から市庁舎を撮影。

ノートルダム寺院で30分程下車。

セーヌ川を渡ってサンジェルマン地区へ。ソルボンヌ大学、パンテオン、サンジェルマン教会を
車窓見学。

コンコルド広場をゆっくり通過し、シャンゼリゼ通りを凱旋門へ。
本当は停車してはいけないらしいのに、またチョットダケと言って5分ほど下車。
ロダンの背中を見て(美術館の脇を通過して)アンヴァリッドで15分程下車。
仕官学校を通ってエッフェル塔へ。10分ほど停車、船着場へ。
半日観光はここで終了。

1日観光の人達はエッフェル塔へ上ったあと、クルーズ船で食事。

ガイドは1日観光の人をエッフェル塔まで連れて行く間、二人で船着場をフラフラ。が、エッフェル塔に結構近いらしく、いい写真が撮れた。

15分程で戻ってきたガイドは、通常はホテルだけど、どこでも好きな場所で下ろしてあげるよ!とのことで、プランタンまでいろいろと話しながら連れて行ってくれた。

他のオプショナルツアーを知らないが、すごく良かった。

(2006年11月初旬 CarriageReturn 様)

近ツリ パリ半日市内観光 

(オプショナルツアーの内容と価格) = 
シャンゼリゼ、凱旋門、 エッフェル塔下車、コンコルド広場、ノートルダム寺院、市庁舎、モンマルトル下車

\8,700(メトロの10枚回数券付き)
 

(オプショナルツアー報告) = 初めてのパリで、半日観光で有名所をワゴン車で周った。
他の近ツリツアー参加者と相乗りで7人。意外と時間は短かったが、なかなか一度には周れないので
 
 

(2005年3月中旬 アントニオ・ジュニア77 様)
 


 
 
トップ > パリ > デイツアー> 車窓見学