トップ > パリ > パリ・オプショナルツアーの基礎知識 > Parisvision パリヴィジョン
  

Paris オプショナルツアー の基礎知識
Parisvision パリヴィジョン パリビジョン
 7 Jan.2011 再調査、経験談追加

新体制  ParisCityVisionに 
 

下記は旧情報です

 
 
 
直営サイト URL
http://fr.parisvision.com/ 日本語あり
手続き詳細 日本語あり
http://jp.parisvision.com/topic.php?id=faq

 
 
予約方法
経由 Cityrama社に直接
旅行代理店各社○
JHCなど○
JCBほかカード会社(10%off)○

オクトパストラベルのWEB手配○

ホテルから○

Alan1.netなどツアー商品扱い予約Webから○

事務所訪問○
メール○ 
ネット○日本語あり 
   
予約後に入手する バウチャーは、現地で乗車券に発券交換する。そのままでは乗れない。

 
 
 
それぞれの予約方法詳細
割引も各種あり。  
JCBカード JCB経由の申し込みで10%off  手数料1,000円
JTBグローバルアシスタンス内海外予約デスク(東京)
http://www.jcb.jp/ws/reservation_desk.html
一件あたり1,050円の手数料要

JCBプラザ・ラウンジ・パリ  
10 Rue de la Paix, 75002 
http://www.jcb.jp/ws/plaza/lounge_paris.html
パリ到着前でも予約や問い合わせは可、

JCBプラザ・パリ
18 Rue Des Pyramides 75001 
http://plaza.jcb.co.jp/travel/plaza_lounge/index.html
http://www.assistancedesk.jp/jcbplaza/desk/par.html
JTBグローバルアシスタンスに委託。パリにいる間のみ、対応するとのこと。

早めの予約の場合は、東京のデスクあるいはJCBプラザ・ラウンジ・パリでの手配となる。
(2010年 ぴぐりん 様)
 


JHC とらパス

> とらパス > パリ > コンテンツ=観光を選択

結果が多い場合、「ミッシェル」で検索絞るとよい。JTBマイバス、ミキみゅう、パリヴィジョンなどを扱う
 

ANAマイレージ積算可 銀行振込、郵便振替、クレジットカード払い(VISA、MASTER、JCB、AMEX可。前払い・円建て。取消料がだいぶ早くから掛かるので注意。

 

とらパスのサイトから。メールで予約確認後、メールに記載されたURLから最終確認をしなければならないのをすっかり忘れていて、あやうくキャンセルになるところだった。為替レート上、とらパスを通した方が安かった。
(2005年12月 see-snow様)
 

モン・サン・ミッシェルへいくツアー。JHCトラパスで頼んだ。日程変更を依頼し、クーポン発行が2日前になってしまった。
(2007年4月 masabo,korino 様)
 
 

フランスへ出発する直前に、とらパスのオンライン申込をしたところ、出発期日直前のため電話にて申込してほしいとの表示。面倒になって、現地申込にした。
(2004年6月 pyontaro6919 様)
 

JHCのとらパスで。円安でこっちが安かったから。向うで事務所に行く手間もはぶけてよかった。ちなみに現地は49ユーロ、 6,000円 
(ののギン 様 2003年8月)
 

JHC経由でパリヴィジョン社のツアー。 いくつかツアー会社がありましたが、曜日の関係と、料金を見比べて一番安かった。  パリヴィジョン社に直接申し込むよりも、為替の関係か、換算してみるとJHCで申し込んだほうが安そうだったので。
(ぼなぺてぃkei様 2001年7月)
 
 

日本語で申し込めるので安心、パリヴィジョン社ホームページで直接申し込むのと値段があまり変わらなかったので、JHCで申し込み。

出発前10日くらいまえになって、インターネットで申し込み。すぐに返事がきたが、出発場所と時間は、確認次第また連絡するとのこと。その返事をまっていた。4日前になってもなにも連絡がないで、自分から電話で問い合わせると、まだ確認できていないとのこと。
 
フラツーでツアーの内容はだいたいわかっていたので、それでも申し込むことにした。カードで払うことにして、カード番号をJHCに電話で伝えると、もう次の日には家にクーポンがとどいた。
(プーとパー様 2002年12月)

Alan1.netから
パリヴィジョン社のHPでのキャンペーン料金を調べ、Alan1 netにそれと同じ料金にしてもらった。やはり手配してもらった方が安心できる。
( 2010年8月中旬 おかめいんこマメ 様)

 
パリヴィジョンのWebから
 
返信にあるバウチャーを印刷し、現地窓口で引換券と交換。
バスの中で、バス及び城入場券等チケットと交換。案内書の上に名前が記載してあった。

Web予約に危惧も感じたが、日本語でできたので何の問題もなかった。
予約した後すぐ返信があった。
(2010年8月下旬 ちえとん 様)
 
 

日本語で確認メールが届くので、安心。質問メールも同社日本人スタッフが対応。ただし、当日も日本人スタッフが常駐しているとは限らない。
( 2010年5月下旬 トリアノン・ローズ 様)
 
 

日本語の画面から申し込んだが、現地のシステムが日本語対応しきれていない。送信した内容が文字化けしていて読み取れない、と現地日本人スタッフから電話がきた。注意書きがなかったので日本語で情報を入力したが、英数字で入力した方がよかったのかも。
現地からの確認メールも文字化け。再送を依頼した。
(2010年2月中旬 長女@とき 様)
 
 
 
 
 

インターネットからパリヴィジョン社にヴェルサイユ宮殿の観光ツアーを申し込み。しかしその日が公式行事のため閉館らしく、日時を「翌日午後」に変更したが、返事が遅い! こちらから3度メール送って、やっと返答が・・・
 
当日、行ってみると「午前」になっている。確認メール持参にもかかわらず、謝りの言葉もなし。午前しか日本語ガイドのツアーはないらしく、英語ガイドでした。(変更時に確
認しなかった私も悪いが)
 
カウンターでどうしようかと友達と迷っていると、「いいから、ここにサイン!」「行かなくても料金はお返しできません」と言われた。とても感じ悪かった。
 
救いは、英語ガイドが、親切でわかりやすい説明をしてくれたこと。42ユーロと安かったものの、結局お得感はなかった。
(らいすけ様)
 
 

ネットで。ただ、予約後、スケジュールを調整するためにパリヴィジョンに電話した。(メール での対応がない、というこちらの書き込みをみて)全くと言っていいほど話せないので、当初から日本語を話せる方というと、日本人のスタッフが出た。いろい ろ待たされた挙句、変更はできた。が、現地に出向くと、変更はされていなかった。
(2006年 嫌われ松子の本 様)
 
 

(出発前のトラブル) = 日本語の返信メールが文字化けしていて印刷すると集合時間が不明だった。英語ソースでは正しかった。
( 2006年11月中旬 SKNG@京都 様)
 
 

ネットで申し込んだのは、良い経験。送信する前は、ちょっとどきどき。ちゃんと返事が来て、現地の窓口でもスムーズに応対してもらえた。
( 2001年12月 163様)
 
 

Webから予約、カード払い、ちゃんと予約確認と引き落としのメールが来た。 
(2001年1月 MORIKUMA様) 
 

インターネットで申し込み。(一人850Fr)  最初インプットしたときに、最終画面でエラーになったので、申し込まれているか心配だった。大丈夫かどうかの確認のメールを送ってみたが、まったく返事無し。

きっと完了していないと勝手に判断し、2回目申し込んでみたらフランス語及び英語で確認メール(恐らく自動送信)がきたので、OKとした。 

Paylineの確認書とメールを印刷して持っていきました。念のため現地から前もって電話で申し込みがきちんとされているか確認の電話を英語でしたところ、英語よりも日本語の方が上手なようで、「日本語話せますか?」と聞かれた。
(2001年 Konabe様)
 

申し込みするとファイルが送信されてくるので それに必要事項を書き込み c/c number等 書いて FAXします。2日ほどで confirm (確認) のメールが届いた。支払いは カード引き落とし。番号等を入力し、現地には メールを印刷して確認書として 現地事務所に持参。
(2000年12月 kuni様)

 
パリヴィジョン オフィスにて
 
 
 
 
 

 
ツアー開始夕方の 一時間前にオフィスに行って申込しても受付けてくれますか?と尋ねた。
2日後にメールで返事がきて、No problemです。席はいつでも開いますよ とのこと。(always available)  まあ話し半分に聞いて、今日行ける時間ができたけど予約してないから無理とかあきらめないで、直前でも行ってみようかと思う。
(MA様)
 
 

ナイトツアーの申込みにパリヴィジョンに。その場で予約できる のは当然だが、当日にホテルから電話しても、最悪バスの集合時間直前に来ても 大丈夫といわれて、なにかと予定がくるいがちな旅行者には有難い柔軟な対応だと うれしく思った。
当日、集合時間の2時間ほど前に予約に行って、食事して参加した。
(ねずみ様)
 
 

申込みは、空きがあれば、当日でも問題ないようだ。 オペラ座支店のほうは、小さめのオフィス。 なぜリヴォリではなくこちらで申し込んだかというと、ツアーのバスは 
 まず 
1) オペラ座オフィスで参加者を拾ってから 
2)リヴォリの事務所へ行って 参加者を拾う 

という記載が、フラツーにあったのを覚えていた。景色最重視のツアーとして、これは大きい。 リヴォリでバス乗り換えかもしれないけど、ダメモトで、と挑戦。 結果は成功でした! 

参加者が少なかった(モトとれるんかな、と人ごとながら心配になったほど) せいもありますが、”2階席最前列 ” をゆうゆうゲット出来ました。 母は大喜び。写真撮影も余裕、余裕。 
リヴォリで乗り換えの必要もなく、参加者を追加で乗せました。 
(とりcacao様 2001年12月)
 
 

オペラ座支店。申込は英語可。扉を開けて左右と、二階にも受付があるが、一階の左側で申し込む。各種パンフレットが用意されているが、言語は英・仏・伊・独・西語のみで日本語なし。
 
支払いは申込時と、集合前どちらでもできるようだ。カードも可。控えをくれるので、必ず集合時(バスに乗り込む時)にそれを提出。

集合は、店の前。店の中はとても狭いし、座るところなんて無いので、時間キッカリに来た方が良い(どうせバスは遅れるし…)。 
(2000年12月 まよ様)
 
 

前日夜にリヴォリ通りオフィスに寄って、申込。 日本語を話せるスタッフはいないようで、英語対応でしたが、日本人とわかると 日本語パンフレットを見せてくれた。
(2000年12月 MA様) 


 
 
 
 
パリ事務所
リヴォリ通り本店 Agence Rivoli:   
  214, rue de Rivoli 75001 Paris エリア別紹介>1区 7〜21:30
  メトロ1号線  メトロ7号線メトロ8号線 Pyramides ピラミッド  メトロ1号線Tuileries チュイルリー 
オペラ座支店 Agence Opera:    
  1, rue Auber 75009 Paris


 
 
 
 
集合場所
ツアーによって、集合場所がことなるが、 「パリヴィジョン・パリオフィス前」が多い。上述。   
シティラマと共同催行のコースがあり(とくに閑散期)、Cityrama シティラマの車を使う日は、シティラマ社前に集まる。
共同催行品

パリヴィジョン社のパンフレットにあったので、パリヴィジョン社前から出発だと勘違いしていた。

当日はシティラマ催行で、ジャンヌダルクの像のある広場まで歩かなければならなかった。
足が悪いので少し辛い。

(2010年8月下旬 おかめいんこマメ 様)
 
 

共同催行品

ホテルに頼んで、パリヴィジョン経由で シティラマ品を申し込み。

予約時にクレジットカードナンバーを伝えて、当日21:30までにルーヴル近くのパリヴィジョンに集合。
決済の確認とチケットが渡され、その後パレ・ロワイヤルのほうにあるシティラマ社の前まで行くように言われた。シティラマへ直接申し込んだほうが、手間はないかもしれない。

(2010年9月 キートン523 様)


 
 
 
発券
着いたら、バウチャーは、事務所で 乗車券に引き換える場合がある。   

 
バウチャーを印刷し、現地窓口で引換券と交換。
バスの中で、バス及び城入場券等チケットと交換。案内書の上に名前が記載してあった。
(2010年8月下旬 ちえとん 様)
 
 

 
 
 
トイレ
 
 
 
乗車ヒント
 
 

オペラ座の支店から乗れる、と書いてあったので代理店に聞いてみたがダメだった。たまたまたかも知れませんが乗ってきた人もおらず。現地のオペラ座支店で申し込んだ場合だけなのかもしれない。
( 2003年8月 ののギン 様)
 
 

オペラ座支店からを先に寄るようで、バスの2階には人が乗っていた。
(nanako0625様 2002年11月)
 

モン・サン・ミッシェルいきの出発は、リヴォリ通りから。 ただ同じ曜日、時間に、他の地方へ行くツアーもあるのでバスが4台くらい来ます。 いい席に座りたいなら、係員が叫ぶ説明(まずは英語)をてっとりばやく聞き取り(日本語まで待たない) そのバスに駆けって行くこと 
(こまめぐ様 2001年)
 
 

オペラ座支店に集合した方がいい。参加したナイト・ツアーもヴェルサイユも、まずオペラ座店の方から客を乗せる。その後、リヴォリ通り(事務所近く)の店で、他の客を拾う。私は2つともオペラ座で予約・乗車したため、2階建てバスの一番前で景色を楽しむことができた。
 
ただの移動って意識や、ひたすら現地に思いを馳せてる方は 関係ない話が、なんたってイルミネーションを見るには最高の席で、シャンゼリゼ全体が高い位置からかぶりつきで見られる。こりゃ大型バスでなきゃ無理でしょー!! と、最高の気分。
 
オーディオガイドが壊れてて、日本語による解説が聞けず終いでしたけど、話よりも視覚。凄かった。側面から見る街並と、正面から見る街並(しかも高い!)は、かなり違った。
 
バスに酔う人は、後部座席では酔い易いですので、同じく オペラ座から乗るといいのでは。オペラ座店の方が空いていた。いつも私たち&他一組という程度。リヴォリからは日本人客も含め、多かった。
 
行きはオペラから乗り、帰りはリヴォリで降りるというのも自由にできた。サッポロラーメンに寄った。
(まよ様 2000年12月)


 
 
 

 
ホテル混乗送迎
送迎があるツアー あるいは オプションでつけた人の場合


 
 
タクシー

 
 
バスはオペラ座前とリヴォリ通りの事務所に停まる。ホテルに近いからと事務所の方で降りたら、近くのタクシー乗り場はあまりタクシーが来ないらしく、タクシーに乗るなら、オペラで降りた方が良かったようだ。
  
ホテルが近いので歩くことにしましたが、フランス語で優しそうに声をかける人とか、もしかして つ いてきてる?みたいな人がいて、少し危険を感じた。とにかく「悪いけど」と無視してダッシュ。観光客も歩いてはいるので、一緒にいけるようにして帰った。 母まで走らせてかわいそうなことをした。
(cherry様 2001年4月)
 
 

23時ころパリヴィジョン社前解散。高級ホテルが多いので、タクシーはすぐつかまる。明るい通りを3分程歩けば、タクシー乗り場もあり。
(2005年9月上旬 ポールポーリー 様)


 
 
 
 
 

トップ > パリ > パリ・オプショナルツアーの基礎知識 > Parisvision パリヴィジョン