トップ > ホテルの基礎知識 > よくあるQ&A > F2 予約-交渉
  

HOTEL予約と 基礎知識
F2 予約-交渉
updated on 27 May  / 6 Oct.2007 経験談追加

もくじ

   
 

予約交渉
Q1 連絡してもホテルから返事が来ない!?
Q2 確認書をもらったほうがいいの?
Q3 予約でおりかえし来た確認書の内容が違う?!
Q4 部屋はリクエストしたほうがいい?
Q5 代理店経由の予約のとき、ホテルに確認をとってもいい? 
Q6 どうやったら値切れる、スペシャル料金をひきだせるの?
Q7 フラツーに載っているホテルが満室で、、、どこが予約できますか?
Q8  フラツーに載っているホテルだけど、どんな部屋かわかりますか?
Q9 予約の直前再確認 リコンファームは必要?
Q10 ホテル予約にクレジットカードは絶対要る? まだクレジットカードをもっていない・・・
Q11 予約変更などで、内容をなかなか相手に理解してもらえない
Q12  Aホテルを予約したのに、Bホテルから確認書がきた?!
 
 
 
 
Q1 連絡してもホテルから返事が来ない!? 
Q 今回はじめてネット経由でホテルを予約していますが、 1週間以上経っても回答をもらえません。  数カ所問い合わせて、回答をもらえたのは、一つだけです。 「回答がないのは、お断り」とは思っていますが・・・
         
ネット予約で返事がない場合、いろんなケースがあります。          

1) 相手方がメール対応でない 
担当者がいない、マシンが壊れている 

2)センターからメールで送った内容が、各ホテルにFAXで着く。よって返信先(アナタ)のFAX番号が書いてないのでホテルが返信できない 
または +81-などの日本の国際番号をつけていない 
         
3)あまり活動していないホテル予約WEBを使っている または古いメールアドレスに送っている 
         
4)記入した自メールアドレスに記入間違いまたは、文字化けが発生している  (全角かな英数字を使ったなど) 

5)満室である。あまりに直近の日程ですてられている ;_; 
 

満室でもたいがい(9割ガタ)は満室という返事がきますから そこまでの確率?!ということは、上記のどれかが該当するのかもしれません。 

まず、再送すること、FAXにきりかえてみること です。
 

 
 
Q 予約のフォームにカード番号を記入するところがあり、 記入しないと送れないようになっているしくみでしたので、不安な気持ちのまま記入しました。 返答はない。カード番号は知られている。 まさかとは思いますが、なんとなく不安なんですが・・・・ 
 
気持ちはわかりますが、これはめったにありません。 またカードでしたら、予約がとれていなかったとカード会社に 引き落とし さしとめ が出来ます。(前に知人がやりました) 

それと、予約・問合せ画面のプリントアウトもとっておくほうがいいですよ。 
         
また問合せ画面にカード番号とあったとき、入力しないほうがいいです。 later とか by FAX とか 000000 とか VISA とかいれて、備考欄に、予約とれたらFAXで後ほど、など書いたほうが賢明です。 それかメール、FAXでとるとよいでしょう。

詳細は  G 支払・料金編参照

Q 確認のメールがなかなかきません。カード番号も連絡済み。そこから予約確認のメールが来ないので、今週月曜日に問い合わせのメールを送っても、数日しても返事が来ません。

旅行が差し迫っているので新しいホテルに変更しようと思っています。一応メールで返事を貰えないので泊まらない、と伝えようと思っています。これで大丈夫でしょうか?またカードも大丈夫でしょうか?カードデスクに連絡した方がいいでしょうか?メールの不具合かもしれないのですが。
 
 


1. カード会社の現地デスクに電話を入れ、確認をとってもらう。
2. ホテルに「Urgent」と大書したFax を送り、 返事をFax かメールでもらう。宿泊が OKでも NOでも、返事を要求する。
3.自分で電話をかける。その際、電話に出た相手の担当者名を聞いておく。

の、順番で実行に移す。

同時に、宿泊日を入れて空室を検索できる予約サイトで、新しいホテルを探し始めます。
 

カード番号の件は、結局宿泊しなかった後で、それでも運悪く支払い請求がきた時、または何か覚えのない請求がきた時などには、引き落としを止めてもらえますので、こちらはさほど急がなくてもよいと思います。
(あんまり気持ちよくはないですけどね)
(とりcacao 様)

別のホテルから確認の電話をしてもらいました。カード会社またはホテルに直接電話がいいと思います。
(大山んばちゃ豆 様)
質問者とおなじホテルに泊まりましたが、たまたまホテルの都合でメールの開封又は返信が遅れているという事もあるかも知れません。

私の場合、やりとりにメール・ファックス共 使用しましたが、どちらの場合も返事は現地時間の午後3〜5時頃にメールで来てました。また、予約完了時には 予約番号を返信してくれました。

予約取消の旨を伝えるなら、その手紙を見たら返事をくれるようにも書いておいて日本の午後9〜11時頃にファックスとメール両方で送ってみてはどうでしょうか?

カードナンバーは、メールで送信したことに関する安全性については わからないのですが、そのホテルの規定時刻までにキャンセルの旨を伝えられれば、 ホテルから請求がくることはないと思います。
(ゆたぷーぷーわいわい 様)
 

初めての事だらけでしたが、楽しみながら手配できました。
ホテルの手配で1ケ所なかなか返事のいただけない所があり、その経験で1ヶ月位余裕をもって行った方がいいな、と学習しました。
(いぬワン 様 2003年7月)

 

Q パリでアパルトマンを探し、ネットで見つけたparistayというエージェントで予約したのですが、後から後から色々と加算され、なんだか不信感がつのったので、キャンセルすることに。FAXを送っても、メールを送っても、返事はないし、電話をしても留守電にしかつながらない。留守電にメッセージは残したのですが、連絡が取れません。 

はじめにLEASE(賃貸契約書)をFAXで送るまでに、キャンセルについてはよく確認しておくべきだったと思うのですが、それまで英語で連絡を取っていたのに、フランス語でのLEASEを送ってこられ、私は英語でないと内容が把握できないし、そういった書類にはサインできないと答えると、フランスでは英語の書類をLEASEとするのは法律上認められないから。という答えだったため、キャンセルについてはよく把握していないままサインをしたファックスを送り、料金を銀行に振り込んでしまいました。 
 
 

契約内容は、
4月初旬の8日間、1区のステュディオ、650ユーロ(事前に銀行振り込みの指定。振込み手数料で178ユーロ引かれ、472ユーロしか振り込まれていないとの連絡でした。ちなみに日本の銀行での手数料は支払済みだったので、受け取りの手数料にそんなにかかってしまうんだ。と驚いてしまいました。)で+235ユーロ(agency feeこれは到着時に渡す。) Depositとして300ユーロ(これも到着時に渡す。) 

出発時の清掃代50ユーロ。 金曜夜の到着、土曜早朝の出発のため、おそらくspecial arrival fee,special depature feeとして200ユーロ、電気代等は別です。 

もう出発日が迫ってしまったという事もあり、おそらくキャンセルしてもほぼ100%とられるのでは・・?と思っているのですが、なにせ、前から連絡がつかないので、キャンセルもできないし、と困っています。
 

キャンセレーションポリシーは、LEASEにも、なんか書いているだろうと思って何度もみているのですが、各項目を訳してみても、キャンセルに関することは載っていませんし、文中にそれらしきものも無いのです。 ホームページにもそういったものもないし、こちらもずっと「キャンセレーションポリシーについて教えて欲しい。」 と言ってメールなどを送っているのですが。
 

どなたかparistayを利用された方いらっしゃったら、どんな感じだったか教えてください。 また、こういった場合のよい解決方法はなにかありますでしょうか
 
 


2度目の銀行振込はなさっていないと思うのですが、この差額178ユーロは現地払いになるのでしょうか?送金手続きの詳細がわからないので、断言することは慎むべきですが、手数料が高額ですし、あと出しジャンケンのように「これだけしか振り込まれていない」と言われても・・・、不信感が募るのももっともだと思います。

送金手続きを行った銀行に相談しても、きっと解決しませんよね。でも、フリーコールに電話してみるかな・・・、ダメだろうなぁ・・・。

ところで、paristayのHPにアクセスしてみましたが、電話連絡先として書かれているのは携帯番号のみのようですね。フランス語のページがないのも、私には気になります。

のキャンセル料を支払って、別の宿泊施設に滞在するのが賢明かと思いますが、キャンセレーショ・ポリシーが不明、それに何よりそもそも連絡が取れないんですよね。
(ainhoa-manech様)
 


ParistayのHPを見てみました。以下のような料金がかかることは、きちんと明記されています。

- agency fee: 18% of total stay (3週間以下の場合)
- administration charge 100euro
- optional check-in service: 100euro on arrival, 100euro on departure

"後になってから"いろいろ追加料金がかかったとおっしゃっていますが、そうではないわけで、こういうことをきちんと把握せずに予約するというのは無謀です。
 
キャンセレーション・ポリシーについても、それがはっきりしないのに予約したり、ましてや送金してしまったり・・・は決してするべきではないです。後からどうのこうのといっても、予約して送金してしまった時点でもう遅いです。こういうことはビジネスです。
(PiscesAK様)
 

ごもっともです。 agency fee, deposit は自分でも分かっていました。

不信感を・・となり出したのは、まず、お金を振り込んだ後からは、質問のメールを送っても支払うお金の事意外は一切返信は無いこと、メールの文調が、支払い後は全く変わり、非常に失礼な感じの文面で送られてくるのです。なんだようるさいな!というような文面なんですね。 

サインしてLEASEをファックスしてしまっているのですから、おっっしゃる通り、もう遅いのですが。 今回フランスが始めてとなる母はすっかり行く前に憂鬱になってしまっていて、(手続きは私が行っていたのですが)なんだか母にもいい思い出を作ってもらおうと思っていたのになぁ・・どうなってしまうんだろうと言う感じなのです。
 
 

背景がわかりませんし、蛇足ですが 「連れていく」からには、あまり余計な不安感や心配を与えないことも大事かもです・・・・
 

手配担当が、手配の段階で なんらかの混乱や難問にあたっているときはへたに同行者(とくに連れて行く人)には 解決・決着するまで逐一 言わないでいいとおもいます。(相談して、 適切な解決方法や、判断を提示してくれる人なら 言いますが)
 

へたに心配かけるだけなので、、、、当人にもどうしようもないことは いわないですね。
ツアコンも、不手際などあっても いちいち客に言わないのと同じか。
(Chun3)
 

reservation request に対する返事にキャンセレーション・ポリシーはなかったでしょうか?あとOptional check-in service: 100euro on arrival, 100euro on departureについても、Optionalとなっているのだから、どこかの時点でYesとみなされているはずですが。

いずれにせよ、Paristayというのは長期滞在者を主要なターゲットとしているように見受けられました。私も何回かヨーロッパでのアパート滞在を経験していますが、宿泊料以外にこれほど高額かつ多くの項目で手数料を取られたことはありません。

それはさておき 私だったらどうするか・・・もう支払ってしまったのですから、キャンセルはあきらめて宿泊すると思います。エージェントの人物とは現地で会うことはあるのですか? アパルトマンのオーナーに文句を言ってもしょうがないと思いますので、私だったらAエージェントにじかにクレームしますね。それこそ思いっきりします(もちろんケンカにならないよう言葉には充分気をつけながら・・・ですが)。

(PiscesAK様)


 

差額分は現地払いでいいそうです。 始めに日本の銀行で振り込んだ時に私が受け取り手数料も持つとだいたいこのぐらい・・という金額も聞いていましたが、178ユーロだと、それとは日本円にして約2万円ほども差があったので、日本で振り込んだ銀行に問い合わせたところ、先方の銀行でいくら手数料が要ったかは調べられないと言われました。(じゃあ、初めの大体このくらい・・と言われた額は何だったのか??と思ったのですが) 

向こうでも明細書を出しているはずだから、それを確認させてもらえば?と言うアドバイスだったので、自分が振り込んだ時に受け取った明細書(英語ではSTATEMENT ですよね。ちなみにこれは英語日本語両方で詳しく記載されていました。)を一緒にして、「一応の確認のために、受け取りの際のSTATEMENTを送って下さい」 とFAXしましたが、何の答えもありませんでした。
 
連絡先についてですが、先方からのメールに書かれていた電話番号に電話すると、00-33-6-********に電話してと英語の留守電が答える。そちらに電話すると、そちらも機会音で今度はフランス語。お手上げになってしまいました。それならばと担当者の携帯にかけてみても、メッセージ残してね。 と答え、メッセージを残してもダメでした。
 
 

reservation requestに対する返事にも キャンセル規程はありませんでした。 ふつうはここであるはずですよね。 なんでちゃんと気づかなかったのかと反省しています。

いつもは、日本人だからってカモにはならないぞ!ともっと注意していたはずなのですが、 疑問点があって、3回ほどメールで質問、回答を繰り返しているうちに、「この物件、人気で、他にも問い合わせがあるから、明日の昼までにサインして、お金振り込んでもらはないと、他の人に回しますよ。」というメールが来たので、慌てて手続きしてしまったのです。 
本当に迂闊でした。エージェントと接する機会があるのか、どのように鍵をもらうのかとかまだ聞けていないのですが、(なんせ音信不通なので)毅然と接したいと思います。
 

母には困っている事をあまりいうべきではありませんでした。私よりはるかにしっかりしていて頼れる母なので、ついつい相談してしまっていましたが、現地についてからは、この事をちゃんと頭に入れて、母が困ってしまう事の無いように気をつけます。
 
 
 

欧州は 復活祭休みで 2005年は3月中旬から4月初めまで 軒並みバケーションです。
(欧州の 客も 支社も みな休みばっかで こちとら年度末なのに仕事になりません。具体的には
3月14ぐらいから4月6ぐらいまで みな途切れ途切れ、あるいは だーっと休んでいます)

今から 事務所が 動き出すかんじです。いつこういった連絡や振込みをおこなったのか、情報がないのでわかりませんが、あせらず もう1度連絡をとってみることをおすすめします。

宿手配でも、よく2週間以上連絡がとれなかったりしてあとで あっさり 休みだった、ということ、ありますから。

あと、入金後の連絡がおざなりだ、とありましたが内外ともに、えてしてよくあることに思います。
もう契約がすんだので、あとの連絡は 最低限、、、てかんじでしょうか。ホテルでも ごちゃごちゃ質問しても もうカード番号いったあとは返事きにくいことが よくあります。
イコール悪い会社だ、と とらえてしまうと早計かと。そうでないこともありますんで。

まぁ基本はやっぱり 契約前にきいておく、、、でしょうか。(他の方のご参考までに)
 

あと、しょっぱなから その会社に対し、ある種の角度でみておられるように読めますが(失礼) 一つひとつの可能性を検討していくと、枝葉をはらえば、ようは 「銀行手数料を確認すればいいだけ」 のはなしなような気がしてきました。

もう一度連絡をとってみられてはどうでしょうか。健闘を祈ります。

(Chun3)
 

先日、宿泊予定のホテルに、予約内容を変更したいとメールで伝えたが、待てど暮らせど反応がなく。
直営サイトのcontact us に書き込んでもだめ、FAX も受信してもらえず、電話は留守電、いったいどうしたのかと不安になりました。
 
けれどもこの時期(2月末〜3月前半)からして、もしや?と思い、直営でなく、そのホテルが加盟している、ロジ・ド・フランスのサイトを見にいきました。以前他のホテルについて、ロジ……のサイトを見ていた時、休業期間の記載があったことを思い出したからです。

当該ホテルのページを読んだところ、私が最初に変更願のメールを送った日から、半月間の休業とのこと。直営サイト内にもホテルからのメールにも、休業期間のことは全然書かれていなかったので、かなりコケました。

そのまま何もせず営業再開の日を待っていたら、休業期間終了直前、やっと連絡がきて、無事に予約変更できました。個人予約の難しさを改めて感じた一件でした。
(とりcacao様)

やっとメールが来ました! 内容は 'IT IS NOT POSSIBLE TO CANCEL' と書かれていました。 世界一わかりやすいcancellation policyでした。 あっぱれ!という感じです。
 
(解決)

先方に長々と、

私の振り込んだのが、650ユーロで、あなたは478ユーロしか受け取っていいないということは、172ユーロもそちらの銀行の手数料にかかったと言う事になりますね。 誤解しないで頂きたいのですが、疑っているわけではなく、物事をはっきりさせておきたいので、あなたが銀行でもらえるはずのSTATEMENTをFAXで送ってください。 そこには、payment やcomissionの詳細ちゃんと書かれているはずですから・・ 


というような内容のメールを再度送ったところ、 「すみません、間違いだした。」 というメールが返ってきました。結局先方の受け取り手数料は17ユーロだそうです。
 
やっとすっきりしました?!! 
 
 

 
よかったです。いろいろな背景を想像(推察)するのも大事ですけど あまり ドツボにはまりこまず、

状況をよく分析し、おちついて枝葉を一つずつ洗い、再確認をとる。

・明るい気持ちで、コミュニケーションをとりなおす

・お互いに、ナニができて ナニをしてもらいたいか、を 前向きに考える

・ひらきなおる
 

(されていると思いますが) 相手にも 気持ちよい返事を返してあげると 現地や今後がスムーズにいくかと思います。

  
 
 
 
 
 
Q2 確認書をもらったほうがいいの?
Q ホテルがとれたか不安です。予約確認をしたほうがよいでしょうか。。。ホテルからきた文面はよくわからなくて、なんとなく空室があるように書いてあります。
 
 
最後にホテルから、予約確認書 confirmation slip が FAXかメールで来れば完了です。確認の必要はありません。 
 

確認書は、きれいに打ち直したものの場合もあれば、自分がおくったものに ひとことOK!とかいてあるだけの簡単なものもあります。

 
何度もしつこく送ると、二重予約になってしまうケースがあります。
 

ただ予防策もかねて、数ヶ月前に予約したなら、宿泊数日前に、到着時刻を 知らせるとよいでしょうね。この場合、、前にきた confirmation slip を 引用(FAXならそこに追記)すると、ホテル側が 予約の履歴がよくわかります。
 
現にメール予約では、ちゃんとしたホテルなら、お互いのメールを消さずに、ずるずると返事・返事・返事と引きずった長いメールになります。 
 
ただ、まれに、最初の空室回答のFAXを勘違いして「予約できた」 と思い込んでいるお客サンが見受けられます。来たFAXをすみずみまで読んでください。 
           
「なんとなく・・・」はトラブルの元です。わからなければ人に聞く、 掲示板かメールで転送してもらってもOKです。  トラぶった人の大半は、文章の意味がわからないまま、予約した人です。
 

確認書があると、利点は

・現地で チェックインのとき、その紙をだせば てっとりばやい。
・ハナシが違うときに、言葉よりも紙をみせれば ハナシがはやい。
・つっぱねることができる。
・なにかあったとき、やりとりをした担当者のサインがあるので、解決・調査がはやい
証拠が有る、ということは 欧米では何よりも強いのです。

 
参考 ホテル直接予約! など参考に。
 
 

Q  ホテルのHPにアクセスし、そのページ上で予約をいれました。名前・E-mailアド・チェックイン・アウトの日付・部屋のタイプ・到着時間・クレジットNo・ふらつーで紹介されていた例文を引用したコメントを記入。2日後、返事がきました。冒頭には、We are pleased to confirm your booking of a single standard room. とあり、1泊の料金、クレジットNoを受け取った事、キャセルの約束事項、等かかれており、しめは、Looking forward to meeting you very soon. と書かれていました。これが確認書?
 
 
自分が
1)問合せでなく 予約をいれた
2)予約に対し、OK 確定 のメールがきた
のであれば 予約確定ですね。

前金やキャンセル規定が発動しますので、ご注意ください。
 

念を入れたい場合は、
予約フォーマットであっても 一発メから予約とせず 備考欄などで 「これは問合せです。アナタからの返事をまって おりかえしカード番号連絡と正式予約をする」  と記載したりします。
 


Q  予約確認書を送って欲しいと連絡したところ、送ったメールの文書にそのまま以下の文を追加して返信してきました BONJOUR ! OK We reconfirm your reservation best regards 
 
今まで、予約確認書は一定の形式があると思っていて、この返信メール、一応用件は満たしているとは思いますが、ちょっと物足りないな〜というのが正直な感想です。ホテルからの予約確認書(COMFIRMATION SLIP)は、こんな簡単なものなんですかね〜?
 
 

サイン、OK! だけのものもあります。メモがきもあります。丁寧な文書もあります。
いずれも confirmationに入ります。カタチにとらわれず、相手からきた「中身」をみてください。サインONLYといった場合もあります。

これを現地に持参し、みせながらチェックイン、チェックアウトしましょう。カバンにいれたまま、、、はNGです。

不安なら、数日前に確認もかねて、○時につきます、こんな部屋をよろしくね、とFAXしておくとよいでしょう。

空室問い合わせFAX後、空いているとの返事がきたので、クレジットカード等をFAXした。こちらが送ったものにただホテルのスタンプが押されたものが戻ってきた。
(2004年1月 ニコせ・じょり 様)
ParisHotels.com のサイトから。予約を入れると、ホテルから英語で回答あり。ギャランティーのためのカードナンバーをFAXで送った。その日のうちにOKの返事と、キャンセル期限を私のFAXの横にささっと書いて送り返してくれました。
(midico@wanwan様 2003年11月)

 
 
 
Q ホテルの手配もこちらのHPを参考に初めて自分で手配。ホテルから空室の返答後FAXでカード番号、メールでFAXを送った旨を連絡しましたところ、ホテル側から
”We acknowledge receipt of your email confirming your booking.”
という返事をメールでもらいました。
 
掲示板に書かれているみなさんの書式と少し違うようですがおそらく予約は取れているだろうと思っていました。
 
そのあと、空港に着く時間、ホテルに着きそうな時間をリコンファームを兼ねてメールで送ったところ、今まで何の返事も来ていません。実は上記の文面では予約は取れていなかったのではないかと不安です。もう一度、リコンファームのメールを出しておいたほうがいいのでしょうか?それともリコンファームはもともと返事の来ないものなのでしょうか?
なにぶん初めてのことですので、不安になっています。
 
 
上記の文章で 予約とれているとみなせます。またリコンファームというか、到着時刻を連絡して、返事がないところも多いです。ねんのため 先方からの返信書面をもっていかれるとよいですよ。
Q 空室の連絡が来たあと、予約のメールとクレジットカード番号を連絡しました。その時に予約確認書とキャンセル規定を教えて欲しい旨伝えたのですが、返事がなく、1日後再度メールで問い合わせたところキャンセル規程のみの返事をもらいました。
 
メールの問い合わせの返事等は結構早めに来るのですが(空室問合わせや予約までの段階では1時間くらいで返事がきていました)、メールにホテル担当者名が一切書かれていないことなど不安があります。
 
メールの文面に、予約とれました、とか confirm(確約します)、OKとかかいてあればそれが十分 確認書の意味合いです。そういうのはないですか?
we confirm you this reservation…という文面がありました。大丈夫そうですね。予約確認書を絶対にもらわなければ!と思っていたのと担当者がわからない等で軽く不安になっていました。
 
これが確認文言です。確認書をもらうというのは 確認文言のはいったメールなりFAXをもらう、という意味ですから このメールが確認書面になります。印刷してもっていきましょう。
  
 
 
 
 
Q3 予約でおりかえし来た確認書の内容が違う?!
Q メールでやりとりしていましtが、送信ミスがあったので、FAXでクレジットカードの番号を送りました。
最初に提示されたレートは  一泊299ユーロ朝食こみ

でも送ってきた予約確認書にはなんと、朝食込みと書いていない!(299ユーロTAXは込みと書いてました)メールのやり取りをしていた人はカロリーヌ、FAXを受け取って予約確認書を送ってきたはサンドラです。カロリーヌからカード番号を早く送って、のメールもありました。よって送信ミスが判明。

朝食込み、とかいた予約確認書がどうしてもほしい。こういう時はどうするのがベターでしょうか?

A.サンドラにカロリーヌからのレート提示のメールを見せて正しいのを送りなお  してもらう
B.事前にホテルに交渉する。
C.現地でホテルに交渉する。
D.カロリーヌにカード番号を知らせて予約確認書をおくってもらう。(二重予約 になりそうですよね。)
 
 

A,B,C,Dの順でベターだと思います。

すでにカロリーヌとサンドラが別々に予約を入れている可能性もありますので、これまでの顛末と、メールのコピーをFaxして、説明したほうがいいと思います。
 
部屋代が高いところは朝食代も高いでしょうから、行く前に全部クリアにしていったほうがいいと思います。(気にしていたら楽しめない)

現地での交渉は、うまくいかなかった場合非常に気分が悪くなることも考えられるので、「朝食代くらい、いくらでも払ってやる」という覚悟が無い限り、やめたほうがいいと思います。
(マツヤマミノル様)
 

 
事後談:
確かにその通りだと思い、まず、PARISERVEに送りました。でも返事なし。その頃、PARISERVEの予約が取れていなかったという体験談を見て、方針変更予約確認をかねてホテルにコピーをFAXし、交渉しました。レートのところを太枠で囲って英語で朝食込みと書いてOK?と(^o^)
 
それと、朝食つきレートの申し出がありましたと書いてあった所も○で囲って「私はこう思いました。朝食つき。すばらしい!感じいい!OK!このホテルに決めた!」 う〜ん、これを交渉とよんでもいいのかしら?
でも、40分位で返事のFAXがきて、同じシートにOKと書いてくれてました。思わずバンザイしました! 
 
 
 
  
 
Q4 部屋はリクエストしたほうがいい?
直接予約の醍醐味は こまかな質問やリクエストが通ることです。
沢山の部屋がありますので好み、希望をどんどん伝えましょう。

なにもいわない=どんなであっても文句いいません、ということ。言わないとソン!
 
 

最初の予約時に静かな所を、とリクエストすると「通りに面しているけれど静か」という回答(実際そうでした)、「HPにでているような、木の梁のある素敵な部屋が好みだ」というと、本当にHP(パンフレット)にでている部屋にしてくれました。大満足です。部屋のリクエストはいっておくべきだと感じました。
(nanaのjiji 様)
 
  
Q5 代理店経由の予約のとき、ホテルに確認をとってもいい? 
Q  ネットでホテルを予約(直接ホテルにアクセスしたのではなく代行代理店のサイトで)したのですが、
こういった場合、直接ホテルに予約の確認をした方が良いのでしょうか?
 
 
私は、代理店を通して予約した時も、
  xx代理店を通して、予約しました△△です。
  ○時ころつきますのでよろしく御願い致します。
と、メールを送りました。
 
いつも個人手配旅行なので、飛行機とホテル手配が別の代理店だと、ホテルの方には、着く時間とか連絡いかないですよね。遅く着いてホテルキャンセルされてはこまるので、いつも自分から一報するようにしてます。ただし、xxのクーポン利用予定の者ですとかならず明記しています。
(Bois de Roses様)
以前どこかの旅行会社からホテルクーポン購入したら、クーポンはMIKI TRAVEL発行でした。
そのときは、○○旅行会社より予約の・・・ではなく、MIKI TRAVEL発行のクーポンを手にしていますと書きました(笑)。 いずれにせよ、内部事情はわかりませんが、ややこしいです・・・

(Bois de Roses様)

原則、これは 先方さんにもわかりやすく よい方法だとおもいます。
(むこうにいって、代理店経由やクーポンでも予約ミス多いですからね

ただ、A代理店→ ホテル業者B→ おおもと仕入れ業者C →ホテルと   経由する場合もあるのでそのあたりが表現ややこいですね。

シンプルにいうなら、travel bureau 経由ですー 代理店経由ですー グライでも いいかもしれませんね。
JTBから、といっても 最終的に ホテルにJTBから連絡が いかないこともありますから。
 
 

  
Q6 どうやったら値切れる、スペシャル料金をひきだせるの?
まず、ホテルのめぼしがついたら、いろいろなサイトを見てみること。

あるサイトから申し込むと朝食つき、とか 値段がちがっていたり、直営URLで特別料金パッケージがでていたり、クーポンが レートの都合で すごく安くなっていたりします。
 

また、自分から料金交渉すると うまくいくことがあります。
・ハネムーンなんだけど なにかそういうパッケージはあるか
・連泊するが
・オフシーズンだが
etc.
 
 

予約した部屋は250euroだったが、しばらくすると冬のプロモーションがでており、朝食付き、税こみ 245euroと出ていました。ただし12/23-1/3は除くとありました。

12/22からの予約でしたので、23日からは無理でも22日は適用されますか?と再度問い合わせをしたところ、できないと回答がきました。

けれど、関心をもっていてくれたことを、うれしく思ってくれたらしく、「何かできないかと考えて、値段はそのまま(250euro)で4日間全部、2人分の朝食をつけましょう」と言ってくれました。結果的にはこちらのほうが得、となり、うれしく思いました。

プロモーションが予約後にでることもあり、交渉次第では私のように おまけ があるかもしれないので、予約後もHPをみておくのがよいかも。
(nanaのjiji様)
 

ホテル予約の際に、何かディスカウントはないか、だめもとで聞いてみたところ、270ユーロから240ユーロにしてくれた。
(2004年3月/4月 di-iris 様)
トリプルを扱っているホテルが希望地区になかなかみつからず、あせりました。が、なんとかインターネットのPariserveより予約がはいりました。

「何かSpecial Rateはありませんか?」というメッセージをいれて予約をいれましたら、トリプル1泊 1,600Frのところ、朝食込みで1泊 1,750Frにするという回答を受け、喜んでパリへと出発しました。
(造船なでしこ様 2001年1月)

ダブル(ツイン)で予約の依頼をしていたのに、向こうからの確認書ででは、スイートの料金を呈示してきた。どういうことかと電話で確認したところ、スイートしか空いてないなどと言う。

交渉の結果(結構強気でゴネル)、部屋はスイート、料金はダブルということで決着。スイートといっても大したことはなかった・・

記の通り、価格についてのごたごたがあったので、チェックインのとき再度念を押して見たところ、案の定スイートの価格になっていた。

もう一度予約時点での顛末を話したところ、メモにやり取りが残してあるのをレセプションの男性が発見。”何事も疑ってかかる”のが肝要だと思う。
(母犬チェリー様  2002年10月)
 


 
 
Q7 フラツーに載っているホテルが満室で、、、どこが予約できますか?
ホテルがとれないで困っているなら、本誌の「お役立ちサイト」から 事務所や観光局にメールして、あきのあるホテルを紹介してもらう、などのテがあります。 がんばってください。 
 
ホテルのホームページから予約したのですが、いっぱい。 ダメモトでdigital franceにメールを書いたらOK! こんなことってあるのね〜 (はる様  2001年3月 )

 
 
 
 
Q8  フラツーに載っているホテルだけど、どんな部屋かわかりますか? 
Q フラツーにのっているホテルをとりました。部屋は over quiet street と返事がきました。どのような部屋でしょうか。
 
 

ホテルについては、責任を放棄するような書き方で申し訳ないですが  
”私は ホテルの番頭さんではない” ので ^^;   全部のホテルの詳細はわかるわけはありません。 

またホテルさんがどの部屋を提供しているのかも、わかりません。 こちらのホームページは、素材・経験談・情報 を提供する場です。 個人の手配に、好意・善意でフォローはしますが 責任をもってサポートするものではありません。その点、どうかどうか、おふくみください。    
 

できれば ホテルに please tell us room retails you can offer. 部屋の詳細を教えて という文を、送るとよいでしょう。 また最初に、 we perfer quiet/spacious/decorated (静かな/広い/かわいく装飾された) room, with balcony and bathtub とかなんとか 自分の好みを伝えるのが重要です。  
    
また、「○○ホテルをとりましたが、XXについて、教えて」など 掲示板に投稿なさってみてください。 経験者がいれば、たぶん返事がかえってきます!   

  
Q9 直前の再確認
だいぶ前にとった場合、人気のホテルの場合、バスタブなどいろいろリクエストしたい場合は、10日ぐらいまえに再確認のメール、FAXをおくるとベターです。(ヨケイな現地トラブルの確率がひくくなります)

1週間をきると、まんがいちのとき、やりとりが二往復ぐらいしかできないので、10日前〜14日前をすすめます。

やりかたは
・予約した内容の最終履歴をひきずる(FAXなら その横にはしりがき)して、何時につきます。よろしくね〜 と書きます。

・予約したいその他(レストランや送迎)もあるなら、このとき。聞きたいことも、このとき。
 
 
 
 

リコンファームは、前の予約やりとりのFAXやメールをそのまま引用して、書き添え、同じ担当者あてに送るほうが無難です。でないと新規予約と間違われ、二重予約になりかねません。

また、間際になって到着予定時刻をしらせれば、自動的にリコンファームもかねられます。18時を回ると 予約解除になる場合がありますので 必ず知らせましょう。
 
 
 

パリ到着日、ホテルに遅く着くので連絡しておかないと、と思ったが、ホテルにメールがないようだし我が家にはFAXがないので、思いきって電話。難なく通じたし、感じもよかったものの、緊張した。
(ビアンカ75020様  2003年10月)

 

 
 
 
Q10 ホテル予約にクレジットカードは絶対要る? まだクレジットカードをもっていない・・・

 直接予約しようと思うが、大抵は事前にクレジットカードの番号を要求してくる。しかし、自分はクレジットカードを持っていない。支払は現金もしくはT/Cしたいが、代理店を通すしか方法はないか?


答えは、まず海外旅行をするなら、基本的に1枚(大人になれば基本は2枚)作成を、すすめます。基本的に日本でも海外でも、ネットでも クレジットカードが相当でまわりだしたので。

クレジットカードは、現地で急な出費や、困ったときにも使えます。キャッシング(お金を借りる・利子つく)のもできます。

  
海外旅行では、本当に5、6万円ぐらいの急な出費もありえますから(飛行機に乗り遅れて、航空券を買いなおすはめになるとか) 財布をとられて、カードで払うことになるとか。そのとき現金ONLYでは 動きがとれないこともあります。(逆もまたしかりで、クレジットカードだけに頼らないように。)

クレジットカードはきちんと約款や性質を知れば、万が一のときの補償もあるし(免責もあるので注意)、日本人が1980年代ごろまで思っていたような、そう「怖い」ものではありません。「持たない主義やねん」とか「コワイ」とかいう時代ではなくなったように思います。

また、銀行や郵便局の口座キャッシュカードと一緒になったクレジットカードは、盗難・紛失の折に、けっこう面倒なので、初心者にはすすめません。自分が普段よく使うサービス内容などを確認し、ポイントやマイル、割引がきくといいですね。

また、ホテルによります。現金で払いたい、カードをもっていない、といって問合せるといい。バウチャーという手ももちろんありますが。

ただ、家や収入、お金の使い方によりますが、旅行先ふくめいまの社会では、クレジットカードは ないと 困る場面もあるので、これを機につくる、という考え方もあります。

作る場合は、ご家族と相談され、カードの使い方や危険性をよく理解した上で。まだ不安や、一人前に節度をもって利用できるほど成熟していないと思われるなら、 子供用の 家族会員カードを 親につくってもらったり、利用はすべて親に確認をしてもらい、カードも利用時以外は預かってもらう、という手もあります。
 

蛇足ですが、若い女性などは、状況によっては、作れるうちに作っておかないと、あとで審査の都合で作れなくなる、、ということもあります。お勤めしているうちに、をすすめます。

ただ、安易につくれ、といっているわけでは けして ありませんよ。
 
 
 
 


 
 
 
Q11 予約変更などで、内容をなかなか相手に理解してもらえない
Q ホテルに問い合わせをしても、返事がない。

メールで立地も内装も価格も気に入ったホテルだったので、ネットから予約をしたが、私のミスで、滞在日数を間違えてしまった。

そこで、「チェックアウトを23日から24日に変更してください」とメールをしたところ、30分後に返事が来て、「滞在日を書け」と書いてあった。

それって、予約状況を見れば分かる事なんじゃないかな?と思いつつ、詳細を書いて記入したが、また返事が来ません・・・。ネット上の私の予約状況を見ると、変更前のまま・・・。とても不安。
 

 

A 
   > それって、予約状況を見れば分かる事なんじゃないかな?

これは自分側に都合よすぎる言い分かもしれません。

仕事でもなんでもそうですが、

1)きちんと一度 いまの状況・キャンセルを明記した上で、

2)あらたな予約として、チェックイン、アウト、泊数などを明記

したほうがいいですよ。意図が伝わりやすく、ミスの防止になります。その担当者は、過去のものを全部調べたり、メールやFAXを読んでくれるとは限りません。
 

自戒をこめてですが、自分が都合よく考えて手間をはぶいておいたくせに 相手にそこまでわかってもらおう、とした結果、ミスがあったときに、自分でかなり後悔しましたから。

相手に間違いなく意図が伝わるように、というのがコミュニケーションですから、手間は惜しまないほうがいいでしょう

とくに何かの手配については、誰にでも「明確に」 絶対誤解がありえないように、連絡するのが重要であり基本的常識かと思います。相手のせいにしないほうがよいでしょう。
 


結論: 自分が分かっている事が、相手も同じだとは限りませんし、あとで後悔しない為にも、きちんと情報は伝えるべきだと今回痛感した。(実際、最初のメールで全ての情報を与えていれば、そこで終わったハズの事だったかもしれない。ホテルから「予約変更しました!」の返信が来た。


 
 
Q12  Aホテルを予約したのに、Bホテルから確認書がきた?!

パリのAホテルに予約をし、先日 再確認メールを送ったところ、全く別のBホテル名で以下のようなメールがきた。

Because of an internet problem, we (HOTEL B) confirm your reservation at HOTEL A. 
Thank you for your e-mail of today. We reconfirm your reservation.

上記の文章の後にホテルAでの予約内容と同様の内容が書かれていた。これはホテルAにちゃんと予約ができているか? 文章を見る限り問題ないような気がするが。今までこのような経験がないので心配。ちなみに予約時にはちゃんとホテルAからメールが返ってきた。


 

まず、違うホテルから確認メッセージがくる場合、パターンは3つほど考えられます。

・ホテル経営がかわってしまったので、ホテル名がかわった。
パリはホテルの経営者やチェーンが かわってしまうことはよくあります。もともとの旧名の一部を残すことがあります。

・Aホテルが満室になり、ホテル側の手配でBに部屋を用意した。

・ホテルの名称が複雑で、AもBもどちらも同じホテルである。
 

重要なのは、自分で勝手に推測するのではなく、相手に確認をとることです。

つまり、今回のケースでいうと、「自分はAを予約したのだが、Aホテルにいけばいいのか? Bはまったく別のホテルなのか、Aと同じホテルなのか?」など 再度 Aホテルに連絡することです。

現地でなんとかするわタイプの人ならよいですが、不安なら、事前に確認して安心しておきましょう。

全然名前が異なるホテルでも経営者が同じということもよくある。満室のときには紹介し合うことになっている仲良しホテルもあるので、返信メールを信用して全く問題ないと思う。
( Nicolas Trikozy様)
もしも私が同様の状況に直面したら、おそらくもう一度、今度はFAXでホテルAに問い合わせる。internet problemということは、FAXならば直接のコンタクトが可能だろうから。心配であればFAXを利用してみては。
(ショコラ運び人 様)

 

 
 
 
  

トップ > ホテルの基礎知識 > よくあるQ&A > F2 予約-交渉