トップ > パリのホテル > 1区のホテル > チュイルリー付近 > Renaissance Paris Vendome Hotel 

27 Feb.2007 URL追加
11 Oct.2008 経験談追加

 
Renaissance Paris Vendome Hotel 
★★★★  → 新基準 ★★★★★ 

ルネッサンス・パリ・ヴァンドーム   (マリオット系列)

住所 4, Rue du Mont Thabor  75001 PARIS 

RATPの地図 (交通機関乗り場いり)*
アクセス メトロTuileries
E-mail
関連URL http://www.renaissanceparisvendome.com/

 

パリ市観光局データ

booking.comで探す・予約する

JTB から探す・予約する

アップルワールド から 探す・予約する

hotelclub から探す・予約する

2005年料金例
Promotion
クレジットカード
設備 2003改装

Marriott マリオット系


●ユーザの声

14(3)

(名前) なみクレープ 様 (宿泊年月) 2008年8月
(個人評価) ◆◆◆◆◆(5点満点)
 

(泊数) = 4泊

(部屋のカテゴリ) = ツイン  3階
広さもまあまあ良く、設備も良かった。

(部屋の家具・備品) = シックな雰囲気。

(バスルーム) = きれい。

(冷蔵庫) = あり。

(エアコン、クーラー) = あり。

(パブリックエリア) = ロビーの雰囲気がとてもよかった。日中は、ロビーに飲み物も用意されていた。

(リフト) = やや狭いと感じた。

(レセプション) = 人によって違う。

(スタッフ) = 英語可。

(予約方法) = 個人で

(アクセス) = ルーヴル、オルセーにも徒歩で行けてとても便利。

(周辺の雰囲気) = 雰囲気、治安とも良かった。

(選択基準) = 立地。

(朝食) = おいしくて、レストランもおしゃれで良かった。

(宿泊客の客層) = アメリカ人が一番多く、アジア人、日本人も見かけた。

(支払い方法) = クレジットカード使用可。

(車椅子等の対応は?) = 対応可能と思う。

(子供連れでも場をこわさないか?) = わからない

 


 
 

(名前) azumi@az 様 (宿泊年月) 2006年5月
(個人評価) ◆◆◆◆◆(5点満点)

(泊数)   1泊

(部屋) デラックス・ダブル

ホテルのWebサイトにある「Terrace Junior Suite」の写真と同じテラス付きの部屋だったので、アップグレードされたと思われる。
 

 3号室。地上階。レセプションの奥にある。レセプション横の通路にある扉を開けると、もう1つ部屋のカードキーで開く扉があり、更にその向こうに私たちの泊った部屋と隣の部屋の扉があるという厳重さ。

上階の構造はわからないが、地上階なのでセキュリティを強化しているのかと思った。

部屋は細長く広く、天井も高い。インテリアはシンプルなデザイナーズ系。飾ってある絵も抽象画。
大きなフランス窓の向こうには、中庭を仕切ったテラスがある。中庭自体はそんなに広くないため、昼間の部屋の明るさはそこそこ。

テラスの向こうは壁のため、カーテンを開けていても他人の視線が気になることはない。
静かで落ち着く。

予約したのはデラックスルームだが、ホテルのWebサイトにある「Terrace Junior Suite」の写真と同じテラス付きの部屋だったので、アップグレードされたと思われる。ドア裏には、ルームレートが「Rate Max 880eruo」と書いてあった。

ベッドはキングサイズ。ヘッドボードの両脇から読書灯が延びている。窓際にライティングデスクと、ソファにミニテーブル。TVは壁掛けの液晶。CD付き。

クローゼットの中にはセイフティボックスと、アイロン&アイロン台。
このアイロンを見て、夫が「これからはここを定宿にしてもいいよ」と言った。

ミネラル水(WATWILLER)がオファーで1本。夜はベッドの上に、ジャン・ポール・エヴァンのロリポップ型ナイトチョコ。

テラスには椅子が2つとテーブル1つ、雨もじゅうぶん凌げる巨大パラソルあり。ただし、隣室との仕切りが低いため、全4部屋分のテラスが見渡せてしまう。雰囲気は悪くないので、暖かい季節ならここで朝食をとりたい。

(バスルーム) こちらも充分に広く明るい。設備は新しくて機能的、清潔感もある。お湯の出もよい。
バスルームの中に、ガラス戸で仕切られたシャワーブースとトイレがある。
アメニティはブルガリ。バスローブ、スリッパ完備。タオルウォーマーあり。

(冷蔵庫)  あり。アルコール、ソフトドリンク各種。

(エアコン、クーラー)  あり。

(パブリックエリア) ロビーは大きくはないが、アジアン・モダンな雰囲気で落ち着きがある。また、天井に天窓があるので明るい。

ロビーの横にライブラリ。といっても、ズラッと本が並んでいるわけではなく、品の良い写真集や雑誌などが置いてある。

その横がレストラン「PINXO」。

(リフト)  使用しなかったので不明。

(レセプション) 特別に親切ということはないが、このクラスのホテルとしては普通の対応。
きっちり仕事をこなしており、何も問題なし。

(館内施設) レストラン「PINXO」。 (ミシュラン2つ星「カレ・デ・フイヤン」のシェフ監修)

食事付きのパッケージプランで申し込んだため、ディナーで利用。選択肢はなく、決められたムニュだった。「PINXO」のコンセプトらしく、一皿分を2人で分けあったようなメニュー構成。

まずは突き出し(?)の貝割れ大根に塩とスパイス。ガラスの器が見た目も良く花代わり?
前菜は、3種類の料理を一切れずつ、2人それぞれの皿に美しく盛り付け。

次に、イカの串焼き1本。(これは美味い!日本人の口には絶対合う)

メインは、2種類の肉料理が半分ずつ。

デザートも盛り合わせで数種類。
デザートの中に串刺しになったスモーク洋梨があり、夫曰く「魚を焼いた網で焼いたんじゃない?」
というような風味。面白いが疑問の一品だった。

これに、グラスで白ワインと赤ワイン、ミネラル水1本、食後のお茶が付いている。
私たちは水を断ったからか、白ワインは2杯目をサービスされた。
総額いくら分なのかは不明。
大盛況の満席で、21時に予約した私たちは2回転目のようだった。日本人客もちらほら。

他に、チャイニーズ・バーとプールがあるらしいが利用していない。

(スタッフ) レセプション、ドアマンは英語可。レストランのスタッフも、私たちの担当は英語に慣れているようだった。

(宿泊料) 409euro(室料、2人分のディナー&ドリンク、ビュッフェ朝食付き)

(予約方法) 個人で
 Webサイトからオンライン予約なので、非常に簡単。

夕食or昼食付きのプランにしたので、予約なしでも食べさせてもらえるかもしれないが、確実に5/1(メーデー)の夕食にしたかったので、事前に予約はしておいた。

なお、メールは、直接ホテルに連絡できるアドレスが見つからなかった。予約のアカウントページから、マリオットの予約集中センターのようなところに届くらしい。しかし、返事は早かったので問題はなかった。

また、自動送信メールだと思うが、宿泊日の数日前に確認メールが届いた。

(アクセス) メトロはチュイルリー駅。ルーヴル、オペラ座、サン・トノレ周辺は全て徒歩圏内。

(周辺の雰囲気)  1本歩けばリヴォリやサン・トノレだが、ホテル前の道は静か。治安は、普通に気をつけていれば特に問題は感じられなかった。

(選択基準)1泊なので、食事をするレストランが入っているホテルにした。日本からの到着日で、それほど重いものは食べられない(でもちゃんと食べたい) 5/1(メーデー)に営業している という条件でレストランを探し、一度行ってみたかった「PINXO」が候補に上がった。

ホテルについても、立地、内装、価格が納得できるものであり、夕・朝食付きプランがあったので、それに決定。

(よかったこと)  この、409euroのパッケージプランはお買い得。
立地条件、部屋(アップグレードされなくても)、食事の内容を考えると、かなり割安感がある。

設定のない時期もあるが、夏には、このプランがもっと安くなる日もあるようなのでお勧め。
連泊するなら、1泊だけこのプランにするのもいいのでは。5段階評価は、このパッケージプランに対する評価を付けた。

部屋にアイロンがあった。今まで、ズボンプレッサーのある部屋には何度か泊ったが、アイロンがあったのは初めて。

(朝食) レストラン「PINXO」と同じレストランでアメリカン・ビュッフェ。特に変わった品揃えではないが、カリカリベーコンが美味しかった。ヨーグルトはダノンが数種類。
私たちは朝食代が宿泊料に含まれていたが、個別に頼むと26euro。

(客層) 朝食から判断すると、英語を話す客が多かったように思う。

(支払い方法) クレジットカード

(車椅子等の対応は?) 段差は皆無ではなかったが、ホテルのスタッフに助けてもらえれば何とかなるのでは。

(子供連れでも場をこわさないか?)別にokだと思う
 

(他の方へのアドバイス) = このホテルに泊るなら、ぜひ、「PINXO」は試してみて。店のコンセプトとしてシェアOKだし、味付けも、日本人向けと思えるものがいろいろ。価格も高すぎないのがいい。

 


 
 
 

(名前) ぽかぽかりほ 様 (宿泊年月) 2005年8月
(個人評価) ◆◆◆◆(5点満点)

(泊数)  4泊

(部屋) ダブル 1階 中庭側
 やや狭い。スーツケースは一個広げると歩きにくい。明るさは普通。静かだった。

落ち着いたベージュに統一。机にはパソコンのコネクター、壁にフラットテレビ、電話、ミニバー、クローゼット、セーフテイボックスなど。

シックにまとめられていて、パリというイメージではなく、ニューヨークのイメージだった。

(バスルーム)広さは普通。毎日きれいに掃除されている。お湯の出方は十分、シャワーヘッドは上下に移動できる。アメニテイはブルガリ。

(冷蔵庫)  有り。おつまみと水、ビール、炭酸など。

(冷蔵庫)  エアコン有り。
 

(パブリックエリア)ロビーはすっきりしていた。

(リフト)3基。乗っていないので詳細不明。

(レセプション)インターネットで予約していたので、プリントアウトした確認書を提示。少し待たされた。
チェックアウトは、スムーズだった。

(館内施設)屋内プール。ただし小さい。

(スタッフ) 普通。英語可。日本語は通じない。

(宿泊費) 39,400円

(予約方法) 個人で
 インターネットで。トリップネットを通して15%オフで。その時、クレジットカードの番号を知らせていたので、事前に引き落とし。

(アクセス)空港からタクシーで。40分 38euroくらい。
ルーヴルやオルセー、オペラ座など徒歩圏内。アクセスは抜群。

(周辺の雰囲気) 悪くない。

(決め手)できて間もない4つ星ホテル。ある程度の広さと清潔さ、水回り(バスタブがある)などを考慮。アクセスがよい。(ルーヴルやオルセーに近いこと)

(良かったこと)  部屋は静かできれい。シンプルで落ち着く。

(客層) あまり見なかった。イスラム系の人やアメリカ人をロビーで見た。

(支払い) クレジットカードで引き落とされていた。

(車椅子などの対応は?)自分の部屋が1階で、リフトと離れた部屋だったのでわからない。

(子供連れでも場をこわさないか?) 別にokだと思う

それなりに居心地はよかったが、パリに来たという雰囲気は味わえない。
次に来ることがあったら、もっとパリらしいホテルに泊まりたい。

 


 
トップ > パリのホテル > 1区のホテル > チュイルリー付近 > Renaissance Paris Vendome Hotel