トップ > パリのホテル > 1区のホテル > コンコルド〜チュイルリー付近 > Meurice > 3
 
 
 
(名前)  ガトーHIRO 様(宿泊日) 2004年11月
(個人評価) ◆◆◆◆◆(5点満点)

(宿泊日数) 3泊

(部屋)デラックスダブル  フランス式7階 チュイルリー公園側 テラス付

 リフトを降りてかなり歩く。しかし部屋に入って案内されると、チュイルリー公園側のテラス付でした。
左にルーヴルのピラミッド、右にエッフェル塔と最高のロケーション。これだけで満足できるパノラマ

部屋も、狭くなく快適。
ライティングデスク、窓前にテーブル、イス2脚。LLサイズのスーツケースも全開。最後の日の朝食をルームサービスにしたら、テラスへ持っていこうとした。夏はテラスでの食事も可かも。

クローゼットは広くは無いが、自動照明付。靴のお手入れグッズ、裁縫道具あり。TVでゲーム、メールができるようでしたが、説明が判らず使用できず。

ベッドカバーも素敵で、はずすのがもったいないくらい。椅子やテーブルも素敵。TVや映画で見るフランスのホテルのイメージそのもの。

(バスルーム)バス、トイレは別、シャワーブースもあり。
とても広いバスルームは少し寒いくらい。バスタブのお湯の出は悪いわけではなく、デザイン物の蛇口なので少し溜まるまで遅い。シャワーは固定式。体重計あり。
 

(宿泊費)  520euro

(冷蔵庫) あり。赤、白ワイン、シャンパン、ジュース、ミネラルウォーター、ジャム、お菓子等。

(エアコン)エアコン完備。温度調節可。

(パブリックエリア)有名な星付レストランはもちろんのこと、バーも有名。夕方から混んでいた。
リフトは奥にあるので、このバー等の前を通らなければいけないので、変な格好はできない。小さいスペース(リフト前のホール)で展示会をしていた。
 

(館内施設)スパ。ここのエステの3時間コースに行ったが、さすが。有名所でもスタッフの知識、技術は無い所が多い中、ここは期待に応えてくれた。使っている物もオリジナル。フランス人の女友達にエステのギフトをしたらすごく喜んでくれた。地元パリでも有名みたい。

(レセプション)いたれりつくせり。迅速な対応。

(スタッフ)英語は可。日本語のできる人には会わず。徹底したサービスなので理解しようと努めてくれる。

(朝食) 星付メインダイニングにてビュッフェ。ハチミツがおいしかった。パンは普通。卵料理はリクエスト可。フルーツ、フルーツのコンポート、ベーコン、チキン、ハム等多数。しかし朝の雰囲気はやはり違う。レストランの雰囲気を楽しみたい方は、夕食がお勧め。

(客層)バー等出入りする人は、おしゃれな人多し。宿泊客は様々。スーツのビジネスマンや旅行客。日本人には会わず。

(予約方法) フラツーにある予約方法を参考に、FAXで。

何度も問い合わせをして結局HPの朝食、スパ、プティお菓子付のパッケージにした。当日コンシェルジェデスクにてチェックイン時に、私の束のFAXをまとめて持っているのを見て、赤面した。
日本人とわかっていたので、あらかじめ日本語のホテル案内、説明書を用意してくれていた。

(決め手) Hotel Le Bristolと迷い、どちらにも問い合わせ等したが、行く時期を考えこちらに。レストランにも行きたかったので。

(アクセス)バス57番のバス停がホテル前すぐそば。

(周辺の雰囲気) ホテル前のリヴォリ通りは観光客が多い。しかし道路渡った公園には地元の人が多く皆くつろいでいて、いい雰囲気。秋の公園を満喫できた。オペラ座など、みな徒歩圏内。

(良かったこと) やはり部屋のロケーション。スタッフの対応にも満足。シャネルからホテルに配達を頼んでいたら外出中にも関わらず、クローゼットにかけてあった。エルメスでもどこでもムリスと言うと、店員の対応が良い。書き込みが必要な所でも言うだけでOKだったし、2回目からは聞かれることも無かった。

(困ったこと) テレビのNHKの音声が出なかった。本当にいたれりつくせりの対応だが、その分お金もかかる。カジュアルな格好は合わない。プチホテルの気軽さがよく思える事も、ありました。

(支払い)クレジットカード可。ダイナースで支払い。

(車椅子などの対応は?)ホテル入り口は階段だが、ホテルマンが必ずいる。中は段差に関しては気にならないが、広さが少し気になる。

(子供連れでも場をこわさないか?)子供は場違いだと思う

(他の方へのアドバイス) = せっかくの素敵なホテルですので、是非公園側の部屋を。


 
 
 
 
(名前)  ちび di 様(宿泊日) 2004年9月
(個人評価) ◆◆◆(5点満点)

(宿泊日数) 5泊

(部屋) デラックスダブル 日本式4階、中庭側。 太陽の日が入る。中庭側なので、外からの騒音はまったくなく、静か。わざとつくったようなクラシカルさ、豪華さに感じる。自分の感覚ではアメリカンタイプのホテルの位置づけ。

本当にヨーロピアンタイプのホテルがよければ、クリヨンかリッツのほうがいいのでは?

初日は、チェックインが遅くなり、禁煙のフロアがとれず、翌日の午後空き次第、部屋を替えてもらった。
初日の部屋はインテリアもシンプルで気にいらなかったが、二日目からの部屋はまあホームページでみた通りの雰囲気だった。掃除のあとにコロンをふりかけてくれていたのか、とてもいい香りがした。(初日の部屋はなし)

(宿泊費) 575euro

(バスルーム)よくあるデラックスタイプのホテルの一般的なもの。

(レセプション)英語可。レセプショニストの女性たちは、本当に親切な人もいれば、マニュアル的で慇懃無礼な感じの人もいる。

(スタッフ)英語は、パリのほかの店などにくらべれば高水準で通じると思う。ハウスキーピングに色々頼んでも的確にしてくれる。

(客層)中東系ゴージャスマダムもいれば、ジャンバー姿のアメリカ人観光客も。

(予約方法) 代理店から手配
ダイナース会員料金で。予約はダイナーストラベルデスクから。(実際はJTBグローバルアシスタンスというところ。)

(決め手)  パリのパレスホテルの中では、一番バスルーム、水周りが新しく快適そうだったから。
オペラ座やルーヴルに歩いていけることも大きなポイント。

(ホテル周辺の雰囲気) 滞在時、VIPが泊まっていたようで、ドアマン、ポーターとは別に黒服の男性たちがたくさん玄関前や、リフト前にたむろしていて、あまり落ち着いた雰囲気とはいえなかった。

(困ったこと) 二部屋に滞在したが、どちらも水周りの音や、上階、周りの部屋の話声が結構聞こえた。

(支払い)ダイナース。

(子供連れでも場をこわさないか?) 別にokだと思う
 


 
 
(名前) ガルのママ様 (宿泊日) 2004年4月
(個人評価) ◆◆◆◆◆(5点満点)

(宿泊日数) 2泊

(部屋) デラックスツイン(チュイルリー公園ビュー)2部屋。実際には真ん中に30畳くらいのリビング、ダイニングをはさんだスイートルームにアップグレード。

 フランス式5階。公園側。

南窓のため明るい。ベランダからは、ルーブル、遠くモンパルナス、エッフェル塔、凱旋門までみわ
たせる。各寝室はそれほど広くないが、真ん中のリビング、ダイニングは広かった。高級ですが華美
ではなく落ち着く。

家具、調度、カーテン、ベッドカバーどれも調和の取れたやさしい雰囲気。各ベッドルームの花瓶に黄色と赤の豪華な薔薇の花のサービス。また、シャンパンとプチフールの
サービス。冷蔵庫、テレビ(日本語放送も)、インターネット接続、ファックス。湯沸しポット。到着
日日本茶、翌日ハーブティー。

(バスルーム) 広くて綺麗。大理石張り。バスルームの奥にシャワールームとトイレ、半透明ガラス扉のついた個室となっており落ち着く。バスタブ充分ふかく大きいが、お湯の出がいいため、溜めるのにそんなに時間かからない。

【冷蔵庫】 = あり。アルコール、ジュース充実。利用はエビアンのみ利用。冷蔵庫の水以外に、無料の水1本サービスあり。

(エアコン)あり。好みに調節可能。

【部屋について、その他】 = バスの向いに通路を挟んで、充分な大きさのクローゼットがある。まのぬいぐるみやチョコレート、ホテルグッズがディスプレーしてある。値段ついており、購入可ということのよう。

(パブリックエリア) 入り口左手のレストランは宮廷風の豪華な雰囲気。

(リフト) あり。ルームキーを差し込まないと動かない。宿泊客以外は乗れないということ。
ただし、その横の階段はフリー(笑)。

(レセプション)レセプションは座って応対。とびきり美人の女性が応対。英語は出来ますかと聞かれ少しならというと、ゆっくり丁寧に応対してくれた。ここで、パスポートとクレジットカードの確認のあと、彼女がじきじきに部屋まで案内。美人の上に、スタイルも抜群。ひるむ。

部屋の説明を丁寧にした後、何か質問は?にノーと答えると、笑顔で握手を求められ、良い滞在をと再びにっこり。私、女性ながらやられました。

(館内施設) レストラン(星あり)ともう少し気軽なレストランの2箇所。スパもあるみたい。

(スタッフ) スタッフは皆優秀。すべて英語でのやりとりでした。日本語は、不明

(宿泊費)  パックで朝食、シャンパン、プチフル、花のサービス付。チュイルリー公園ビューで、720ユーロ。

(予約方法) 個人で
HPから。公園ビューを希望と書いたら、このパックを提示してきた。

(アクセス) メトロの駅が近い。買い物も観光も便利。

(ホテル周辺の雰囲気)  公園側は道路側ですが、二重サッシになっており、静か。常にドアマンが
常駐。階段はともかく、リフトは宿泊者しか使えない。

(決め手)  母(80才)と一緒だったので、万一疲れて何処もいけなくても、最高のパリの
眺めと雰囲気を楽しめるホテルにしたかった。

(良かったこと)  高い部屋代だったが、ホテルの部屋からのパノラマ風景は美しかった。

(困ったこと)  困ったことではありませんが、レセプションのスタッフが皆あまりに美人なので、ちょっとひるみます。

(朝食) 朝食は宮廷風レストランで、アメリカンブレックファースト。

(客層) 日本の方には会わなかった。国もいろいろ、家族づれもいた。

(支払い) クレジットカード可。

(車椅子などの対応は?) 手助けがあれば可能か。手すりなど細かい配慮はない。

(子供連れでも場をこわさないか?) 別にokだと思う

 
 
(名前) marie_therese_jp様 (宿泊日) 2004年2月

(個人評価) ◆◆◆◆◆(5点満点)

(宿泊日数) 2泊

(宿泊費) 520euro/泊

(部屋) デラックスルーム  フランス式5階 中庭に面した部屋
思ったほど広くはない。30平方メートル少し超?  日本のホテルの、40平方メートルくらいの部屋に比べると、少し狭く感じた。でもインテリアが上品かつエレガントで美しい。中庭に面した部屋で、眺めは良くなかったが、静かで快適。

 

ダブルにみえるが、シングルが二つ並んだバッド。ベッドサイドと入り口付近に、2ヵ所のクローゼット。ベッドサイド側クローゼットの中にセイフティボックスあり。ベッド足元にテーブルとソファ(2人掛け)、窓際にライティングデスク
 

 

メイドがターンダウンに来たとき、パジャマをベッドの上に綺麗に広げておいてくれました。ウエストシェイプまでされていたのには、母と2人で思わず苦笑。「あまりみっともないナイトウェアだと恥ずかしかったね」と2人で話した。

 
(バスルーム)まぁまぁの広さ。
洗面台はダブルボール。アメニティグッズはペンハリゴン(英国王室御用達)。ホテル創業の歴史(イギリス人旅行者が多かったこと)を意識しているのかも?

バスタブは広くて深さもあるので、肩までしっかり浸かれる。残念だったのはシャワーブースがせっかくあるのに、シャワーが固定式だったこと。(バスタブのシャワーは自由に動かせるのに・・・) お湯の出具合も良好でしたが、シャワーの温度が低め。50(℃?)に設定して調度いい温度になった。
  


(冷蔵庫)あり。利用しなかったので内容はよくわからない。でも(たくさん入っていたので)品揃えは充実していたのだろうと思う。

(エアコン、クーラー)あり。
 


(館内)
施設は、メインダイニングのル・ムリス(ミシュラン★2)、カジュアルレストランのジャルダン・ディヴェール、バーのル・フォンテーヌブロー、スパ(2F)

館内はあまり広くない。ホテル内にブティックもない。(気付かなかっただけなのか?) エレベーター前のスペースに、高級ジュエラーの素敵な(いかにも高そうな)ネックレスやリング、イヤリング、セーブルの食器、ゴヤールのバッグ等、上質なものがディスプレイされており、エレベーターに乗る前にしげしげと見入ってしまった。
 

 


ロビーからエレベーターへ行く途中、右側にポンパドゥール夫人のサロンが公開されていた。きらびやかでとても豪華なスペースだったが誰もいなかったので、前夜レストランで取れなかった記念写真を母と撮り合いました。
 
 
 

 


(エレベーター、リフト) あり。大人7人くらい乗れると思う。セキュリティがしっかりしており、昇りのときは、ルームキーを差し込まないとリフトを動かせない。(降りはキー無しでも大丈夫)

(レセプション) 対応が素晴らしかった。チェックインはロビー左側のコーナーで、座って。対応してくれたスタッフは一人だったが、その後ろにも5人ほどずらっと並んでいたのには、少々驚きだった。
 
11時頃のチェックインだったため、荷物を預けて早々にルーブルへ行くつもりだったのだが、「部屋の用意が出来ていますので、ご案内します」と言われ、部屋まで案内してもらった。このときの案内は男性と女性の2人が案内してくれた。

 


(スタッフ)  対応は素晴らしかった。とても丁寧かつ親切で、ロビーフロアでトイレの場所を聞いたと
きも「わかりにくいから」と、すぐ近くまで女性スタッフが案内してくれた。
 
チェックアウト時、「部屋にあったチョコレートを買いたいのだけれど、販売しているブティックはあるか?」と聞いたら、ミニバーでの精算のみだと言われたのですが、「今すぐ必要でなければ30分程度で用意をします。贈り物ですか?」とのこと。2時間後に会計へ戻ったら、ホテルの包みで綺麗にラッピングされたチョコレートが用意されていた。

とにかく何をリクエストしても感じよく応対してくれる。何か困ったことや相談事は、遠慮せずスタッフに相談することをおすすめします。ただ、日本語のできるスタッフは見かけなかったので、最低限、ある程度の英会話力は必要だと思う。
 

(予約方法) 代理店から

当初はホテルHPかリーディングホテルズのHPで・・・と思ったのだが、Best of Paris という安いプ
ランがダブルベッドのみしか選択できなかったため、リーディングホテルズの日本事務所へ電話し、
ツインが希望である旨伝えたところ、上記プランで予約できた。
 
その際、パリの別のホテルからの移動で到着予定時刻も伝えてあったのだが、帰国してみたらホテ
ル・ムーリスから直接到着予定時刻の質問メールが届いていました。
 
また、私は女性なのだけれど、予約がM.xxx(ムッシュー)扱いとなっていたので、チェックインの際
少々複雑な心境でした。
 

(良かったこと) とにかくスタッフの対応が素晴らしかったこと。
レストランも最高でした。(レストランアンケートを見てください)

(客層) モデル風の女性2人組、リッチなアラブ系の女性4人組、上品なイギリス人旅行者他。
ペットの犬連れの上品なマダムもいました。
 

(アクセス)  メトロ1号線チュイルリー駅から徒歩2〜3分。チュイルリー公園は目の前。ヴァンドーム広場、マドレーヌ広場、フォーブル・サントノレも十分徒歩圏。

(支払)クレジットカード使用。その場で日本円換算されての決済。

(車椅子等の対応)全ての面がどうかはわからないが、ロビー周辺はバリアフリー対応されていた。

(子供)子供は場違いだと思う

 
 
トップ > パリのホテル > 1区のホテル > コンコルド〜チュイルリー付近 > Meurice > 3